武蔵の五輪書を読む
五輪書研究会版テクスト全文
現代語訳と注解・評釈

Home Page

 解 題   目 次    地 之 巻   水之巻巻頭   火 之 巻   風 之 巻   空 之 巻    異本集 

五輪書 水之巻 3  Back   Next 

 
   9 表第一 中段の搆え
【原 文】

一 五つの表の次第の事。第一の構、中段。
敵に行相時、太刀先を敵のかほへ付て、
敵太刀うちかくる時、右へ太刀をはづしてのり、
又敵うち懸る時、切先かへしにて打、
うち落したる太刀、其まゝ置、
又敵の打かくる時、下より敵の手をはる、
是第一也。(1)

惣別、此五つの表、
書付る斗にてハ合点なりがたし。
五ツの表の分ハ、
手にとつて、太刀の道稽古する所也。
此五つの太刀筋にて、
我太刀の道をもしり、
いかやうにも敵のうつ太刀しるゝ所也。
是、二刀の太刀の搆、五つより外にあらず、と
しらする所也。鍛錬すべき也。(2)
 
【現代語訳】

一 五つの表の次第の事。第一の搆え、中段。
 敵に相遇した時、太刀先を敵の顔に向けて付け、敵が太刀を打ちかかってくると、右へ敵の太刀を外してのる*。さらにまた、敵が打ちかかってくる時、切先返しで打ち、打ち下した(自分の)太刀はそのままにしておいて、また敵が打ちかかる時、下から敵の手を張る、これが第一である。

 総じて、この五つの表は、書いたものを読んだだけでは、合点がいかないはずだ。(だから)五つの表のそれぞれは、実際に刀を手に取って、太刀の道筋を稽古するのである。
 この五つの太刀筋によって、我が流派の太刀の軌道をも知り、敵の打つどんな太刀でも知ることができるのである。
 これは、二刀の太刀の搆えは、この五つ以外にはない、と知らしめるところである。鍛練すべきである。
 

 【註 解】

 (1)第一の搆、中段
 ここから以下、五段にわたって、五方の搆えを順次述べて行く。まずは、五方の搆えの第一、中段の搆えである。
 内容に入る前に、まずは、冒頭、語順の問題がある。というのも、《太刀先を敵のかほへ付て、敵に行合ふ時、敵太刀うちかくる時…》とあって、いかにも奇妙な語順である。これは、諸写本、筑前系・肥後系共通のかたちであるから、寺尾孫之丞の段階にすでにあった語順であろう。
 ここは、《敵に行合ふ時》を先へ出した方がよさそうである。つまり、《敵に行合ふ時、太刀先を敵のかほへ付て、敵太刀うちかくる時…》と直して、我々のテクストでは、想定すべきオリジナルを遡及的に修復しておく。
 さて、敵と遭遇したら、まず、太刀先を敵の顔を向けて付ける。敵の体ではなく、顔である。これは、相手にとっては、太刀の尖端が自分の顔に向いているから、イヤな感じである。
 そして次に、具体的な打ち方が述べられる。相手が打ってくると、右に外して「のる」とある。右に外すのはわかるが、この「のる」というのが、実は語釈上問題である。
 この「敵が太刀を打ち懸ける時、右へ太刀をはずして、のり」という部分につき、訳例をみるに、戦前の石田訳は「付け入る」としている。この語訳では「のる」の語義から外れる。しかし、それもまだマシな方で、戦後になると、神子訳は、「おさえる」と訳した。しかし、「のる」には、押さえるという意味はない。これはまったく的外れで、明らかに誤訳である。
 神子訳以後の語訳は、大河内訳、鎌田訳とも、神子訳の「おさえる」を頂戴している。何の工夫もなく、まさに安易な流用である。
 現に剣道をやっている人々が、本になって出ているどの現代語訳を読んでも、さっぱりわからない、言われている意味がつかめないところがある、という。さもありなん、である。
 しかるに、そんな誤訳しか見当たらない。訳者の中には自分は剣道をやっていると称する者すらあるが、こんな誤訳を公刊していては、本当に剣道をやっているのか、と疑わざるをえない。かようにも、まったく困った状況なのである。
 もともと「のる」という語には、色々な意味がある。たとえば「城乗り」というケースだと、攻城戦で敵の城を制圧することである。「のるか反るか」だと、この「のる」は「伸る」ということ、真っ直ぐになるということである。ところがまた、「のる」という語には「反る」、のけぞるという意味もある。しかしむろん、五輪書のこの場合の「のる」は、その何れとも違う。
 ところが、これに類似の「のる」という語は、実は今日の口語にも殘っている。つまり、「のっている」とか「のりがよい」とかいう場合の「のり」である。たんに調子がよいというだけではなく、アグレッシヴに前向きに調子がよいことである。
 五輪書でいう「のる」というのは、それだけではなく、前に出るという感じである。アグレッシヴに「のって、出る」ということである。敵が打ってきたところを、ズイと打ち込むのだが、敵が太刀を打出す、その調子にのって、攻撃に出るのである。
 したがって、現代剣道でいうところの「のる」もそれに似て、相手が打つと退くのではなく、相手が打つと、こちらも同時に打出すのを「のる」という。だから、上記既成現代語訳が、どうして「おさえる」などという珍語釈に至ったのか、奇怪に思われるところである。
 ともあれ、この「のる」という語は、スペシフィックな兵法用語なので、無理やり別の現代語に置き換えない方がよい。誤解のもとである。五輪書を読もうというほどの者なら、この「のる」という語を心得ておいてもらいたい。
 さて、五輪書にもどれば、次にくる連続わざの記述は、そのまま問題なく読めるであろう。敵が打ちかかってくる時、切先返しで打ち、打ち下した太刀はそのままにしておいて、また敵が打かかる時、下から敵の手を張る、ということである。
 なお、蛇足になるが、ここで「顔を突く」「手を打つ」「手を張る」というように、攻撃箇処が敵の胴体ではなく、顔や手であるのは、甲冑で防護されていない部分を狙うということである。
 時代劇の剣戟シーンでは、胴をバサバサ斬っているが、もちろんそれは、いわゆる「素肌」剣法で、実戦での甲冑装着を前提としたものではない。実戦では、甲冑で防護されていない部分を狙う。顔はもちろん、手を損傷させれば、敵は戦闘能力を失うのである。そして殺した敵のその首を取るかとらぬかは、状況次第である。
 これを要するに、五輪書は、道場剣術を教えているのではなく、あくまでも、戦場での実戦の戦闘術を教えるということなのである。

――――――――――――
○此条諸本参照 →  異本集 










*【現代語訳事例】
《敵が太刀を打ち込んで來たら右へ太刀をはづして付け入り》(石田外茂一訳)
《敵が太刀を打ちかけてくる時、太刀を右にはずしておさえる》(神子侃訳)
《敵が太刀を打ちかかるとき、右へ太刀を外しておさえる》(大河内昭爾訳)
《敵が太刀を打ちかけてくる時、太刀を右にはずしておさえる》(鎌田茂雄訳)





















池田輝政

 ここで、校異の問題に立ち入る。それは、この段の見出し部分、筑前系諸本には、
《五つの表の次第の事。第一の搆、中段》
とあって、《五つの表の次第の事》とするところ、肥後系諸本には、これを《五つの表の次第第一の事》として、「第一」という字句を重複して記す。
 これは、筑前系は諸本共通し、また肥後系も諸本共通するところであるから、筑前系/肥後系を区分する指標的相異である。
 しかし、これは、さして深入りするまでもないことで、筑前系の方は、越後系異本まで共通して、この重複を示さないから、筑前系初期からそうであった。柴任美矩が寺尾孫之丞から承けた五輪書には、この重複はなかったと思われる。また、寺尾が後に、この重複を記した五輪書を伝授したとも考えられない。
 肥後系の字句のばあい、《五つの表の次第「第一」の事。「第一」の搆、中段》とあって、「第一」という語が重複するもので、いかにも最初の「第一」が余計な文字である。
 この誤記は、富永家本も円明流系統諸本も共通するものであるから、肥後系早期にすでに発生していたとみえる。おそらく門外流出後早々に、この重複衍字を記す写本が発生して、以後伝播したものとみえる。
 したがって、問題は、この誤記が肥後系諸本に共通して存在することである。つまり、頻発しそうにないこの箇処で、この偶発的な衍字が生じているのである。
 そのことからすれば、肥後系諸写本の元祖一本というものの存在を想定しなければならない。言い換えれば、肥後系諸写本は複数の先祖をもつのではなく、早期に発生した特定の元祖を共有するのである。このことは、また別の諸箇処でも見出しうる注目すべき特異点である。
 なおまた別の校異では、筑前系のうち早川系に、特徴的な脱字が見られることである。すなわち、それは、吉田家本及び立花=越後系諸本が、
   《切先かへしにて、うち落したる太刀》
とするところ、中山文庫・伊丹家甲乙本では、この「打」字を脱落せしめて、《切先かへしにて、うち落したる太刀》とするのである。
 これは、肥後系諸本を参照するまでもなく、明らかに脱字である。同じ早川系でも、吉田家本が「打」字を保全しているところをみると、早川系において吉田家本が分岐した後に発生した脱字である。
 同じ筑前系である越後系諸本は基本的にこの語を落さないのに、後期写本である猿子家本にはこの脱落を示す。あるいは、肥後系でも稼堂文庫や大瀧家本などもこれを落す。これが書写段階で落ちやすい文字であることは、見やすい道理である。「打、うち」と同じ語が連続するからである。これは、文字の重複を誤記と見て、書写者が衍字として処理するパターンである。
 この校異を採り上げたのは、同じ筑前早川系でも、吉田家本と他の諸本に相異のあること、つまり、吉田家本が早川系早期に分岐したことである。このケースでは吉田家本の方が正しいが、もとより、その逆のケースもある。早期に分岐したということと、書写の正しさは必ずしも一致しない。この点、注意を喚起しておく。


*【吉田家本】
《五つのおもての次第の事。第一の搆、中段》
*【中山文庫本】
《五つのおもての次第の事。第一の搆、中段》
*【赤見家丙本】
《五つの表の次第の事。第一の搆、中段》
*【近藤家甲乙本】
《五つの表の次第の事。第一の搆、中段》
*【石井家本】
《五つの表の次第の事。第一の搆、中段》
*【楠家本】
《五ツのおもての次第第一の事。第一の搆、中段》
*【細川家本】
《五ツのおもての次第第一の事。第一の搆、中段》
*【富永家本】
《五ツのおもての次第第一の事。第一の搆、中段》
*【狩野文庫本】
《五ツの表の次第第一の事。第一の搆、中段



*【吉田家本】
《切先かへしにて、うち落したる太刀》
*【中山文庫本】
《切先かへしにて【】、うち落したる太刀》
*【伊丹家甲本】
《切先かへしにて【】、うち落したる太刀》
*【伊丹家乙本】
《切先かへしにて【】、打落したる太刀》
*【赤見家丙本】
《切先かへしにて、うち落したる太刀》
*【近藤家甲乙本】
《切先かへしにて、うち落したる太刀》
*【石井家本】
《切先かへしにて、うち落したる太刀》
*【猿子家本】
《切先かへしにて【】、打落したる太刀》
――――――――――――

 ところで、中段、上段、下段、左脇、右脇とある五方の搆えについて、肥後系後期写本の田村家本五輪書には、見出しに添え書きして、中段には「喝咄切先搆」、上段には「義段搆」、下段には「右直搆」、左脇には「重気搆」、右脇には「衰形搆」と記す。むろん、これらは他の諸写本にはない後世の増補字句である。
 他方、三十九箇条肥後兵法書には、五輪書の五方の搆えに対応するようにみえる條々がある。これはむろん、現在流布している「兵法三十五箇条」版にはない條々である。
 五輪書の配列とは順序は違うが、それを、中段には「喝咄切先返」、上段には「儀談」、下段には「すいけい」、左脇には「重氣」、右脇には「うちょく」という名称を用いている。五方の搆えにこういう異名を付したのは、肥後武蔵門流のうち、村上派およびその支流の伝書である。とすれば、対応名称は異なるものの、田村家本五輪書の作成者は、村上派門人として、こうした肥後兵法書の搆えの名称を五輪書へ持ち込んだのである。
 肥後兵法書においては、第一の中段については、「喝咄切先返、中段」とあって、右に掲げるような記述がある。すなわち、
 ――敵と間合いが遠い時、刀を提げ、敵の刀が届かない距離で、身体を真正面に向け真っ直ぐに立ち、太刀の左右の手を前に出す。太刀は大小ともに刃をあまり立てず、また横に寝かせず、少し(内へ)斜にして、懐を広くとって、大小二つの刀をやや組んだようにして中段に持つ。刀はあまり突き出さず、肱をからめたり太刀を重ねたりせず、右の太刀先を少し上げる感じで、剣の尖端が中心線にあるように搆える。
 そのとき、「意の心」をかるく、「心の心」を残して、敵が太刀を打ち出す心を受けて、まるで敵の打つ太刀など当らないかのように、相手の顔めがけて太刀を突きかけて、敵に仕掛けるきっかけを失なわせ、そして敵がしかたなく打ってくるところを、切先を返して上から手を打つ。打ったその太刀は、前方に捨てたようにひっ提さげて、我身を動かさず、敵がまた打ちかかってくるところを、三分一で下から手を張る。
 要するに、敵が打ちかかろうと思う心が起きたその頭に我が心をつけ、先へ先へと心が先回りするのである。この「切先返、中段」の太刀は、何れの場合にも使える。よくよく分別すべし。
 ――というわけで、肥後兵法書の方は五輪書の記述より詳しい説明である。しかし、その内容は五輪書とは違ってしまっている。
 たとえば、五輪書に、《敵太刀うちかくる時、右へ太刀をはづしてのり》、つまり、敵が太刀を打ちかかってくると、右へ敵の太刀を外して「のる」、という特徴的な記述が、肥後兵法書にはない。その代りに、《意の心をかろく、心の心を殘して、敵打出す心を請、敵の打太刀にあたらざるごとく、向の顔に突かけ、敵にたくみをうしなはせ》と、心持を語り、相手の顔に突きかけるという記事が入っている。
 最初の、敵と間合いが遠い時、刀を提げ、敵の刀が届かない距離で、というあたりも、五輪書には見られない記事である。後は基本的に五輪書の記事と同じであるが、以上のように、前半部にかなり相異がある。
 これは、肥後の寺尾求馬助系統で生じた変異である。肥後兵法書が示す内容をみれば、武蔵死後、教義の内容もかなり変化したことがわかる。ただし、それだけではなく、五方の搆えに関して、肥後兵法書の記述には全体に問題が多い。それは以下の条々それぞれにおいて検分するであろう。   Go Back




田村家本 添書きあり



*【肥後兵法書】
《 一 喝咄切先返 中段
一 敵合遠き時ハ、刀を提げ、敵の刀届かぬ程により、身を眞向に、ろくに立、左右の手、前に出し、太刀大小の刃を余立てず、ひらめず、少しすじかへて、ふところを廣く、少し大小の組みたるやうに、中段に持、あまり突出さず、肱をからめず、こさず、右の太刀先少し上る心にて、敵の中筋にある様に搆、意の心をかろく、心の心を殘して、敵打出す心を請、敵の打太刀にあたらざるごとく、向の顔に突かけ、敵にたくみをうしなはせ、是非もなく打所を、切先を返し、上より手をうつ也。其太刀前に捨たるごとく提さげて、我身を動さず、敵又打かくる所を、三分一にて下より手を張るもの也。惣別敵のうたんと思ふ心の頭に我心を付、先々と心がくるもの也。此太刀何れへも出合也。能々分別すべし》

 
 (2)二刀の太刀の搆、五つより外にあらず
 この部分は、五方の太刀全般にわたる総括的な話なので、この場所では納まり悪い。しかし、諸写本同じくここにあるところをみると、寺尾孫之丞の編集段階で、ここに取り込まれたものである。
 ただし、記述の内容は重要である。
 いわく、この五つの表は、書いたものを読んだだけでは、合点がいかないはずだ。だから、五つの表のそれぞれは、実際に刀を手に取って、太刀の道筋を稽古するのである。この五つの太刀筋によって、自分の太刀の軌道も知り、敵の打つどんな太刀でも知ることができる。これは、二刀の太刀の搆えはこの五つ以外にはない、と教えるところである――と。
 後出の第五、右脇の搆えに続く、五方の搆えの総括文と重複する内容だが、若干の違いがある。そこで想定しうるのは、――武蔵の草稿には、似たような記述のある断簡があった。しかし、寺尾孫之丞はそのどれも捨てず、取り込んで編集した――ということである。断簡状態の草稿、その痕跡が、こういう部分に遺蹟のように残ったのである。

 さてここで、まさに《二刀の太刀の搆、五つより外にあらず》とあるように、五方の搆えは「二刀」の太刀の搆えなのである。
 これによって問題は、一刀流しか知らない現代剣道では、この武蔵の五方の搆えから行う打ちを、どう評価してよいのか分らぬ、という意見の出ることである。
 近年では、二刀流を邪道と公言する粗忽者はさすがに見えないが、それでも、実際にこれがどのような動きを意味していたのか、知りようがないとする剣道家もあることからすれば、武蔵の戦闘術は想像の埒外にあるもののごとくである。
 右掲の直木三十五の武蔵論は有名で、いまだに直木の武蔵評を、鸚鵡のように繰り返す亜流説は絶えない。そこで、これについて少し関説しておくのも、無駄ではあるまい。
 直木は、武蔵は決して二刀を使っていないなどと、見てきたようなことを書いている。同時代の林羅山が、新免玄信像賛で、武蔵の「二刀一流」のことを書いているのを、忘れているようである。
 どうやら彼は五輪書をろくに読まずにこの文を書いたらしい。《二刀の太刀の搆、五つより外にあらず》と書いているように、武蔵の五方の搆えは、二刀遣いを教えている。しかし、直木は五輪書を読んでも、二刀遣いとは読めなかった。太刀は一刀だという思い込みが強すぎるのである。
 そうして、二刀流は、武蔵ではなく、青木鉄人以後、道場剣術全盛になって以後のことだという。直木の論は、歴史の順序からすると逆である。青木鉄人については、さも確かなようなことを書いているが、実際には不明なことが多い人物である。信憑性のないわずかな文献史料しかないのである。もとより、青木鉄人が武蔵の直弟子だったとするたしかな証拠もない。そんな青木鉄人をもって、武蔵門流を代表させるわけにはいかないのである。
 そのほか、たかが二尺二三寸の真剣が一貫七八百目(6.5kg前後)もあるなどとは、七八尺の野太刀でもあるまいし、直木は太刀の重さすら知らないのである。刃渡り二尺二三寸ていどの並の長さの真剣ではせいぜい重量は1kgである。このていどの知識の持主が、剣豪作家とされていたのである。ましてや、二刀流なら中国や朝鮮にもあったことなど、直木は知らない。
 維新前後、剣術の再び盛んになった頃には、二刀流などという馬鹿馬鹿しいものは一人も使っていないなどと、これまた見てきたようなことを云うが、幕末はおろか明治に至るまでも、全国各地で、武蔵の二刀流は伝承されていたのである。
 右掲画像は、三河岡崎の本多家中で剣術師範だったという人物が、明治二十四年(1891)七十九歳の時、家康生誕三百五十年祭に演武した折の像である。腰曲がり体も縮んでしまった高齢の老人が、二刀の木刀を提げている。味のある肖像である。
 本多家先祖は、播州姫路時代、忠政はじめ武蔵に縁があった。その後、本多家は有為転変あって諸国に移封されたが、岡崎にもどった末裔があり、幕末まで同地に五万石で存続したのである。播磨時代、武蔵の門人に石川主税があり、この石川の道統が、以後本多家中に、武蔵流として、命脈連綿として続いたようすである。
 この五輪書読解に再三その名が出る柴任美矩は、当流三代目だが、大和郡山と播州姫路で二度本多家に仕官している。本多家はこの柴任美矩の時代にも武蔵流と縁があった。また柴任が、筑前黒田家中に残した道統は、後に越後へも伝播し、そこで明治中期まで存続していたことを、当流伝書で確認しうる。武蔵の二刀流とその門流については、いわば、直木などの知らないことが、それこそ山とあるのである。
 ともあれ、直木のように、二刀は実戦的ではないとするのは、実戦を知らない現代剣道のイデオロギー的症候の一種。道場剣道をやったり居合をやったりしているのもいいが、実戦での殺人技術としての武蔵の二刀の流儀に対しては、ほとんど素人談義なのである。
 しかし直木にかぎらず、現代剣道に染まった者ほど、武蔵の二刀論は理解しにくいのが実際である。それほどまでに、つまり五輪書を読んでも、具体的なイメージをもてないというほどまでに、現代剣道と武蔵の実戦的な教えは遠く離れ、くい違ってしまったのである。   Go Back

*【直木三十五】
《時々いうが、武蔵は決して二刀を使っていない。(中略)武蔵は馬上とか、そのほかの場合、片手でも刀を十分使えるように、平常から、片手の剣術を稽古させたので自分ではっきりそういっている。二刀を試合に使い出したのは、ずっと後で、道場剣術全盛になってからのことである》《真剣で二尺二三寸になれば、古刀でも、一貫七八百目はある。これ位の重さがないと、人は斬れない。それを両手で、戦うなど以ってのほかで、三十分もしたら疲れて、叩き落されてしまう》《僕らもよく、抜討ちの片手薙などとやるが、片手で完全に斬れる人は達人である。武蔵は自分の流儀を、円明流と称していた。門人の青木半左衛門が、初めて鉄人二刀流とつけてから、二刀流の名が起ったので手近い例をとると、維新前後、剣術の再び盛んになった頃には、二刀流などという馬鹿馬鹿しいものは一人も使っていないし、実際にも、二刀で斬合った例は一つもない。流石の出鱈目講釈、大衆物でも、維新になると、新撰組にも、一人の二刀流も出して来ない。有利な剣法なら、誰かが利用するはずであるが、下らないからである。現在の二刀流の如き、剣術の堕落的現象で、見た眼に派手でおもしろい舞踊剣術である。少くも、一家をなす人は使っていない》(「宮本武蔵の強さ」 昭和7年『文藝春秋』10月特別号)



個人蔵
三河岡崎二刀流元師範與礼像







 
   10 表第二 上段の搆え
【原 文】

一 表、第二の次第の事。
第二の太刀、上段に構、
敵打懸る所、一度に敵を打也。
敵を打はづしたる太刀、其まゝ置て、
又敵のうつところを、下よりすくひ上てうつ。
今一つうつも、同じ事也。(1)

此表の内におゐてハ、
様々の心持、色々の拍子、
此表の内を以て、一流の鍛錬をすれバ、
五つの太刀の道、こまやかにしつて、
いかやうにも勝所有。稽古すべき也。(2)

【現代語訳】

一 表、第二の次第の事
 第二の太刀は、上段に搆え、敵が打かかるところを、(左右)同時に敵を打つのである。
 敵を打ち外したときは、太刀はそのままにしておいて、さらに敵の打ってくるところを、下からすくい上げて打つ。もう一度打つのも、同じようにする。

 この(五つの)表の内には、さまざまの心持、いろいろの拍子があるが、この表の内をもって我が流派の鍛練をすれば、五つの太刀の道筋を詳しく知って、いかようにも勝てるようになる。稽古すべきである。
 

 【註 解】

 (1)上段に構、敵打懸る所、一度に敵を打也
 上段は、上に太刀をあげたその搆えから、敵が打かかるところを、左右同時に敵を打つ。ここで、「一度に」とあるのは、同時に、ということだから、左右の太刀二刀を同時に振り下ろして敵を打つということである。武蔵二刀流に特徴的な打ちとみてよかろう。
 そうして打っても、敵を打ち外すことがある。その時は、振り下ろした太刀はそのままにしておいて、さらに敵の打ってくるところを、下からすくい上げて打つ。もう一度打つのも、同じようにする。
 ようするに、敵を打ち外しても、慌ててすぐさま振り上げるのではなく、敵が次に打ってくるところを、下からすくい上げて打つのである。そうして無駄なく滑らかに太刀の軌道を運用するのだが、下からすくい上げて打つ、ということなら、それはすでに下段からの攻撃である。この打ちは上下を繰り返す。
 ふつう、上段といえば、上に振りかぶった派手な攻撃であるが、武蔵流の上段の太刀筋は、けっして派手なものではない。ようするに上段の構えは、敵の手を攻撃する。手は必然的に防護されていないからだ。手を切れば敵は戦闘能力を失う。上段から一刀両断、というのは、剣豪小説の世界のフィクションであって、現実の戦場ではありえないことである。
 ちなみにもう一つ言えば、実際、戦場では、両手で一刀を握った上段は使えない。冑や鎧など防具を装着しているから、それが邪魔して、両手で一刀をもって上段に振りかぶるというのは、実際的ではない。武蔵の上段がかような形をとるのは、甲冑を着けた状況での戦闘術だからである。通常の派手な上段の搆えは、実戦では役に立たないのである。
 武蔵の上段の搆えは、図のように、太刀の位置はそう高くはない。少し下がれば、中段の搆えになってしまうほどである。だから、通例の上段のように、振り下ろしたらそれで終りの「必殺剣」ではない。振り下ろして敵を打ち外しても、下からすくいあげて打つという次の攻撃にかかるのである。
 したがって、上段といってもさして高くはなく、振り下ろしても、次に下からすくい上げるという打ちが可能である。敵を打つこと、敵の太刀をあしらうこと、本質的に中段の搆えと違いがあるわけではない。要は、搆え直したりせず、太刀を戻すことはいらないということだ。攻撃は連続的でなければならないということである。

――――――――――――

 ここで、校異の問題として指摘すべき箇所が一つある。それは、筑前系/肥後系を共通して、語句を同じくするところ、肥後系細川家本の系統だけが誤記するという例である。
 すなわち、本条見出し部分のことだが、細川家本に、
《一 おもて第二の次第の事》
とあって、「の」字を付するところ、同系統の常武堂本を除いて、他の諸本には、この字はない。近縁関係にある楠家本にもそれはない。明らかに、これは誤記である。
 このように、近縁諸本にはない、細川家本に特異な誤記があるということは、それが派生後期の誤記だということである。言い換えれば、そうした後発性の誤記を細川家本が有するということは、この写本が後発の写本であり、決して古い段階のものではないことを意味する。
 細川家本を、何か特別な写本であるがごとく錯覚して、しかもそのように妄説する五輪書解説本がいまだに出ているが、こうした衍字のわずか一字でさえ、それを誤りとするに充分である。細川家本は後発の写本であり、決して古い段階のものではない。このことは、筑前系諸本にまで横断して照合するまでもなく、肥後系諸本間の語句を付き合わせてみれば、容易に判明することなのである。この点は、本書の諸処で確認されるであろう。
○此条諸本参照 →  異本集 





























細川家本 当該箇処
――――――――――――

 ここで、肥後兵法書を参照すれば、上段は「儀談〔ぎだん〕の搆え」というわけであるが、上段の搆の記事内容は、五輪書とはまったく違っている。どう違うのか、一通り読んでおくことにする。
 肥後兵法書によれば、上段の搆えは、太刀を握った右の手を上げて、耳に並べるという感じで、太刀の束柄の先は開かないようにして、手の内は固く握らず弛めず、前せまに(つまり、太刀の束先が開かないように、と同義)搆える。前に向けた左手の刀は差し出すということではなく、その高さは上中下少し変るが、そのいずれかは敵の搆え次第である。
 ここまでで、五輪書の上段の搆えとまったく違っていることが分る。まず、太刀を握った右手は耳のあたりにある。しかも、太刀の束先が開かないように、前せまに、ということからすると、太刀の切先は後にある。つまりは太刀を右肩上にかついだ格好である。
 そして、左の小太刀の方は、敵の出方しだいで、高さは上中下何れでもありうるが、これは前に向いている。したがって、左の太刀は前に、右の太刀は右肩の上にあって、後ろを向いているのである。
 しかし、前にも見たように、五輪書では、「上段も、時にしたがい少し下る感じであれば、中段となり、中段も、場合により少し上れば、上段となる。下段も、折にふれ少し上れば、中段となる」(有搆無搆の教の事)ということであった。
 とすれば、五輪書の上段は、太刀を右肩にかついだ格好ではありえないのである。だいいち、肥後兵法書の上段の搆えでは、太刀の切先が後ろに向いているのである。これでは、「上段も、時にしたがい、少し下る感じであれば、中段となる」という具合にはいかない。
 このように、肥後兵法書のいう上段(儀談の搆え)は、五輪書の上段とは似ても似つかない形になっている。そこで、以下どういう記述が続くか――。
 まず、太刀を打ち出すに、その遅い速い、浅い深い、軽い重いの違いがあるが、何れも敵の打ち方に応じてのこと。表としては、敵の手を打つ。太刀筋を下へ打つことはない。向うへ打つのである、と。
 したがって、こういうことだから、五輪書のように、上から打って、また下からすくい上げて打つ、というわけではない。その代りに、喝咄〔かっとつ〕の話が出てくる。
 されば、太刀筋を喝咄する(突き上げ、打ち下ろす)とき、太刀の刃を立て、敵の打ち出してくるその手を突く。――これも五輪書にはない話であり、五輪書では先の通り、下からすくい上げて打つ、ということである。
 さらに下から打ち上げるに、敵の太刀に当っても当らなくても同じことである。こちらの手先が狂わぬように、早く打つことが第一である。もし打ち合って喝咄が連続する太刀筋であれば、「付ける」こともある。敵合いが近いと、うまくいかないから、受けて取るということ、これを吟味すべし。
 ――というわけで、最後には、「受けて取る」という話になって、上段の搆えから打つという話の筋は、脱線して、別の方向へ行ってしまっている。
 こうしてみると、とくに問題なのは、《右の手を耳にくらぶると云心、太刀の柄先開く心なく》、つまり、太刀を握る右手は耳の脇において、太刀の柄先は開かないようにして、とあるところである。ようするに、上段の搆えは右肩上に太刀をかついだ格好であり、すでに肥後兵法書の段階で形が違ってしまっているのである。
 これも、武蔵死後、寺尾求馬助系統で発生した変異であろう。その時期はいつの段階か不明だが、寺尾求馬助よりも後の世代のことであろう。とすれば、肥後兵法書の記事が書かれた時点も寺尾求馬助以後のこととみえる。
 このあたり他流にも、武蔵流の上段を、肩にかつぐ形とみた記録がある。時中流は二刀流で、青木休心を祖とする広義の武蔵道統の一派だが、武蔵晩年の肥後系流派を他派と見ている。その「諸流極意秘傳之巻」なる伝書に、「神明武蔵」の五箇位として、五方の搆えを記している。
 そのうち、現存する最も古い伝書(享保十六年)によれば、「神明武蔵」の五箇位のうち、上段に相当するのは、第五番目にあって、《小太刀目通リニサシ出、大太刀右ノ肩ノ上ニモチ、如前仕カケ、小太刀サゲナガラ、大太刀上ヨリ延切ニ打ナリ。早切ト云テ、向ノ頭胸下リ兩手マデ切込勝也》としている。
 ということは、すくなくとも享保年間までに、「神明武蔵」の流派の上段は、大太刀を右の肩の上にもつという形だと知られていたのである。したがって、この上段の形は、寺尾求馬助系統で発生したとしても、それは享保年間以前、ということである。寺尾求馬助もしくはその子の世代までには、この形の形成があったらしい。ただし、上段を「儀談」の搆えとするような記事は、時中流の伝書にはないから、こうした形の名称は、享保年間以後の発生かもしれない。
 ともあれ、右肩上に太刀をかついだ格好の上段の搆えは、後世の変形である。現在、武蔵の二刀流を伝承すると称する諸流があるが、その中には、太刀を肩にかついだ恰好の形をもって上段の搆えとするものがある。それはしかし、武蔵ではなく、寺尾求馬助の系統で生じた変形であって、五輪書の記述内容とは無縁のものである。したがって、そのような搆えは、厳密に謂えば、五輪書の流儀ではないのである。
 むろん、上段の搆えについては、こうした肥後系の伝承とはちがう他の形もあったようである。
 たとえば、『丹治峯均筆記』には、武蔵が塩田浜之丞宅で熊本細川家士と立合ったという場面で、《武州、上段ヲ弘ク大キニカマヘ》とある。つまり、武蔵のこの上段は、広く大きく構えるかたちである。これは、太刀を右肩に担ぐ格好とは、まるきり違う。
 あるいは、その筑前二天流の末流、後世の越後の口伝書(二刀流口訣条々覺書)では、
《表五條     各面授口訣
  其一  中段合
  其二  上段
  其三  下段合
  其四  大出左挟之、小横翳之
  其五  小横翳之、大披後曳之
 右何れも、調子拍子ゆる/\と遣ひ習ふべし》
とあって、中段は合、上段は開、下段は合、と記す。中段と下段が「合」〔ごう〕であるのに対し、上段のみ「開」〔かい〕としている。この「合」「開」は、大小二刀の「合」であり「開」なのだが、その「開」の様態については、とくに記載がない。
 前掲の我々のイラストでは、「開」ではなく、「合」のかたちである。もし「開」であるとすれば、これは右図の如く、左右に「開」のかたちである。
 これは筑前二天流の伝承である。つまり、寺尾孫之丞信正→柴任美矩→吉田実連と伝えた系統である。このように、寺尾孫之丞の系統では、肥後兵法書が記すような、太刀を右肩上にかつぐ上段の搆えは存在しない。これを確認しておくべきである。
 ともあれ、この上段の構えについては、武蔵道統を称する現存諸派の伝承もあるが、武蔵の時代のかたちとなると、確証がない。そういう留保条件を付して、我々の上段の解釈にしても、五輪書の記述に忠実に沿えばこうなるということであり、さしあたり想定しうる形としておくのであって、必ずしも「上段、開」の形を排除するものではない。
 以上のように、この上段の搆えには問題が残る。ただし、肥後兵法書の右肩上にかつぐ上段の搆えは、寺尾孫之丞の系統にはない形である。むろんそのことから知れるのは、この形が肥後の求馬助系統で発生した変形だということである。したがって、右肩上にかつぐ上段の形を示す流儀は、五輪書の武蔵ではなく、寺尾求馬助以後の段階から派生した新儀である。これを武蔵の上段の搆えとするのは、冗談というべきであろう。   Go Back




*【肥後兵法書】
《 二 儀談の搆 上段
一 儀談の搆は、右の手を耳にくらぶると云心、太刀の柄先開く心なく、手の内しめず、くつろげず、前せばに搆るなり。左はさし出さず、少上中下の心ハ敵の搆にあり。打出事、遲速淺深輕重あり。何れも敵の打による也。表としては敵の手を打也。太刀筋下へ打事なし。向へ打もの也。扨太刀筋喝咄する時、太刀の刃を立て、敵の打右の手を突心に、あげて打上る。あぐる事、敵の太刀にあたりても、あたらでも同じ事なり。我手前違はぬやうに早く打事專なり。喝咄つゞく太刀筋なれバ、つくる事もあり。敵合近くしてハなりがたし。請て取事、分別すべし》




上段の搆



儀談ノ搆 上段
「右ノ手ヲ耳ニクラフルト云心」
肥後兵法書




時中流 諸流極意秘傳之巻











上段開 二刀流口訣条々覺書


上段 開
 
 (2)此表の内におゐてハ
 これも、前記中段の搆えの記述の後半にあったと同じく、五方総括的な話である。
 つまり、この五つ表の内には、さまざまの心持、いろいろの拍子があるが、この表の内をもって我が流派の鍛練をすれば、五つの太刀の道筋を詳しく知って、いかようにも勝てるようになる。稽古すべきである、と。
 これも前後重複する記述である。最後にまとめて一箇所に書けばよいことが、分散して重複配置されている。これはいかなることかと云えば、前に述べたように、武蔵の草稿には、似たような記述のある断簡があったが、寺尾孫之丞はそのどれも捨てず、取り込んで編集したのである。断簡状態の草稿が、こういう部分に織り込まれているのである。   Go Back

 
   11 表第三 下段の搆え
【原 文】

一 表、第三の次第の事。
第三の搆、下段にもち、ひつさげたる心にして、
敵のうちかくる所を、下より手をはるなり。
手をはる所を、又敵はる太刀を
打落さんとする所を、こす拍子にて、
敵うちたる跡、二のうでを横に切こゝろ也。
下段にて、敵のうつ所を、
一度に打とむる事也。(1)
下段の搆、道をはこぶに、
はやき時もおそき時も、出合もの也。
太刀をとつて、鍛錬すべきもの也。(2)

【現代語訳】

一 表、第三の次第の事
 第三の搆は、(両刀を)下段に持ち、引っさげた感じで、敵が打ちかかるところを、下から敵の手を張るのである。
 (こちらが)手を張るところを、また敵がその張る太刀を打落そうとするのを、(こちらは)越す*拍子で、敵が打った後、二の腕〔上腕〕を横に切るのである。敵の打ってくるところを、下段で一度に打ち留めることである。
 下段の搆えは、(太刀の)道筋を運用するに、早い時も遅い時も、どちらにも使えるものである。太刀を手に取って、鍛練すべきである。
 

 【註 解】

 (1)第三の搆、下段にもち
 下段の搆えである。二刀をひっ下げた感じでもち、敵が打ちかかるところを、下から攻撃するのである。とりあえず、分りやすい話で、読むのに問題はない。
 ただ、語釈に関して言えば、問題は、まず《又敵はる太刀を打落さんとする所を、こす拍子にて、敵うちたる跡、二のうでを横に切る》というところの「こす」という語であろう。この語の解釈で内容は大きくちがってくる。
 すなわち、既成の現代語訳を見てみると、ここは話がずいぶん違うのである。まさに、いったいどうなっているのかい、という有様である。彼らの誤訳ぶりをとくと見てみよう。
 まず、戦前の石田訳は、「越す即ちはづす」として、これを「外す」と語釈している。しかし、「越す」という語には外すという語意はない。
 戦後の神子訳は、「下から起す」である。これは、《太刀を打落さんとする所を、こす拍子にて》とあるところを、「太刀を打落さんとする所、をこす拍子にて」と、誤って句読点を入れて読んでしまったのである。これは仮名文字の「こす」が、「越す」というキーワードであることを認識していない点、明らかな誤訳なのである。大河内訳も同じだが、これは、神子訳をそのまま頂戴しているにすぎない。
 もう一方の鎌田訳は、この二者とはまったく違う。この訳は、岩波版注記に「こす拍子」とは「打ったところをひとまず置き、これを越して、より効果的な次の箇処を打つこと」とある語釈をそのまま頂戴している。ところが、この注記は、「こす」という言葉を説明にそのまま入れているから、この語そのものについて何も説明していない。それで、ようするに「こす」という意味がわかったようで、わからない。そのため、鎌田訳は「こす」を訳しきれず、なんの断りもなく無視したかたちで、的外れな誤訳を呈している。
 「こす」というのは、岩波版注記のような胡乱な解釈をしなくてもよい。「こす」というのは、上回る、凌駕するという意味である。また具体的なシーンでは、前に問題にした「のる」の系統のアグレッシヴなカウンター攻撃で、つまりは、敵の拍子を凌駕するということである。
 したがって、既存現代語訳について言えば、「下から起す」というのは論外だが、鎌田訳にしても、肝心の「こす」というキーワードを回避して、打たれたところはそのままにし、敵のより効果的な箇所を打つとしている点、原文にはない勝手な内容に改竄しており、たちの悪い誤訳である。
 また、この部分に関連して言えば、石田訳以外の戦後訳三者は何れも、《こす拍子にて》の次の《敵打ちたる後》、この「打ちたる」という動詞の主語を、敵ではなく、自分にしてしまっている。つまり、《敵打ちたる》を、「敵が」打ったではなく「敵を」打ったという逆の読みをしてしまうのである。これは神子訳の誤訳にはじまり、後二者はそれをそのまま流用したのである。
 しかし、これでは文字通り立場が逆で、こちらが敵を打った後で、さらにまた次に敵の二の腕を切る、という次第になって、はなはだ不適切である。テクストにはないナンセンスな文意である。
 要するに、正しい語訳は、敵が打ってきた後、すかさず、こちらが「こす」拍子で敵の二の腕を切る、である。この場合、敵の伸びた腕の上腕を切るのである。

――――――――――――
○此条諸本参照 →  異本集 








*【現代語訳事例】
《かく手を打つ太刀を敵がまた打ち落さうとするのを、越す即ちはづす拍子に敵が太刀を打ち下したあとから、上膊を横に切れ》(石田外茂一訳)
《わが太刀を打落そうとするところを、下から起すように敵を打ち、そのまま敵の二の腕を横に切る呼吸である》(神子侃訳)
《太刀を打落そうとするところを、下から起すように敵を打ったあと、敵の二の腕を横に切る呼吸である》(大河内昭爾訳)
《わが太刀を打ち落そうとするところを、打たれたところはそのままにし敵のより効果的な箇所を打ったあと、敵の二の腕を横に斬る気持である》(鎌田茂雄訳)
 肥後兵法書には、「すいけいの搆」と記して、これを下段の搆えとする。これは順番として、五方の第三番ではなく、最後の第五番目である。まずは順番が違うのである。
 説明の大略はこうだ。――下段の「すいけい」の搆えは、太刀先を開かず、左手の刀を前に突き出さず、左右の手のふところを広く搆え、肱を伸さぬようにして搆えて、振出すこと。太刀は斜交いにひたいの上に振り上げて(上段から)敵の手を打つ。敵の中筋〔中心線〕を打つのである。
 このとき、前ひろに(前に大きく)打つ心持である。左方へ筋交いに打つのはよくない。太刀の軌道は、切先返しにして元へ戻すこと。
 また、場合によっては、「うちょくの搆え」、すなわち後出の右脇(?)の搆えにすることもある、云々。
 ――というわけで、肥後兵法書の技法解説があるのだが、五輪書の内容とは、明らかに話が変っている。
 まず第一に、この本文中のどこにも、下段の搆えの語も、それらしき記述もない。《左の手を突出さず、左右の手、ふところ廣く搆へ、ひぢをのばさぬやうにして振出す事》とあることからすると、中段の搆えのようにもみえる。
 また、五輪書では、下段の構えは、敵が打ちかかるところを、下から敵の手を張るとある。また、こちらが手を張るところを、また敵がその張る太刀を打落そうとする。そこを、こちらは越す拍子で、敵が打った後、二の腕〔上腕〕を横に切る。敵の打ってくるところを、下段で一度に打ち留めることである。
 このように、「下から敵の手を張る」、「越す拍子で、敵が打った後、二の腕を横に切る」という五輪書にある特徴的な記事が、肥後兵法書では見られない。その代りに「太刀は筋交いに額の上に振り上げて(上段から)敵の手を打つ」、「左方へ筋交えて打つのはよくない」などと書いているが、指示のポイントは別のものである。さらにいえば、このように《左へすじかへて打事悪し》とあるのを見るに、右脇からの打ちのように見える。
 したがって、これを下段の搆えとするには話が違うのである。むしろ、肥後兵法書の他条から探せば、右掲の第四の「重氣」の搆えの記述内容の方が、まだしも下段の構えに相応しているようにみえる。ところが、この「重氣」には、「左脇」とあって、ますます話がわからなくなる。要するに、肥後兵法書の記事には混乱があるのである。
 このように、とうてい下段の搆えではなさそうな「すいけい」の搆えの記述には、問題がのこる。この件は後にまとめて述べるであろう。   Go Back



*【肥後兵法書】
《 五 すいけいの搆 下段
一 すいけいの搆ハ、太刀先開かず、左の手を突出さず、左右の手、ふところ廣く搆へ、ひぢをのばさぬやうにして振出す事、敵の打手を、すじかへてひたいの上に振あげ打事、敵の中筋を打也。前ひろに打心あり。左へすじかへて打事悪し。太刀筋ハ切先返に直る事也。又事により、うちよくの搆になす事もあり。分別すべし》










*【肥後兵法書】
《 四 重氣の搆 左脇
一 重氣の搆、二ツの搆あり。表としては、太刀を前に捨て搆、太刀先左へよせずして、敵の打出すに、三分一と云心にしてあつる。其あてやう、我手を上て、敵の太刀先に、手のなきやうに突き出してあつる。敵打おとさんとするに、我心をバ打、打手をおくれてあつる。何れも太刀筋切先返に直る心あり。又一ツには、切先向にして、我右の足に手を付、提さぐると云心持にて、敵の心のおこる所を打。淺深強弱ハ敵の心によつて也。此太刀、能々分別すべし》
 
 (2)はやき時もおそき時も、出合もの也
 下段の搆えは、(太刀の)道筋を運用するに、早い時も遅い時も、どちらにも使えるものだ、という。そうしてみると、割合、適用範囲の広い融通のきく業であったらしい。
 なお、語釈の問題では、《道をはこぶに》とあるところだが、ここは、五方の搆えそれぞれの太刀の道を述べているところだから、「太刀の」道を運ぶに、と補足が必要であろう。
 この《道をはこぶに》につき、岩波版注記は「太刀筋を修練するのに」と、奇妙な語釈を披露している。「太刀筋」とするのはよいが、「修練する」と解するのは誤りである。「はこぶ」は、「運ぶ」であって、運用することである。むろん、修練するという意味はない。
 ところが、他方で、戦後の現代語訳で奇怪な現象が生じた。すなわち、《道をはこぶに、はやき時もおそき時も、出合もの也》の部分を、「修行の初心最初のときでも、熟練の時でも、よく出合うものである」と訳のわからぬ訳をしてしまうのである。これは右掲のように、神子訳に始まる既成現代語訳共通の誤りであるが、錯誤は三つである。
 ひとつは、《道をはこぶに》の「道」を、神子訳は修道のことと見て、「兵法の修行にあっては」とする。これに対し、岩波版注記は「道」を、太刀の軌道と解して「太刀筋」とした。ところが、これを頂戴した大河内訳は、神子訳と岩波版注記のどちらも捨てられず、つまりは二重取得に及ぶ。これを見た鎌田訳は、例によって何の工夫もなく、先例をパクってご覧通りの仕儀である。
 次はこうである。――《はやき時もおそき時も》という早い遅いは、太刀を打ち出すに、大小遅速があるというときの、打ちの早い遅いの謂である。そのことを知らないことからくる誤りである。修行の初心最初のときでも、熟練の時でも、という訳は、苦し紛れにこじつけた珍訳の類なのである。
 もうひとつは、やはりここでも、「出合」〔いであふ〕というのを、現代語の「出合う」と受け取ってしまう誤りである。この語は前にも述べたように、「十分使える」という意である。それを「よく出合う」なんて誤訳を出して知らぬ顔ではいけないが、訳者がほんとうに知らないのだから、始末に悪い。
 この点、戦前の石田訳は、不充分ながら、的は外していない。他にもしばしばみられることだが、戦前訳の方が戦後訳よりも正しい。これは、五輪書訳が進歩するどころか、逆に退歩していることを意味する。おおむねその誤りは戦後の神子訳がまず生み出したものだが、以後の現代語訳はそれを改めるどころか、何の工夫もなく、神子訳をパクっているだけ、という例が多い。それが五輪書現代語訳の現状なのである。
 要するにここは、我々の語訳のようにテクストを復元した上で、《太刀の道を運用するに、打ちが早い時も遅い時も、どちらにも使えるものである》としなければならないのだが、現在の既成現代語訳との差は、かくも大きい。つまり、そんな現代語訳を読んでいる読者はとんでもない訳文を読まされているというわけである。

――――――――――――












*【現代語訳事例】
《下段の構へは太刀を早く動かすにも遲く動かすにも役立つものである》(石田外茂一訳)
《下段のかまえは、兵法の修行にあっては初心のうちにも、鍛錬をつんだ後にも、よく出合うものである》(神子侃訳)
《下段の搆えは、太刀筋を修練するのに、初心のころも、熟練したあとも、出合うものである》(大河内昭爾訳)
《下段のかまえは、太刀すじを修練するのに初心のときにも、鍛錬をつんだときにも、よく出合うものである》(鎌田茂雄訳)
 さて、諸本校異について言えば、一つ指摘すべき箇処がある。それは末尾の結語のところで、それを、筑前系諸本には、
《太刀をとつて、鍛錬べきもの也》
とあって、《すべきもの也》とするところ、肥後系諸本には、これを《可有者也》とし、あるいは《あるべき也》とし、また《すべし》とするものがある。すなわち、肥後系諸本では、ここが共通しないのである。
 このケースでは、筑前系/肥後系の間に一致するものがなく、しかも、肥後系諸本の間にも、相異がある。
 これは、肥後系諸本の語句には最初から誤記があったということである。そのプロセスは、「す」(寿)字を「有」字に読み違えたものが発生し、まず、「有べきもの也」となったのであろう。楠家本は、《可有者也》と書いてそのかたちを残している。次に、その「者」字が脱落して「有べき也」となったもののようである。
 円明流系諸本では、狩野文庫本が《すべし》と記して、「有」字ではなく「す」を記している。しかるに、同じ円明流系でも、多田家本は、《有べき也》とするから、狩野文庫本の《すべし》は後の写し崩れであろう。
 ここは、筑前系諸本共通の《すべきもの也》を取るべきである。これが古型である。肥後系諸本の字句は、すべて誤記の二次的プロセスの所産である。これも、従来のように、肥後系諸本ばかりを見ていては、分らぬところである。
 なお、筑前系の吉田家本や伊丹家甲本に、《たんれん》《たんれむ》と仮名書きしているのが注目されるが、同じ筑前系諸本は越後系も含めて一般に《鍛錬》と漢字で表記する。このケースの平仮名は申すまでもなく、後世写本の恣意的な書き換えである。言い換えれば、吉田家本四巻の写本は、早川系の中から派生した以後のものであることがこれで分るのである。   Go Back


*【吉田家本】
《太刀をとつて、たんれんすべきもの也》
*【中山文庫本】
《太刀をとつて、鍛錬すべきもの也》
*【伊丹家甲本】
《太刀をとつて、たんれむすべきもの也》
*【伊丹家乙本】
《太刀を取て、鍛錬すべきもの也》
*【赤見家丙本】
《太刀をとつて、鍛錬すべきもの也》
*【近藤家甲乙本】
《太刀をとつて、鍛錬すべきもの也》
*【石井家本】
《太刀をとつて、鍛錬すべきもの也》
*【楠家本】
《太刀をとつて、鍛練可有者也》
*【細川家本】
《太刀をとつて、鍛練あるべき】也》
*【富永家本】
《太刀を取て、鍛練あるべき】なり》
*【狩野文庫本】
《太刀を取て、鍛錬すべし
*【多田家本】
《太刀を取て、鍛錬有べき】也》

 
   12 表第四 左脇の搆え
【原 文】

一 表、第四の次第の事。
第四の搆、左の脇に横にかまへて、
敵のうち懸る手を、下よりはるべし。
下よりはるを、敵うち落さんとするを、
手をはる心にて、其まゝ太刀の道をうけ、
わが肩の上へ、すぢかひにきるべし。
是太刀の道也。
又敵の打かくるときも、太刀の道をうけて勝道也。
能々吟味有べし。(1)
【現代語訳】

一 表、第四の次第の事
 第四の搆え。左の脇に(太刀を)横に搆えて、敵の打ちかかる手を、下から張ること。
 (こちらが)下から張るのを、敵が打ち落そうとするときは、(敵の)手を張る感じで、すぐさま太刀の軌道をうけとって、自分の肩の上へ、斜めに切り上げる。これが太刀の道(筋)である。
 さらにまた、敵が打ちかかる時も、太刀の道をうけて勝つという道〔やり方〕である。よくよく吟味あるべし。
 

 【註 解】

 (1)左の脇に横にかまへて
 左脇の搆えは、左の脇に横に搆えて、とある。これも、そのままではイメージしにくいところであろう。ようするに、右掲図のような、見慣れないかっこうである。
 この左脇の搆えは、前に、「五方の搆の事」のところで、《右左のかまへ、上のつまりて、脇一方つまりたる所などにての構也。右左は、所によりて分別有り》とあったところである。左脇の搆えのケースでは、上方がつまって、左側にスペースがない場所での戦闘法である。
 この左脇の搆えは、左の脇に太刀を横に搆えて、敵の打ちかかる手を、下から張る、というのが基本的な動作である。このとき、その下から張る手を、敵が打ち落とそうとすることがある。そのとき、左下から右上へ、自分の肩の上へ、はすかいに切り上げるのである。
 このように、武蔵の教えは明確である。何も付け足すことはない。

――――――――――――

 ここで、語釈の問題が、ひとつある。つまり、ここで二度出てくる、《太刀の道をうけ》という語句が問題である。太刀の道を「うける」とは、いかなることか。これは、わかったようで、実はわからない語句である。
 「うける」は多義的な語である。とくに、このケースでは、「うける」とは、単に「受ける」という受動的な意味ではない。むしろ、「請ける」という語義、つまり、引き出す、引き取るという能動的な意味あいがある。
《質に置けるか、そののち請る事成がたく》(世間胸算用)
 このように質物を請け出すばあい、あるいは遊女を身請けするケースも、この「うける」である。つまり、たんに「受ける」という受動的なポジションではなく、引き出す、引き取るという能動的なポジションが、この「うける」である。
 したがって、太刀の道を「うける」とは、太刀の道筋をうまく引き出す、引き取るというニュアンスがある。ポテンシャル(潜勢的)にあった太刀の軌道を、現実的なものにするということである。
 しかし、こういう踏み込んだ語釈は、これまで見られなかった。その結果、この箇処に誤訳が集中することになった。
 たとえば、既成現代語訳を見るに、これを右掲のように、戦前の石田訳は、「そのまゝ敵の太刀を受け留めて」と誤訳した。戦後の諸訳も、「敵の太刀の道をそのままに受け」とか、あるいは「そのまま太刀の流れにしたがい」とか訳している。言うまでもなく、これには、三つの錯誤がある。
 一つは、「そのまま」という語をそのまま現代語訳にしていること、つまり、「直ちに」「すぐさま」という語義なのに、「そのまま」と放置しては誤訳になる。二つめは、「太刀の道」を、自分の太刀の道ではなくて、敵の振る太刀の道だと勘違いしていること。もう一つは、上記の語意の「うける」を、単に受動的な「受ける」と勘違いしてしまっているのである。
 これらの訳文にあるように、そのまま敵の太刀の道(すじ)を受けていたら、どうなるか? こちらは切られて死んでしまうのである。あるいは、大河内訳の「そのまま太刀の流れにしたがい」の方は意味不明である。これではどうしようもない。
 既成現代語訳は、どうも、古語に対する素養が不足しているようすである。だから、「そのまま」も「うける」も、現代語の語義で無理やり押し通してしまおうとする。その結果、武蔵の云うところを取り違えるのである。

――――――――――――
○此条諸本参照 →  異本集 
























*【現代語訳事例】
《そのまゝ敵の太刀を受け留めて》(石田外茂一訳)
《敵の太刀の道をそのままに受け》(神子侃訳)
《そのまま太刀の流れにしたがい》(大河内昭爾訳)
《そのまま敵の太刀すじを受け》(鎌田茂雄訳)
 校異の問題で、ここで指摘しておくべきところがある。それは、本条見出し部分、筑前系諸本における相異である。すなわち、越後系諸本に、
《表第四の次第の事。第四のかまへ》
とするところ、筑前系の吉田家本・中山文庫本には、この「の事」二字がない。つまり、ここに脱字がある。これは同じ早川系の伊丹家甲本でも同様だが、後期写本の伊丹家乙本には「の事」二字を具備する。
 肥後系諸本を参照すれば、《おもて第四の次第の事》とあって、やはり「の事」は記している。したがって、筑前系も最初は「の事」があったが、早川系の吉田家本・中山文庫本・伊丹家甲本は、これを落としたのである。伊丹家乙本にこれがあるのは、誤謬に気づいて修復したものである。
 この「の事」の件についていえば、これは吉田家本一本の偶発的な誤写ではなく、早川系の中山文庫本・伊丹家本も同様である。とすれば、両本共通の先祖たる写本において誤写があったのである。
 それに対し、同じ筑前系でも立花=越後系の諸本はこれを正しく記す。ということは、これは、吉田=早川系と立花峯均系が分岐した後で発生した脱字である。
 おそらく、早川実寛→月成実久の相伝段階で生じた脱字であろう。それゆえ、吉田家本水之巻を含む四巻は、月成実久以後の早川系写本だという目星を付けることができる。
 吉田家本は空之巻のみ、柴任美矩→吉田実連の段階のものだが、他の四巻は後世のものである。この四巻は、吉田実連から吉田本家の治年に託されたものではない。問題は、吉田家本・中山文庫本共通の先祖をどこにおくか、である。おそらくそれは、月成実久→大塚重寧の段階あたりであろう。
 この段階では、すでに立花峯均系統と分岐している。この頃、吉田家本・中山文庫本共通の先祖となる写本が作成されたとみれば、上記誤写の発生点も知れる。
 中山文庫本には、この見出しの箇処で、もう一つ誤写がある。つまり、《表第四の次第》のところ、「第四」を「四段」と誤記している。これは吉田家本にはない誤記であり、両者分岐後発生した異変である。
 ともあれ、筑前の吉田家本などが誤記するところを、越後諸本が正しく書いているのである。こうした誤記の有無によって、筑前系の中でも早川系と立花=越後系の分別が可能となる。
 したがって誤記は、その区別を教えてくれるのだから、誤記だからといって、疎かには扱えないわけである。むしろ、間テクスト的史料批判において、誤記はそれじたい重要な弁別素材なのである。

*【吉田家本】
《表第四の次第【】。第四のかまへ》
*【中山文庫本】
《表四段の次第【】。第四のかまへ》
*【伊丹家甲本】
《表第四の次第【】。第四のかまへ》
*【伊丹家乙本】
《表第四の次第の事。第四のかまへ》
*【赤見家丙本】
《表第四の次第の事。第四のかまへ》
*【近藤家甲乙本】
《表第四の次第の事。第四のかまへ》
*【石井家本】
《表第四の次第の事。第四のかまへ》
*【伊藤家本】
《表第四の次第の事。第四のかまへ》
*【楠家本】
《おもて第四の次第の事。第四の搆》
*【細川家本】
《おもて第四の次第の事。第四の搆》

*【筑前系五輪書伝系図】
 
○新免武蔵守玄信―寺尾孫之允┐
 ┌――――――――――――┘
 └柴任美矩―吉田実連―┐
    吉田家本空之巻 |
 ┌――――――――――┘
 ├立花峯均―立花増寿―┐
 |┌―――――――――┘
 |├立花種貫―立花増昆―┐
 ||┌―――――――――┘
 ||└吉田経年 吉田家本相伝証文
 ||
 |└丹羽信英…→(越後門流)
 |         越後系諸本
 |
 ├(吉田治年)…吉田家本四巻
 |          ↑?
 └早川実寛―月成実久―┤
        大塚家本
  ┌―――――――――┘
  └大塚重寧―大塚藤郷…→

――――――――――――

 ところで、左脇の搆えに対応する肥後兵法書の記述をみれば、かなり問題がある。というのも、肥後兵法書では、見出しに「重氣の搆、左脇」とあって、「重氣」の搆えを左脇の搆えとしている。ところが、その「左脇」の搆えであるはずの内容は、これもまったく話が違っている。
 それを見るに、――まず、重氣の搆、二ツの搆あり、とあって、二つの搆えがあるようである。一つは、「表としては」と記すから、こちらが「表」らしい。
 そこで、その表の方はと云うと、「太刀を前に捨てて搆え、太刀先を左へよせずして」とある。太刀を前に捨てて搆える、太刀先を左へよせない、となると、これは明らかに「左脇」の搆えではない。
 続いて読めば、――敵が打出すのを、三分一〔さんぶいち〕という軽い感じで当てる。その当て方は、手を上て、敵の太刀先に、まるで手のないように突き出して当てる。それを敵が打ち落そうとする。こちらは我が心を打って、敵の打つ手をおくれて当てる。何れにしても、太刀筋は切先返しで元へ直る。――表という一つめがこれである。
 もうひとつの搆えは、「切先向にして、我が右の足に手を付け、ひっさげるという心持で」とある。これも、左脇の搆えだとすれば、ますますイメージはしにくい。べつの形である。
 肥後兵法書の「重氣」という「左脇」の搆えの記述は、まったく五輪書の内容とは異なる。しかもこれが、左脇に搆えた太刀の運動だとすれば、記述は奇怪なものとなる。
 ようするに、この「重氣」の搆えは、そもそも太刀を「前に」捨てて、太刀先を左へよせないとあるのだから、これは左脇ではなく、むしろ下段の搆えであろう。それが「左脇」の搆えというのだから、見出しと説明文とが食い違っているのである。
 加えて、この「重氣」を従来、武蔵研究では「じゅうき」と読んできたのだが、これが「気を重ねる」の意だとしても、古来の兵法論の範囲では見当りのない概念あるいは語句である。「重氣」は本当に「じゅうき」と読んでよいのか、そういう根本の問題もある。
 ともあれ、こういうことも、従来指摘されたことがないポイントである。問題化されずに、曖昧にやり過ごし、看過されてきた問題である。   Go Back




*【肥後兵法書】
《 四 重氣の搆 左脇
一 重氣の搆、二ツの搆あり。表としては、太刀を前に捨て搆、太刀先左へよせずして、敵の打出すに、三分一と云心にしてあつる。其あてやう、我手を上て、敵の太刀先に、手のなきやうに突き出してあつる。敵打おとさんとするに、我心をバ打、打手をおくれてあつる。何れも太刀筋切先返に直る心あり。又一ツには、切先向にして、我右の足に手を付、提さぐると云心持にて、敵の心のおこる所を打。淺深強弱ハ敵の心によつて也。此太刀、能々分別すべし》




 
   13 表第五 右脇の搆え
【原 文】

一 表、第五の次第の事。
第五の(次第、太刀の*)搆、
わが右のわきに横に搆て、
敵うち懸る所の位をうけ、
我太刀の*下の横より筋違て、上段に振あげ、
上より直にきるべし。
これも太刀の道よくしらんため也。
此表にてふりつけぬれバ、
おもき太刀自由にふらるゝ所也。(1)

此五つの表におゐて、こまかに書付る事に非ず。
我家の一通、太刀の道をしり、
又、大かた拍子をもおぼへ、敵の太刀を見分事、
先、此五つにて、不断手をからす所也。
敵と戦のうちにも、此太刀筋をからして、
敵の心をうけ、いろ/\の拍子にて、
如何やうにも勝所也。能々分別すべし。(2)

【現代語訳】

一 表、第五の次第の事
 第五の搆えは、自分の右脇に横に搆えて、敵が打ちかかるところの位〔態勢〕に対応して、我が太刀〔左小太刀〕の下の横から、斜交いに上段に振り上げて、上から真っ直ぐに切るべし。
 これ(を練習するの)も、太刀の道をよく知るためである。この表によって太刀を振り慣れると、重い太刀でも自由に振れるようになるのである。

 (以上)この五つの表では、事こまかに書きつけるのではない。我が流派の一通り、太刀の道を知って、また、だいたいの拍子も覚え、敵の太刀を見分けるようになること、(そのためには)まず、この五つ(の表)によって、たえず自分の手で練習しつくすのである。
 敵と戦う最中にも、この太刀筋を総動員して、敵の心に応じて、いろいろの拍子で、いかようにも勝てるのである。よくよく分別すべきである。
 

 【註 解】

 (1)わが右のわきに横に搆て
 ここは、五方の搆え最後の、右脇の搆えである。前に「五方の搆」の条で、右・左の搆えは、上の方がつかえていたり、脇の一方がつかえている所などでの搆えだ、右・左は場所によって違いがある、と説明のあったところである。右脇の構えは、上もつまり右脇もつまって、スペースがない時に用いる。
 まず、右の脇に横に搆えて、とある。この記事から、それを右脇に「水平にして」持つと、勘違いしている解説本がある。これは間違いである。右脇に余裕がないから、この構をするのである。右横に水平に構えるスペースはないという条件である。
 太刀は最初「横に」にいるのである。これは、右脇に太刀を引っ提げたかたち、つまり、右図のごとくして持つのである。
 敵が打ちかかってくると、この体勢から、右横下から斜交いに上段に振り上げて、上から真っ直ぐに切り下ろす。つまり、最初から上段においた太刀を振り下ろすのではなく、下から上へ振り上げて、それから切り下ろす。この振り上げ、切り下げの連続運動が、右脇の構の特徴である。
 したがって、五方の太刀筋では、いわゆる他流でいう上段というものはない。振り下ろすのは、この右脇の搆だが、それもはじめから上段にはおかない。下から振り上げて切り下ろす。それゆえ、他流の上段のようなパワフルな打ちではない。
 つまり、この太刀筋は、太刀のスムースな運動そのものを活用した打ちである。スムースに振るが、早く強く振る必要はない。戦場の実戦では、まず相手を負傷させるのが勝ち所である。
 そこで、武蔵は、これを練習するのも、太刀の軌道をよく理解するためである、このやり方で太刀を振り慣れると、重い太刀も自由に振れるようになる、という。
 要するに、実戦では、太刀は重いというのが前提である。太刀はむやみに振り回すものではない。太刀の軌道を会得すれば、重い刀も無理なく自在に振れるようになる。武蔵の教えは合理的なのである。
 上段の構えのところでに、《敵打懸る所、一度に敵を打也》とあった。この右脇の搆えから、上段に振りかぶるときも、これは右手の太刀だけではなく、左手の刀も振り上げ、そして両刀同時に振り下ろす、ということであったかもしれない。これは推測である。

――――――――――――
○此条諸本参照 →  異本集 














 ここで、諸本校異以前のテクストの問題があるので、まず、それから指摘しておきたい。本条冒頭の語列のことであるが、そこでは、
《表第五の次第の事。第五の次第太刀の搆》
とあって、明らかに「第五の次第」という語句が重複している。これは誤記とみなすべきところである。というのも、直前例を見るに、表第三、第四の頭にあるのは、
《表第三の次第の事。第三の搆》
《表第四の次第の事。第四の搆》
ということなので、それらに沿って記せば、この第五の次第でも、
《表第五の次第の事。第五の搆》
とあるべきところである。したがって、この《表第五の次第の事。第五の次第、太刀の搆》のうち、「次第、太刀の」が余計な文字とみなすべき部分である。
 しかるに、これは特定諸本に偶発したものではない。筑前系・肥後系を問わず諸本に共通する文字列である。しかも筑前系諸本に共通してみられるものだから、したがって、これは寺尾孫之丞前期段階ですでにあったものと思われる。
 すると寺尾孫之丞は、最初から誤写したのであり、寺尾が本書を編集したときにすでにあった文言である。言い換えれば、これは寺尾孫之丞の段階に還元しうる誤記なのである。
 これも、寺尾孫之丞段階における誤記として判定できる特徴的な箇処である。我々のテクストでは、この箇処を( )に入れて記している。
 寺尾孫之丞の段階に帰しうる誤記などということは、五輪書研究において従来問題化されなかったことである。そんなレベルまで考えも及ばぬというのが、これまでの五輪書研究の姿であった。
 さて、いま一つの問題箇処は、筑前系・肥後系の諸本間に相異のある部分である。筑前系諸本では、
《我太刀下の横より》
とあって、太刀「の」とするが、他方、肥後系諸本では、《我太刀、下の横より》として、「の」字を入れない。
 しかるに、同じ肥後系でも富永家本には、《我太刀下の横より》と書いているが、それに左傍点を打って、この「の」字を衍字として処理している。
 したがって、肥後系写本は、基本的にこの「の」字を欠落したかたちで推移してきたのである。言い換えれば、肥後系では早期にすでにこの「の」字を落としていたのである。
 では、これがなぜ脱字なのか。それは文の内容を分析してみれば知れることである。
 一見したところ、「我太刀の下の横より」は誤りであって、「我太刀、下の横より」の方が正しいように見える。ところが、それは、この「我太刀」を右の太刀と錯覚しているからそう思うのであって、実際はこの「我が太刀」は左手の小太刀なのである。
 つまり、《我太刀の下の横より、筋違て上段に振あげ》とあるように、「筋違て」、斜交いに振り上げると書いている。だから、ここは左手の小太刀との関係で「筋違て」とわざわざ書いている。つまり、この「筋違て」は、左右両手の太刀の交差のことを言っているのであって、「我太刀」と、わざわざ「我」字を付しているのは、それが交差する左手の小太刀だからである。
 したがって、当流門流の内部にあった段階では、そのことを承知していて、これを《我太刀下の横より》と正しく記したのであるが、肥後において写本が門外に流出した後、伝写過程でこの「の」字を落としてしまった。その後、この誤写が伝写されて、我々の見る現存諸本の姿になったものである。
 ともあれ、この「の」字をめぐる以上のような問題は、これまでまったく看過されてきたことである。それどころか、肥後系諸本しか知らぬ研究環境では、ここに「の」字があったことさえ知られなかったのである。しかも、肥後系のうち細川家本を金科玉条とする偏向のなかでは、中山文庫本などの筑前系写本の「の」字でさえ、それを衍字として無視するという傾向にあった。云うならば、この「の」字は長く抑圧されてきた。しかも、今日もなお同様である。
 この種の偏向は却下されなければならない。そのためには、肥後系だけではなく筑前系の諸本も通覧し、客観的に史料批判を行う必要がある。これまで五輪書研究に欠けていたのは、このような研究姿勢である。
 以上のことから、我々のテクストでは、《我太刀下の横より》として、武蔵オリジナルは「の」字を入れたものだとしたのである。

――――――――――――


石井家本 当該箇処


*【吉田家本】
《我太刀下の横より、筋違て上段に振あげ》
*【中山文庫本】
《我太刀下の横より、筋違て上段に振あげ》
*【赤見家丙本】
《我太刀下の横より、すぢかひて上段に振あげ》
*【近藤家甲乙本】
《我太刀下の横より、すぢかひて上段に振あげ》
*【石井家本】
《我太刀下の横より、すぢかひて上段に振あげ》
*【細川家本】
《我太刀【】下のよこより、すぢかへて上段にふりあげ》
*【楠家本】
《わが太刀【】下のよこより、すじかへて上段にふりあげ》
*【富永家本】
《我太刀()下の横より、筋かひに上段にふり上》
*【狩野文庫本】
《我太刀【】下の横より、すぢかへて上段ニ振上て》


細川家本 脱字箇処
 なお、ここでも肥後兵法書から当該部分を引けば、右掲のような説明である。見出しに、「うちよく」と名称を仮名書きにするから、これ自体ではこの「うちよく」がどんな漢字なのか、不明である。そして、「うちよく、右脇」とするから、とりあえず、これが右脇の搆えだということである。
 さて、本文の記述内容を見るに、――まず、この搆えは、太刀を「右」の脇に捨てる感じ。左の小太刀は高くなきように持ち、手を右の太刀と深く交錯しないように持つ。そうして、敵が打つのに当てるのは、これも三分一〔さんぶいち〕の軽い感じで当てる。敵が打ち落そうと思うとき、当てる感じで、少し下をぬき、すじかいに切るのである。これは早いのが肝要である。太刀筋ゆがむことなく元へ直る。それは、喝咄切先返しの直り方である、云々。
 ただし、早いのが肝要、太刀筋ゆがむことなく元へ直る、喝咄切先返しの直り方、という三点は五輪書にはない。五輪書には、斜交いに上段に振り上げて、上から真っ直ぐに切るべし、ということのみである。とくに太刀筋ゆがむ事なく直るというような指示はない。したがって、この続きのあるあたりは、五輪書の記事からすれば、増加ではなく、むしろ逸脱であろう。
 しかし、注意すべきは、肝心の点の相違である。
 すなわち、このように《左ハ高くなきやう、手を深く組ちがへぬやうに持》のが、右脇の搆えなのか。右脇の搆えは、左手が右の腕と交差するどころではない、両手は離れている。となると、これは「右脇」ではなく、左脇の搆えのようである。
 そうすると、《うちよくの搆ハ、太刀を「右」の脇に捨る心に搆》とある肥後兵法書の現存写本の記述には、疑惑が生じる。本当に、ここは「右」の脇と、元本に書いてあったのか、という疑いである。
 それゆえ、ここで、肥後兵法書の他条から探せば、右掲の第五の「すいけい」の搆えの記述内容の方が、右脇の構えに対応しているようにみえる。ところが、この「すいけい」には、「下段」とあって、訳がわからないのである。明らかに、肥後兵法書の記事には混乱がある。ようするに、何か、根本的な間違いがここにありそうである。   Go Back


*【肥後兵法書】
《 三 うちよくの搆 右脇
一 うちよくの搆ハ、太刀を右の脇に捨る心に搆、左ハ高くなきやう、手を深く組ちがへぬやうに持、敵打にあたる事、是三分一にてあつる。打おとさんと思時、あたる心にて、少下をぬき、すじかへて切也。早き事肝要也。太刀筋ゆがむ事なく直る所は、喝咄切先返したるべし》









*【肥後兵法書】
《 五 すいけいの搆 下段
一 すいけいの搆ハ、太刀先開かず、左の手を突出さず、左右の手、ふところ廣く搆へ、ひぢをのばさぬやうにして振出す事、敵の打手を、すじかへてひたいの上に振あげ打事、敵の中筋を打也。前ひろに打心あり。左へすじかへて打事悪し。太刀筋ハ切先返に直る事也。又事により、うちよくの搆になす事もあり。分別すべし》
 
 (2)此五つの表におゐて
 以下、五方の搆えの総括文である。この五つの表については、これ以上具体的なことは書けないという。それは当然である。どんな技術でもそうだが、書いたものを読むだけではなく、実際に太刀を持って、体で会得しなけば、書かれたもの、語られた言葉の意味はほんとうは理解できない。
 ここで特異な語彙は「からす」という言葉である。これは、からっぽになるまで使い尽くすこと、総動員することである。そのように練習した結果、技術に習熟し熟練するようになる。まあ、そういう意味合いであろう。
 したがって、敵と戦う最中でも、この太刀筋を総動員して勝つのである。敵の心に応じて、いろいろの拍子で、いかようにも勝てる。そういう励ましである。
 他方、肥後兵法書の総括文のほうは、第五番目の「すいけいの構」、つまり下段の搆えの記事の後にあって、
 《惣じて太刀の構、五方にすぎず。敵を打と云事は、太刀の道二ツなし》
と、至って簡潔なテーゼである。ここに、五輪書と肥後兵法書のポジションの違いがある。
 しかし、すべて太刀の搆えは、五方にすぎない、この五つの方法以外にはない。これはよし。さらに云うのは、敵を打つ、殺すということには、太刀の道は二つなし、つまり太刀の道は一つしかない、という言挙げである。
 これを武蔵が語ったとは思えないが、この「敵を打と云事は太刀の道二ツなし」というのは、武蔵の根本的ポジションをよく把握した者の記述である。肥後兵法書には、こういう侮れない記述もある。それに注意すべきである。
 ただし、以上の五方の搆えに関しては、肥後兵法書の記述には、種々問題があることは、既述の通りである。そこで、以下にそのあたりのことを再考しておく。

――――――――――――












*【肥後兵法書】
《惣じて太刀の構、五方にすぎず。敵を打と云事は、太刀の道二ツなし。是を以て心得あるべし》
 五輪書を読解するという本旨からすれば、後世の肥後兵法書の記述内容など、どうでもよかろうと思われるかもしれないが、ここは、従来の武蔵研究に看過すべからざる過誤があるのだから、それを糺すという趣旨である。
 したがって、そんな方面の錯誤などには付き合っておれないという御仁は、以下を飛ばして、次条へ移行することを勧める。他方、五輪書研究周辺のそういう諸問題もフォローしたいという者は、以下の検証に立合えばよい。というのも、ここで、これまで問題化されなかった諸点がはじめて明示され、それらが解決される現場に立合うことになるからである。
 まず、五方の搆えについて、五輪書と肥後兵法書との相違を挙げれば、次のようなことであろう。
 第一の中段の搆えに関しては、五輪書は、「太刀先を敵の顔に向けて付け、敵が太刀を打ちかかってくると、右へ敵の太刀を外してのる。さらにまた、敵が打ちかかってくる時、切先返しで打ち、打ち下した(自分の)太刀はそのままにしておいて、また敵が打ちかかる時、下から敵の手を張る」ということだが、肥後兵法書はその切先返しに特化した記述である。しかし、さらに打下ろした太刀で、下から敵の手を張るという連続わざの話はどこかに消えている。いわば、切先返しに偏って、搆えの王道たる中段という搆えの位置づけが曖昧になっている。
 第二の上段については、五輪書は、「敵が打かかるところを、同時に敵を打つ。敵を打ち外したときは、太刀はそのままにしておいて、さらに敵の打ってくるところを、下からすくい上げて打つ」ということであるが、肥後兵法書は、これを「儀談」の構えとし、右手を耳の脇にそえるというように、右手の太刀を肩にかつぐような形を述べる。むろん五輪書の教えにはそんな形のことはない。五輪書は、「上段も、時にしたがい、少し太刀が下る感じであれば、中段となり、中段も、場合により少し上れば、上段となる」(有搆無搆の教の事)というのだから、その上段が、右手の太刀を肩にかつぐ恰好は、冗談のような変形である。
 第三の下段について五輪書には、「(両刀を)引っさげた感じで持ち、敵が打ちかかるところを、下から敵の手を張る。こちらが手を張るところを、また敵がその張る太刀を打落そうとするのを、こちらは越す拍子で、敵が打った後、二の腕〔上腕〕を横に切る」とある。これに対し、肥後兵法書は、この下段の搆えを「すいけい」と呼ぶが、下段という語も、それらしき記述もない。《左の手を突出さず、左右の手、ふところ廣く搆へ、ひぢをのばさぬやうにして振出す事》とあることからすると、中段の搆えのようにもみえるが、また、《左へすじかへて打事悪し》とあるのを見るに、右脇からの打ちのようである。いい換えれば、肥後兵法書の「すいけい」の搆えは、どうみても下段の記述ではない。五輪書の下段の搆えを、肥後兵法書の「すいけい」の構えに対応させることはできない。
 第四の左脇の搆えについては、五輪書は、「太刀を左の脇に横に搆えて、敵の打ちかかる手を、下から張る。こちらが下から張るのを、敵が打ち落そうとするときは、敵の手を張る感じで、すぐさま太刀の軌道をうけとって、自分の肩の上へ、斜めに切り上げる。さらにまた、敵が打ちかかる時も、太刀の軌道をうけて勝つ」という説明である。これに対し肥後兵法書は、これを「重氣」と呼んで、左脇の搆えとするが、その内容は、まったく五輪書の教えとは異なる。ようするに、この「重氣」の搆えは、そもそも太刀を「前に」捨てて、太刀先を左へよせないとあるのだから、これは左脇ではなく、むしろ下段の搆えとすべきところである。あるいは、「切先向にして、我が右の足に手を付け、ひっさげるという心で」という。これも、左脇の構えではありえない。要するに、五輪書の左脇の搆えを、肥後兵法書の「重氣」の構えに対応させることはできない。明らかにべつの形である。
 第五の右脇の搆えについて五輪書には、「太刀を右脇に横に搆えて、敵が打ちかかるところの位〔態勢〕に対応して、我が太刀〔左小太刀〕の下の横から、斜交いに上段に振り上げて、上から真っ直ぐに切るべし」とある。これに対し肥後兵法書は、これを「うちよく」と呼んで、右脇の搆えとするが、これもその内容は五輪書の記述とは異なる。とくにこの搆えが、「左手は高くなきように、手を深く組ちがえぬように持つ」とすれば、これは右脇の搆えではない。右脇の搆えは、左手が右の腕と交差しはしない。右の太刀は脇に捨てて構えるというのだから、両手は離れている。となると、これは「右脇」ではなく、前述のように左脇の搆えのようである。この「うちよく」の搆えもまた、五輪書の右脇の搆えとは相応しない。
 以上、要するに、五輪書の五方の搆えと肥後兵法書のそれとは、説明内容が異なっているばかりか、第三の下段、第四の左脇の搆え、第五の右脇の搆えに関しては、搆えそのものが対応性をもたない。したがって、肥後兵法書の「すいけい」=下段、「重氣」=左脇、「うちよく」=右脇という対応は、それ自体が誤りである。それを疑いもせず、安易に肥後兵法書の記事を鵜呑みにしてきたのが、従来の武蔵研究の誤りなのである。



















 これに加えて、肥後兵法書に記された名称の問題がある。
 すなわち、すでに見たように、同書には、中段を「喝咄切先返」、上段を「儀談」、そして順序は違うが、下段を「すいけい」、左脇を「重氣」、右脇を「うちよく」とする名称を用いている。ところが、田村家本五輪書に添え書きしているのを見れば、中段は「喝咄切先搆」、上段は「義段搆」、下段は「右直搆」、左脇は「重気搆」、そして右脇には「衰形搆」と記す。
 そうしてみると、中段、上段、左脇は、肥後兵法書と同様とみてよいが、下段と右脇の名称が入れ替わっている。これはいかがしたことであろうか。
 すでに見たように、肥後兵法書が右脇の搆えとするところの「うちよく」は、その記述内容からすると、とうてい右脇の搆えではない。むしろ、左脇の搆えである。他方、肥後兵法書が下段の搆えとするところの「すいけい」は、その記述内容からすると、とうてい下段の搆えではない。むしろ、右脇の搆えである。
 そうすると、肥後兵法書のいう「すいけい」(下段)は、田村家本の「衰形」(右脇)のことであり、肥後兵法書は、「すいけい」を右脇の構えとすべきところを、下段と間違えたのである。
 これはどういうことかというと、肥後兵法書に、中段、上段、下段、左脇、右脇、等々とあるのは、元本にはなかった文字であり、それを後入れしたときに間違えたのである。肥後兵法書の記述順序は、「喝咄切先返」、「儀談」、「うちよく」、「重氣」、「すいけい」とあるもので、その名称の順番は田村家本五輪書と同じである。ところが、後智恵で、中段、上段…、と付記するようになったとき、「うちよく」に右脇、「すいけい」に下段と、書き間違えてしまったのである。三十九箇条肥後兵法書の現存写本はどれもその子孫である。
 では、肥後兵法書の「うちよく」(右脇)はどう扱うべきか。これは、同音「うちょく」の語を記す田村家本五輪書の「右直」(下段)のことかというと、そうではない。肥後兵法書のいう「うちょく」は、その記述内容からすれば、左脇の搆えとすべきだから、これは、田村家本も記すところの「重気」(左脇)のことであるか。しかし、そうなると、両者は下段と右脇の名称が入れ替わっているだけではなく、別の「重気」まで巻き込んだ混乱である。
 つまり、肥後兵法書も田村家本五輪書も共通して、左脇の搆えを「重気」とするのだが、それは正しいのか、ということである。肥後兵法書の「重氣」(左脇)については、上述のごとく、下段とすべきところである。それゆえ、もし田村家本のいう「重気」も、これを左脇とするなら、田村家本の添書きも誤りである。
 したがって、以上の検分の結果によれば、肥後兵法書は、下段、左脇、右脇の名称を誤っているが、田村家本にも下段と左脇の名称に誤りがある。「右直」と「重気」をとり違えたのである。両者併記して、その訂正を示せば以下のごとくである。

五方 肥後兵法書 田村家本 (訂 正)
中 段 喝咄切先返 喝咄切先 同 左
上 段 儀 談 義 段 同 左
下 段 すいけい(×) 右 直 (×) 重 氣
左 脇 重 氣 (×) 重 気 (×) うちよく
右 脇 うちよく(×) 衰 形 すいけい



田村家本 当該箇処
 このように、肥後兵法書にも田村家本にも誤りがある。しかしながら、こうした誤謬については、従来の武蔵研究において看過されて、指摘されたことすらなかったのである。
 とりわけ、肥後兵法書において、「うちよくの搆 右脇」として、《うちよくの搆ハ、太刀を右の脇に捨る心に搆》とある箇処、この「右の脇」が、「左の脇」の改竄であったことには気づかれもしなかった。
 おそらく、この改竄は、「うちょく」を、「右直」と解釈した結果、これは「左」ではなく「右」が正しいと錯覚して、訂正に及んだものであろう。しかし、その他の本文内容はそのままだったので、全体が矛盾するものになってしまったのである。
 しかし、こうした改竄も含めて、三十九箇条肥後兵法書に以上のような誤りがあり、また田村家本五輪書と齟齬する事項もあること、それがこれまで問題化されなかったのは、要するに、記述内容を読むという基本的な手続きを踏んだ者が出なかったからである。まことにお粗末な事態であったが、我々の研究プロジェクトにおいて、はじめてこれが指摘されるようになったのである。


*【肥後兵法書】
《五 うちよくの搆、右脇
うちよくの搆ハ、太刀を右の脇に捨る心に搆、左ハ高くなきやう、手を深く組ちがへぬやうに持、敵打にあたる事、是三分一にてあつる。打おとさんと思時、あたる心にて、少下をぬき、すじかへて切也。早き事肝要也。太刀筋ゆがむ事なく直る所は、喝咄切先返したるべし》
 さて、このように五方の構えと名称の対応の誤りが明らかになったとしても、次の問題がある。すなわち、その肥後兵法書に、「儀談」「すいけい」「重氣」「うちよく」とあるこれらの名称は、そもそも何ごとであるのか、と問わねばならない。いったい、どこからこうした五方の搆えの名称が出來したのか、という問いでもある。
 この件については、多数ある肥後兵法書の現存写本を通覧しても、結局、埒が明かない。別の資料を参照することが必要である。
 その一つは、絵図資料である。五方の搆えを描いた絵図は、ありそうでいて、なかなかないものだが、我々が最近になって相遇した世にも珍しい、五方の搆えを描いた図がある。さしあたりこれを「五方之搆図」(仮称)としておく。写し作成は明和六年(1769)、江戸中期である。
 この図の現状は、上から中段、上段、下段、左脇、右脇と、五輪書の五方の搆えの順序通りに並べている。元図は絵巻物だったが、画軸にするため、それを切り張りして、上から下へ並べた配置である。
 それぞれの形をみると特徴がある。一つは、中段も下段も、二刀を深く組んで交差させていることである。「合」ではなく、交差の形である。また、上段は、右の太刀を大きく後へ引いている。それは右脇の搆えも同じで、これも太刀を脇に引っ提げるというよりも、後へ大きく引いている。これらはいづれも五輪書の記述にはない形であり、後世の変形を示している。
 とはいえ、この図の興味深いところは、肥後兵法書のように、五方の搆えに名を付けていることである。つまり、「圓極」(中段)、「儀斷」(上段)、「鷙撃」(下段)、「迂直」(左脇)、「水形」(右脇)という名称である。このうち、「圓極」と「鷙撃」は肥後兵法書にない名称だが、「儀斷」、「迂直」、「水形」の三つは、類似する名称である。
 逆に言えば、肥後兵法書の「儀談」「うちよく」「すいけい」という名称、あるいは田村家本五輪書に「義段」「右直」「衰形」とあるのは、実はこの五方之搆図にいう「儀斷」「迂直」「水形」のことではないか、と見当をつけることができる。しかも、この図を見るに、肥後兵法書の記載する名称に関して、第三の「重氣」という異名を別にすれば、上記のごとく我々が訂正した順序と相応している。言い換えれば、上記の訂正の正しさを傍証するのが、この五方之搆図なのである。
 さらに云えば、肥後系伝書だけを見ていてはわからなかったことだが、五方之搆図の名称の特徴に注目して見れば、肥後兵法書や田村家本五輪書にはない「鷙撃」という名も含めて、これらの名称は、明らかに『孫子』あるいはその周辺の兵学の語句から採ったもののようである。
 すなわち、「迂直」は、『孫子』軍争篇の《軍爭之難者、以迂爲直、以患爲利。故迂其途、而誘之以利、後人發先人至。此知迂直之計者也》(軍争の難きは迂を以て直と為し、患を以て利と為す。故に其途を迂にして、之を誘うに利を以てし、人に後れて発し人に先んじて至る。これ、迂直の計を知る者なり)の「迂直之計」であろうし、また、「水形」とは、『孫子』虚実篇の《夫兵形象水。水之形、避高而趨下、兵之形、避實而撃虚。水因地而制流、兵因敵而制勝。故兵無常勢、水無常形》(夫れ兵形は水に象る。水の形は、高きを避けて下〔ひく〕きに趨き、兵の形は、実を避けて虚を撃つ。水は地に因りて流れを制し、兵は敵に因りて勝ちを制す。故に兵に常勢無く、水に常形無し)とあるところの「水之形」であろう。肥後兵法書諸写本が、これらを「うちよく」「すいけい」と仮名で書いていたり、田村家本五輪書に「右直」「衰形」と当て字で記したりするのは、出典の知識がすでに失われていたことを示す。
 また、五方之搆図の「鷙撃」は、猛禽の撃ちということのようだが、となると、やはりこれは、『孫子』兵勢篇の《水之疾至於漂石者勢也。鷙鳥之撃至於毀折者節也》(水の疾くして石を漂わすに至るは勢なり。鷙鳥の撃ちて毀折に至るは節なり)の「鷙鳥之撃」であろう。しかしながら、この「鷙撃」は肥後兵法書に対応する名がない。実はそこが面白いところなのである。
 つまり、「鷙撃」は「しげき」と読む。肥後兵法書には対応する名がないが、ひとつ、訳が分からぬ宙に浮いた名がある。それが、「重氣」である。これは従来武蔵研究では、「じゅうき」と音読みされてきた。それが間違いだったのである。
 ここまで云えば、読者にはもうお分かりと思うが、「重氣」という字句は「しげき」のことである。
    「鷙撃」 → 「しげき」 → 「重氣」
 ようするに、「鷙撃」が「しげき」と仮名で書かれたのが、間違いのはじまりで、その「しげき」の意味を知らぬ何者かが冗談のように「重氣」(しげ・き)と当て字してしまった。そうなると、なにやら尤もらしい語に見えて、結局、「じゅうき」と音読みすべき語と勘違いされるようになったのである。
 この遷移過程を知らぬ現代の連中は、これを「じゅうき」と呼んで、その錯誤を反復しているわけである。もっとも、こういう事実が判明したのも、我々の研究プロジェクトの副産物である。肥後兵法書の「重氣」が「じゅうき」ではなく、元は「しげき」という字句だったということ、これをこの場ではじめて知ったという者もあろうが、それは当然のことで、この説は、諸君が読みつつあるまさにここで、はじめて提示されたのである。したがって、武蔵道統を称する現行諸派の諸君も、今後は、「重氣」に「じゅうき」などという間違ったルビをふらずに、せめて『孫子』くらいは読んで、語の由来を確認して、「しげき」と呼んでほしいものである。
 さらに続ければ、五方之搆図にある「儀断」とは、『孫子』用間篇の《非仁義、不能使間》(仁義に非ざれば、間を使ふこと能はず)について、たとえば『孫子直解』等の註解書に、《義主斷、斷以決自己之惑》(義は断を主とす。断は以て自己の惑を決す)と記すところ、あるいは、山鹿素行『孫子諺義』(巻第十三)において註解するところの、《孫子遺説云、(中略)、非仁恩、不足以結間之心、非義断、不足以決己之惑》(仁恩に非ざれば以て間の心を結ぶに足らず、義断に非ざれば以て己の惑を決するに足らず)という文言にみえる「義断」がその出所であろう。
 この五方之搆図では、上段を、大きく後へ引いて搆える形にしている。右手を耳のあたりにつけるという肥後兵法書の形よりも、さらに大きく後へ引いた形である。肥後では、右手は耳のそばにあって、太刀を肩にかつぐ恰好だったが、他国へ出た後に、こんなところまで後へ引くようになったらしい。新儀の形である。
 そうしてまた、五方之搆図に「圓極」とあるのは、この図冒頭に「黙坐」とする静坐の図があることから、あれこれ朱子学周辺を詮索したくなるものだが、それよりむしろ、この「圓極」は、余りにも有名な『孫子』虚実篇の《形兵之極、至於無形。無形、則深間不能窺、智者不能謀》(兵を形〔あら〕はすの極は無形に至る。無形なれば、則ち深間も窺ふこと能はず、智者も謀ること能はず)の「形兵之極、至於無形」あたりに想を得たもののようである。
 このように「圓極」というと、尾張円明流や三河武蔵流の伝書にみえるところの、「圓曲」、「喝咄」、「陽劔」、「陰劔」、「水形(水系)」という五法のことが連想されるが、こちらは搆えというより、戦法である。名称も釈義も異なっている。肥後から兵法書が流出した後の変異形態の一種であるが、類似する見かけとは違って、五方之搆図とは共通するところがない。
 五方之搆図が、中段を「圓極」とするのは、まず無難なところだろうが、この「圓極」は、肥後系伝書にない名称だから、これは肥後から流出派生した後に発生した名称である。もし、肥後兵法書の元本に「圓極」という名称があれば、肥後でそれを排除して「喝咄切先返」などという見出しを付けることはないからである。他方、それ以外の四つの名称は、曲りなりにも肥後兵法書の現存写本が伝えているところなので、この四つは肥後兵法書の元本の段階ですでにあったものであろう。
 かくして見れば、五方の搆えに種々命名を試みた者の趣向が判明するわけだが、それが五輪書の五方の搆えの説明とはさほど合致しないところが、ご愛嬌というべきであろう。
 たとえば、下段の搆えについて、『孫子』の《鷙鳥の撃ちて毀折に至るは節なり》と関連づけるにはかなり懸隔のある話であろうし、左脇の搆えを、《軍争の難きは迂を以て直となす》ところの「迂直の計」と結びつけるのは、左脇に迂すイメージからきたのだろうが、『孫子』の急がば回れというコンテクストからすると、強引とも言える附会である。あるいは、右脇の搆えについても、それを《水の形は高きを避けて下〔ひく〕きに趨く》という一節と関連づけるあたりは、太刀を右脇に引っ提げる形の連想かもしれないが、《兵に常勢無く、水に常形無し》というには当らない。ましてや、上段の搆えを「義断」とするあたりは、《義断に非ざれば以て己の惑を決するに足らず》とする山鹿流の註釈を見て、上段からの打ちをイメージしたにしても、そもそも『孫子』ではこれは間諜論なのである。
 もとより、これら適切とは云えぬ命名を、武蔵本人の仕業と見る阿呆はあるまい。すでに見たように、《佛法儒道の古語をもからず、軍記軍法のふるき事をも用ひず》(五輪書地之巻)というのが武蔵の流儀である。五方の搆えにこうした孫子兵法流の異名を付す趣向は、武蔵好みではない。明らかに後人の作為である。
 江戸中期に作成されたこの五方之搆図は、目下のところ、どの流派のものか、特定できていない。それぞれの搆えの形をみると、他派とは異なる独特な変形もある。だが、上述のように、五方之搆図は、「圓極」という名称を除いて、肥後兵法書の元本の段階の様態を伝えるものである。この図は明和年中の写しであり、その原図がそれ以前にあったらしい。つまり、十八世紀前半に肥後から流出した兵法書があり、それが改編されて「圓極」という名称をもつ解釈書が作成され、それを元に、こうした五方之搆図の原図が生まれたようである。
 五方之搆図には、上段の「儀断」以下、「鷙撃」、「迂直」、「水形」と、正しい順序と名称がある。しかるに、肥後兵法書の現存写本において、あれだけ名称の錯誤がある。ということは、十八世紀中期以後、肥後において写本の崩れが生じたのである。かくして、流出先で作成された異本を元に作成された五方之搆図の方が、本国の伝書よりも正しい名称を伝えていることもあるという、こんな結果になってしまったのである。






個人蔵
五方之搆図











個人蔵
五方之搆図 「鷙撃」















個人蔵
五方之搆図 「儀斷」




個人蔵
五方之搆図 「黙坐・圓極」


国立国会図書館蔵
魏武帝註孫子 「迂直之計」
 ところで、この詮索をまだ続けるとすれば、五方之搆図の原図作成において依拠された文書があったはず、ということになる。肥後兵法書の元本からすれば、それは流出後の異本であるが、「儀断」、「鷙撃」、「迂直」、「水形」という名称に、何なら「圓極」という名称も備えた文書があれば、それが五方之搆図の根拠文書であろう。
 この件については、関連文書として参照しておくべきものがある。これには、五方之搆図と同じく、「圓極」、「義斷」、「鷙撃」、「迂直」、「水形」という五つの名称を記載する。よって、五方之搆図の関連文書とみなしうるものである。
 この文書は、文章拙劣で、条々数も足らず、肥後兵法書とは似て非なるものだが、注意したいのは、「義斷」、「鷙撃」、「迂直」、「水形」の四ヶ条に限っては、例外的に肥後兵法書の記述内容とほぼ同文だという点である。いわば、肥後兵法書をはじめ五輪書も参照した上で編まれた一種の覚書のようである。
 むろん、かなり写し崩れもあって、十八世紀の写本をさらに写したと思しき文書であるから、根拠文書と云えるほどのものではない。しかも、それがさらに、序文と奥書を付されて、相伝書の体裁を模すあたりは、偽書の躰と化している。明治末になって付された奥書は、本文とは異筆であるのみならず、そこにはなんと、《寛永十五年十一月吉日 新免武藏玄信》と書き付けて、武蔵が寛永十五年に伝授したものにしてしまっている。それで、文書名も「宮本武藏劍道皆傳書付」というわけである(東大史料編纂所蔵)。
 こういう露骨な偽書の体裁を有するとはいえ、上述のように、本書は「義斷」、「鷙撃」、「迂直」、「水形」の四ヶ条については、肥後兵法書とほぼ同文の内容をもつ。「圓極」については、肥後兵法書には元来記載がないのだから、対応する条文は、別の内容である。これも含めて、肥後から流出した後に書き出された文章がほとんどである。したがって、本文については、これを仮に「異本」兵法書を呼んでおくことにする。
 それで、肥後兵法書とほぼ同文の、上記四ヶ条のうち、一箇所、注目すべきところがある。それは、「迂直」の条で、そこには、《迂直の搆ハ、太刀を左の脇へする心に搆》とある。左の脇に「する」とあるのは、写し崩れであって、「する」(捨る)の「つ」の脱字があるが、要するに、この異本兵法書は、肥後兵法書が「右の脇」と改竄したところの原型、「左の脇」という語句を保存しているのである。
 これまた、肥後から流出した後で作成された異本であるにもかかわらず、そちらの方が物事を正しく伝承していることもあるという事例である。整理しておけば、以下のごとくであろう。

五方 五方之搆図 異本兵法書 肥後兵法書
中 段 (圓 極) (圓 極) 喝咄切先返
上 段 儀 斷 義 斷 儀 談
下 段 鷙 撃 鷙 撃 うちよく(右脇)
左 脇 迂 直 迂 直 重 氣 (左脇)
右 脇 水 形 水 形 すいけい(下段)






東大史料編纂所蔵
異本兵法書 奥書




東大史料編纂所蔵
異本兵法書 迂直条「左の脇」
 この一覧表でいえば、肥後兵法書の第二「儀談」(上段)とは「義斷」のことで、順番・構えとの対応もよいし、名称も異字であるがほぼよかろう。しかし、第三「うちよく」(右脇)とは、第四「迂直」(左脇)のことである。したがって、「うちよく」に関しては順番も搆えとの対応も間違ったのである。さらに、第四「重氣」(左脇)とは、第四「迂直」(左脇)のことであり、これは順番と搆えとの対応はよいが、名称を間違えたのである。そして第五「すいけい」(下段)というのは、順番と名称はよいが、構えとの対応が間違っている。そして何より、第三「鷙撃」(下段)の名を、滑稽にも「しげき」→「重氣」と改名してしまったことがある。
 五方の搆えに関して、このように、肥後兵法書の現存写本は混乱を極めている。だが、従来の武蔵研究では、それが問題化されることさえなく、今日に至っていたのである。しかるに、以上のようにして、我々の読解における内在的分析に加えて、五方之搆図とこの異本兵法書を傍証として参照することにより、肥後兵法書の復元が可能となったのである。
 以上の事どもは、我々の五輪書研究の副産物である。蛇足ながら、それをここに提示したのは、既述のように、肥後兵法書そのものがまともに読まれたためしがないからであり、そんな武蔵研究の低迷してきた事態を改善するためにほかならない。   Go Back






 PageTop    Back   Next