宮本武蔵 資料篇
関連史料・文献テクストと解題・評注

Home Page

 解 題   目 次    1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   12   13   14    先祖附    伝記集 

[武蔵伝記集] 武   公   伝   11  Back   Next 

 
  35 高田貞行作の刀
一 高田貞行作ノ刀、長サ二尺八寸アルヲ岡部九左右衛門〔九左衛門*〕所持セリ。裏ニ新免武藏守ト銘アリ。(1) 故嘉太夫時、壽之主[冬山公]被召上、後ニ道家平藏ニ賜フ。平藏ハ、武公ノ直弟寺尾求馬ノ門弟ニテ、兵法一流相傳アリ。(2)

一 高田貞行作の刀、長さ二尺八寸あるのを、岡部九左衛門が所持していた。裏に「新免武蔵守」と銘があった。故嘉太夫のとき、寿之主[冬山公]がこれを召上られ、後に道家平蔵に賜った。平蔵は、武公の直弟子・寺尾求馬の門弟で、兵法一流相伝があった。

  【評 注】
 
 (1)高田貞行作ノ刀
 武蔵遺品のうち、こんどは、高田貞行、つまり豊後高田の刀匠、貞行作の刀である。どの代の高田貞行かは知れぬが、これは江戸時代初期、つまり武蔵と同時代の新刀の貞行であろう。室町以前の古刀は平高田、新刀は藤原高田である。
 大原真守の「大原」が地名であるように、高田貞行の「高田」も地名である。豊後の高田刀工として知られる。この高田というのは豊後国高田庄で、大野川河口に位置し、当時は細川家の飛び地領であった(現・大分市鶴崎周辺)。
 もともと豊後高田は刀の一大産地であった。備前長船や美濃関はよく知られているが、西国(九州)ではこの豊後高田が刀の大生産地であった。それは豊後府内を拠点とした大友氏の勢力伸張により、軍事産業として膨張したという経緯がある。豊後刀といえば、利刀というより、折れず曲がらず強い、戦国期から江戸前期の実戦向けの刀である。共通して素直な美がある。
 武蔵は五輪書に、――総じて武具について言えば、馬も程ほど歩いてくれ、刀や脇差も程ほど切れ、鑓長刀も程ほど射通せればよく、弓や鉄砲も強い破壊力などなくてよい。武器をはじめとして、特定の道具を偏愛することがあってはならない。過剰は不足と同じ事である。人真似などせずに、武器は自分の身に応じた使い勝手がよいものであるべきだ。武将・士卒ともに、物に好き嫌いがあってはならない――と記している。高田刀はこの文の趣旨に適うものである。
 『武公伝』によれば、この高田貞行の刀は長さ二尺八寸というから、先に出た大原真守の三尺余に比べれば長剣というほどではないが、それでもまず長い方である。武蔵の身長相応という寸法かもしれない。
 高田貞行は個人名というより工房名と謂うべきだが、武蔵と同時代の新刀である。武蔵は貞行に自用の刀を作らせたのかもしれない。
 『武公伝』によれば、裏に「新免武蔵守」と銘があったという。裏ということは、豊後高田貞行の銘のある面の裏に、武蔵が「新免武蔵守」と自用の銘を彫っていた、ということらしい。
 現在、寺尾家伝来という貞行の刀がのこっている。銘は「藤原貞行」である。ただし『武公伝』のいう、裏に「新免武蔵守」と銘がある刀ではない。別のものである。寺尾家伝来ということで、求馬助が用いた刀という話があるが、確かではない。

個人蔵
寺尾家伝来刀 銘 藤原貞行

 『武公伝』のいう高田貞行の刀は、現物が現存しないので確言はできないのだが、それが当時の新刀だったという我々の推測が正しければ、武蔵が同時代の高田貞行に発注し作らせた、ということのようである。前出の大原真守のような名刀ではないものの、高田貞行もそれなりの業物、武蔵の鑑定眼にかなった刀であったのだろう。





銘 豊後高田藤原貞行


*【五輪書】
《總て武具に付ては、馬も大かたにありき、刀脇差も大かたに切れ、鑓長刀も大かたにとほり、弓鐵炮も強くそこねざるやうに有べし。道具以下にも片分けて好く事あるべからず。餘りたることは、足りぬと同じ事なり。人真似をせずとも、我身にしたがひ、武道具は手合うやうに有るべし。將卒ともに物に好き物を嫌ふこと惡し。工夫肝要なり》(地之卷)


 そして、『武公伝』のこの記事によれば、この刀を岡部九左衛門が所持していたという。岡部九左衛門は、正保二年(1645)五月、武蔵が死の床で、寄之に召抱えてやってくれと頼んだ者である。武蔵の死後、約束通り、寄之は岡部九左衛門を召抱えた。
 岡部氏先祖附によれば、これは岡部九左衛門英時である。先祖は東国浪人の由、とあって出自は定かではない。「新免武蔵殿に属し居り」とあるところをみると、武蔵が若党小者として召し使っていた人であろう。
 武蔵は死に際し、岡部九左衛門の身の将来を案じ、寄之に召抱えを依頼したのである。約束どおり、武蔵死後、九左衛門は長岡家に召抱えられたのだが、むろん知行取りではなく、切米宛がい扶持であろう。まずは、歩小姓、その後、直之の代に中小姓になり、崇芳院の御附となった。そうして老極まって引退を願い、二人扶持を支給された。
 召抱え後の九左衛門の履歴をみるに、上記のように崇芳院の側で仕えたとあるところに注目される。崇芳院(1624〜1711)は、寄之妻の古宇、直之の母である。彼女は父が長岡右馬助重政、母は松井康之の女・たけで、長岡家元祖・松井康之の孫にあたる。八代城の傍にある松浜軒は、元禄元年(1688)直之が母崇芳院のために作ったという。
 岡部九左衛門はこの崇芳院の御附になった。同じく崇芳院の側で仕えていたのが、豊田正剛の父・高達である。高達はそれまで五年ほど熊本勤務だったが、元禄四年(1691)の暮れ、崇芳院の御附となって八代へ戻った。したがって豊田高達は、この岡部九左衛門と近しいところにいた、ということになる。それゆえまた、豊田正剛が岡部九左衛門を見知っていたこともありうる。
 岡部九左衛門が崇芳院の御附になったとすれば、これは武蔵死去から約半世紀後のことである。九左衛門はすでに老年になっていたようだが、逆に言えば、武蔵が死に臨んで、寄之に九左衛門のことを依頼したとき、九左衛門はまだ若かったのである。
 ところで、九左衛門が「新免武蔵守」銘のある高田貞行を持っていたとすれば、それは武蔵から遺贈されたものである。九左衛門がいつから新免武蔵に従属したか、先祖附にはその記事はないが、おそらく、子供の頃からよく仕えてくれたというので、これを贈与したのであろう。
 なお、『二天記』にも、この岡部九左衛門の名が出てくる。それは、武蔵が死に臨んで人々に遺品を贈る場面で、武蔵が岡部九左衛門を召抱えてやってくれと、寄之に頼んだという記事である。ところが、ここにもう一人、増田惣兵衛の名も出ていて、増田惣兵衛と岡部九左衛門の二人を召抱えてくれと頼んだことになっている。
 これを増田氏先祖附で確認すれば、正保二年五月武蔵病死のおり、自分の弟子に増田市之允がいる、先祖は訳有りの者で御用にも立つだろうから、召抱えてやってほしいと、寄之に頼んだという。そのかぎりにおいて、『二天記』の記事は、増田・岡部両氏の先祖附の記事に一致する。
 というのも、景英の世代は先祖附を提出した人々で、増田・岡部両氏の先祖附の内容を、景英は知っていたということである。『武公伝』にはない記事が『二天記』にしばしば出てきて、それら記事はほとんどが新規伝説で説話増殖を示すのみであるが、このように例外的に正しい増補もあるのである。
 しかし、そこはやはり『二天記』で、いささか正確に欠ける記事になっている。それというのも、たしかに岡部九左衛門は、先祖附には新免武蔵に属していたとあって、これは従者若党の類いで、『二天記』の記すように「武蔵譜代の者」の者と云えないこともない。譜代の者とは先祖代々家来ということで、少なくとも親の代から家来という者である。岡部九左衛門が、武蔵死去のときまだ若かったとすれば、そんな譜代の者でありうる。
 ところが、増田惣兵衛の方は、先祖附には武蔵の弟子とあって、浪人の子で、有馬陣(島原役)には十六歳で参戦した、ただし誰の麾下だとはわからぬとある。とすれば、少なくとも島原役のころまでは、武蔵と無関係だったのである。これでは、「武蔵譜代の者」、つまり譜代の家来とは云いがたい。『二天記』は、おそらく、岡部九左衛門がそうなら増田惣兵衛もそうだろうということで、この二人を共に「譜代の者」にしてしまったのである。
 したがって景英は、先祖附提出という動きの中で、武蔵が死の床で寄之に、岡部九左衛門と増田惣兵衛の召抱えを頼んだという話を仕入れたが、それは『二天記』の記事には正確に反映されなかった、ということなのである。  Go Back




*【岡部氏先祖附】
《私高祖父、岡部九左衛門[英時]儀、先祖は東国浪人の由ニて、新免武蔵殿ニ属居申候処、正保二年五月武蔵殿病中ニ、要津院様え御頼被申候故、御家ニ被召抱、歩御小姓ニ被召出、其後覚雲院様御代、御中小姓被召直、崇芳院様御附ニ被仰付相勤申候処、老極仕候付奉願御休、被成弐人扶持被為拝領置、其以後病死仕候》





松浜軒





*【二天記】
《同五月十二日、寄之主、友好主へ、爲遺物、腰ノ物并鞍ヲ譲リアリ。寺尾勝信ニ五輪ノ卷、同信行ニ三十五ケ條ノ書ヲ相傳也。其外夫々ノ遺物アリ。増田惣兵衛・岡部九左衛門ト云者、武藏譜代ノ者ノ由ニテ、シカモ手ニ合ヒシ者故、被召使可給由頼テ、亡後ニ寄之主召抱ラル》

*【増田氏先祖附】
《私曾祖父、増田惣兵衛儀、初の名は市之丞と申候。後ニ惣兵衛と改申候。先代牢人の由申伝候。寛永十五年有馬御陣の節、十六歳ニて其場えも罷出申候由ニ御座候。尤何某手ニ付申候哉、其儀は相知不申候。新免武蔵弟子ニて御座候。正保二年五月於熊本武蔵病死の節、病中ニ要津院様被成御見舞、何ぞ申置被候儀は無之哉御尋ニ付、武蔵申上候は、私弟子の内増田市之允儀、先祖は訳有之者ニて御用ニも立可申候間、相応ニ被召仕被下候様御頼被申上候由ニ付、武蔵病死後、早速御家ニ被召出候》
 
 (2)寿之主被召上、後ニ道家平藏ニ賜フ
 武蔵が所持していた高田貞行の刀のその後の変遷を『武公伝』は記している。故嘉太夫のとき、長岡寿之(冬山)がこれを召上げたという。この「故嘉太夫」とは、先代嘉太夫の意であるとすれば、その記述のポジションから、この記事の筆者も知れるはずである。
 岡部九左衛門のあと岡部氏は数代嘉太夫を名のっている。九左衛門の息子・岡部嘉太夫英武は、九歳のとき寄之に小坊主として召出されて以来、寄之・直之・寿之の三代長岡家に仕えた人で、卒年は享保六年(1721)である。その次の代の嘉太夫英明は、嘉太夫英武の子で、宝永六年(1709)、長岡寿之〔ひさゆき〕に召出され歩小姓、以来、寿之・豊之二代に仕えて、寛延二年(1749)八月卒去である。
 したがって『武公伝』の記述時点からして、「故嘉太夫」は、この嘉太夫英武と嘉太夫英明の二人に絞られる。その次の嘉太夫英虎は明和八年歿だから、これは対象外である。
 「故嘉太夫」が嘉太夫英武だとすれば、これは豊田正剛にとっての「故嘉太夫」である。正剛の卒去は寛延二年(1749)八月、七十九歳である。つまり豊田正剛と岡部嘉太夫英明は同年同月歿であるから、豊田正剛が「故嘉太夫」と書いたとすれば、嘉太夫英明は存命中であり、享保六年卒の嘉太夫英武が「故嘉太夫」にあたる。
 そして、「故嘉太夫」が嘉太夫英明だとすれば、これは正剛の息子・正脩が書いた記事である。このとき当代は嘉太夫英虎で、先代が嘉太夫英明である。
 そうすると、「故嘉太夫」は、嘉太夫英武と嘉太夫英明のどちらであろうか。それには、まず、彼らの主人・長岡寿之(1668〜1745)に対する二人の関係を見る必要があろう。寿之(冬山)が高田貞行の刀を召上げた、とあるからだ。
 長岡寿之は、直之の嫡子、元禄五年(1692)二十五歳のとき、父直之が江戸急死して家督相続。それから二十年以上も当主の座にあったが、正徳四年(1714)四十七歳で隠居。家督は当時十一歳の嫡子豊之が相続した。後は隠居料千石を受けて、いわば文化人として悠々自適の隠居生活三十年以上、延享二年(1745)死去、享年七十八歳。
 九左衛門の息子・岡部嘉太夫英武は、九歳のとき寄之に小坊主として召出された。小坊主とても一応出家だから、その後還俗して中小姓になった。直之の代に、まだ幼年の嫡子・寿之の御付となった。寿之とはそれ以来の主従である。
 直之が死んで寿之の代になって間もなくの元禄六年(1693)、合力米二十石で馬乗組、やはり寿之近習として、御側目付と御側武具方を兼役した。元禄十年(1697)には、米十石加増で小姓頭、役料現米五石。そうして老いてきたので、元禄十四年(1701)御役御免を申し出て、座配持懸りで桂光院(寿之叔母)の御附になった。宝永三年(1706)新知百石。老齢で髪が薄くなったので剃髪してよいとなり、名を嘉慶と改め、なおも現役で勤めていた。そうしていよいよ老い極まって隠居した。隠居料を支給されていたが、享保六年(1721)六月病死。
 こうしてみると、岡部嘉太夫英明は慶安頃の生れで、寿之との関係では、寿之が幼年の頃から仕え、以来約四十年ほど側で仕えた人である。寿之は正徳四年(1714)四十七歳で隠居するが、それより前の宝永三年(1706)に、岡部嘉太夫英武に新知百石を与え、知行取りに取り立てた。長年の奉仕に報いるというところであろう。
 他方、嘉太夫英武の息子・嘉太夫英明は、寿之の代、宝永六年(1709)に歩小姓として召出された。三年前に父の英武は新知百石になったから、その家の嫡子として出仕したのである。翌七年寿之参府のとき、御供で江戸へ行っている。正徳四年(1714)寿之が隠居して豊之に代替りすると、御側中小姓、御側武具方兼帯。享保三年(1718)父の嘉慶(英武)が隠居、英明は百石知行の家督相続、馬廻組で、式台御番。翌年には御者頭列で、隠居の冬山(寿之)御附の小姓頭。享保七年(1722)座配持懸りで、知行奉行。同十二年(1727)弘之(寿之五男、のち古城家養子)御附になり、その後、慈雲院(寿之妻)御附。これは、長年の懇意があって、冬山(寿之)の死で未亡人となった彼女に付けられたということであろう。そして寛延二年(1749)八月歿である。
 これによれば、嘉太夫英明は、寿之の代に召出されたが、寿之隠居後、寿之御附の小姓頭になったり、寿之五男・弘之や慈雲院(寿之妻)の御付となっており、隠居の寿之の身近に配属されていることが分かる。寿之は延享二年(1745)歿、享年七十八歳。その六年後に嘉太夫英明歿である。言い換えれば、息子の嘉太夫英明も、長く隠居生活を送った寿之の側で仕えたのである。
 そうなると、この二代の嘉太夫、英武と英明は、寿之との関係では甲乙つけがたい。どちらも寿之に親密であるから、家伝の高田貞行を寿之に献上することはありうる。とすれば、これは次の記事、つまり道家平蔵という名が解決するであろう。
 『武公伝』は、貞行の刀を寿之が召上げて、後に道家平蔵に与えたという。道家平蔵は、『武公伝』の記事によれば、寺尾求馬助の門弟で、兵法一流相伝された人である。となると、結局寿之は、この刀をしかるべきところへ落ち着かせたということであろう。
 つまり、武蔵は岡部九左衛門の長年の奉仕に報いるかたちで、この刀を九左衛門に贈った。のちに岡部嘉太夫からそれを召上げた寿之は、これが「新免武蔵守」の銘が入った刀であるから、本来は武蔵流を嗣いだ者の手中にあるべきだと考えたのであろう、高田貞行を道家平蔵の手許へ「配置転換」したのである。
 道家平蔵は豊田正剛の兵法の師匠でもある。そうなると、世代からして、道家平蔵は、嘉太夫英明ではなく、嘉太夫英武の世代である。先祖附によれば、道家平蔵は、元禄四年(1691)に家督相続、以後小姓組、御側弓頭など寿之の側勤めが多かった。そして正徳二年(1712)歿である。したがって、道家平蔵が刀を与えられたのはそれ以前である。そうして、その頃の岡部家当主は嘉太夫英武なのである。
 英武がこの刀を寿之に献上したのは、いつごろかといえば、おそらく新知百石を与えられ知行取りに取り立てられたおりであろう。ただし、これは交換というより互酬システムである。主恩に報いるために、英武はこの家宝を献上したのである。
 そして「故嘉太夫」が岡部嘉太夫英武だとすれば、これを記録したのは豊田正剛である。自身の師匠である道家平蔵が、この肝腎な「新免武蔵守」の銘がある高田貞行の刀を手に入れた経緯を書き留めたのである。『武公伝』は、豊田正剛の岡部嘉太夫英武に対するポジションを示す「故嘉太夫」という表現をそのまま残している。正脩が『武公伝』を書くとき、このように、正剛の覚書を文言までそのまま保全した例もある、というわけである。
 『武公伝』はその後のことを書かないから、この段階では、刀はまだ道家の家にあるということであろう。ところが、前段の大原真守作の長剣が現存しないように、この高田貞行も現存しない。したがって、この刀も文献上にのみ存在する武蔵遺品の一つなのである。
 なお、寺尾家伝来の貞行の刀が一腰あるそうだが、これは「新免武蔵守」という刻銘があるとは聞かないから、『武公伝』のこの記事にある高田貞行の刀とは別のものであろう。  Go Back







*【岡部家略系図】

○岡部九左衛門―嘉太夫英武┐
 ┌―――――――――――┘
 └嘉太夫英明=嘉太夫英虎


*【岡部氏先祖附】
《曾祖父、岡部嘉太夫[英武]儀は、右九左衛門子ニて御座候。九歳ニ罷成申候節より、要津院様御小坊主ニ被召出相勤申候。其後元俗被仰付、御中小姓ニ被召直、覚雲院様御代、邀月院様御幼年の節、御附ニ被仰付相勤申候。邀月院様御代、元禄六年八月御合力米弐拾石被為拝領、御馬乗組被召直、御側御目付并御側御武具方をも兼役被仰付相勤申候。同十年九月御合力米拾石御加増被為拝領、御小姓頭ニ被仰付、御役料現米五石被為拝領相勤申候処、老極仕御役儀難相勤御断申上候処、同十四年十月御懇の御意を以、御小袖二ツ被為拝領、座配持懸りニて桂光院様御附被仰付、宝永三年十月新知百石被為拝領、髪薄ク相成申候ニ付剃髪仕候様被仰付、名を嘉慶と改相勤申候内、弥及極老申候付、隠居被仰付、為隠居料□三人扶持被為拝領置候処、享保六年六月病死仕候》
《祖父、岡部嘉太夫[英明]儀は、右嘉慶子ニて、初名嘉三太、嘉市、雲次と申候。邀月院様御代、宝永六年十二月歩御小姓被召出、同七年正月江戸御参府の節御供被仰付、凌雲院様御代、正徳四年四月御側御中小姓ニ被召置、御側御武具方兼帯被仰付相勤居申候処、享保三年七月親嘉慶隠居被仰付、家督無相違被為拝領、御馬廻ニ被召加、御式台御番相勤申候。同四年九月御者頭列被召直、邀月院様御附御小姓頭ニ被仰付候。同七年十二月座配持懸りニて、御知行奉行ニ被仰付候。同十二年十二月弘之公御附ニ被仰付候。其後慈雲院様御附ニ被仰付相勤居申候内、寛延二年八月病死仕候》








松井文庫蔵
寿之像






永青文庫蔵
道家氏先祖附 平蔵

 
  36 刀装の心得
一 武公大小刀ノ拵(え)ハ、總テ金飾〔こしら〕ヘヲ不用、脇差ニハ金飾アリ。刀ハ、他所ニテ廣間ナドノ手遠キ所ニモ置物ナレバ、若金ナド迦ム事アリ、サアレバ、不覚悟ニ見ユルナリ。脇差ハ身ヲ放ス〔ヌ*〕物ナレバ、其心ヅカイナシト也。(1)

一 武公の大小刀の拵えは、すべて金装飾を用いないものだった。(それに対し)脇差には金装飾があった。(というのも)刀は、他所で広間などの手から遠い所にも置くものだから、もし金などを象嵌するようなことがあれば、覚悟がないと見えるのである。脇差は身から離さないものだから、その心遣いはないということである。



武蔵拵大小刀 模造
島田美術館蔵
左右海鼠透鐔
  【評 注】
 
 (1)武公大小刀ノ拵ハ
 武蔵の刀剣の拵え、つまり刀装のことだが、大小刀すべて金装飾を用いないものだったという。ようするに、金の象嵌その他いかにも豪華な細工にしたものがあるが、それとは違って質実な拵えであったというわけだ。
 なるほど、今日「武蔵拵」とある刀装は、それが正確に武蔵のデザインなのかどうか、だれにも確言はできないが、衒いのないいたって質素なもので、しかも洗練された意匠である。質実と洗練という傾向は、とくに武蔵特有とは云えないが、武蔵画のそれと一致する性向である。品格の共通性があって、そのかぎりにおいて武蔵好みと云える。
 束は、中細の微妙な曲率をもった握りやすい柄巻。たぶん鮫皮を用い、質実な黒地錦捻糸で巻いている。目貫は装飾性のあるものだが、たとえば蜂や鯰の造形である。鍔は海鼠形に透かした特異な意匠であるが、これは手元を軽くするために考案されたというのは俗説であろう。手元を軽くする意味は何もないからである。むしろ、鐔競合いするような戦闘法とは無縁だったというにすぎない。それよりも、二つの円環を重ねてズラした二天の、ある意味で集合論を思わせる数学的造形に、武蔵の好みが窺われる。鞘は朴木か何かでしっかりした造りで赤漆溜塗仕上げ、下げ緒は黒絹、鐺(こじり)は銅合金で、やはり簡素で堅実な意匠。解説すれば、まあそういったところであろう。
 ようするに、武蔵の大小は金の装飾などしない質実なものであった。それに対し、脇差は金の飾りをしたものであったという。
 脇差と小刀はどう違うのか。これについて、さまざまに薀蓄を傾ける者が昔からあるが、どれも大して根拠のある話ではない。実際には、厳密な区別はなく、たとえば武蔵は五輪書のなかで、我が流派を二刀と名づける事について、この二刀を、昔は太刀/刀と云い、今は刀/脇差という、云々と書いている。これをみるかぎりにおいて、
    昔は・・・ 太刀/刀
    今は・・・ 刀/脇差
という呼称変遷にすぎないようである。昔は「太刀」と言っていたのが「刀」と呼ぶようになり、昔は「刀」と言っていたのが「脇差」と呼ぶようになったのである。このかぎりにおいて、基本的には差異はない。小刀は脇差と呼んで差し支えはなさそうである。
 『丹治峯均筆記』に、《刀脇指ハ木柄ニテ、アカヾネ拵ナリ》とあって、大小二刀の柄頭や鐺までパーツが銅製であって、金細工ではないのも、『武公伝』の記事と相応するところであるが、ここでは、五輪書と同じく、大小は刀/脇差という用法である。
 ところが『武公伝』によれば、少し話が違う。脇差と刀は扱いが異なるという弁別がある。どう違うかといえば、刀は、たとえば他家の客となって広間(座敷)などに座すとき、刀は預け刀掛けに懸けられる。それに対し脇差は、身に帯びたままである。この相違は興味深い。刀は預けるが、脇差はどんな場所でも身に帯びたまま離さないものである。
 刀は、機能的にいえば、やはり戦闘用武器である。この位置づけは動かないから、他家の客になったときは、そんな暴力的な道具は、礼儀としてこれを預ける。ただし、脇差はそれとは違っているが、たんに儀礼的形式的な道具ではない。脇差はそれを常に身から離さない、武士のある種の尊厳にかかわるシンボリックな道具なのである。
 右の有名な武蔵坐像(熊本県立美術館蔵)は、刀を左脇に置き、脇差を帯びたまま座っている姿である。これは『武公伝』式にいえば、大小刀ではなく、刀/脇差というセットのようである。
 ちなみにこの図をみると、脇に置いた刀の鐔は、武蔵拵によくある海鼠透鐔であるが、脇差の方は、いわゆる武蔵拵とは別の意匠の装飾的な鐔のようにみえる。
 そうすると、今日の武蔵拵模造刀などに、脇差まで海鼠透鐔の武蔵拵にしてしまうのは、あまり考証の行き届いたものではない、ということになる。禁欲的な武蔵拵の刀装とは違って、脇差の方は装飾的な拵えであったようである。
 こういう話の前提で、『武公伝』の説明を聴いてみよう。武蔵の大小は金の装飾などない実用的で質実なものだが、ただし脇差は金の飾りをしたものであった。それはどういうわけか、という解説なのである。


脇差 金飾刀装の事例

 すなわち、刀は、他所で広間(座敷)などの手から遠い所にも置くものだから、もし金などを象嵌するようなことがあれば、不覚悟と見える。装飾的なチャラチャラした刀は武士の覚悟がないと、人は思うということである。このばあい、覚悟とは今日の意味ではなく、字義通りの、心構えのことである。不覚悟とは、心構えがなっていない、という意味である。武士の倫理も美学もその禁欲にある。
 ところが、脇差は身から離さず、他人に預けるものではないのだから、不覚悟だと思われるといった心配をする必要はない。――だがこれは、言い訳がましい弁明で、胡乱で説得力のない説明である。
 人の手に渡そうが身から離さまいが、どちらにしても他人の目には、どんな脇差を帯びているか知れるのである。むしろ、どんな趣味のよい逸品か人の眼に見せるために、装飾的な脇差を差すのである。したがって、身から離さないから、不覚悟にみえるものでもかまわない、というのは道理が通らない説明である。
 ようするに、これは『武公伝』作者の考えた言い訳なのである。武蔵の大小は禁欲的実用的で質実なものだが、脇差は装飾的で贅沢なものだった、それはなぜだったか、ということの弁明である。その説明が、人に不覚悟とみられるかどうかと基準にした価値判断であるが、他人の視線を気にする、こんなことを武蔵その人が語ったとは思えない。つまりは弁明になっていない。
 言い換えるなら、余計な弁明を除去すれば、武蔵の大小は禁欲的実用的で質実なものだが、脇差は装飾的で贅沢なものだった、という事実しか残らないのである。こういう一見一貫性を欠くとみえる二律背反は、ある意味で武蔵的なものである。
 『丹治峯均筆記』に、武蔵の禁欲的修行者としての側面、有名な風呂に入らぬ武蔵という像を伝記すると同時に、武蔵の服装は、かなり贅沢なファッションだったことを記録している。つまり、紅裏つきの繻子の小袖で、長めのぞろりとした風流なものだったようである。それと同じことが、この『武公伝』の記事にあるごとく、質実禁欲的な刀と、装飾的で贅沢な脇差、という対比にもある。
 慶長期に人となった人間としては、若い頃はもっとはるかに派手なファッションとアクセサリーであっただろうが、老いてはごく質素なものである。それでも、武蔵の世代の風流と派手好みは、規範秩序が確立された後に育った後世の人間には理解しがたいであろう。それで武蔵の美学も、『武公伝』のこういう解説を蒙ると、人目を気にする境位に堕する羽目になる。ようするに、説明になっていない。十八世紀の武蔵流兵法末孫には、元祖武蔵の美意識は理解不可能になってしまったことを示すだけである。
 『武公伝』には『丹治峯均筆記』のような武蔵の服装に関する記事はない。それが『武公伝』と『丹治峯均筆記』のセンスの違いである。しかも、『丹治峯均筆記』の作者は、武蔵の服装を記録しても、『武公伝』のこの記事のように余計な的外れの弁明はしない。ある意味で肥後系武蔵伝記『武公伝』のセンスは、いわゆる田舎者のそれである。もし『武公伝』が武蔵のそんな当世上方流のファッションを書いたとすれば、それは理解を絶するものであっただろう。ゆえに、「不可能事は存在せず」で、『武公伝』には武蔵の服装に関する記事がないのである。
 これに関連して言えば、これも従来武蔵研究において指摘された例をあまり見ないが、周知の武蔵立像(島田美術館蔵)の大小二刀は、かなり装飾的な刀装である。束や鐔ははっきりしないが、鞘の派手な装飾からすると、金拵えのようで、ほとんど儀式用の刀装意匠とみえるほどである。
 すなわち、この武蔵像の大小二刀の拵は、『武公伝』の記事とはまったく逆の、装飾的なものである。これも理由なく描かれたはずはないから、武蔵はこんな金装飾の大小刀も所持していたということになる。
 そうなると、『武公伝』の、――武公の大小刀の拵えは、すべて金装飾を用いないものだった。それに対し)脇差には金装飾があった――という記事には、疑問が生じることになる。つまり、これは武蔵の事実を記述したものではなく、これも一種の伝説にすぎないようである。
 武蔵の大小の拵はいわゆる武蔵拵の、装飾に禁欲的なものだが、脇差は金装飾のものだったというのは事実であろう。しかし、武蔵の大小刀にも金拵えの例のあることを知らない者が、これを言い出したのであろう。
 そうしてみると、武蔵の大小刀には金拵えはないと思い込んだ者が、他方、金装飾の脇差のあるのを見て、その弁明を試みたのが、『武公伝』のこの記事にある話なのである。たぶん、大小刀は禁欲的な意匠なのに、なぜ脇差は金拵えなのか、という疑問が、武蔵流末裔の間でささやかれてもいたのであろう。それも禁欲を是とするイデオロギーの故であるが、これに対する弁明が『武公伝』の記事にみられような、他人の目を気にする少し情けない話になってしまったのである。
 『二天記』にはこの記事はない。採録されず割愛されている。豊田景英は、これをいささか胡乱な噺とみたのかもしれない。これを書き換えもせずに削除しているのである。
 また、『武公伝』の記事が『二天記』に採録される傾向をみるに、『武公伝』写本の二巻のうち、巻之二の記事は、巻之一の記事に比して、『二天記』に採用されていない頻度が高い。つまり、豊田景英が資料的価値が少ないとみた記事が、巻之二に多いとすれば、この二巻配置も景英の編集であったかもしれない。  Go Back




武蔵拵 束・鐔


*【五輪書】
《一 此一流二刀と名くる事  二刀と云出す處、武士は將卒ともに直に二刀を腰に付る役なり。昔は太刀・刀と云ひ、今は刀・脇差と云ふ。武士たるものゝ此兩刀を持つ事、こまかに書顯すに及ばず。我朝に於て、知るもしらぬも、腰に帯る事、武士の道なり。此二つの利を知らしめんために、二刀一流と云ふなり》(地之卷)









熊本県立美術館蔵
熊本県立美術館蔵
武蔵坐像 脇差と刀























*【丹治峯均筆記】
《武пA一生髪ケヅラズ、爪トラズ、浴セズ。老年ニ至テ、在宿ノ節ハ無刀ニテ、五尺杖ヲ平生携トイヘリ。夏日ニハ、手拭ヲシメシテ身ヲ拭ハレリ。(中略)壮年之時ハ髪帯ノ辺迄タレ、老年ニ及テハ肩ノ辺迄下リタリトカヤ。繻子ノ小袖ニ紅裏ヲツケ、足ノ甲ニタレル程長キヲ著シ、繻子・純子亦ハ紙子等ノ胴肩衣ヲ著シ、刀脇指ハ木柄ニテ、アカヾネ拵ナリ。「物好事ハ、アカヾ子ナラデハ、思フ様ニ之無」ト、平生被申トナリ》










島田美術館蔵
宮本武蔵像の大小刀拵

 
  37 青木城右衛門/宮本武蔵政名流
一 青木城右衛門ハ武公ノ弟子、二刀ニ達ス。後、鐵人ト云ト。[武藝小傳出](1)
 亦曰、宮本武藏政名流。父ハ無二斎ト云、十手術達人、日本開山~明宮本武藏政名流ト云、碑銘ヲ載ス。碑名ニハ此名ナシ、小傳ノ謬也。(2)
一 青木城右衛門は武公の弟子で、二刀の達人であり、後に「鉄人」と云うと。[武芸小伝に出ている]
 また曰く、宮本武蔵政名流。父は無二斎と云い、十手術の達人で、日本開山~明宮本武蔵政名流と云い。(武芸小伝は小倉の)碑銘を記載しているが、碑名にはこの名はない。(武芸)小伝の謬りである。

  【評 注】
 
 (1)青木城右衛門ハ武公ノ弟子
 これは、日夏弥助繁高の『本朝武芸小伝』(正徳四年(1714)序、享保元年(1716)刊)の記事の引用とそれに対するコメントである。同書は、剣術を含む諸武芸の流祖・系譜・伝記を記したもので、この種の総覧的書物としてはもっとも初期のもので、広く一般に読まれ、また影響も多大であった。爾後の類書はほとんどが本書を参照しているように、最も有名な基本文献であった。それゆえまた、この段の記事は、『武公伝』の作者が『武芸小伝』を見ていた、という事実を示す証拠資料でもある。
 『武公伝』は、『武芸小伝』の「青木城右衛門」と「宮本武蔵」に関する記事に言及しているが、ここはまずは、青木城右衛門の方から。
 『武芸小伝』の「青木城右衛門」に関する記事は、「青木城右衛門は、刀術を宮本武蔵に学びて、二刀に達す。名を華夷に顕はす。後に鉄人と号す」とのみあって、ごく短いものである。
 つまりは、青木城右衛門は剣術を宮本武蔵に学んで、二刀の達人となった。都から地方までその名は全国に有名であった。青木城右衛門は後に鉄人と号した、ということである。『武芸小伝』の情報はわずかこれだけである。
 『武公伝』は、これを引用しているだけである。《顯名於華夷》は落としているが、ほぼそのままの引用である。これについて、何もコメントはない。言い換えれば、『武公伝』の作者の周辺には、「青木城右衛門」について、『武芸小伝』が記す以上の固有情報はなかったということ、それを確認しておきたい。
 これに対し、筑前系の『丹治峯均筆記』は、『武芸小伝』とは独立の、別の伝説を記録している。その点が、同じ武蔵伝記でも、肥後系の『武公伝』とは異なるところである。
 青木城右衛門は、『丹治峯均筆記』では「條右衛門」である。同書は、青木條右衛門についていくつか記事を記載している。これについては本サイトに『丹治峯均筆記』の読解研究が公開されているので、当該箇処を参照してもらえばよいが、ここでは以下のような内容であることを示しておく。
(一)青木條右衛門は無二免許の弟子。つまり、新免無二から免許を得た弟子である。
(二)武蔵十九歳の巌流島決闘のとき、武蔵が使用した木刀は、青木條右衛門が製作したものだとの言い伝えがある。
(三)小倉の島村十左衛門宅で、武蔵を訪ねてきた青木條右衛門を、武蔵がさんざんに叱りつけ、追い返した。これはかなり長い記事で説話化された物語になっている。
 まず最初にあるように、青木條右衛門が新免無二から免許を得た弟子だったとすれば、青木條右衛門は無二・武蔵二代にわたる弟子だったということになるが、これは世代の上でありえないから、『丹治峯均筆記』に登場する青木條右衛門は二人別人とみた方がよい。
 つまり、無二免許の弟子である青木條右衛門は、武蔵よりかなり年上であるし、他方、小倉で武蔵から不心得を面罵されるような、未熟な青木條右衛門は、五十代の武蔵からすればかなり若い弟子である。したがって、『丹治峯均筆記』に登場する青木條右衛門は、二人いることになる。
 それゆえ、『丹治峯均筆記』と『武芸小伝』の最も大きな差分は、無二免許の弟子である青木條右衛門がいたということである。これは『武芸小伝』の作者の視野には入っていない。
 ところが、『丹治峯均筆記』には、青木條右衛門が二代だとも何とも記していない。そこでは、青木條右衛門は無二免許の弟子で、巌流島決闘の木刀の製作者で、そして小倉の島村宅へ武蔵を訪ねてきたのも、すべて同一人物の扱いである。それゆえ、『丹治峯均筆記』の青木條右衛門に関する伝説には明らかに矛盾が露呈している。
 他方、筑前系後継の『兵法先師伝記』には、青木條右衛門を無二免許の弟子とせず、武蔵免許の弟子とする。しかも、武蔵が二十八、九歳の壮年の頃の門弟だという。『兵法先師伝記』が言いたいのは、青木條右衛門が初期の武蔵の流儀を伝授されたもので、それゆえ、同じ二刀でも、晩年の武蔵流兵法とは仕方等も意味も違う、ということである。
 こういう主張は『丹治峯均筆記』の伝説背景にすでにあって、その基本的なスタンスは、無二流を排除することにあり、無二は武蔵の父であるにもかかわらず貶められる。そして青木條右衛門も同じく小倉のシーンで貶められるのだが、青木條右衛門が無二流であれ、初期武蔵流であれ、自分たちの流儀とは異なる、というのが筑前系伝記の強調するところであり、青木條右衛門はそのために登場させられるがごとくである。



京大谷村文庫蔵
本朝武芸小伝

*【本朝武芸小伝】
《○青木城右衛門
青木城右衛門者、學刀術於宮本武藏、達二刀。顯名於華夷。後號鐵人》




*【丹治峯均筆記】
《新免武蔵守玄信ハ播州ノ産、赤松ノ氏族、父ハ宮本無二ト号ス。邦君如水公ノ御弟、黒田兵庫殿ノ与力也。無二、十手ノ妙術ヲ得、其後二刀ニウツシ、門弟数多アリ。中ニモ青木條右衛門ハ無二免許ノ弟子也》
《辨之助ハ小次郎ヨリサキニ渡海セリ。コロハ十月ノ事ニテ、下ニハ小袖ヲ著シ、上ニ袷ヲキテ、カルサンヲ著シ、舟ノ櫂ヲ長四尺ニ切リ、刃ノ方ニ二寸釘ヲアキマナク打込、握ノ所ニノコメヲ入レテ持[是、青木条右衛門製ト云傳フ]。小太刀ニハ、皮被リ手ゴロノ木ヲ、握リノ所ハ皮ヲヽシ削リテモテリ》
《或時、小倉ニテ、小笠原家臣島村十左衛門ガ宅ニテ饗應アリ。相伴ノ面々モ数輩アツテ、料理モスミ物語ノ内ニ、玄關取次之者罷出、「武州様ヘ、青木條右衛門ト申者参上、御逢被下候様ニト、相願申」由ヲ申ス。武州被聞届、「不苦事。早々コレヘ通シ候ヘ」トテ呼入レ、「サテサテ、久シク打絶タリ。息災ニテ目出タシ」ナドヽテ懇ニ申サレ、「兵法ハイカニ」ト尋ラル。「只今トテモ不絶修行仕ル」ヨシヲ申ス。「サラバ見ルベシ」トテ、表等一覧、殊外機嫌克、「先以上達セリ。何方ヘマイリ指南シテモ不苦」トテ稱美セラル。条右衛門、「忝仕合、身ニ餘リ大慶仕」由申、次ヘ退キ木刀ヲ袋ニ納ム。(中略)武州ノ玉フハ、「吾、如是手ワザ熟シタレ共、ワザニテハ敵ニ勝ガタシ。増而其方、兵意ハ得心セズ、ワザハ不叶、何ヲ以テ人ニ可勝哉。サテサテウツケ者也。早々帰候ヘ」トテ追カヘサレシト也》


*【兵法先師伝記】
《二十八九歳ノ比、門人モ有テ其流義免許セラシモ多カリケル中ニモ、青木條右ヱ門ト言者ハ、其比ノ門弟ニテ免許ノ弟子也シトゾ。青木條右ヱ門ガ傳ル処門々世ニ殘レリ。當時越後村上ノ内藤侯ノ臣土屋皆右ヱ門、二刀ヲ傳得テ、彼御家ニ名有リ。是則青木條右ヱ門ニ先師壯年ニ免許セラレシ流義ナル故、仕方等モチガヒ、意味モ違シ事有ト聞》
 『丹治峯均筆記』の記事も『武芸小伝』の記事も、はなはだ心もとない。では、青木條右衛門に関する情報は他にはないのか。
 「円明実手流家譜并嗣系」によれば、生国河内国錦郡住人・宮本武蔵守吉元の弟に、「青木常右衛門」吉家なる者があり、常右衛門は母方の青木姓を名のった。宮本武蔵守吉元(1537〜1600)は円明流を発明したが、慶長五年死去にあたり、弟吉家に相伝し、かつ、息子・無二之助を後見してその兵器、つまり兵法の才能を育てるよう依頼した。無二之助は青木常右衛門吉家の甥なのである。
 すでに前に見たように、宮本無二之助一真(1570〜1622)は、前武蔵守吉元の実子。常右衛門は兄吉元から承けた円明流を、甥の無二之助に相伝した。したがって、嗣系は、宮本武蔵守吉元→青木常右衛門→無二之助である。無二之助は当理流を発明し、またこのとき父吉元の円明流と「武蔵守」の名跡を嗣いだということになる。
 そうして、無二之助は甥の虎之助を養子にしてこれを嗣がせて、宮本武蔵守正勝。これが「豊州の住、日域無双岩流といゑる一刀に名高き者」と「長門國柳が浦と云小嶋」において戦い、「岩流を即時に撃殺せり」というのだから、これは宮本武蔵をモデルにした人物であることは明らかである。
 ところで、青木常右衛門吉家の方は、自身の子・金定(1570〜1621)に相伝した。これが「鉄人」を名のる。これを嗣いだ息子の金家(1596〜1675)も「鉄人」を名のった。この金家が鉄人実手流開祖である。他方、青木常右衛門吉家は、入道したとき、常右衛門の名跡を弟の与八郎に譲った。これが青木常右衛門家直である。家直は入道して休心を号し、嗣いだ子が常右衛門直継である。
 かくして、「常右衛門」の名跡は、青木吉家から弟の家直へ譲られ、さらにその子・直継へ渡った。「常右衛門」の名跡は明らかに「鉄人」の名跡とは別系統である。したがって、青木常右衛門が鉄人を名のることはない。とすれば、『武芸小伝』の、青木城右衛門が後に「鉄人」と号したという記事は、混同から生じたものである。
 ところが他方、内田春朝の聞書という一書があって、それによれば、金家は初名新右衛門、後に「常右衛門金家」と名のる。宮本武蔵の門人で、江戸へ出て神田明神前で道場を開いた。没年享年は寛文元年、七十五歳というから、生没年は一五八七〜一六六一年となって、円明流嗣系の話と矛盾する。また、「常右衛門」の名跡は大叔父・家直の系統のもので、金家が常右衛門を名のることはない。内田春朝の説の当否は別にして、おそらく『武芸小伝』の作者はこの筋の伝書を見たものと思われる。
 では、『武芸小伝』に、青木城右衛門が刀術を宮本武蔵に学んだとあり、また『丹治峯均筆記』に、青木條右衛門が無二及び武蔵の門弟として登場する、これはどういうことか。
 円明流嗣系で云えば、青木「常」右衛門だが、吉家と家直は吉元の弟だから、これは世代的にも無二の門弟になりようがない。そうしてみると、青木家直の子・常右衛門直継あたりになる。しかし、そういう伝承もないので、これは何とも云えない。
 『武芸小伝』を見るかぎりにおいて、同書成立の十八世紀はじめ頃には、青木城右衛門=鉄人が刀術を宮本武蔵に学んだ、という伝説ができあがっていたらしい。『武芸小伝』の「青木城右衛門」の記事が知られていたから、『丹治峯均筆記』の青木條右衛門記事も、ソースはオリジナルではなく、『武芸小伝』あたりの新説が混入しているかもしれない。ただ、『丹治峯均筆記』が肥後系伝記と異なるのは、肥後系伝記が『武芸小伝』のような文献資料しか情報をもたないのに対し、『丹治峯均筆記』には筑前ローカルな固有伝説があったということである。『武芸小伝』との相違は、『丹治峯均筆記』が青木條右衛門を無二の門弟とするところである。そこに『丹治峯均筆記』の伝説更新があるのだが、これは円明流のセクトとは別の、無二流の伝説があったものと思われる。
 ともあれ、『武公伝』は『武芸小伝』の青木城右衛門の記事を引用しただけであるが、なぜ、ここにそれを引用したのか、不明である。当理流に関して何か陳べたいことがあったのかもしれない。しかし、記事はご覧の通り、引用にとどまり、コメントなしである。
 後継の『二天記』も記述事情はまったく同じである。武芸小伝に、武蔵門弟に青木城右衛門という名がある、後に鉄人と号すとある、としている。『二天記』の作者は『武公伝』の記事をそのまま孫引きしたようである。
 そうして『二天記』は、青木城右衛門がどこの国の人であるか、未考だという。まだ考証できていないと記す。ということは、青木鉄人を山城の人とする、円明流もしくは鉄人実手流の伝書は、肥後で知られていなかったようである。その代りに、肥後で大いに横行したのは、宮本無二助一真の名と当理流免許状だったようである。それに妨げられて、肥後では『武芸小伝』の青木城右衛門記事以上の情報をもちえなかったのである。  Go Back





円明流実手三学真




*【円明流実手嗣系】

○宮本大蔵大輔家元┐
┌────────┘
├宮本武蔵守吉元―宮本無二之助一真┐
│  円明流権輿   実手当理流 │
│┌───────────────┘
│└宮本武蔵守正勝┬宮本無右衛門
│    武蔵流 └宮本伊織勝信

├青木常右衛門吉家―青木鉄人金定┐
│┌──────────────┘
│└青木鉄人金家─┬青木弁右衛門
│  鉄人実手流 ├青木与四郎家久
│        └青木藤五郎

└青木常右衛門家直┬青木常右衛門直継
      休心 └青木次郎左衛門






鉄人流十手器







*【二天記】
《武藝小傳ニ、武藏門弟ニ青木城右衛門ト云名アリ、後鐵人ト號ストアリ。何國ノ人ト云コト未考》
 
 (2)宮本武藏政名流
 同じ『武芸小伝』の記事から、こんどは「宮本武蔵政名流」である。これは宮本武蔵の略伝であるが、諱を「政名」とする最初期例である。『武公伝』はその記事を縮約して、父は無二斎と云い、十手術の達人で、(政名は)自ら号して、日本開山~明宮本武蔵政名流と云う、という具合に引用している。
 では、『武芸小伝』の方は実際、どういう記事になっているか。――宮本武蔵政名は播州人、赤松の庶流新免氏である。父は新免無二斎と号し、十手刀術の達人であった。政名は思った、十手は常用でない武器であり、それに対し二刀はこのように常に佩く道具だ。そこで、二刀をもって十手の利に換えた。その術はしだいに熟した。十三歳の時、播州において有馬喜兵衛と勝負をし、十六歳にして但馬で秋山と勝負し、これを撃殺した。後に平安城(京都)において、吉岡と勝負を決し、遂に勝った。後に船島において、巌流を撃殺した。およそ十三歳より勝負をすること、六十度以上。自ら日下開山神明宮本武蔵政名流と号した。威名はあまねく全国に知られ、その誉れは口碑にあり。今に至るも末流が諸国にある。慶長年中、関が原と浪速(大坂)の役で勇名あり。寛永年中、肥前島原一揆、細川家に属し出陣した。正保二年(1654)五月十九日、肥後熊本城下で死す。法名、玄信二天。
 ざっと以上のようなことだが、大半は小倉碑文の写しから得た情報であり、また後世人の記述ゆえの誤伝も交じっている、という性格のものである。小倉碑文からの逸脱変異を主として記載事項を列記すれば、以下のようなことであろう。

  小 倉 碑 文 本朝武芸小伝
 武蔵の名 新免武蔵玄信 宮本武蔵政名
 生 国 播чp産 播 州 人
 出 自 赤松末葉 新免之後裔 赤松庶流新免氏
 父の名号 新免無二 新免無二斎
 無二の兵法 十手の家を爲す 十手刀術に達す
 武蔵の流派名 (記載なし) 日下開山神明
宮本武蔵政名流
 島原の役 (記載なし) 細川家に属し出陣
 法 名 二天居士 玄信二天

 まず目につくのは、「宮本武蔵政名」という名である。これは、兵法者としての武蔵のフォーマルな名、「新免武蔵守藤原玄信」を知らないところからくる。初期武蔵流のどれかから派生した、怪しげな伝書に拠ったものとみえる。『武芸小伝』の作者は、むろん小倉碑文の「新免武蔵藤原玄信」は知っているが、五輪書をはじめ武蔵流伝書を知らない。これについては別に再説する。
 武蔵は新免無二から、兵法家の名跡「新免武蔵守」を嗣いだから、そのかぎりにおいて、「新免武蔵」あるいは「新免玄信」と呼ばれることになるが、これに対し、「宮本武蔵」は兵法者としてのフォーマルな名ではなく、世俗的通称である。
 武蔵は、三木之助と伊織を養子にして、播州姫路と明石で宮本家を創設して、宮本姓を名のらせた。この二人の養子には兵法の家を継がさなかったから、新免ではなく、宮本なのである。そのあたり、新免姓と宮本姓に関し武蔵は明確な区別をし、使い分けている。
 ようするに武蔵は、兵法者としては宮本姓を名のりはしなかった。このことからすると、『武芸小伝』の「宮本武蔵政名」という名そのものが、巷間の伝説を介して生れた後世の産物たることを示している。
 武蔵の生国・出自については、『武芸小伝』は小倉碑文を典拠にしてそのまま書いているから、さして逸脱はない。ただし、武蔵が新免無二の実子ではなく、無嗣で死んだ無二死後に新免家を嗣いだ義子だという情報はない。しかも、小倉碑文が「赤松末葉」「新免之後裔」と記すところを、一緒くたにして「赤松庶流新免氏」と記し、新免氏が赤松庶流だと誤解している。
 しかし『武芸小伝』が、新免無二について、その号を「無二斎」という斎号にしているのは、これまた誤伝である。「無二」は号だから、これは武蔵の「二天」と同じ。だから無二に「無二斎」という斎号を与えるのは、武蔵に「二天斎」という斎号を与えるに等しい。ただし、『武芸小伝』で注目されるのは、無二を「新免無二斎」とはしても、決して「宮本無二助」「宮本無二斎」としないことだ。これは小倉碑文の記事を、一次史料として尊重したのである。
 『武芸小伝』は、その記事の信憑性如何は別にして、十八世紀初頭の段階での全国の武芸諸流の伝説を網羅しようとするものである。しかるに、その『武芸小伝』の視野には「宮本無二助一真」という名はまだ入っていない。青木鉄人の記事を書きながら、『武芸小伝』の段階では、「宮本無二助一真」は登場しないのである。したがって、「宮本無二助一真」は『武芸小伝』以後の発生のようであり、十八世紀以後の新説の所産とみなしてよかろう。
 既述のように、円明流嗣系に登場する「宮本武蔵守正勝」は、本姓栗原、初名虎之助で、「宮本無二助一真」の猶子になり、これが「豊州の住、日域無双岩流」と「長門國柳が浦と云小嶋」において戦い、岩流を即時に撃殺したというのだから、これは宮本武蔵をモデルにした人物であることは明らかなのだが、もとより後世の変異した伝説以外のものではない。おそらく、十八世紀になって上方で発生した伝説であろう。
 ここにいう「宮本武蔵守正勝」と「宮本武蔵政名」のおおまかな類似に注意しておくことだ。「正勝」と「政名」という二つの名は、伝説の揺らぎの範囲内にある。
 『武芸小伝』に話をもどせば、「新免無二斎」は十手刀術に達すとする。十手刀術とは、十手術と剣術の二つということではなく、十手を使った刀術という意であろう。右手に刀を、左手に十手をもつ、右掲図の鉄人流絵目録にある實手捕のようなスタイルであろう。
 小倉碑文は、無二の兵法の家を「十手の家」としているが、これは必ずしも十手のみを用いる兵法だとは限らない。十手は小具足も含み、剣術のみならず棒術・体術まで含む総合戦闘術である。右手に刀を、左手に十手をもつ型もその一つである。小倉碑文もそのような意味合いで「十手の家」としているはずである。





*【本朝武芸小伝】
《○宮本武藏政名
宮本武藏政名者播州人、赤松庶流新免氏也。父號新免無二斎、達十手刀術。政名思、十手者非常用之器、二刀者此常佩之具。乃以二刀換十手之利。其術漸熟矣。十三歳之時於播州、與有馬喜兵衛為勝負、十六歳而於但馬、與秋山為勝負、撃殺之。後於平安城、與吉岡決勝負、遂勝。後於船島撃殺巌流。凡自十三歳為勝負六十有餘度。自號日下開山神明宮本武藏政名流。威名遍四夷其誉在口碑。至今末流在諸州。慶長年中關原役及浪速役、有勇名。寛永年中肥前島原一揆、属細川家赴之。正保二乙酉年五月十九日於肥後熊本城下死。法名玄信二天》





小倉武蔵碑
北九州市手向山公園



*【小倉碑文】
《兵法天下無雙
播юヤ松末流新免武藏玄信二天居士碑
正保二乙酉暦五月十九日於肥後國熊本卒 于時承應三甲午年四月十九日孝子敬建焉
天仰實相圓満兵法逝去不絶
臨機應變者良將之達道也。講武習兵者軍旅之用事也。游心於文武之門舞手於兵術之場而逞名誉人者其誰也。播чp産赤松末葉新免之後裔武藏玄信号二天。想夫天資曠達不拘細行蓋斯其人乎。爲二刀兵法之元祖也。父新免号無二爲十手之家、武藏受家業朝鑚暮研思惟考索、灼知十手之利倍于一刀甚以夥矣、雖然十手非常用之器二刀是腰間之具、乃以二刀爲十手理其徳無違。故改十手爲二刀之家》
























鉄人流絵目録 實手取
 ところで、『武芸小伝』は武蔵の流派名を、「日下開山神明宮本武蔵政名流」だとする。大げさで秘教主義的な流派名である。五輪書にみられる武蔵の性向からすると、これは武蔵に似合わない名称である。そこで、考えられるのは、次のようなことである。
A 同姓同名の宮本武蔵が、他にもいろいろあるようだから、これは別人の流儀を、「宮本武蔵」とあるだけで混同してしまった。
B 初期武蔵流の門弟から発した流派が、伝承過程で変異して、その末孫に至って流儀名も流祖名も本来の姿から乖離してしまった。
C 実際には存在しない流派で、よくあることだが、たんに尤もらしい流派伝書が捏造され、後世それが流通していた。
 他例の「政名」については、岡本系伝書に、「岡本小四郎政名」が後に「宮本武蔵義貞」に改めたという記事もある。すると、こちらは宮本武蔵義貞流で、宮本武蔵政名流ではないらしい。
 しかし、このうち、もっとも可能性があるのは、最後の捏造伝書のケースである。「日下開山神明宮本武蔵政名流」という名称には、いくつかの仕掛けがあるのだが、一つは、「神明宮本」という語詞結合に示されている。「神明(しんめい)宮本」とは、「新免(しんめん)宮本」のパロディである。宮本武蔵が新免氏だと知っていての、騙し絵のような作為である。「政名」は、「正名」で、名を正せという謎かけである。これは当時有名な『論語』のパロディである。孔子に正名論あり、曰く「必也正名乎」(必ず名を正さんか)。あるいは「名不正則言不順、言不順則事不成」(名正しからざれば、言順はず。言順はざれば、事成らず)である。
 『武芸小伝』の作者は、どこかでこの「日下開山神明宮本武蔵政名流」の伝書を見たのだろう。しかし、伝書があるからといって、その流派が実在したとは限らない、というのが剣術史料の世界である。この「政名」が示すのは、この流儀の名を正せという謎かけだが、それが謎かけとも見えないようでは目は節穴である。こういうゲームの仕掛けに乗ってしまったのが、『武芸小伝』である。
 しかるに、後に『武芸小伝』が世間であまりにも普及しすぎて、やがて、新免武蔵玄信はどこへやら、宮本武蔵政名が世間に横行するようになった。正名は虚名に駆逐される事態となった。
 その遷移プロセスを示すのが尾張の円明流で、左右田邦俊の子孫門弟が武蔵百回忌の延享元年(1744)に建てた笠寺観音(現・名古屋市南区南区笠寺町)の武蔵の碑銘は「新免武蔵守玄信之碑」である。つまり、まだ武蔵は新免氏であり諱は玄信である。
 ところが、それから半世紀後の寛政五年(1793)、武蔵百四十九年忌の法要に際し、市川長之がその門人とともに新福寺(現・名古屋市昭和区広路町)に建碑したのは、「新免政名之碑」。つまり、
    新免武蔵守玄信 + 宮本武蔵政名 → 新免政名
という混ぜ具合である。ようするに、その五十年ほどの間に、「政名」が「玄信」を駆逐してしまった。まことに『武芸小伝』の影響たるや、想像以上に大きかったようである。十八世紀後期になると、宮本武蔵は「政名」ということに大勢が決まったようである。そのように特定の謬説が一世を風靡してしまう例は、近代の武蔵伝記において、顕彰会本『宮本武蔵』が及ぼした影響を想起すればよい。
 『武公伝』の作者は、「日下開山神明宮本武蔵政名流」について、『武芸小伝』は小倉の碑銘を記載しているが、当の碑銘にはこのような名称はない。これは『武芸小伝』の誤謬である、と断じている。しかしながら、それは『武芸小伝』の日夏弥助も承知の上のことで、小倉碑文とは別の伝説伝書から、これを引っ張り込んだのである。
 そういうことを云えば、『武公伝』の「新免無二ノ介信綱」も、小倉碑文にはない名で、既述のごとく別のソースから、これを引っ張り込んだのである。かたや、巌流島決闘の相手、岩流の兵法伝系については、『武公伝』は、『武芸小伝』の伝説記事をそのまま継承している。あれやこれや、いづれにしても、十八世紀半ばには、近代の諸説紛々たる状態の構図ができあがったのである。
 ともあれ、『武芸小伝』は武蔵の法名を「玄信二天」としているが、これは、諱を「政名」とする以上、「玄信」は諱ではなく法号と見なしたらしい。武田「信玄」という類似例もある。そこで、小倉碑文の「新免武蔵玄信二天居士」から、「二天」の直前にある「玄信」を取り込んで四字法号にして、「玄信二天」としたのである。これは『武芸小伝』の解釈であって、何らかの資料や伝説があったというわけではない。
 なお云えば、『武芸小伝』は関が原・大坂戦争とともに島原役にも言及しているが、島原役の一件は小倉碑文にはない。しかも、細川家に属して戦場へ赴いたとするが、これまた、杲らかな誤伝である。地元肥後の『武公伝』としては、それを指弾しえたはずだが、作者はそれを語らずにいる。
 『二天記』は『武公伝』の記事をそのまま継承している。とくに変更したところといえば、「日下開山神明宮本武蔵政名流」について、『武公伝』が小倉の碑銘にはないと注意したところを、『二天記』は、《此ノ名、流書等ニテ不見》、この名は武蔵流の伝書にはない名だとしているところである。「政名」というのは五輪書等の「玄信」名とは違う、ということだ。
 これについて、また『二天記』は註記して、武蔵は本姓が赤松、つまり源氏なので、源政名といったのか、よくわからかん、と書いている。
 これはどういうことかというと、――つまり『二天記』の作者が何を考えたかというと、小倉碑文にある「新免武蔵玄信」では諱は玄信、五輪書の記名は「新免武蔵守藤原玄信」で、これも玄信。武蔵は新免氏を名のるときは藤原玄信だが、もとの姓は赤松氏だから源氏。すると、(赤松)源政名というのが、本来の姓名かもしれない、というようなことである。つまり武蔵には「藤原玄信」だけではなく、「源政名」という姓名もあったのではないかと。
 これは、『武公伝』がにべもなく却下した「政名」を、『二天記』ではまともに考えはじめているということである。むろん、『二天記』記の作者をこう仕向けるのは、世間で『武芸小伝』の影響が無視できないところまで来ていたからである。尾張では円明流末孫が「新免政名之碑」を建ててしまう時代なのである。『二天記』は、そんな時代の影響を蒙って、足元が動揺しはじめているということである。
 ちなみにえば、武稽百人一首では「佐々木巌流」と「宮本武蔵政名」の組合せである。「佐々木」巌流は、十八世紀中期の演劇で戯作者の頭の中から発明された名であるが、この図では、それに相応するのが宮本武蔵「政名」という名なのである。  Go Back








*【岡本流伝系】

○岡本三河房祐次―(4代略)―┐
┌――――――――――――――┘
└新右衛門義次┬小四郎政名
       │ 宮本武蔵守義貞
       |
       └祐実―(3代略)┐
    ┌―――――――――――┘
    └直右衛門照方―勘兵衛正誼



*【論語】
《子路曰、「衛君、待子而爲政、子將奚先」。子曰、「必也正名乎」。子路曰、「有是哉、子之迂也。奚其正」。子曰、「野哉、由也。君子於其所不知、蓋闕如也。名不正則言不順。言不順則事不成。事不成則禮樂不興。禮樂不興則刑罰不中。刑罰不中則民無所錯手足。故君子名之必可言也、言之必可行也。君子於其言無所苟而已矣》(子路13)



新免武蔵守玄信之碑
笠覆寺(笠寺観音)



新免政名之碑
半僧坊新福寺











*【二天記】
《又宮本武藏政名、父ハ無二齋ト云、十手刀術ノ達人、日本開山~明宮本武藏政名トアリ。此ノ名、流書等ニテ不見。[本姓ハ赤松源氏ナレバ、源政名ト云タルカ。不詳]》


武稽百人一首 佐々木巌流vs.宮本武蔵政名

 
  38 都甲太兵衛
一 武公直弟道家角左衛門曰、或トキ武公ノ打話ニ、「俺大勢ノ人ヲシルニ、都甲太兵衛ホド鋭氣アル人ヲ見ズ。莅事〔事ニノゾミテ〕氣ヲ奪ハルマジキ人也」トアリ。(1)
 正保四年六月、長嵜ニガリヤン舩来。此方ヨリモ御人数被差出、都甲モ渡海ナリ。長岡監物殿、息左馬亟殿[後ニ住庵云]父子モ渡海ナリ。故ニ坂本伊右衛門ハ住庵老ニ仕フ。住庵老ノ打話ニ、「ガリヤン舩カケトメノ時、舩橋普請ノ最中ニ、肥後ヨリ長崎へ渡シ者、人ヨリ歸郷セント思フ者一人モナク、又イチヅニ打死トモ極メガタシ。然レ共惣躰ノ様子、人ノ剛臆ニヨラズ、平生氣相ニテ居ル者一人モナク、只ウワガチニトハツキタリ。其内ニ少モ平日ニカワラヌ者ハ都甲一人ナリ」ト常々御咄ナリ。(2)
 武公打話ト符合ス。莅事氣ヲ不奪、誠ニ生得ノ剛強的ノ人ナリ。(3)
一 武公の直弟子・道家角左衛門が曰く、あるとき武公の談話に、「おれは大ぜいの人を知っているが、都甲太兵衛ほど鋭気のある人は見たことはない。事に臨んで決して気を奪われない人だ」とあった。
 正保四年(1647)六月、長崎に(ポルトガルの)ガリヤン船が来航した。こちら(肥後細川家)からも軍勢を差出され、都甲も渡海した。長岡監物殿と息子の左馬丞殿[後に住庵と云う]父子も渡海した。そこで坂本伊右衛門は住庵老に仕えた。住庵老の談話に、「ガリヤン船を湾内封鎖しようとしたとき、船橋の普請の最中に、肥後から長崎へ渡った者に、人より(先に)帰郷したい思う者は一人もなく、また一途に打死とも極めがたい。けれども、全員の様子、人の剛臆によらず、平生の気合いで居る者は一人もなく、ただ、浮ついて興奮しているだけである。その中で、少しも平日と変らない者は都甲一人だけだった」と、常々お話しされた。
 これは武公の談話と符合する。莅事気ヲ不奪(事に臨んで気を奪われない)、まことに(都甲太兵衛は)生得の剛強な人である。

  【評 注】
 
 (1)都甲太兵衛ホド鋭氣アル人ヲ見ズ
 都甲太兵衛は、今日有名な人物になっていて、およそどんな武蔵本でも話題にするようである。それは、明治末の評伝『宮本武蔵』(宮本武蔵遺蹟顕彰会編)が都甲太兵衛の逸話数編を収録し、さらに森鴎外が短編「都甲太兵衛」(大正六年)を書いたのが契機となっている。鴎外の「都甲太兵衛」は、武蔵と都甲太兵衛の遭遇をあれこれ考証しているが、何せ顕彰会本『宮本武蔵』がベースになっているから、その遭遇シーンはまるで的外れになってしまっている。これは一応云っておくべきだろう。
 顕彰会本『宮本武蔵』が記した都甲太兵衛の逸話は、以下のようなものでである。
 一つは、武蔵がその眼力で、都甲太兵衛の人物を見出したという話。あるとき武蔵が細川忠利に、剛毅正敏の士多き中にも今見た武士こそ特にすぐれていると告げる。その者が誰か武蔵は名を知らない。忠利はすぐに心当たりの者を召しだして、この者かというに、どれも人違いである。では、そなたが連れてきてくれ、と忠利がいうので、武蔵が座を立って、連れてきたのが、都甲金平。忠利はじめ家中の誰も認知していなかった都甲を、武蔵が見抜いたという一席。
 二つ目は、江戸城修築の石垣工事のおり、都甲金平は石泥棒の容疑で幕府に捕まって、牢獄に入れられ過酷な拷問を受けたが、都甲はついに口を割ず、釈放されたという話。付けたりに、都甲が平生心胆を鍛錬するために、天井に抜き身の刀を吊るして、毎夜その下で寝ていたという話。
 これらはいづれも後世の新しい伝説である。おそらく十九世紀の新生伝説であろう。後者はもちろんフィクションであるし、前者は、この『武公伝』の記事にあるようなシンプルな伝説が枝葉を広げて成長したものである。
 顕彰会本『宮本武蔵』が記した都甲太兵衛の逸話は、「原田氏雑録」という書からの摘録であるという。初代都甲太兵衛が「金平」を名のったという史料は知らないが、この二つの伝説の舞台としては寛永期以外にはないから、これは都甲太兵衛のことだとしておく。ただし、これはどれも後世の伝説であり、もとより信憑に値しない。
 さて、都甲太兵衛とは如何なる人か。都甲とは珍しい姓だが、都甲氏本地は国東半島、豊後国都甲荘である。大友氏以前から同地の地頭であった。のちに一色氏や大友氏に属し、都甲太兵衛の親の代に大友氏滅亡で牢人したらしい。これは『武公伝』作者である八代の豊田氏の先祖も同じであった。
 先祖附によれば、都甲太兵衛は、豊前で細川忠利に召出され歩小姓。寛永十五年(1638)の有馬陳(島原役)において、本丸一番乗りという軍功あり、褒美に新知三百石を与えられ、鉄炮頭を勤めるうち、老年になって延宝二年(1674)隠居したとある。話はそれだけで、江戸城修築の石垣工事の一件とか、『武公伝』にあるような長崎でのポルトガル船来航事件などの記事は、まったく記録されていない。先祖附に関するかぎり、ごく平凡な記事内容である。
 ところが、上記の都甲太兵衛の本丸一番乗りに関して、問題があったらしい。都甲は一番乗りではなく、二番目で、実際は本丸一番首なんだと。一番乗りこそ武士の名誉であって、二番となると話が違う。一番乗りを認定されないとなると、武士の面子が立たない。それゆえ都甲はそれにこだわったようである。
 すなわち、『綿考輯録』によれば、都甲には知行三百石という論功行賞だったが、それは本丸一番乗りを認めてのことではなかった。都甲は一番乗りという軍功に相応する知行を重ねて頂戴したいと申し出た。すると、働きの様子は忠利も承知しているから、とりあえずこの三百石を先に受け取るようにとの沙汰である。長岡佐渡守(興長)からも、こんなありがたい御意があった上は、はやく頂戴しなさいとの話があったが、都甲は納得できなかった。
 しかし、忠利が、まずこの度の折紙(知行支給証書)は受け取れと命じたので、都甲は、「まず、先に」との仰せだから、追って加増があり、働き相応の知行を下されるはずと思って、当面の三百石を受けたのである。ところが、程なく忠利が死んでしまった。
 その後、沢村大学を通じて、光利(光尚)にこの件を上申した。すると、「そんなことを言うのなら、召し置くことはできない」との回答であった。次の綱利の代になって、都甲は、「働き相応の知行を下さるように。そうでなければ、御暇下さるように」と申し出た由。
 その後、寛文元年(1661)には、「歩行もできないほど老いてしまいましたので、もはや知行の望みもありません、こうなっては、有馬(島原役)での我が働きの様子を、綱利君のお耳に入れてもらい、その上で、御暇下さるように。知行も、鉄炮頭の役儀も返上いたします」との書付を、長岡佐渡守宛てに提出した。その控が今に残っている、云々。
 以上が、『綿考輯録』の記事である。『綿考輯録』も後世の記録なので、信憑性に欠ける記事が多いが、このケースでは、都甲太兵衛が晩年、長岡興長宛に提出した文書の控えがあるというから、一応この話に乗ってよいだろう。その文書は寛文元年(1661)のものらしいが、これは興長が死去した年である。
 この『綿考輯録』の記事を見ると、従来流布された都甲太兵衛のイメージとは異なる像が浮上する。つまり都甲は、有馬陳での軍功認証に一生こだわり続けた人なのである。
 都甲は三百石では不満で、一生、加増を求め続けたのだが、むろんそれは、現代人が思うような俗欲からするものではない。ようするに、都甲が欲したのは、有馬での本丸一番乗りを認証されることである。加増がないということは、それが認証されないことを意味する。軍功相応の行賞は武士の面目にかかわるものであった。そういう意味で、加増にこだわり続けた都甲太兵衛は、戦国期の古い武士のエトスを演じたのである。もし彼に欲望があったとすれば、それはいわば名誉に対する純粋欲望である。
 都甲氏先祖附をみると、これに関連すると思われる記事がある。息子の都甲太兵衛の代、天和三年(1683)に、「親太兵衛儀ニ付、書付差上申候処、御暇被下候」とある。つまり、息子の太兵衛は、四十五年前の有馬陳における父親の軍功認証の件を改めて上申したらしい。すると、御暇下されたとあるから、細川家から追放されてしまったのである。
 おそらく息子は父の遺志を継いで、加増にこだわり続けて、「軍功を認証していただきたい。そうでなければ、御暇をいただきたい」と上申したのである。そうすると、こんどは慰留する者がなく、本当に追放されてしまった。しかし、そこは近世の武家共同体はよくしたもので、それから三年後の貞享三年(1686)、太兵衛か帰参を許された。つまり細川家に復帰できたのである。知行も以前の通り回復された。しかしこれにより、都甲家はもうこの話をむし返すことはなくなって、ついに都甲太兵衛の軍功認証は得られなかったようである。
 ただし、息子の太兵衛が父親の遺志を実現しようとして召し放された一件を先祖附に記すのは、『綿考輯録』の記事を裏づけるものである。親子二代にわたって都甲太兵衛は、軍功認証を求め続けたのである。
 森鴎外の短編「都甲太兵衛」をみると、以上の話は鴎外の視野の外にあったらしく、これを拾ってはいない。しかし、森鴎外が「都甲太兵衛」に書いたどのエピソードよりも、武蔵でもお馴染みの長岡興長や沢村大学も登場するこの話の方がよほど興趣がある。
 つまりは、顕彰会本『宮本武蔵』に依拠するなど資料の制約があって、森鴎外は武蔵や伊織について的外れな考証評論をしているのだが、もしかりに、都甲太兵衛が一生加増を求め続けたというこの話が入っておれば、森鴎外の「都甲太兵衛」もあれほどの駄作に堕さずにすんだであろうに、というところである。




*【顕彰会本宮本武蔵】
《武藏一日忠利公の側に侍し、御家には剛毅正敏の士多き中にも、只今見たる武士こそ殊にすぐれては見候へといふ。公、それは誰かと問はるゝに、その名は知らずと答ふ。公即ち人をして某々の人をめし出して、この者どもにやと尋らるれど、然らずといふ。然らば汝往きて連れ來れよとあるに、武藏座を立ち、率ゐ來れるは、都甲金平といふ武士なりけり。公即ち都甲に物を賜ひて、これを嘉みせらるゝ》
《後、徳川将軍江戸城を修築せらるゝにあたり、諸侯に金品石材等を賦課せしことあり。その時各藩の石材等は、直に運ばれ地を畫して堆きに、肥後藩のみ未だしかりき。かゝれぱ漸漸公邊の沙汰悪しくなりければ、公都甲を召して石材等運搬を命ぜらる。都甲日を夜に繼ぎて、奔走し各藩に先ちて納め濟となる。然に世間風説して、都甲金平に石盗人の嫌疑かゝり、終に幕府の獄に下さる。日夜拷問嚴酷なり。都甲白状せざるが故に、篠揉といふ法を以て責む。(中略)幕吏等今は責るもかひなしとて、石盗人の都甲金平、もはや疑なし放免すといふ。都甲これを聞いて奮然として、石盗人とは不都合なり、石盗人にては無きこと判然して放免せらるゝに非ずや、といへば、吏、其の麁忽なりしを謝して、都甲金平石盗人にあらざること判明せしにより放免すとて、かへしたりといふ。都甲は平生心膽を錬らむとて、毎夜天井より刀の抜身を絲にて釣り、その下に伏せりといへり。武藏の多くの人の中より、この者を見出したるその眼力思ふべし》


永青文庫蔵
都甲氏先祖附


*【綿考輯録】
《右御褒美被下候時、都甲太兵衛ハ重而頂戴可仕旨申上候処、働之様子ハ具ニ御存被遊候間、其まゝニ而頂戴仕へき旨被仰出、佐渡守よりも、か程忝キ御意之上ハはやく頂戴仕候へと申候へ共、得其意不申候。忠利君先ツ此度之折紙ハ頂戴仕候へと被仰出候時、先ツと被仰出候御諚ニ付頂戴仕、追而有体に御知行可被下と存居候処、無程御逝去被遊、其後沢村大学を以光利君ニ申上候へハ、今之分ニ而は被召置ましき旨被仰出候。綱利君御代ニも、御知行有体ニ被仰付可被下候、左も無之候ハゝ御暇被下候様ニとも申上候由。其後寛文元年ニハ、行歩も不叶に罷成候間、もはや御知行之望も無御座候、然上ハ有馬ニての様子御耳ニ被達被下候上、御暇被下候様御知行并御預ケ被置候、鉄炮も差上候との書付、佐渡守ニ当りたる控、今に有之候》(巻四十九)




*【都甲氏先祖附】
《一 曽祖父・都甲太兵衛儀、大友家より頼居申候都甲三河入道甥ニ而御座候。大友家落去以後、牢人仕候処、於豊前國妙解院様御代被召出、歩小姓相勤申候。寛永九年熊本江御供仕罷越申候。有馬御陳之節御供仕、本丸一番乘仕候。御帰陳之上、爲御褒美御知行三百石被爲拝領、御鉄砲拾挺頭被仰付候。妙應院様御代、御鉄砲三拾挺頭被仰付、其後老極仕、御鉄砲差上申度旨御断申上、如願被成御免、大組附ニ被仰付、延宝二年正月隠居被仰付候。
一 祖父・都甲太兵衛儀、同年同月家督無相違被爲拝領、御番方ニ被召加、組並御奉公、江戸詰共相勤申候。天和三年七月親太兵衛儀ニ付、書付差上申候処、御暇被下候。貞享三年八月帰参被仰付、御知行如前々被爲拝領、御番方に被召加、御國江戸詰共組並御奉公相勤、元禄九年八月病死仕候》
 さて、『武公伝』の都甲太兵衛の逸話のソースは、武蔵の直弟子、道家角左衛門である。道家角左衛門は、前に吉岡一門との決闘譚の語り手として登場していた。話のテーマは同じ「事にのぞんで心を変えざること」である。
 道家角左衛門の話では、武蔵はあるとき談話にこう語ったという、――「おれは大ぜいの人間を知っているが、都甲太兵衛ほど鋭気のある人は見たことがない。あれは事に臨んで決して気を奪われない人だ」と。ようするに肝っ玉のすわった奴だ、ということである。
 この話は、武蔵がその眼力で都甲の胆力を見抜いて、細川忠利の前で都甲を認知せしめた、という内容の、上記顕彰会本『宮本武蔵』が引用した原田氏雑録の逸話と共通する。もとより、忠利が絡むその話よりも、『武公伝』の方が道家角左衛門の話と情報ソースを明記しており、オリジナルに近いであろう。
 ただし、『武公伝』にはそれ以上の具体的な話はない。武蔵がその眼力で都甲太兵衛の心胆を見抜いたということにつきる。これも、武蔵があまりこんなことを云わなかったから、残った話であろう。
 顕彰会本『宮本武蔵』が引用した逸話は、同じく、武蔵がその眼力で都甲の人物を見抜いたという話だが、『武公伝』の話に対し、かなり枝葉が成長している。他方、忠利はじめ家中の誰も認知していなかった都甲の人物を武蔵が見抜いたというこの伝説は、上に見た『綿考輯録』の記事と並べてみれば、興味深い符号がある。注目すべきは、そのことである。すなわち、それは「認知されざる都甲太兵衛」という共通のテーマがある。
 『綿考輯録』の記事では、都甲は有馬陳での軍功を認知されない。原田氏雑録の逸話では、都甲の人物は忠利はじめ家中の誰も認知していなかった。この「認知されざる都甲太兵衛」というテーマに、「都甲を認知する武蔵」という存在を絡めれば、如上の説話が発生する。
 しかし、実際の都甲太兵衛は、原城本丸一番乗りを諍う者である。おそらく無足からいきなり三百石の知行取りになった男である。それだけでも家中では有名であったはずで、だれも剛毅正敏の士の内に数えないことはありえない。
 それに第一、武蔵が都甲の顔を知らなかった、というあたりも奇妙なことである。それというのも、武蔵門弟・寺尾孫之丞の家は都甲太兵衛と姻戚関係にあったからである。
 寺尾孫之丞の兄・寺尾喜内(九郎左衛門)は寺尾本家で、家禄千五十石である。寺尾家系図によれば、その寺尾喜内の妻が都甲太兵衛の娘。つまり、寺尾孫之丞実家の兄嫁が都甲氏、という因縁がある。武蔵が肥後へ来たのが寛永十七年(1640)、寺尾孫之丞は二十八歳である。兄の寺尾喜内は三十歳を過ぎているであろう。したがって、武蔵が肥後へ来る以前から、都甲家と寺尾家は姻戚関係にあった。
 寺尾孫之丞は、武蔵が肥後へ来て以後の弟子ではなく、『丹治峯均筆記』に記すように、かなり以前から武蔵に隨仕してきた弟子であったとすれば、そして上述のように、都甲太兵衛が娘を寺尾喜内に嫁にやったという関係があるとすれば、都甲が武蔵とまったく面識がなかったとも思えないというところである。
 それゆえ、武蔵が都甲太兵衛の顔を知らないという設定の上記の逸話は、そのあたりを知らない人々による後世の伝説である。これを活用すれば、武蔵は都甲を知っていたが、知らないふりをして、わざわざ上記のような演技をして、都甲を忠利に知らしめた、というもう一つの話を捏造できそうだが、それは小説家の妄想の領分に属することである。
 これに対し『武公伝』の逸話は、まったくシンプルなもので、都甲太兵衛ほど鋭気のある人は見たことはない、と武蔵が語ったということだけである。それでも、この話は都甲太兵衛が寺尾孫之丞の実家と姻戚関係にあるという条件を背景に読む必要があろう。つまり、武蔵流関連文書に都甲太兵衛の名が残るのは、これが道家角左衛門の話だとしても、そもそも寺尾兄弟の兄嫁が都甲太兵衛の娘だった、ということ以外に理由はなさそうである。




 余談になるが、顕彰会本『宮本武蔵』には、この道家角左衛門が武蔵から破門された話が収録されている。それも、武蔵が都甲太兵衛の心胆を見抜いたという先ほどの話の直前なのである。
 では、道家角左衛門が武蔵から破門されたのは、いかに、といえば、――武蔵の弟子・道家角左衛門は、ある日西山に遊んでの帰り、農夫が馬を誤って逃がしたのに遭遇して、暴れ馬に着衣を破られた。怒った角左衛門は、その馬の主である農夫を斬殺した。武蔵はこれを聞いて、角左衛門を呼んで、事の実否を詰問したところ、角左衛門はこれを認めた。すると武蔵は角左衛門に、「おまえは文武の道に長けた武士ではないか。無知な農夫が誤って馬を暴走させたなら、どうして兵法をもって速やかに危害を避けなかったのか。それに、着衣を破られたからといって、農夫を斬り殺すやつがあるか」と詰った。角左衛門は、「あいつを討ち果たさなければ、藩の罰を受けます」と答える。武蔵は怒って、「藩の罰とは何だ。馬を逃がしたのは罪は軽いが、人を殺す罪は重い。兵法を穢し武士道を汚した刀の恥は、これ以上ひどいことはない。おまえのようなやつは、今日限り破門だ。二度と顔を見せるな」と、追放されたそうな。
 このように破門されたはずの道家角左衛門が、『武公伝』では堂々と「武公の直弟」なのである。もちろん、顕彰会本の記事は語彙も語法も新しいから、後世発生の説話伝説である。破門されたという道家角左衛門は、それこそ汚名を着させられた格好である。
 もし角左衛門が武蔵に破門されたのなら、『武公伝』に再三その名が登場するはずもない。近年の武蔵本に、これまたこの逸話を引用するものが跡を絶たないが、そういう徒輩は東西をも辨えざる不案内な者であろう。  Go Back


*【顕彰会本宮本武蔵】
《細川家の臣・道家角左衛門といふは、武藏の弟子なり。一日西山に遊び、歸途農夫の馬を逸するに逢ふて衣を傷けらる。角左衛門大に怒りて、直にその農夫を斬殺せり。武藏これを聞き、角左衛門を招いて、汝農夫を斬りたりといふは實なりやと詰問す。角左衛門事實なるよしを答ふ。武藏云く、汝は文武の道に長じた武士にあらずや。東西をも辨へざる農夫が誤りて馬を逸するあらば、何ぞ速に兵法によりてその傷くべきを避けざる。又、衣を傷けられたればとて、農夫を斬殺する事やあると。角左衛門答へて、彼を打果さずば、藩の罰を受けむといふ。武藏怒りて、藩の罰とは何ぞや。馬を逸する罪は輕く、人を殺す罪は重し。兵法を穢がし武士道を汚がす刀の恥、これより甚しきことはなし。汝がごときは、今日限り名簿を削り、再び見じとて、放逐せられたりとぞ》
 
 (2)正保四年六月、長崎ニガリヤン舩来
 武蔵が死んで二年後になるが、正保四年(1647)六月、長崎に「ガリヤン船」が来たということである。このばあい、「ガリヤン船」はポルトガル船を指している。
 この「ガリヤン船」は、当時西洋諸国で用いられた帆船、遠洋航海可能で太平洋も横断し、砲も搭載する戦艦である。ガレオン(Galleon)、日本語表記では、ガリオン、ガリアン、そしてガリヤンとも記す。イギリスがスペイン無敵艦隊を破った、一五八八年のアルマダの海戦において、主役となった艦船である。このガレオン船の段階から、舶載砲が大口径の威力あるものに移行し、舷側に砲門が並ぶ形に変る。云うまでもなく、当時最強の軍鑑である。
 寛永十四、五年の天草島原一揆の後、幕府は海禁海防を強化し、ことに旧教国ポルトガル船を排攘するようになった。しかしポルトガル船は交易再開を求めて、九州近海に出没していた。筑前黒田家と肥前鍋島家は一年交代で長崎番を勤めるようになった。肥後細川家でも、幕府領になった天草に城番を派遣し、また、いったん事があれば即座に長崎に出動できる準備を整えていた。
 正保元年(1644)唐津にポルトガル船が来航したことがある。そのとき、唐津寺沢家と筑前福岡の黒田家は協力して、これを撃退したという前段がある。そして、この正保四年(1647)六月下旬、長崎にポルトガル船二隻が来航し、インドのゴア副王の使者として、ポルトガル王の親書を持参し、通商再開を求めた。相手はお付合いしたいというのに、こちらは攻撃にかかるという攘夷の構えである。
 当時の絵図史料によれば、来航したポルトガル船は、本船が、長二十六間(47m)・横七間(13m)、深八間(14.5m)、石火矢(大砲)二十二挺。供船は長二十四間(44m)・横六間(11m)、深四間(7m)、石火矢(大砲)二十二挺である。(正保四年南蛮船渡来ニ付諸侯布陣長崎港図・九州大学蔵)
 こんなポルトガル艦船が長崎湾に姿を現した。他の九州諸大名とともに、細川家も長崎奉行の要請を受け、ただちに長崎へ派兵した。戦闘要員約七千、非戦闘員約五千、計約一万二千という規模である。筑前黒田家もほぼ同数、他の諸大名も両家より少ないものの、それなりの人数の軍役に応じた。
 島原役における細川家の動員人数は二万八千だから、それに比べれば半分以下だが、それでも久方ぶりの大動員の軍役である。たった二隻のポルトガル船のために、九州諸大名合計五万の人数が、それぞれ武器道具を持って長崎に集まったのである。文字通り人海戦術である。

 『武公伝』の話には、長岡監物とその息子・左馬允が登場するから、都甲太兵衛は長岡監物組で出陣したのである。長岡監物は米田是季(1586〜1658)、知行一万石の家老である。長岡監物是季は、『武公伝』の前出記事にも出てきた人である。
 ここで若干この米田〔こめだ〕氏のことに触れておけば、長岡監物是季の祖父・米田壱岐守求政は足利義昭に仕え、義昭信長の対立が生じると、東山岡崎に隠退し、青龍寺の細川藤孝を頼って、これに属するようになった。壱岐守求政の子、つまり長岡監物の父・助右衛門是政(1559〜1600)は、細川藤孝・忠興に仕えた。しかし関ヶ原役のおり岐阜城で討死した。享年四十二歳である。
 長岡監物是季(1586〜1658)は、藤孝・忠興に仕えたが、慶長十二年(1607)二十二歳のとき致仕した。慶長十九年(1614)豊臣秀頼の要請に応じ大坂入城、つまり豊臣方に属した。結果は周知の通り豊臣方の完全な敗北であった。しかし是季は生き残り、大坂戦後しばらくして、元和八年(1622)三十七歳のとき細川家へ帰参した。当初は知行二千石だが、寛永二年(1625)六千五百石で老職、寛永十一年(1634)には加増をうけて、知行一万石に達した。長岡(松井)・有吉両家とともに、細川家三家老の一である。なかなか興味深い経歴の主、武蔵とは同世代の人である。武蔵の死の前後、あれこれ世話を焼いたらしく、宮本伊織の長岡監物宛礼状があるのは、他の箇処で見る通りである。
 息子の左馬允は米田是長(1618〜80)、寛永十七年(1640)二十三歳のとき長岡寄之らとともに若年寄となる。正保四年の長崎出動のときは三十歳である。万治元年(1658)四十一歳のとき、父の死により家督相続して監物襲名、家老職。延宝五年(1677)六十歳、外孫(娘の子)を養子を迎えて隠居した。この養子が是庸(1660〜1711)、是長の女・吟が南条左近元知の室となって生んだ子である。南条左近は忠利末子だから、是庸は実は細川忠利の孫にあたるというわけである。
 なお言えば、是庸の代に加増されて知行一万五千石、そして次代が是春(是直 1691〜1748)で、是春の妻が長岡寿之の女・津勢(1695〜1766)であるという関係もある。『武公伝』の正脩にとっては、米田氏当代はこの是春ということになろう。

 さて、話をもどせば、隠居した是長は、号住庵。延宝八年(1680)卒、享年六十三歳である。住庵老の話に、とあるから、これは長岡監物是長が隠居後の晩年語ったということだろう。延宝年間の話だとしておく。
 長崎でガリヤン船を「カケトメ」ようとした。つまり、作戦は、長崎湾内にポルトガル船二隻を閉じ込め、焼打ちして撃沈するというものである。そのために出口に七町ばかり縄を張り渡し、また湾内を封鎖して敵艦を閉じ込めるため、船橋(浮き桟橋)を敷設し、井楼をあげた。むろん湾の周囲の山には大筒石火矢を無数に配置し、敵艦を狙い撃ちする構えである。細川家は大量の船を出し、湾内封鎖のための船橋(浮き桟橋)を敷設する役を担当した。
 しかし、こういう敵対行為にポルトガル船がどう応じるか、攻撃されたら数十門の大砲が火を吹くだろう。そういう戦闘は皆だれもやったことがない。どんな戦いになるか、だれも知らない。それが恐怖なのである。
 住庵老の話では、その船橋の普請の最中、長崎へ派遣された細川家中の者に、早く帰郷したい思う者は一人もなく、また一途に打死にとも決心しがたい。けれども、全員の様子は、剛毅な性格の者も臆病な者も、いつもと同じ気合いで居る者は一人もなく、ただ、浮ついて興奮しているだけであった、という。これはなかなかリアルな物語である。
 湾を封鎖する船橋は、七月中旬には出来た。長さ三町四十三間(約400m)である。実際、船橋にいるとなると、湾外に出ようとする敵艦が突破しにくるわけである。見たこともない巨大な戦艦から、いつ攻撃があるかもしれない。恐怖からする興奮で、だれもが浮き足立っていた。ところが、たった一人、いつもと変わらぬ者がいた。それが都甲太兵衛だったという。
 『武公伝』はこれを住庵老=長岡監物是長の談話として、伝聞ソースを記している。しかし、だれが住庵老からこれを聞いたのか、となると、この記事だけでは明らかではない。
 そこで、全体の文脈からすると、浮いている一文、《故ニ坂本伊右衛門ハ住庵老ニ仕フ》に注目する必要がある。前文とつながらないから、ここに何らかの脱文があると思われる。それがどんな内容か知れぬが、ともかく、この「坂本伊右衛門」が住庵老から聞いた話がこれであろう、という見当である。
   ・道家角左衛門曰、或トキ武公ノ打話ニ
   ・(坂本伊右衛門曰)住庵老ノ打話ニ
 たぶん写本では、この「坂本伊右衛門曰」が脱落したのであろう。前段の武蔵の都甲評は、道家角左衛門の話であり、それに対し、もう一つ、この住庵老の都甲評を、坂本伊右衛門が言い伝えたのである。
 住庵老に仕えたというから、坂本伊右衛門は米田家の家臣なのであろう。豊田家が長岡(松井)家の家臣であるのと同様である。坂本伊右衛門は、隠居の住庵老の御付になり側に仕えていたのであろうが、これ以上は不明である。この人物については、地元肥後の究明を俟ちたい。
 ちなみに云えば、このポルトガル船の一件は、七月末に上使・井上筑後守政重と山崎権八郎が長崎に到着、不戦方針が伝えられ、封鎖解除となった。事を荒立てたくない、という幕府の意向である。八月になってポルトガル船は去り、長崎に出陣した諸大名の大軍は、一戦も交えることなく無事帰還したのである。  Go Back



ガレオン船の一例
復元サン・ファン・バウティスタ号
長十八間 幅五間半
宮城県慶長使節ミュージアム
宮城県石巻市渡波



諸侯布陣長崎港図 九大蔵
来航ポルトガル船



*【米田氏略系図】

○米田壱岐守求政┬是政―┐
        │   │
        └貞正 |
 ┌――――――――――┘
 └是季―是長=是庸―是春
      住庵 ↑
 忠利末子    |
 南条右近元知―勝千代
  室 是長女 吟










諸侯布陣長崎港図 九大蔵
諸侯布陣長崎港図


諸侯布陣長崎港図 九大蔵
同上 封鎖用船橋



ガレオン船の船体
 
 (3)莅事氣不奪
 この段の要約部である。『武公伝』の作者は云う、これは武公の談話と符合する。莅事気不奪(事にのぞんで気を奪われない)、まことに都甲太兵衛は生得の剛強な人である、と。
 これは、武蔵が都甲太兵衛の豪胆を見抜いたという話が、道家角左衛門の話を経由して、当初の武蔵の眼力を語るところが、「事にのぞんで気を奪われない」ことを強調するものへ変移しているのが面白い。説話伝説は、話は同じでも、その主題が変化するのである。
 ただ、「事にのぞんで気を奪われない」のテーマが、どちらも道家角左衛門の話に出てくるので、おそらくこれは角左衛門お気に入りのテーマだったのだろう。
 都甲太兵衛の話は、もとは太兵衛の豪胆を武蔵が見抜いたという、武蔵の眼力を称賛する説話であったはずだが、それを「事にのぞんで気を奪われない」というテーマで括ったのは、道家角左衛門のようである。
 ところで、道家角左衛門も長岡監物組に属したから、長崎での都甲太兵衛を振舞いを見知っていたはずだが、これは道家角左衛門自身の目撃談としてではなく、住庵老=長岡監物是長の談話として語られている。すると、この話は、住庵老の談話を聞いた坂本伊右衛門がそう語るのを、だれかが聞いて話を広めたのである。道家角左衛門が聞いて、それを語ったのではない。
 これは道家角左衛門経由ではなく、豊田正剛が、坂本伊右衛門の言い伝えが巷間に流布していたのを採録した話であろう。すると、ここは、
    ・道家角左衛門が言い伝えた武蔵の談話
    ・坂本伊右衛門が言い伝えた住庵老の談話
の二題が収録されたかたちで、さいごに総括として正剛が「事にのぞんで気を奪われない」というテーマで締めくくったのである。『武公伝』の正脩は、それをほぼそのままここに記録したのであろう。
 注意すべきは、『二天記』には都甲太兵衛の話はないことだ。『武公伝』のここに採録されている都甲太兵衛の話も、『二天記』には継承されていない。削除している。景英は、都甲太兵衛という人物にはさして関心がなかったようである。
 『二天記』の著述スタンスは、武蔵流兵法に直接関係しないこうした枝葉は剪定すべしということである。それに、景英の世代では、都甲太兵衛はすでに忘れられた人物であったのだろう。都甲太兵衛のことは、公衆に対し述べるには、題材として喚起力がない。景英はそう判断したものらしい。
 言い換えれば、明治の顕彰会本『宮本武蔵』が都甲太兵衛に対し示したような関心は、『二天記』の作者にはない。この相違に注意を喚起しておきたい。したがって森鴎外の短編「都甲太兵衛」は、さして必然のない妙なところから生れた作品だと言わねばならない。つまり、十八世紀後期の『二天記』にまで差し戻せば、無視されてしかるべき人物だったのだが、都甲太兵衛は明治になって再発見された存在である。それというのも顕彰会本が、宮本武蔵に評価された人物ということで、これを紹介したことからはじまるのである。
 しかし、奇妙なのは、同じ道家角左衛門が語る「莅事気不奪」(事にのぞんで気を奪われない)というテーマの話が、このように巻之二に再登場することだ。『二天記』には都甲太兵衛の話がないことに注意すべきだと述べたのは、実はこの部分が『武公伝』編集の跡を示すからである。
 前にこのテーマで語られたのは、武蔵が昔、吉岡又七郎と洛外下り松で勝負を決しようとしたとき、決闘の前に、つい八幡社の神前で祈願しようとしたが、我に返ってそれを思いとどまった、という例の話である。こちらは『二天記』は採録している。ところが、同じ道家角左衛門が語る「莅事気不奪」(事にのぞんで気を奪われない)という共通のテーマであるのに、『二天記』には都甲太兵衛の話はない。
 これはおそらく景英の編集であろう。正脩段階の『武公伝』では、洛外下り松での吉岡戦のとき神頼みしようとして思いとどまったという逸話とともに、道家角左衛門の一連の話として一所にあったものを、景英が編集して、この部分を分離し、巻之二のここへ片付けたのであろう。『二天記』に対応記事がない、割愛されているということは、この記事が、景英によって『武公伝』のこの場所に分離移動された、という我々の推測を支持する。言わば、この記事は、景英には整理物件だったのである。
 それというのも、景英は、「莅事気不奪」というテーマの逸話に別の説話を挿入して、例の吉岡又七郎斬殺など一連の戦闘シーンを含む物語を構成してしまったので、同テーマの都甲太兵衛の逸話は邪魔になり、その結果、この巻之二に左遷されたという次第である。
 したがって、この記事は『武公伝』の中でも古型を遺すものであろう。巻之二の収録記事には、景英が整理物件としたために、正脩段階の記事がそのままのこされているケースもあるということである。  Go Back


*【武公伝】
《道家平蔵宗成ノ父、角左衛門ハ武公ノ直弟也。角左衛門曰、武公徒然ノ打話ニ云、事ニ莅テ心ヲ不變事、實ニ難シ。我先年吉岡又七郎ト、洛外下リ松ニ會シテ勝負ヲ決セント約ス。(中略)鶏鳴ニ獨歩シテ洛ヲ出。路ニ八幡ノ社前ヲ経、憶「我幸ニ不圖トシテ神前ニ來レリ。當祈勝利」ト、及詣社壇、恭テ鰐口ノ紐ヲ執テ將ニ打鳴サントス。忽チ思フ、「我常ニ佛~ヲモ不信仰、而今此難ヲ憚テ頻ニ敬祷ス。神夫受ヤ、吁怯矣」。即チ其ノ紐ヲ措テ、孜々トシテ下壇、慙愧汗流レテ踵ニ至ル。(中略)彼ノ~前ノコトヲ思ニ、所謂莅事不變心コト實ニ難シトナリ》



 
  39 寺尾求馬助の息子たち
一 寺尾求馬信行[後ニ改七郎右衛門]子息五人、嫡子左介[家督三百石、御鉄鉋頭]、二男吉之介[御中小姓、藤次ト改]、三男加賀介[新組ニ被召出、後ニ衛〔御*〕暇ナリ]、四男辨介信明[後ニ新免森信〔信森*〕ト号ス]、五男縫殿介[御中小姓、初合太兵衛、後ニ合右衛(門)ト改ム]。
 右村上八郎右衛門正之先生ノ話也。(1)

一 寺尾求馬信行[後に七郎右衛門と改めた]の子息五人、嫡子左介[家督三百石、御鉄砲頭]、二男吉之介[御中小姓、藤次と改めた]、三男加賀介[新組に召出され、後に御暇となった]、四男弁介信明[後に新免信森と号す]、五男縫殿介[御中小姓、初め合太兵衛、後に合右衛門と改めた]。
 右は、村上八郎右衛門正之先生の話である。

個人蔵
求馬助と息子たち 寺尾家系図
  【評 注】
 
 (1)寺尾求馬信行子息五人
 武蔵の弟子・寺尾求馬助の息子に関する記事である。これは、「村上八郎右衛門正之先生」の話だというから、『二天記』作者の豊田景英が、師匠の村上八郎右衛門正之から聞いた話である。景英はここでも『武公伝』を書いているのである。
 さて、まず、寺尾求馬助信行(1621〜88)について、後に「七郎右衛門」と改めたと割註がある。しかしながら、先祖附や家系図によれば、寺尾求馬助は後に「藤兵衛」と改めたとある。後に「七郎右衛門」と称したという記録は、寺尾家系図に付録されている寺尾家之系圖畧傳記に、「三男寺尾求馬、後七郎右衛門ト改、細川越中守様ニ仕」とある。したがって、そういう伝記もあるということである。
 次に、寺尾求馬助の息子たちの記事がある。嫡子は、佐助(佐介)、これは祖父の名・佐助を襲名したのである。寺尾求馬助の長兄・九郎左衛門(喜内)が千五十石の家督で本家筋だが、佐助を襲名していない。それで、求馬助の嫡男が佐助信形(?〜1719)、号不一。父求馬助の三百石の家督を嗣いだ人である。当時の屋敷割地図をみるに、求馬助の高田原の屋敷は佐助がそのまま受け継いでいるようである。
熊本県立図書館蔵
寺尾求馬
熊本県立図書館蔵
寺尾佐介
 寺尾求馬助はこの佐助信形に、師伝の書(三十九ヶ条兵書)を授けた。寛文六年(1666)中秋中旬の日付がある。求馬助四十六歳の時である。興味深いことに、この嫡子・佐助信形以外の息子たちには、こういう文書が残っていない。
 寺尾佐助の子が助左衛門勝春(?〜1740)、号愚一。叔父の新免弁助に武蔵流兵法を学んだ。この助左衛門の門弟が太田泉露(左平次正也)、そのまた弟子が野田一渓である。野田一渓は村上八郎右衛門の門弟だが、こちらの助左衛門の道統にも属する。そして彼からいわゆる野田派が派生する。
 二男は吉之介、御中小姓、藤次と改めたとある。これは寺尾藤次のことであるである。すると、ここに、一人抜けていることになる。
 寺尾家記によれば、「次男新助信景、二百石、子なく断絶」とある。この二男の新助が『武公伝』の記事には脱落している。そのため冒頭で、求馬助の子息五人と記すのである。
 ところが、寺尾家系図によれば、二男が寺尾藤次で、三男が新助信景である。別禄二百石で召出されたというから、兄佐助とは別に新知を得て仕官したものらしい。しかるに、この新助は延宝四年(1676)死去とある。寺尾家記にあるごとく、無嗣で断絶したのである。そのため、この『武公伝』の記事では、三男新助が見落とされ、「寺尾求馬信行子息」は六人が五人ということになっているのである。
 しかし、寺尾家系図ではこの新助を三男とするが、寺尾家記では新助は二男である。順番が入れ替わっている。どちらが正しいのか。寺尾家墓所(熊本市島崎)にある新助の墓には、二十九歳と享年記載がある。とすれば、新助は慶安元年(1648)生れであり、藤次よりも二歳年長である。したがって、墓碑によるかぎりは新助を二男、藤次を三男としなければならない。したがって、ここでは寺尾家記の順序に依って記しておく。
 上記のように資料によって兄弟順序に相違があるので、記事を摘要して、それを掲げておく。以下の記事もこれを参照されたい。






*【寺尾家系図】
《信行[寺尾求馬助、後藤兵衛。寛永十三年七月、被召出。御知行弐百石。寛文十一年十二月百石御加増。貞享五年六月十二日卒。法号妙音信行居士]》

*【寺尾氏先祖附】
《私高祖父・寺尾藤兵衛儀、佐助三男ニ而御座候。妙解院様御代、於當御國、寛永十年二月、十三歳ニ而被召出、十六歳迄御側ニ被召仕、寛永十三年七月元服被仰付、御知行弐百石被為拝領、有吉舎人組ニ而有馬御陳ニ罷越、於彼地首尾能御座候ニ付、御帰陳之上ニ而、御花畑江被召出、為御褒美黄金一枚・御袷・御単物・御帷子共ニ五ツ被為拝領候。寛永十六年、御鉄炮拾挺被成御預、長岡式部殿御組ニ被召加候、妙應院様御代、寛文七年、御鉄炮弐拾挺被成御預、有吉大蔵殿御組ニ被召加候。寛文十三年十二月、御加増百石被為拝領、延寶七年御鉄炮三拾挺被成御預、氏家甚左衛門組ニ被召加候。貞享五年六月病死仕候》

*【兵法書三十九箇条奥書】
《茲ニ息信形、安東之性平正俊ヲ友トシテ、多年兵法ヲ修習シ、此便利一生ニ得ン事ヲ願フ。眞實ノ志シ、吾是ヲ知レリ。志シノ切ナルハ必然トシテ至ル事アリ、何ゾ誤ント、兵法ノ眞理ヲ説顕ハシ、直通傳受ノ口傳、於指南一トシテ無残事相傳シ、已ニ令到至極之道。因茲、此師傳ノ書ヲ與フ。世ニ稀ナル所ナリ。万理一空非通無應ナレバ、名号實相圓滿之兵法逝去不絶二天一流矣
 寛文六丙午歳
   中秋中旬之日 寺尾求馬信行》








*【寺尾家記】
《妾柿迫得右衛門女の腹に六子あり。長佐助信形、家督。次男新助信景、二百石、子無く斷絶。三男藤次玄高、兵法師範、十五石五人扶持。四男辨助信盛、兵法師範。五男加賀助勝明、御中小姓、事故ありて離國、奥州へ行。六男郷右衛門、兵法師範》
武 公 伝 寺尾家系図 寺 尾 家 記
○寺尾求馬信行──┐
 ┌───────┘
 ├嫡子左介 家督三百石 鉄鉋頭
 |
 ├二男吉之介 中小姓 藤次ト改
 |
 ├三男加賀介 新組召出 後ニ御暇
 |
 ├四男弁介信明 後ニ新免信森ト號
 |
 └五男縫殿介 後ニ合右衛ト改ム
○信行 寺尾求馬助 後藤兵衛─┐
 ┌────────────┘
 ├信形 左助 貞享5年跡目
 |
 ├玄高 藤次 兵法師範 5人扶持15石
 |
 ├信景 新助 200石別禄 延宝4年卒
 |
 ├勝明 忠四郎 後加賀助 中小姓
 |   後様子有之 扶持方差上 離国
 |
 ├信盛 弁助 後改新免
 |   兵法師範 10人扶持20石
 |
 └勝行 郷右衛門 兵法師範 5人扶持15石
○寺尾求馬助信行―┐
 ┌───────┘
 ├長男佐助信形 家督
 |
 ├次男新助信景 子無く断絶
 |
 ├三男藤次玄高 兵法師範
 |
 ├四男弁助信盛 兵法師範
 |
 ├五男加賀助勝明 事故ありて離国
 |
 └六男郷右衛門勝行 兵法師範
 さて、『武公伝』に二男とある寺尾藤次玄高(1650〜1731)は、三男である。延宝五年(1677)、二十八歳のとき、江戸で父求馬助から一流相伝を受けた。のちに、弟新免弁助死後、老年ながら兵法師範となった。役料は五人扶持十五石である。晩年、儒者・水足屏山(1671〜1732)とも親交があったらしい。長命で八十二歳まで生きて、享保十六年卒。藤次の嫡子が志方家へ養子に出て、志方半兵衛之経。のちに寺尾派の中心を担うことになる。
 寺尾藤次については、面白い話が残っている(寺尾家記)。藤次は門弟が多数あったが、その手段を見た者がなかった。たまたま見た者の話では、小児が物をもったように不調法で、まったく見るべきものがなかった。本当に得道しているのか、わからん、という。藤次の弟子と立合ってみると、ただ立ったままで、緩慢に動いて、気勢も手段もない。ところが、その門弟の中には強いと評判の者らもいて、この連中の立合を見ると、抜群に気勢旺溢、また理を語るも明晰で、見るところも得るところもある。そこではじめて師匠の器量がわかった。弟子でさえこのようであるから、藤次の威厳おのずからあって、弟子はこの師匠の顔を面と向かって見ることさえできない。他流の剣術者も、達人と称して、兵法を語るとき、藤次がこう言っていると言及することがある、云々。
 これは志方半兵衛の伝系に語り伝えられた話であろう。藤次の弟子中でデキる者といえば、その高弟とされる太田善兵衛だろうが、具体的なことはよくわからぬ。ようするに、これは身内の伝説だから、どうとも論評はできないが、寺尾藤次は、あまり表に気勢をあらわすタイプではなく、どちらかというボンクラで不調法にさえ見えたが、本当は達人だったという話である。こういう地味な藤次の姿が、地味で気勢のあがらぬ熊本武蔵流の一時期を象徴しているとみえる。
 そうして、『武公伝』では、四男が三男に繰り上がって加賀介。『武公伝』の記事では、新組に召出され、後に御暇とある。寺尾家系図によれば、加賀助勝明、初名忠四郎、御中小姓に召出され、江戸御供役。後に様子(事情)があって扶持を返上して、離国したとある。『武公伝』の記事は寺尾家系図と符合する。
 寺尾家記には、「御中小姓、事故ありて離国、奥州へ行く」とある。すると、訳ありで致仕離国した加賀助は、奥州などという遠方へ去ってしまったらしい。ところが、寺尾家記には、この加賀助を五男としている。兄弟の順序が相違しているのである。
 加賀助は離国してしまったから、墓がなく生没年を確認できない。弁助を四男とすれば、三男藤次との年齢差は十六年、これは開きすぎるから、『武公伝』や寺尾家系図のように、間に加賀助を入れたいところである。
 しかし、宇土半島の旧宇土郡中村の八久保(現・宇城市三角町中村)に寺尾家墓所があって、こちらにも、寺尾求馬助や新免弁助の墓がある。新免弁助(即法辨得居士)の墓には、「信之四男新免弁助信盛」と俗名記載ある。この墓誌では、弁助は四男なのである。それゆえ、これを徴証資料として、さしあたりは寺尾家記の順序に従って、弁助は四男、加賀助を五男としておく。
 次に『武公伝』は、四男弁介信明、後に新免信森と号すと記す。上述のように兄弟順序は前後相違するが「四男」という数字は寺尾家記と合っているのが面白い。
 つまり、佐助・藤次・加賀助・弁助という『武公伝』の兄弟順序について、どうしてそう記すようになったか、それが知れる。おそらく弁助は四男という情報が先にあった。ところが、その情報は、兄弟六人ではなく、佐助・藤次・弁助・加賀助・縫殿介の五人である。二男新助が抜けていた。順序からすると、佐助・藤次・弁助・加賀助だが、そうすると、弁助が三男になってしまって具合が悪い。そこで生没年が知れない加賀助を弁助の兄にして、弁助を四男にする。――豊田景英が村上八郎右衛門から得た話の伝承操作は、おそらくそういうところであろう。
 この新免弁助(1766〜1701)について、寺尾家系図には、辨助信盛、後に新免と改める、兵法師範を仰付けられ、役料十人扶持二十石、とある。他の兄弟の師役料が五人扶持十五石なので、それより多かったらしい。
 新免弁助は、求馬助の実質的な後継者で、弁助から志方半兵衛らの寺尾派、あるいは村上平内正雄以下の村上派が派生することになる。志方半兵衛は新免弁助から教えをうけて一流相伝、弁助死後、実父の藤次からも再伝を受けたという。
 この弁助が新免氏を名のるのは、父寺尾求馬助が、武蔵の新免家を弁助に嗣がせたのである。武蔵の兵法家は、新免無二から嗣いだ新免氏である。武蔵の兵法者としての正式な名は、新免武蔵守藤原玄信である。この「新免武蔵守」という名跡は、時代も下ってさすがに畏れ多いか、弁助は新免武蔵とは名のらない。
 新免弁助は武蔵の兵法家新免氏を継いだから、武蔵流兵法二代目である。実際は、弁助が生れる前に武蔵は死んでいるから、武蔵に学ぶことはできない。父寺尾求馬助から教えをうけたのである。したがって、武蔵→寺尾求馬助→新免弁助というわけで、本当は三代目だが、武蔵の新免氏を継いだということで、二代目として勘定する。新免弁助から派生した村上派の兵法代々の数え方も、弁助を二代目として、求馬助を算入しないことになっている。このあたりのことは、前出記事に関連して、すでに本稿で幾度か述べられている。
 『武公伝』が最後に誌すのが、五男縫殿介。御中小姓、初め合太兵衛、後に合右衛門と改めたとある。これは寺尾郷右衛門勝行(1673〜1747)で、『武公伝』の「合右衛門」とは、郷右衛門のことである。これも上記例と同様で、六男だが順番が繰り上がって五男になっている。寺尾家系図によれば、兵法師範を仰付けられ、役料五人扶持十五石とある。
 寺尾家記によれば、郷右衛門には一男一女あり、息子・辨右衛門は奥田氏に養子に行き、娘の津知は入江家へ嫁した。したがって、郷右衛門の家は一代である。これは、兄の藤次も同じで、息子の半兵衛が志方家へ養子に行って、藤次の家は残らなかったのである。これらは、武家の嫡男以外の者は、新知に預からないかぎり、一代で終りという慣習を示す事蹟である。
 この寺尾郷右衛門は豊田正剛と同世代の人である。郷右衛門の弟子に吉田如雪(善右衛門正弘)が出て、さらにその門下から山東彦左衛門が出る。この系統は山東派を形成することになる。寺尾郷右衛門の名が残るのも、山東派という伝系が生じたからである。
 以上がこの記事だが、『武公伝』は他の箇処で、こう書いている。――求馬助の子孫は今も連綿として存在している。子息五人のうち、弁助は兵術に勝れた名人の由、その名跡を継いでからは加賀助の技より上だったとのことである、と。すると、逆に言えば、加賀助はかなり兵法上手だったということになる。
 ところが、この加賀助、細川家に中小姓で仕えていたが、扶持を返上して離国して奥州へ去った。どういう事情があったのか、不明である。その後、帰参したとも、あるいはどこかで兵法を教えているという話もない。加賀助はどうしたのだろうか。加賀助の致仕離国の、そのあたりの事情はよくわからぬ。

 志方半兵衛の『兵法二天一流相伝記』に、寺尾求馬助系統の衰微の時代を語っている。細川綱利は兵法を求馬助に習い、江戸在府のおりは、藤次・弁助の二人の息子が随行して稽古をつけた。しかし求馬助死後は、綱利は柳生流を稽古して、武蔵流に見向きもしなくなった。弁助は師範役を外されて、在野で武蔵流を教えていた。しかし、弁助が不幸にして死んでしまった。武蔵流断絶の危機を迎えたのである。
 多くの弟子が、もう武蔵流を稽古できないのかと嘆くので、兄の藤次が弟弁助の跡を継ぎ、流派を維持し兵法指南していた。そうしているところに、細川宣紀へ代替わりがあって、寺尾藤次は召出された。宣紀の家督相続は正徳二年(1712)である。寺尾藤次が代替り後すぐに召出されたとしても、求馬助死後二十五年以上である。藤次はすでに六十代の老人であった。それまで、まさに長期に渡って、武蔵流兵法は公的な師範役から疎外されていたのである。
 この事実は従来あまり注意されてこなかったことである。求馬助の息子たちによって肥後で武蔵流兵法が隆盛した、というのが一般的な認識だが、それは事実とは違う。求馬助の死後、武蔵流兵法は公的な認知をうけず、在野兵法として細々と存続したのである。
 志方半兵衛の相伝記では、寺尾藤次・新免弁助しか人はいないような書きぶりである。だが、寺尾末弟の郷右衛門の系統もあるのを無視している。また、新免弁助門下から村上平内正雄という逸材が出た。村上平内は元禄年中、綱利の代に、知行二百石を返上して牢人した。在野の人となって、それ以後、死ぬまで四十年、武蔵流兵法を指南した。その門下からさまざま人材が出た。
 したがって、寺尾求馬助の息子たちの時代に武蔵流兵法が隆盛になったのではなく、むしろ逆に、その頃は肥後の武蔵流は断絶消滅の危機さえあった。それを盛り返したのは、志方半兵衛・村上平内・吉田如雪・寺尾助左衛門ら、その次の世代である。これは後に再説するであろう。
 なお、冒頭述べたように、この求馬助の息子たちの記事は、『二天記』作者・豊田景英が書いたものである。景英がこの話を聞いた師匠の村上八郎右衛門は、村上平内正雄の二男である。
 ところで、『二天記』には、『武公伝』のこの記事がない。豊田景英は自身でも『武公伝』に記事を書いたが、この例のように『二天記』には収録しなかった記事がある。『二天記』は『武公伝』の増補改変からなるだけではない。景英自身が『武公伝』に書いても『二天記』には書かなかった記事もある。こういうケースもあるので、後学諸君の注意を喚起したい。こうしたことは、従来の武蔵伝記研究で看過されてきたことである。  Go Back




*【寺尾氏略系図】

○寺尾佐助 勝永 ─┐
 ┌───────┘
 ├喜内 勝正 後九郎左衛門
 |
 ├孫之丞 信正 勝信 夢世
 |
 └求馬助 信行 後藤兵衛─┐
 ┌───────────┘
 ├佐助 信形 ―助左衛門 勝春
 |
 ├新助 信景
 |
 ├藤次 玄高 ―半兵衛 志方之経
 |
 ├弁助 信盛 後改新免
 |
 ├加賀助 勝明 忠四郎
 |
 └郷右衛門 勝行




関係墓所地図














永青文庫蔵
寺尾氏先祖附 藤兵衛(求馬)





圓寂妙音信行居士之塔
俗名寺尾藤兵衛尉信行
熊本市島崎




*【武公伝】
《求馬子孫ハ于今連綿アリ。子息五人ノ内、弁介兵術勝タル名人ノ由、夫レ継テハ加賀介技ヨリヨカリシト也》










*【兵法二天一流相伝記】
《其比綱利公、武藏流御稽古、信行御師南申上、御在府中、兩人の子共、御打太刀相勤、御稽古遊され畢。求馬死後は、(綱利公)柳生流御稽古に付、其後は御打太刀不相勤。辨助は流儀彌致指南處に、不幸に付、數多の弟子、稽古斷絶の事を嘆申に付、藤次其跡を繼ぎ、指南致す所に、太守宣紀公、達尊聽、召出され、御紋の御上下、并食禄、其外御褒美等拜領させられ、於御前、度々兵法相勤、尤弟子中、兵法奉入御覧、門弟指南仕、八十二歳迄、無懈怠相勤》



 PageTop    Back   Next