武蔵の五輪書を読む
五輪書研究会版テクスト全文
現代語訳と注解・評釈

Home Page

 解 題   目 次    地之巻巻頭   水 之 巻   火 之 巻   風 之 巻   空 之 巻    異本集 

五輪書 地之巻 4  Back   Next 

 
   7 二刀一流という名
【原 文】

一 此一流二刀と名付る事。
二刀と云出す所、武士ハ、
将卒ともに、直に二刀を腰に付る役也。
昔ハ、太刀、刀と云、今ハ、刀、脇指と云。
武士たる者の此両腰を持事、
こまかに書顕すに及ばず。
我朝におゐて、しるもしらぬも、
こしにおぶ事、武士の道也。
此二ツの利をしらしめんために、
二刀一流と云也。(1)
鑓長刀よりしてハ、外の物と云て、
武道具の内也。
一流の道、初心の者におゐて、
太刀、刀両手に持て、道を仕習ふ事、実の所也。
一命を捨るときハ、道具を殘さず役に立度もの也。
道具を役にたてず、腰に納て死する事、
本意にあるべからず。
然ども、両手に物を持事、
左右ともに自由にハ叶がたし。
太刀を片手にて取習ハせんため也。(2)
鑓長刀、大道具ハ是非に及ばず、
刀脇差におゐてハ、
何れも片手にて持道具也。
太刀を両手にて持て悪しき事、
馬上にて悪し、かけはしる時、あしゝ、
沼ふけ、石原、さかしき道、人こミに悪し。
左に弓鑓を持、其外何れの道具を持ても、
皆片手にて太刀をつかふ物なれば、
両手にて太刀を搆る事、実の道にあらず。
若、片手にて打ころしがたきときハ、
両手にても打とむべし。
手間の入事にても有べからず。(3)
先、片手にて太刀を振ならわせんために、
二刀として、太刀を片手にて振覚る道也。
人毎に始て取付*時ハ、
太刀重くて振廻しがたき物なれども、
萬、始てとり付ときハ、
弓もひきがたし、長刀も振がたし。
何れも其道具/\に馴てハ、弓も力強くなり、
太刀*も振つけぬれバ、
道の力を得て振よくなる也。
太刀の道と云事、はやく振にあらず。
第二、水の巻にて知べし。
太刀ハ廣き所にて振、
脇指ハせばき所にてふる事、
先、道の本意也。
此一流におゐて、長きにても勝、
短にても勝故によつて、太刀の寸を定めず。
何れにても勝事を得るこゝろ、一流の道也。
太刀ひとつ持たるよりも、二つ持て能所、
大勢を一人して戦時、
又とり籠りものなどのときに、能事あり。
か様の儀、今委しく書顕すにおよばず。
一を以て万をしるべし。
兵法の道、おこなひ得てハ、
ひとつも見へずと云事なし。
能々吟味有べき也。(4)
【現代語訳】

一 この流派を二刀と名づける事
 二刀を主張するのは、(以下のようなわけだ――)
 武士は武将・士卒ともに、まさに二刀を腰につけるのが役目である。(この二刀を)昔は太刀・刀〔たち・かたな〕といい、今は刀・脇差〔かたな・わきざし〕という。武士たる者がこの両刀を持つことは、細かく書きあらわすまでもない。我国において(そのわけを)知る者も知らぬ者も、腰に(二刀を)帯びることが武士の道である。この(刀)二つの利点を知らしめるために、「二刀一流」と言うのである。
 鑓〔やり〕・長刀〔なぎなた〕からすれば、(太刀は)「外〔と〕の物」*といって武器の内である。我が流派のやり方は、初心の者であっても、太刀と刀を両手に持って、道を習練する。それが本当のやり方である。
 一命を捨てる時は、道具〔武器〕を残らず役に立てたいものである。道具を役に立てずに、腰に納めたまま死ぬというのは、決して本意ではないはずだ。けれども、両手に物を持って、左右ともに自由に扱うのはむずかしい。(そこで、二刀を持たせるのは)太刀を片手でも使いなれるようにするためである。
 鑓・長刀など大きな武器は、両手で持つのは当然である。(これに対し)刀や脇差のばあいは、いづれも片手で持つ道具である。
 太刀を両手で持って具合が悪いのは、馬に乗っている場合よくないし、走りまわるときに具合が悪い。沼、ふけ〔湿地〕、石原、嶮しい道、籠城者の場合も具合が悪い。左に弓や鑓を持ち、その他どんな道具を持っていても、すべて片手で太刀を使うものであるから、両手で太刀を搆えることは本当のやり方ではない。
 もし片手で打ち殺すのが難しい時は、両手(で持って)でも、打ち留めるとよい。手間のかかる事でもないはずだ。
 (だから我が流派では)まず、片手で太刀を振りなれるようにするために、二刀として、太刀を片手で振るのを覚えるというやり方である。
 人はだれでも、初めて手にする時には、太刀が重くて振り回すことができないけれども、(それは太刀に限らず)何でも最初始めた時は、弓も引けないし、長刀も振れないものだ。何であれ、その武器それぞれに慣れてくると、弓も力強くなるし、太刀も振り慣れると、道の力を得て、楽に振れるようになるのである。
 (しかし)太刀の道ということは、早く振ればいいというものではない。(これは)第二の水の巻で(書いているから)知ることができよう。
 太刀は広い所で振り、脇差は狭い所で振ること、これがまず道の本来のあり方である。
 この流派においては、長い刀でも勝ち短い刀でも勝つ。だから、太刀の長さは定めない。(長短)どちらでも勝つ事を得るのが、我が流派のやり方である。
 太刀を一つだけ持つよりも、二つ持つ場合の長所は、多勢と一人で戦う時、また取籠り者〔屋内籠城者〕などの時に、利点がある。
 このようなことは、ここで委しく書きあらわすに及ばない。一をもって万を知るべし。兵法の道に習熟すれば、分からないということは一つもない。よくよく吟味あるべきである。
 

 【註 解】

 (1)二刀一流と云也
 二刀流・宮本武蔵。これは五輪書に取付こうとするほどの者なら、だれでも知っていることである。
 しかし、どうして武蔵は二刀流なのか、なぜ普通の流派のように一刀ではないのか。現在の剣道はたいてい一刀であるし、時代劇など見ても両手で一刀を搆えている。とすれば、武蔵はなぜこんな変則的スタイルをとったのか?――まず、こんなところが初歩的な疑問である。
 ところが、ここに武蔵が書いているところを読めば、そういう問題構成そのものが間違っているのがわかる。
 以下、武蔵の説明を読んで行こう。
 まず第一に、意外にも武蔵が言うのは、一刀よりも二刀の方が当然だということである。これは現在一般の常識を覆す説である。
 つまり、どうして武士は一本差しではなく、二本差しなのか――というありふれた「考現学的」視点を、武蔵は突きつけるのである。現に武士はだれでも刀を二本差している。そのわけを知る者も知らぬ者も、腰に二刀を帯びる。それが武士の慣習である。しかし、それを不思議に思わないか?
 それには理由がある。二刀の利点を知らしめんがために、「二刀一流」と言うのだ、と武蔵はいうのである。
 なお、ここで若干の解説が必要かもしれない。つまり、太刀と刀ということである。武蔵の云うところでは、
   昔は、 太刀〔たち〕・刀〔かたな〕
   今は、 刀〔かたな〕・脇差〔わきざし〕
といっているとある。太刀と刀は同じものではないか、と思う人があるかもしれないが、それが違うのである。
 いちばんの区別は、その身につけ方である。太刀は刃を下に向けて紐でぶら下げて佩く。刀は刃を上に向けて帯に差す。
 太刀は、元和偃武以後になると廢れ、もっぱら儀礼もしくは装飾用になった。平和になって、今日の我々も知るような、帯に大小を差す習慣になったのである。だから、武蔵は二刀について、昔は「太刀・刀」のセットだったが、今は「刀・脇差」のセットだというのである。むろん、昔の「刀」と今の「脇差」とでは、意味も機能も違う。
 武蔵は昔と今の刀剣の相違を語る。ここで露出するのは、武蔵が世代を縦断していることである。武蔵は、関ヶ原以前、若年期から決闘勝負を敢行した世代である。言い換えれば、慶長期の戦闘の場を知っていた世代であり、それが寛永末期になって、慶長当時と今の刀剣の相違を明示するのである。
 「太刀/刀」から「刀/脇差」への史的変遷、この過程で、太刀を振るう武士の戦闘スタイルが、おそらく変った。武蔵は、といえば、本来のかたち、その伝統的なスタイルを保持する流儀を、あえて言挙げする。つまり、武蔵の「二刀一流」とは、新奇な流儀ではなく、むしろ逆に、まことにコンサーヴァティヴなスタイルだったのである。   Go Back
○此条諸本参照 →  異本集 






新免玄信提二刀像





後藤又兵衛像
太刀はこのように佩く
 
 (2)太刀を片手にて取習はせんため也
 なぜ二刀流なのか?――話は実際的で具体的である。
 戦場では、武士は身にさまざまな武器を具備している。もし一命を捨てる戦闘なら、身につけた武器をすべて使い切って死ぬというのが当然で、武器を使い切らずに死ぬのは本意ではなかろう――と、武蔵は言う。これは実戦上のまったく具体的な必然の話であり、それが観念的な剣術論と五輪書の違いである。
 だから、初心の者であっても、二刀で稽古させる。それが武蔵流二刀一流のやり方だという。
 ここで、従来しばしば出た見解に関説しておくのもよいかもしれない。すなわち、剣道をやっている者の意見では、やはりこの武蔵流二刀は難しいという。初心者には一刀でも難しいのに、二刀など、とうてい無理だということである。
 たしかにそうであろう。しかし、どうして武蔵はそんな無理なことを強いるのか。ところがここでも、そういう問題の設定の仕方が間違っているのである。
 武蔵は戦場のリアルな場面を念頭においている。一定のルールがあって演じる試合ではないのだ。自身の総力をあげて戦う、何でもありの殺し合いの場である。そこでは手当たり次第の道具を手にとって戦うだろう。そういう環境条件では、一刀より二刀を使えるようにしておくのが、まさしく合理的なのである。
 ここで分かるのは、ルールのあるゲームとしての剣道と、ルールのないリアルな戦闘術との違いである。前者において無理なことでも、後者においては「有理」なのである。だから、剣道場での達人が、現実の戦場では簡単に殺されるということもあるわけである。
 二刀は無理なのではなく、二刀有理である。
 武蔵が二刀を主張するのは、戦場でいざとなると必要だからである。戦場で二刀でも戦えるようにするために、すでに初心者の段階から、二刀で訓練するのである。
 戦場で一命を捨てる時は、道具〔武器〕を残らず役に立てたいものである。持った道具を役に立てずに、腰に納めたまま死ぬというのは、決して本意ではないはずだ。けれども、両手に物を持って、左右ともに自由に扱うのはむずかしい。そこで、二刀を持たせるのは、太刀を片手でも使いこなせるようにするためである。――かようにも、武蔵の話はいたって合理的なのである。

 なお、この部分で、《鑓長刀よりしては、外の物と云て、武道具の内也》とある部分について、諸本おおむね共通するところであるが、中には異なるものもある。たとえば、楠家本のように、
《鑓長刀、太刀よりしてハ、外の物と云て、武具の内也》
とあって、話が違う文言である。これは他例では、肥後系の富永家本や円明流系統の稼堂文庫本にみえる語句である。
 つまり、筑前系も含めて、諸本では、「鑓長刀からすれば、(太刀は)外の物といって、武道具のうちである」という文意であるが、この異本になると、「鑓長刀は、太刀からすれば、外の物といって」という内容であり、前者では太刀が「外の物」であり、後者では鑓長刀がそれである。――この両者のどちらが正しいか。
 今日通常の考えであれば、諸本に「太刀」の二字欠損があるのではないか、とするであろう。太刀が中心で、鑓長刀という大型武器は余技とすべき「外の物」だという理解である。
 しかし、ことは逆で、合戦の場では、南北朝以後伝統的に鑓が戦いの主力であり、それは本巻中、後に武器それぞれの効用を述べるところで、《合戦の場にしては、肝要の道具也》と書くのをみれば、鑓は本体であり、決して「外の物」とは見ていないのである。
 したがって、この場合は「太刀」の二字が入らない方が正しいのである。鑓長刀は、太刀からすれば、外の物だというのは、剣術中心主義、剣の精神化・物神化が生じた以後の頭で、この部分を増補して文意を改竄したのである。
 ただし、細川家本を底本とするはずの岩波版注記に、ここを誤釈しているのは、どうしたわけか、だれしも理解に苦しむところである。すなわち、それは「外の物」について、
「剣術を中心として、鑓・長刀以下、弓・馬・柔・棒・鎖鎌などの諸芸を外の物として、流派ごとにそれぞれ兼修(対応策としても)した」
という解釈を披瀝しているが、これは明らかに間違いである。こんな発想は後代のことであり、武蔵の時代は、そうした剣術中心主義はまだ初期段階にすぎない。岩波版注記は、細川家本をテクストとしているのに、原文を無視して、剣術中心主義によって読む、という芸当を演じているのである。
 ついでに、既成現代語訳を見ておこう。ここは難所、案の定、いづれも目いっぱい誤訳を演じているところが面白い。
 戦前の石田訳からして、間違いである。「鑓・薙刀その他も武器ではあるが外の物と言はれてゐて」というわけで、細川家本の文章を読んでいない。「刀だけが基本的武器である」に至っては、何をかいわんや、である。
 戦後の神子訳はいわば「超訳」で、すばらしく的を外している。大河内訳は、「外の物」の語義を知らない。鎌田訳は、岩波版注記と神子訳を両方パクって、間違いを倍増している。
 これら諸訳がテクストにしたのは岩波版細川家本の《鑓・長刀よりしては、外の物と云て、武道具のうち也》という文である。どこをどう弄れば、こんな現代語訳になるのか、摩訶不思議である。これら現代語訳からは、原文を想像することさえできない。逸脱どころか、脱線転覆という訳文である。ようするに、こんなレベルの現代語訳ばかりが、従来流通してきたのである。  Go Back





岐阜市歴史博物館蔵
戦場での武器と戦い
関ヶ原合戦図屏風

















*【吉田家本】
《鑓長刀よりしてハ、外の物と云て、武道具の内也》
*【伊丹家本】
《鎗長刀よりしては、外の物と云て、武道具の内也》
*【立花隨翁本】
《鎗長刀よりしてハ、外の物といひて、武道具の内也》
*【渡辺家本】
《鎗長刀よりしてハ、外の物といひて、武道具の内也》
*【石井家本】
《鎗長刀よりしてハ、外の物といひて、武道具の内也》
*【楠家本】
《鑓長刀、太刀よりしてハ、外の物と云て、武【】具の内也》
*【細川家本】
《鑓長刀よりしては、外の物と云て、武道具のうち也》
*【富永家本】
《鑓長刀、太刀よりして【】、外の物といふて、武道具の内なり》
*【稼堂文庫本】
《鑓長刀、太刀よりしてハ、外の物と云て、武道具の内也》








*【現代語訳事例】
《鑓・薙刀その他も武器ではあるが外の物と言はれてゐて刀だけが基本的武器である》(石田外茂一訳)
《鑓・長刀にくらべ、刀・脇差は、いつも身に帯びているものである》(神子侃訳)
《鑓・長刀などは、刀・脇差とはまた別の戦いの道具である》(大河内昭爾訳)
《槍・長刀以下、弓・馬・棒などの諸芸も闘いの道具のうちであるが、刀は身に帯びているものである》(鎌田茂雄訳)

 
 (3)両手にて太刀を搆る事、実の道にあらず
 武蔵流では、初心の者であっても、刀二つをそれぞれ左右の手に持って練習させる。二刀を持たせるのは、太刀を片手でも使いなれるようにするためである、ということであった。
 そして、ここでは、まず、鑓・長刀など大きな武器は、両手で持つのは、是非に及ばぬ、当然のことである。これに対し、刀や脇差のばあいは、どちらも片手で持つ道具である、と語る。これも、話は明解である。
 そこで、話がいよいよ具体的になって、太刀を両手で持って具合が悪いケースを列挙する。
 武蔵の言うには、両手で一刀を持っていると、具合が悪いのは、第一に馬に乗っているとき。昔から弓手〔ゆんで〕・馬手〔めて〕と云って、手綱を右手で握る。戦場で馬に乗って走るとき、片方の手で太刀を持つのは当然である。
 また、戦場では、武器を持って走りまわることになるが、そのときも、両手で一刀を握っていては走れない。刀を両手で握って、捧持するかっこうでは、具合がわるいのである。
 それから、沼、ふけ、石原、嶮しい道、そして人こみ、つまり建物に籠城している者を攻める場合も具合が悪い。ここにいう「ふけ」は湿地・湿原のことである。ふけ田(深田)を略して「ふけ」と云ったという説もあるが、それは逆である。
 河川の氾濫原の湿地帯の中に城を築くケースのあったことから、武蔵は沼やふけ(湿原)での戦いのことを書いているのである。なお、この「沼・ふけ」という語は、以後何度も出てくるから、ここでの語釈を記憶しておいてもらいたい。
 ところで、太刀を両手で持って不都合な、その使用環境をみると、むしろその方が一般的なケースだと知れるのである。つまり、通常は太刀を片手に持って戦場を駆け巡るのである。太刀を両手で握って持って都合がいいという方が特殊なことなのだ。
 左手に弓や鑓やその他道具を持っているし、そこで片手で太刀を使うわけであるから、両手で一刀を握って搆えたりするのは、まっとうな方法ではない。
 ――というわけで、今日の常識は完全に覆される。すなわち我々のイメージは、「剣道」というイデオロギーによって汚染されているのである。泰平の世の中で道場剣法が長く続いた結果、太刀は両手で持つのが正しいという理由なき観念に毒されてしまっていたのである。
《両手にて太刀を搆る事、実の道にあらず》
 この二刀一流のテーゼは明確である。武蔵に言わせれば、戦いの現場では、太刀を両手で搆える方が変則的であり、例外的なのである。
《両手にて太刀を搆る事、実の道にあらず。若、片手にて打ころしがたきときは、両手にても打とむべし。手間の入事にても有べからず》
 もし片手で打ち殺すのが難しい時は、両手で刀をもってでも、打ち留めるがいい。手間のかかることでもないはずだ。――まさにこれは、戦慄すべき一文である。
 こういうリアルな地獄の深淵が露呈するのが、五輪書なのである。剣聖と謳われる高邁な心境に到るための書ではない。五輪書は、たしかに殺人術(arts of killing)の教本なのである。   Go Back


国立民俗博物館蔵
弓太刀の騎馬戦
前九年合戦絵巻




ふけ(湿原)



現代剣道 試合風景
両手で竹刀を振る

 
 (4)太刀ひとつ持たるよりも、二つ持て能所
 ここは懇切な教示である。――片手で太刀を振り慣れるようにするために、まず、二刀をもって太刀を片手で振るのを覚える。だれでも初めて太刀に取り付く時は、太刀が重くて振回すことができない。それは当然だ。太刀に限らず、何でも最初習い始めた時は、弓も長刀も扱いが難しい。ところがその武器に慣れると、弓も力強くなり、太刀も振り慣れると楽に振れるようになる――。
 とくに説明は要しないであろう。次の、「太刀の道ということは、早く振ればいいというものではない」という話は、武蔵が書いているように、次の水之巻に、むやみに早く振りまわしてもうまく切れないぞ、という教えが語られている。
 太刀は広い所で振り、脇差は狭い所で振ること、これがまず道の本意である。――というのは、使用環境で太刀と脇差を使い分けろ、という実用的な話である。ただしそれだけではなく、太刀の長さにこだわらず、どんな長さの刀でも勝ちを得るところが、我が流派のやり方だという。
 実際、武蔵以後の門流でも、二刀でも勝ち、また、短い小太刀だけでも勝ち、そのうえ無刀の素手でも勝つ、ということをやっていた。『丹治峯均筆記』に、筑前二天流四代・吉田実連の逸話に、その種のことが記されている。吉田実連が云う通り、武蔵の流儀は「二刀には限り申さず」なのである。
 実際、我々の研究調査において、近年越後で発見したものに、五尺木刀という長大な道具がある。この歴史資料の発見は、実証研究において画期的なものであった。これには若干反りがあり、刄棟の別があるから、これは木刀の一種とみえる。また腕貫穴のほか、石突もあるから、『丹治峯均筆記』に記されている「五尺杖」に相当するものであった。












*【丹治峯均筆記】
《御傍ノ面々、タレカレ立カハり立カハり打之、長清公、「二刀ハアタラヌ者也」ト被仰。實連御請ニ、「二刀ニハ限リ不申」由ヲ申上、小太刀ニテ致シ、其後ハ無刀ニテ数本致トイヘ共、一本モ不當。長清公、御セキ被成、御座ヲ御立ナサレ、「ヤレ打候ヘ」ト御声ヲカケラレシカド、一人トシテ打アテタル人ナシ》

個人蔵
越後武蔵門流の道具  上から、二刀木刀大小(三尺・二尺)、五尺木刀、枕木刀(二尺)
 二刀の木刀は、三尺と二尺、これは通常のものであろう。越後の武蔵門流では、二刀術の他に、五尺木刀術の伝承があった。その現物が上掲写真のものであるが、五尺木刀術の伝書もある。しかし、それだけではない。二尺の枕木刀もあるから、短い道具も武蔵門流では修学されたのである。いうならば、五輪書以後二世紀、武蔵流は、やはり、「長きにても勝ち、短きにても勝つ」ことを教えていたのである。
 そもそも武蔵は、二刀流にこだわっていない。いつのころか「こだわり」ということが男の美学として語られるようになった。それは固定した封建秩序のなかから誕生した、センチメンタルでナルシシスティックな美意識であろう。武蔵のスタンスは、そんな美学とはまったく逆である。
 武蔵流はリアルな戦闘術だから、道具は何でも使う。両手二刀で戦うというのも、その一端にすぎない。そして、刀の長さにこだわらないのは、戦場の具体的な場面での使用が念頭にあるからだ。剣は武士の魂だとかいう剣の物神化も、武蔵には無縁なのである
 したがって、二刀に過剰な意味づけをするでもない。二刀を持つ場合の長所は、たった一人で多勢と戦う時や、屋内籠城者相手などの場合、メリットがあるというから、その効用は限定的である。武蔵は、言う。
《先、片手にて太刀を振ならわせんために、二刀として、太刀を片手にて振覚る道也》
 つまり、二刀を習わせるのは、片手で太刀が振れるようにするためである。ここは注意が必要だ。というのは、片手で太刀が振れるようにするのは、二刀を使えるようにするため、ではない。逆である。
 武蔵流は二刀、というイメージが滲みついているから、片手で太刀が振れるようにするのは、二刀を使えるようにするためだと思っている人が多いが、武蔵が書いているように、二刀使いが主眼ではなく、戦場の実戦現場で片手で太刀が振れるようにするために、二刀で練習するのである。
 したがって、武蔵二刀流のイメージは変更されなければならない。厳密に言えば、武蔵は、二刀流ではなく「片手流」なのである。ここは極めて重要なポイントだから、銘記しておいていただきたい。
 肥後兵法書では、冒頭の「此道二刀と名付事」の條に、五輪書のこの記事を祖述したものがあって、
《此道、二刀として、太刀を二ツ持儀、左の手にさして心なし。太刀を片手にて取りならハせんためなり》
と、ずばり核心的な記述がある。二刀つかいといっても、まさに左の手にさして意味はない、というわけである。
 しかし、五輪書を読めば分るように、武蔵は片手でも太刀を振れるようにと教えるが、「左手にさして心なし」とまでは言わない。戦場なら、負傷して右手の機能を失っても、左手一本でも戦わなければならない。それが五輪書の「太刀を片手で取り習わせる」の本意である。
 したがって、肥後兵法書のこの記事には、武蔵の教えの趣旨に照らせば、明らかに逸脱がある。武蔵の教えでは、右手も左手もそれぞれ使えるようにするのである。
 随所で後に確認することになろうが、肥後兵法書をディテールにわたって読み込めば、武蔵ならそうは言うまい、という論説がある。もとより事実は、肥後の伝説とは違って、三十九箇条であれ三十五箇条であれ肥後兵法書は、後人の作物である。

――――――――――――

 ここで、諸本校異について、指摘すべき箇処がある。それは、筑前系諸本に、
《人毎に始て取付時ハ、太刀重くて振廻しがたき物なれども》
とあって、はじめて《取付》時は、とするところ、肥後系諸本はこれを、はじめて《とる》時は、として、「付」字を落としている。
 これは、筑前系と肥後系の諸本にそれぞれ共通するところであるから、筑前系/肥後系を截然と区別する指標的相異である。
 これについて厳密に言えば、「はじめて取付く時」の方が、正確な語句表現である。「取付く」というのは、着手する、とりかかる、という意だが、ここでは、「習いはじめた時」という語意である。
 ただし、必ずしもそうは厳密でないとすれば、「はじめて取る時」でも差し支えない。つまり、「はじめて(手に)取る時」ということだとすれば、文意が通じることなので、肥後系の「付」字のないケースも排除できない。つまり、どちらもありうる表現である。
 とすれば、文の内容では判断の付かないところである。しかし、既出例で述べたように、筑前系諸本に共通して存在する語句は、寺尾孫之丞まで遡りうる初期形態を示す。これに対して、肥後系諸本はいづれも門外流出後の写本の末裔であり、たしかに寺尾段階まで遡りうるという確証がない。
 かりに、これが寺尾孫之丞後期の語句だとみれば、寺尾は後期になって前期と異なる語句を記したことになる。それも上述のように確証なきことなので、「付」字を欠く肥後系諸本の《初てとる時》という語句は、後に発生した脱字とみなしうる。
 とはいえ、ここで、次の文に《萬、始てとり付時ハ》とあって、「はじめて取付く時」という語句が再出するわけであるから、やはり、文の正確さを期するとすれば、筑前系諸本のように、《取付》とすべきであろう。それゆえ、我々のテクストでは、《取付》の方を採用している。   Go Back



身の丈六尺の武蔵と五尺木刀




二刀で戦う


*【肥後兵法書】
《 此道二刀と名付事
一 此道二刀として太刀を二ツ持儀、左の手にさして心なし。太刀を片手にて取りならハせんためなり。片手にて持時、軍陳、馬上、川、沼、細道、石原、人籠、かけはしり、若、左に道具など持たる時、不如意に候得ば、片手にても取候也。太刀を片手にて持事、初は重く覚ゆれども、後は自由に成候也。縱バ、弓を射習ひて其力付、馬に乗習ひてハ其力あり。凡下のわざ、水夫はろかひ〔櫓櫂〕を取て其力あり、土民はすきくは〔鋤鍬〕を取て其力強し。太刀も取習へば、力出來るもの也。但、人々の強弱は、身に應じたる太刀を持べきもの也》







*【吉田家本】
《人毎に始て取付時ハ、太刀重くて振廻しがたき物なれども》
*【立花隨翁本】
《人毎に始て取付時ハ、太刀重くて振廻しがたき物なれども》
*【渡辺家本】
《人毎に始て取付時は、太刀重くて振廻しがたき物なれども》
*【石井家本】
《人毎に始て取付時は、太刀重くて振廻しがたき物なれども》
*【楠家本】
《人毎に初てとる時ハ、太刀おもくて振りまハしがたき物なれども》
*【細川家本】
《人毎に初而とる時ハ、太刀おもくて振廻しがたき物なれども》
*【富永家本】
《人毎に初てとる時ハ、太刀おもくてふりまわしがたき物なれ共》
*【狩野文庫本】
《人毎に初而時ハ、太刀重而振廻しがたきものなれ共》


 
   8 太刀の徳
【原 文】

一 兵法二の字の利を知事。(1)
此道におゐて、太刀を振得たるものを、
兵法者と世に云傳たり。武藝の道に至て、
弓を能射れば、射手と云、
鉄炮を得たる者ハ、鉄炮打と云、
鑓をつかひ得てハ、鑓つかひと云、
長刀を覚てハ、長刀つかひと云。
然におゐてハ、太刀の道を覚へたるものを、
太刀つかひ、脇指つかひといはん事也。
弓鉄炮、鑓長刀、皆是武家の道具なれば、
何も兵法の道也。然ども、
太刀よりして、兵法と云事、道理也。
太刀の徳よりして、
世を治、身をおさむる事なれば、
太刀ハ兵法のおこる所也。
太刀の徳を得てハ、一人して十人に必勝事也。
一人して十人に勝なれば、
百人して千人に勝、千人して万人に勝。
然によつて、我一流の兵法に、
一人も万人もおなじ事にして、
武士の法を残らず、兵法と云所也。

道におゐて、儒者、佛者、
数奇者、しつけ者、乱舞者、
これらの事ハ、武士の道にてハなし。
其道にあらざるといへども、
道を廣くしれば、物ごとに出合事也。
いづれも、人間におゐて、
我道々を能ミがく事、肝要也。(2)

【現代語訳】

一 兵法という二字のわけを知る事
 この兵法の道において、太刀を(上手に)振れる者を、「兵法者」と世に言い伝えてきた。
 武芸の道に上達して、弓をよく射れば射手と云い、鉄炮を修得した者は鉄炮打ちと云い、鑓をつかえれば鑓つかいと云い、長刀を覚えたばあいは長刀つかいと云う。
 そうであるのに、太刀の道を覚えた者を、太刀つかい、脇差つかいとは云わないのである。(――それはなぜか?)
 弓・鉄炮、鑓・長刀は、すべてこれ武家の道具であるから、何れも兵法の道である。けれども、太刀によって、「兵法」というのは道理である。(なぜならば)太刀の徳〔効能〕によって、世を治め身を治めるのであるから、太刀は兵法の起こるところなのである。
 太刀の徳を得れば、一人で十人に必ず勝つのである。一人で十人に勝てば、百人で千人に勝ち、千人で万人に勝つ。
 しかるによって、我が流派の兵法においては、一人も万人も同じ事であり、それが、武士の法を残らず「兵法」という所以である。

 (それぞれ)道において、儒者・仏者・数寄者(茶匠)・礼法者・乱舞者(舞踏家)の道があるが、これらの事は武士の道ではない。(しかしこれが)その道(武士の道)ではないとはいえ、道を広く知れば、どんなことにでも対応できるのである。
 どの道であれ、人間〔じんかん、世の中〕において、自分のそれぞれの道をよくみがくこと、これが肝要である。
 

 【註 解】

 (1)兵法二の字の利を知事
 このタイトルは、「兵法」という二字の利を知るということである。ここは、《二の字の》という語がある。したがって本書に頻出する「兵法の利」という言葉と混同しないように、《兵法二の字》と書いているのである。つまり、「兵法の利」ではなく、「兵法」という言葉の「利」を知るということである。
 このばあいの「利」は、「理」の当て字らしく、ほぼ「理由、わけ」の意である。つまり、どうして「兵法」というのか、そのわけを説明するのである。
   「兵法二の字の利を知事」
   「兵法に武具の利を知と云事」
 後者は次条のタイトルである。後者の「利」のケースは、字義通りの「利」である。それに対して、本条の「兵法二の字の利」の「利」は、「理」の当て字である。したがって、本書の「利」という文字には、この二つのケースがある。
 ただし、五輪書の語釈には、「利」をむやみに「理」に読み替えてしまう曲解が多い。それは近代の五輪書読みの悪弊であるが、他方で、「利」字には、「理」の当て字のケースもあるという事実は、念頭におくべきである。そのどちらなのか、それはそれぞれの文の内容を読めば知れることである。
 そのように、現存写本には「理」も「利」字に書いてしまう傾向があるとして、では、武蔵のオリジナルではどうだったか、それを知りたいものだが、我々の手がかりは、寺尾孫之丞が写し編集した字句を遡れない。
 ただし、オリジナルが「利」と「理」を厳密に書き分けたわけでもなさそうである。というのも、和文の教本という本書の性格からすれば、「利」字が仮名であった可能性がある。我々も後世の筆写者も漢字の「利」だと思っているが、実際には、「利」字は、仮名「り」(利)であったとすれば、「利」が「理」の当て字だという如上の見方も正しいとは言えぬ。「理」のつもりで書かれた仮名「り」(利)かも知れないからである。
 そういうことであれば、「利」字と「理」字、どちらが正しいか、という問題構成はそれじたい誤っているのである。というわけで、オリジナルまで遡行するとなると、この「利」字を漢字に書いて翻刻するのも、正確とは言えない。その字義が「利」であれ「理」であれ、相当部分は、ただ「り」という平かな文字に翻刻すべきかもしれない。
 そういうことをのみこんだ上で、五輪書の「利」字に応接しなければならない。我々の五輪書テクストの「利」字も、そういう条件つきのものだということを承知いただきたいのである。
 以上、「利」字をめぐる話で横道に逸れたが、ここは「兵法」二字、「兵法」という言葉のわけを知るということであった。
 内容からすれば、「兵法」という語の二つの意味、すなわち、軍学・用兵術という意味での兵法、それにもう一つの、剣術としての太刀の道という意味での兵法、この二つの意味の関係を述べたものである。
 ところが、武蔵の世代では、兵法とは、広く戦闘術一般を指す言葉で、とりたてて、こんな二つの意味を分析してみせる傾向にはない。兵法と言えば戦闘術一般のことで、それには一対一の決闘から合戦のような多人数の戦闘まで含む、というのが武蔵の世代である。
 しかし、武蔵がわざわざ、こうしたことを解説してみせなければならないのは、時代の変化である。「兵法」という語の意味が曖昧になってきたからである。 Go Back
○此条諸本参照 →  異本集 











石井家本 「利」









関ヶ原合戦絵巻
 
 (2)我一流の兵法に、一人も万人もおなじ事にして
 一通り武蔵の説くところを見てみよう。まずは、太刀を振り得たる者を、世間では「兵法者」と呼んできた、という事実の提示がある。「太刀を振り得たる者」というのは、太刀をよく振れる者、太刀をつかうのに上達した者の意である。それを「兵法者」と呼ぶのはどういうわけか。
 武蔵がいうように、弓・鉄炮、鑓・長刀は、すべてこれ武家の道具であるから、何れも兵法の道である。どうして、太刀のつかい手にかぎって、それを「兵法者」と呼ぶのか。
 それぞれの兵法の道において、弓なら射手といい、鉄炮なら鉄炮打ち、鑓なら鑓つかい、長刀なら長刀つかいと云う。しかるに、刀剣において、太刀つかい、脇差つかい、とは云わない。兵法者というのである。
 これも、前に、どうして武士は二刀を腰に差しているのか、という話があったが、ここもある種の「考現学的」な話の仕様である。他の武芸では、そうとは言わないのに、こと太刀に限って、「兵法者」というのはなぜか、ということである。
 けれども、太刀によって「兵法」ということは道理である、と武蔵はいう。なぜなら、太刀の徳によって、世を治め身を治めるのであるから、太刀は兵法の起こるところなのであると。
 ここは、現代人にはわかりにくい話の運びである。太刀の徳によって、世を治め身を治める、というあたりである。ところが、それは現代人の素養不足にすぎないことであって、実はこれは、武蔵当時なら、むしろ少年でも知っている古事への言及なのである。つまり、流布していた有名な『史記』の逸話、「漢皇三尺剣」を背景にした話題なのである。
 すなわち、漢王劉邦が死の間際に語ったという、「おれは三尺剣をひっ提げて天下を取った」云々のせりふがある。それが一人歩きして、ことに剣の功徳を称賛するところへ変じ、たとえば、刀剣の神秘的な霊力を讃えるなかに、必ず「漢王三尺剣」の詞が出てくるのである。
 これが当時周知の古事としてあった。五輪書の武蔵は、古事の具体的な引用は避けている。しかし、それと言わなくても子供でも知っている有名な古事なら、このように話題に載せるのである。五輪書の想定読者に合わせた論述なのである。
 もう一つ、「漢皇三尺剣」を背景にして述べる武蔵のスタンスを知るために、同じくこれに言及する他の論者の言説と比較すればよい。たとえば、柳生十兵衛三厳(1607〜50)が「月之抄」で書いていることである。
 それによれば、楚の項羽が、剣を学んだが成就せず、曰く、「剣は一人に敵対できるだけ。学ぶに足らず。おれは万人の敵に対す法を学ぶ」。こうして、剣法ではなく兵法(軍学)を学んだ。これも有名な逸話だが、十兵衛は、「この言、是に似て非有り」と批評する。
 一人の敵に対することを学び得ずして、万人の敵に対することを学べるはずがない。一人と万人、その多寡は異なるとはいえ、敵を亡ぼす道は一つなりと。
 そうして十兵衛が繰り出してくるのは、「君見ずや、漢高祖、三尺の剣を提げて天下を平らげ、炎運四百年の洪墓を開くを。亦快とせずや」という文言である。
 しかし、武蔵は、十兵衛のように唯剣主義ではない。武蔵は、太刀は兵法の起るところだというが、「亦快とせずや」と喜んだりしない。問題は、一人の敵に対することを学び得ずして、万人の敵に対することを学べるはずがない、というところではなく、一人と万人、その多寡は異なるとはいえ、敵を亡ぼす道は一つなりというところである。
 武蔵ならこう云う、――我が流派の兵法においては、一人も万人も同じ事であり、それが、武士の法を残らず兵法という所以であると。ようするに、太刀の徳を得れば、一人で十人に必ず勝つ。一人で十人に勝てば、百人で千人に勝ち、千人で万人に勝つ。
 そういう伸縮自在の「大分一分の兵法」のトポロジカルな論理こそ、武蔵的なものである。漢皇三尺剣など当時の時代の通念を共有して語りながらも、武蔵の兵法論、太刀論は、やはり違っているのである。
 ちなみに言えば、林羅山の「新免玄信像賛」には、こうある。――剣客・新免玄信は、一手ごとに一刀を持ち、称して曰く「二刀一流」。その撃つところ、また捔(刺)すところ、縦横抑揚、屈伸曲直、心に得、手に応じ、撃てば則ち摧く、攻れば則ち敗る。謂うべし、「一剣は二刀に勝たず」と。まことにこれは(異僧のような)妄ではない、(方士のような)幻でもない。ねがわくば、さらに進んで、「万人の敵」を学んでもらいたいものだ。もしこれをおし進めていえば、すなわち淮陰の長剣、漢王は左右の手(両将)を失わず、である。小をもって大に譬えれば、まさにそうではないか、と。
 このとくに後半部分は、武蔵流の言説を知っていなければ書けないことである。武蔵が五輪書を書く以前から、武蔵の兵法論は世に知られていたようである。
 五輪書に言う、一人も万人も同じ事であり、それが、武士の法を残らず兵法という所以である。――これは、太刀の道も合戦の道も同じこと、兵法の道であるということである。
 したがって、こう言う以上は、武蔵は、世間でいうところの、剣術つかいとしての「兵法者」という概念には同意してはいない。兵法を剣術だけに限ってはいけないというのが、武蔵のポジションだからだ。
 ただし、この条文の話は、《我一流の兵法に、一人も万人もおなじ事にして、武士の法を残らず、兵法と云所也》で、尻切れになっている。書きさしの草稿である。
 この内容からすると、前に出た「兵法の道と云事」あたりに紛れ込んでもよさそうだが、寺尾孫之丞は、これを独立した一条として、ここにおいたのである。

 さて、この条文が草稿状態を示すことは申すまでもないが、以上に続く教訓、――道において、儒者・仏者・数寄者(茶匠)・礼法者・乱舞者(舞踏家)の道があるが、これらの事は武士の道ではない。しかし、武士はその道にあらずとはいえ、道を広く知れば、どんなことにでも対応できるのである。どの道であれ、人々の間で、自分のそれぞれの道をよくみがくこと、これが肝要である、云々。――これは、本条前段の兵法=太刀論からすれば、連続しにくい文言内容である。文脈からすれば、前に出た地之巻序文あたりに紛れ込んだほうがよさそうな内容である。
 おそらく、これも草稿断簡である。武蔵の原稿ということで、寺尾孫之丞は、一言半句も捨てるに捨てられず、また、他へ持って行き場がなくて、ここへ編入したことのようである。それを取り入れたものが以後定着し、如上のごとき条文になったものである。
 したがって、我々の史料批判にもとづく結論では、現存写本は武蔵が書いたそのままの、一字一句疑い得ない不可侵の「聖書」ではない。ことにこの地之巻は、草稿状態の書きさしの文章が多くて、寺尾孫之丞は草稿を苦心して編集したようである。この点、五輪書研究者の蒙を啓く必要が――いまだ、なお――ある、と謂わねばならないのである。

――――――――――――











劉 邦

*【史記】
《高祖撃布時、為流矢所中、行道病。病甚、呂后迎良医。医入見、高祖問医。医曰、「病可治」。於是高祖罵之曰、「吾以布衣提三尺剣取天下。此非天命乎。命乃在天、雖扁鵲何益」。遂不使治病、賜金五十斤罷之》(巻八、高祖本紀第八)



*【月之抄】
《楚の項羽、剣を学て成らず、曰く、「剣は一人の敵、学ぶに足らず。我万人の敵を学ぶ」。此言、是に似て非有り。一人の敵を学ぶこと能ずして、豈能く万人の敵を学ばんや。一人万人、多寡、異なるといへども、敵を亡ぼす道は一也。項王死し国亡び、笑を天下に取る者、亦宜なる哉。君見ずや、漢高祖、三尺の剣を提げて天下を平らげ、炎運四百年の洪墓を開くを。亦快とせずや》






個人蔵
林羅山

*【新免玄信像賛】
《旋風打連架打者、異僧之妄語也。袖裏青蛇飛而下者、方士之幻術也。劔客新免玄信、毎一手持一刀、稱曰二刀一流。其所撃、所又捔、縱横抑揚、屈伸曲直、得于心、應于手、撃則摧、攻則敗。可謂、一劔不勝二刀。誠是非妄也、非幻也。庶幾進可以學萬人敵也。若推而上之、則淮陰長劔、不失漢王左右手。以小譬大、豈不然乎》

 ここで、校異について、指摘すべき箇処が若干ある。それを一通り確認しておく。
 まず、最初は、筑前系諸本間の校異である。たとえば、立花系の隨翁本に、
《鉄炮を得たる者、鉄炮打と云》
とある。このようにするのは、越後系の渡辺家本その他でも同前である。ところが、この部分、助詞《ハ》が吉田家本や中山文庫本には脱落している。
 この相異は、筑前系のなかでも、立花系の諸本と、吉田家本・中山文庫本を区別するところである。
 この「ハ」字の有無、いづれが正しいか、それはいうまでもなく、吉田家本・中山文庫本に脱字があるということである。というのも、筑前系/肥後系を横断して共通なのは、この「ハ」字を記す方だからだ。これは単純な誤写であるが、その誤記を吉田家本・中山文庫本が共有しているのである。早川系の特徴とすべき箇処である。
 次の校異は、筑前系諸本は共通して同一だが、肥後系では、諸本間に相異がみられるところである。それが複数あるので、以下にまとめて表示しておく。

*【吉田家本】
《鉄炮を得たる者【】、鉄炮打と云》
*【中山文庫本】
《鉄炮を得たる者【】、鉄炮打と云》
*【立花隨翁本】
《鉄炮を得たる者、鉄炮打と云》
*【渡辺家本】
《鉄炮を得たる者、鉄炮打と云》
*【石井家本】
《鉄炮を得たる者、鉄炮打と云》
*【伊藤家本】
《鉄炮を得たる者、鉄炮打と云》
*【楠家本】
《鉄炮を得たるもの、鉄炮打といひ》
*【細川家本】
《鉄炮を得たるもの、鉄炮うちと云》

*【吉田家本】
《太刀の徳を得てハ、一人して十人に勝事也。一人して十人にかつなれば、百人して千人に勝、千人にして万人に勝。(中略)道におゐて、儒者、佛者、数寄者、しつけ者、亂舞者、これらの事ハ、武士の道にハなし》
*【楠家本】
《太刀の徳を得てハ、一人して十人にかならず勝事也。一人にして十人に勝なれバ、百人して千人にかち、千人にして万人にかつ。(中略)道におゐて、儒者、佛者、数奇者、しつけしや、乱舞者、これらの事ハ武士のミちにはなし》
*【丸岡家本】
《太刀の徳を得ては、一人して十人にニ勝ことなり。一人して十人に勝なれば、百人して千人に勝、千人しては万人に勝。(中略)道において、儒者、佛者、數奇者、しつけ者、乱舞者、此等の事は武士の道に【】はなし》
*【立花隨翁本】
《太刀の徳を得てハ、一人して十人に勝事也。一人して十人に勝なれば、百人して千人に勝、千人して万人に勝。(中略)道におゐて、儒者、佛者、数寄者、しつけ者、乱舞者、これらの事ハ、武士の道にハなし》
*【細川家本】
《太刀の徳を得ては、一人して十人に【】勝事也。一人にして十人に勝なれば、百人して千人にかち、千人にして万人に勝つ。(中略)道におゐて、儒者、佛者、数寄者、しつけ者、亂舞者、此等の事ハ武士の道に【】はなし》
*【狩野文庫本】
《太刀の徳を得てハ、一人して十人ニ勝事也。一人して十人に勝事なれバ、百人して千人ニ勝、千人して万人に勝。(中略)道におゐて、儒者、仏者、数奇者、躾者、乱舞者、是等の事ハ武士の道ニハなし》
 問題箇処を順不同で取り上げて行けば、まず、《太刀の徳を得てハ、一人して十人に勝事也》とあるところ、「必ず」勝つ事というわけだが、肥後系諸本のうち、細川家本のみ、この《必》字を落としている。
 この脱字は、細川家本だけに見られるもので、もとより写本としてのステイタスがかなり落ちるということの証左である。数ある諸写本の中で、細川家本は、従来、ある種特権的な地位を与えられてきたが、既出例もあわせて、こうした事例をみれば、それには何の根拠もないことが知れよう。
 我々がこのような指摘をするのは、細川家本を槍玉に挙げるためではない。その写本としてのステイタスを、客観的に評価すべきだということである。世間の認識を啓蒙するために、同言を繰り返しているのである。
 また同じく、後尾の《これらの事ハ、武士の道にハなし》という文では、やはり細川家本は「て」字を落としている。これは丸岡家本も同じである。楠家本はじめ肥後系異本では、「て」字を落さないから、これは細川家本等の誤記である。この脱字箇処に関するかぎり、細川家本は丸岡家本と同格というわけである。
 さて、校異の本題に入れば、筑前系諸本に《一人して十人に勝なれば、百人して千人に勝》として、《一人して》とあるところ、肥後系諸本の中には、《一人して》とするものがある。この相異はいかがか。
 もちろんこれは小異の部類であって、どちらであっても、文意には大した違いはない。ただ、「一人して」の場合は「ひとり」して、と読むべきだろうし、「一人にして」の方は、「いちにん」にして読むことになろう。
 そのように小異であるから、伝写過程において相互に移行可能である。だが、肥後系の中でも丸岡家本や狩野文庫本のように、《一人して》と記すケースがあるところを見るに、これは、筑前系のみならず、肥後系にもあった語句である。したがって、これは筑前系/肥後系を区分する指標的差異ではない。
 筑前系のばあい、諸本共通して《一人して》とするから、これは筑前系初期にあった語句であるとみなしうる。それゆえ、これが肥後系にも存在することも勘案すれば、《一人して》の「に」字は衍字とすべきである。かくして、《一人して》を正記として、我々のテクストではこれを採っているのである。
 これに関連して、もう一箇所指摘しておけば、筑前系諸本のうち、吉田家本等早川系では、《千人して万人に勝》とするところ、立花=越後系諸本には、《千人して》とあって、「に」字を記さない。つまり、同じ筑前系でも立花系と早川系との間の相異である。
 このケースの是非は、肥後系諸本に横断して照合確認すべきところである。
肥後系諸本には、《千人して》と「に」字を記す例がある。しかし、なかには、丸岡家本のように《千人しては》とするものや、狩野文庫本のように《千人して》とするものもある。
 したがって、この校異箇処については、是非を決するに至らない。つまり、筑前系諸本において相異があり、また肥後系においても「に」字の有無両方の例があるから、どちらが正しいか判定不能である。どちらでもありうるということである。
 しかし、一応どちらかを撰ぶとすれば、如何か。文体上の形式分析からすれば、直前に《百人して千人に勝》とあるのだから、ここは、
   《百人して千人に勝、千人して万人に勝》
という方がよろしい。つまり、ここでは、「一人して」「十人して」「百人して」と連続するのだから、《千人して》の方が妥当である。したがって、《千人して》の「に」は衍字とみなしておく。それゆえ、我々の復元テクストでは、この箇所を《千人して》と記している。
 なお、以上の諸校異について、肥後系の諸本、楠家本・細川家本・丸岡家本の正誤を、前出例と同様に、以下のように整理できるであろう。

校 異 字 句 楠家本 細川家本 丸岡家本
 十人に「必」勝事也
×

 一人「して」十人に勝 ×
×

 千人「して」万人に勝 ×
×
×
 武士の道に「て」はなし
×
×

 この一覧表によって結果は一目瞭然である。相異はまちまちであるが、この校異部分に関するかぎり、楠家本が二勝二敗、丸岡家本も二勝二敗、細川家本は零勝四敗で、ここでも最下位である。
 客観的にみれば、このような史料評価が結果される。だから、細川家本信奉者の鼓吹宣伝することは、あてにはならないのである。
 もちろん、他の箇処では、これと逆の結果がでることも多々ある。しかし、何れにしても、この肥後系写本三本は、五輪書史料として、甲乙つけるべき示差性(differential)をもたない。平たく言えば、どんぐりの背比べなのである。

――――――――――――

 ここで、語釈のことに移れば、まず、《道を廣くしれば、物ごとに出合事也》の「出合」〔いであふ〕である。これは他の箇処にも再三出てくる語である。
 その語意は、相遇というよりも、対応できること、立ち向かって戦うこと、役立つこと、使える、適切なること等々、語義は幅広い。これは英語でいう《meet》の用法にちかく、また《available》というほどの意味である。
 この点、既成現代語訳を見るに、戦前の石田訳は「役立つ」と訳して、まずまず語意を外していないが、「何かの時に役立つものである」では、《物ごとに》を誤訳していることになる。
 戦後になると神子訳は、これを「いかなることにも対処できる」とした。「対処」では意訳にすぎるが、これがとりあえず最上の訳である。
 しかるに、その後出た岩波版では、この《出あふ》に、「通じないことがない」と珍釈している。これは何の根拠もない当て推量である。前後の文脈から意訳を割り出したのだが、その推測が間違っている。《出あふ》には「通じる」という語意はない。
 さらに次世代の現代語訳では、大河内訳は、岩波版注記の「通じないことがない」では、さすがに具合が悪いと思ったか、「役に立つ」を復活させている。しかし、細川家本に《物毎に出あふ事也》とあるのに、それを「役立つものがある」と訳しているところをみると、《物毎に》を「物事に」と曲解しているようであり、明らかな誤訳である。
 次の鎌田訳は、例によって岩波版注記のコピー&ペーストであり、「通じないことはない」と転記しただけである。こちらは単なる誤訳の再生産である。
 続いてもう一つ、既成現代語訳で、看過できない誤訳があるので、指摘しておく。それは本条末尾の一文、細川家本なら、《いづれも人間におゐて、我道/\をよくみがく事、肝要也》とある部分の、「人間」という語に関わるところである。
 これは高校生でも知っていることだろうが、この「人間」は、「じんかん」と読む語で、人々の間、世の中、世間という意味である。それが既成現代語訳では、珍妙なことになっている。つまり、それを現代語の「人間」〔にんげん〕だと錯覚しているのである。
 これは戦前の石田訳にすでに現れている。《いづれも人間におゐて》を「だれでも人間は」と訳してしまった。これは明らかな誤訳である。
 戦後の神子訳になると、「人間として」と訳して躊躇がない。《いづれも》という語さえ、どこかに飛んでしまった。「人間」〔にんげん〕と訳すから、邪魔になってしまったらしい。その後の大河内訳は、見ての通り、神子訳のパクリである。また鎌田訳も同様である。
 こういうあたり、あげつらうも恥かしいところなのだが、ようするに五輪書の既成現代語訳は、まことに情けないほどレベルが低すぎるのである。   Go Back









立花隨翁本 校異箇処



細川家本 校異箇処


丸岡家本 校異箇処


楠家本 校異箇処









*【現代語訳事例】
《道を廣く知つて居れば何かの時に役立つものである》(石田外茂一訳)
《いろいろな道を広く知れば、いかなることにも対処できるのである》(神子侃訳)
《いろいろな道を広く知れば、役に立つものがある》(大河内昭爾訳)
《道を広く知れば、どんなことにも通じないことはないのである》(鎌田茂雄訳)









*【現代語訳事例】
誰れでも人間は自分の道を練磨することが肝要である》(石田外茂一訳)
人間として、それぞれの道を充分にみがくことが大切なことである》(神子侃訳)
人間として、それぞれの道を十分にみがくことが大切である》(大河内昭爾訳)
どれも人間として、それぞれの道をよくみがくことが重要なことである》(鎌田茂雄訳)


 
   9 武器を使い分ける
【原 文】

一 兵法に武具の利を知と云事。
武具の利をわきまゆるに、何れの道具にても、
おりにふれ、時にしたがひ、出合もの也。(1)
脇指は、座のせばき所、
敵のミぎハへよりて、其利多し。
太刀ハ、何れの所にても、大かた出合利有。
長刀ハ、戦場にてハ鑓におとる心あり。
鑓ハ先手也、長刀ハ後手也。
おなじ位のまなびにしてハ、鑓は少強し。
鑓長刀も、事により、
つまりたる所にてハ、其利すくなし。
とり籠りものなどに然るべからず。
只戦場の道具なるべし。
合戦の場にしてハ、肝要の道具也。
されども、座敷にての利を覚へ、
こまやかに思ひ、実の道を忘るゝにおゐてハ、
出合がたかるべし。(2)
弓ハ、合戦の場にて、かけひきにも出合、
鑓わき、其外ものきハ/\にて、
早く取合する物なれば、
野相の合戦などに、とりわき能物也。
城責など、又敵相二十間を越てハ、
不足なるもの也。
當世におゐてハ、弓は申に及ばず、
諸藝花多して、実すくなし。
左様の藝能は、肝要の時、役に立難し。(3)
城郭の内にしてハ、鉄炮にしく事なし。
野相などにても、
合戦のはじまらぬうちにハ、其利多し。
戦はじまりてハ、不足なるべし。
弓の一徳は、はなつ矢、
人の目に見へてよし。
鉄炮の玉ハ、目にみヘざる所不足なり。
此儀、能々吟味あるべき事(也*)。(4)
馬の事、強くこたへて、くせなき事、肝要也。
惣而、武道具につけ、馬も大かたにありき、
刀脇差も大かたにきれ、鑓長刀も大方にとをり、
弓鉄炮もつよくそこねざる様に有べし。
道具以下にも、かたわけてすく事あるべからず。
あまりたる事ハ、たらぬとおなじ事也。
人まねをせずとも、我身にしたがひ、
武道具は、手にあふやうに有べし。
将卒ともに、物にすき、物を嫌ふ事、悪し。
工夫肝要也。(5)
【現代語訳】

一 兵法において武具の利を知るという事
 武具の利点をわきまえると、どんな道具でも、折にふれ、時にしたがい、役立つものである。
 脇差は、狭い場所にいるとき、敵のすぐ側に近寄ったとき利点が多い。太刀はどんな場所でも、だいたい役に立つという利点がある。
 長刀〔なぎなた〕は、戦場では鑓〔やり〕に劣る感じがある。鑓は先手であり、長刀は後手である。同じ程度の腕前では、鑓の方が少し強い。
 鑓・長刀も(長いので)場合により、窮屈な所では利点が少ない。取籠り者〔屋内籠城者〕などの場合にも使えない。ただ戦場だけの武器である。合戦の場では重要な武器である。
 けれども、座敷〔屋内〕での使用法を覚え、細々したことにとらわれて、本当の方法を忘れたりすると、(実戦では)役に立たないことになる。
 弓は、合戦の場でかけ引きにも使えるし、鑓脇〔やりわき〕、そのほか、さまざまな物〔道具武器〕のそばで、手早く手に取って支援するものだから、野相〔のあい・野原での対戦〕の合戦などに特によろしい。(ただし)城攻めなど、または敵との距離が二十間〔三六m〕を越えては、あまり役に立たないものである。
 最近では、弓は申すに及ばず、諸武芸は、花多くして実が少ない。そのような芸能〔武芸〕は、肝要の時には役に立たない。
 城郭の内にあるときは、鉄砲以上のものはない。野相〔野原での対戦〕などでも、合戦の始まらぬ内はその利点が多い。しかし、戦闘が既に始まった後では、あまり役に立たないであろう。
 弓の一つの長所は、放つ矢が人の目に見えて、(それが)よいのである。鉄砲の玉は目に見えないところがよくない。このことは、よくよく吟味してみるべきこと(である)。
 騎馬のことでは、馬は、強く反応して癖のないことが肝要である。総じて戦闘の道具について言えば、馬も程ほどに歩いてくれ、刀や脇差も程ほどに切れ、鑓長刀も程ほどに射通せればよく、弓や鉄砲も強い破壊力などなくてよい。
 道具全般のことだが、(特定の道具を)偏って愛好することがあってはならない。過剰は不足と同じ事である。人真似などせずに、武器は自分の身に応じた使い勝手がよいものであるべきだ。
 武将・士卒ともに、物に好き嫌いがあるのはよくない。(この点は)工夫が肝要である。
 

 【註 解】

 (1)武具の利をわきまゆるに
 ここは、武器それぞれの利点を知ろう、という武器入門篇である。我々現代人にも理解できるほど、分かりやすく具体的に説いているのが、本書の特徴である。
 この書物を著述するにあたって、武蔵の念頭にあった読者は、決して免許皆伝の上級者などではなかったとわかる。本当の宛先は、そうではない。まったくの初心者に対して書いているのである。
 本書は、その内容からすれば、高弟に授けた奥義秘伝書でもなければ、特定の門弟を宛先とするような相伝文書でもない。
 寺尾孫之丞は、死期に臨んだ武蔵から、この書を託されたのは事実としても、これを相伝伝授するということではなかった。それゆえ、寺尾孫之丞を宛先とする現存写本は、寺尾孫之丞を祖とする一派の伝書が流布したものである。オリジナル・テクストは、そういう特定の人物を宛先にするようなものではなかったのは、本書の内容が示すところである。
 ともあれ、五輪書は高度な奥義秘伝書であるどころか、それとは反対に、初心者に読ませる普遍的な兵法教本たることを主旨とするものであり、その普遍性ゆえに、他の兵法書とは異なり現代までも読み継がれているのである。この武蔵の遺書、あるいは墓碑としてのテクストは生きていると言えるのである。
 さて、ここで、武蔵の論点の第一は、戦いの場の状況に応じて、どんな武器でもそれぞれに使い道があるということである。太刀には太刀の利点がある。しかしその他の武器にも、それぞれ利点がある。
 それが武蔵の説くところであり、五輪書は剣術のみを語る兵書ではないことは、ここでも強調しておかなければならない。先に、兵法の道について語ったところでは、
《いにしへより十能七藝とあるうちに、利方と云て、藝にわたるといへ共、利方と云出すより、劔術一通りにかぎるべからず。劔術一ぺんの利までにては、劔術もしりがたし。勿論兵の法には叶べからず》
とあった。つまり、昔から「十能七藝」と武術が多種あるなかで、剣術だけに限定してはならない。剣術だけの利に留まるなら、その剣術も知ることは難しい。勿論、兵法には叶うことはありえない――という教えである。
 剣術中心主義を批判するこのようなスタンスから、ここでは、どんな武器にも利点があるというのである。
 こういうことを明確にしなければならないのは、すでに戦場から遠い時代、武器の本来の意味が失われつつあったからであろう。武器それぞれ本来どんな使用法であったか、それを武蔵は、最後の戦闘者として語り遺すのである。   Go Back
○此条諸本参照 →  異本集 









岐阜市歴史博物館蔵
関ヶ原合戦絵巻 部分






本多忠勝像
愛知県岡崎市 岡崎公園
 
 (2)太刀・脇差、鑓・長刀
 以下、もろもろの道具(武器)について、それも初歩的な説明である。ここでは、脇差と太刀、鑓や長刀についてである。これは格別説明は要しないであろう。
 脇差は、座の狭い所で、敵のすぐ側に近寄ったとき利点が多い。太刀はどんな場所でも、だいたい役に立つ。――ようするに、状況に応じての使い分けである。
 長刀〔なぎなた・薙刀〕についても述べている。ただし、長刀は、戦場では鑓に劣る感がある。鑓は先手であり、長刀は後手である。同じ程度の腕前では、鑓の方が少し強い、という話である。
 武蔵門流では、筑前二天流に、武蔵所用の長刀というものが伝わっていたらしい。大坂陣、島原陣などで、武蔵が用いたものという。丹羽信英(兵法先師伝記)によれば、武蔵所用の長刀は、柴任美矩・立花峯均経由で、六代立花増寿が所持していたという話である。
《此時、先師ノ持レシ長刀、柴任美矩持傳ヘテ立花峯均ヘ譲ラレシヲ、予ガ師立花増壽ヘ譲ラレ、今ニ重器ニセラレケル。予本ヨリ常ニ是ヲミタリ。此長刀、刃長サ二尺五寸、柄大ニシテ、皆赤金作リナリ》(兵法先師伝記)
 ともあれ、武蔵は、戦場では、鑓より長刀を使ったということになる。長刀は、戦場では鑓に劣る感がある、というその武蔵にして、実戦では鑓より長刀を使ったのである。
 武蔵の世代ではまだ長刀を使ったということがわかるが、もとより、長刀には中世的な古典的イメージがある。武蔵は、また、長刀の名人だったかもしれぬ。
 他方、鑓は集団戦の主力である。通常は、鑓が折れてはじめて、抜刀して太刀で戦う。しかし、合戦では、刀より鑓の方が有利だったことは諸史料によって明らかである。武蔵も、言う。
《合戰の場にしては、肝要の道具なり》
 鑓が合戦の前面に出てくるのは、南北朝以後である。鑓は長さが特徴の武器である。二間(3.6m)も三間(5.4m)もあるものがある。鑓は先手、長刀は後手、同じ位の腕では、鑓の方が少し強いというのは、この長さを生かしたところである。
 ただし長尺物だから、屋内など狭い場所では不都合である。そのあたりを、よく考えろ、と武蔵は言うのである。
 鑓はふつう「突く」というイメージがあるが、本来は叩いたり薙いだりするものであった。素槍というのは直線状の穂先をもつが、他に十字槍や鎌槍など多様な形態があった。   Go Back


長柄物 鑓と長刀

鑓の穂先は両刃、長刀は片刃で薙ぎ倒す

宝蔵院流十字鑓






武蔵の長刀





岐阜市歴史博物館蔵
鑓の集団戦
関ヶ原合戦図屏風 部分




岩国歴史美術館蔵
長柄槍の隊列
川中島合戦図屏風 部分

 
 (3)弓は合戦の場にて、かけひきにも出合
 さて、ここでは弓の効用を説いている。武家のことを「弓矢の家」と言ったのは鎌倉期以前からのことである。弓は飛道具、およそ古代からあり、その効果のほどは戦国期には疑われるところだが、実は我々が想像するよりかなり有効な武器であったらしい。
 軍忠状にみえる当時の戦場での負傷を調べた鈴木眞哉によれば、矢疵・射疵が四割で圧倒的に多い。その次が鑓疵・突疵、鉄砲疵・手火矢疵で、それぞれ二割である。それに石疵・礫疵が一割。これだけですでに九割を占める。太刀疵は少ない。集団戦としての合戦の特徴であろう。
 弓矢は、やや遠い間合いでの武器である。弓は、合戦の場で駆け引きにも使えるし、鑓わきや、そのほか、さまざまな武器道具の傍で、手早く攻撃支援できるものだから、野相(のあい・野合)の合戦、つまり野原での対戦などに特によろしい、と武蔵は述べている。鉄砲が使用されるようになっても、まだ弓矢は有効な武器であった。
 ただし、武蔵の云うところでは、弓の武器としての位置づけは、限定的なものである。鑓わきや、そのほかの道具の傍らで攻撃支援するのが、弓の働きである。補助的な武器であって、主力の武器というわけではなさそうである。
 もう一つは、《城責など、又敵相二十間を越ては、不足なるもの也》。城攻めなどでは役に立たないし、また、敵との距離が二十間(三六m)を越えては、役不足だということである。これは、なるほど、我々にもよくわかる話である。
 ところで、武蔵は弓に関連して、《當世におゐては、弓は申に及ばず、諸藝花多して、実すくなし》と批判する。弓術が見世物になり、芸能化していたということであろう。
 有名なものでは京都蓮華王院(三十三間堂)の「通し矢」がある。『本朝武藝小傳』によれば、天正年間に小川甚平・木村伊兵衛・今熊野猪之助らが出て差矢を試みたのが流行の端緒らしい。百射千射さらには徹夜の大矢数など「堂射」(通し矢競技)は、ちょうど武蔵の時代の慶長年間から始まった。以来、毎年晩春初夏、各藩の代表選手が三十三間堂に集まって記録の更新を狙い天下総一を競うようになった。
 『翁草』にもみえる杉山三右衛門は有名な弓術選手であったらしく、『玉露叢』によれば大矢数の「天下一」を何度も取ったらしい。
  寛永十四年閏三月十三日  通矢3475本
  明暦二年閏四月廿一日   通矢5044本

という記録がそれであるが、別の史料では『玉露叢』とは話がちがう。浦上榮・斎藤直芳『弓道及弓道史』によれば大矢数の記録は、
  明暦二年閏四月廿一日 通矢6343本 紀州 吉見臺右衛門
  寛文八年五月三日   通矢7077本 紀州 葛西園右衛門
  寛文九年五月二日   通矢8000本 尾州 星野勘右衛門
  貞享三年四月十六日  通矢8133本 紀州 和佐大八郎

 この和佐大八(十八歳、一説に二十二歳)の記録を破る者はその後出ないらしい。京都でのこうした堂射の隆盛は江戸にも波及するに至り、即ち寛永十九年に弓師備後某が浅草の清水寺の付近に京都のそれを模して三十三間堂を創設したという。こういう弓術行事の流行を背景にして、武蔵の批判を読まなければならない。

岐阜市歴史博物館蔵
鑓わきの弓と鉄砲  賎ヶ岳合戦図屏風(部分)

 ここで、語釈の問題を片付けておくと、《鑓わき其外ものきハ/\にて、早く取合する》――実はこれが難しい。従来現代語訳は多いが、これを正解した語釈・語訳は見あたらない。どこが難所なのか。
 ようするに、まず、《鑓わき其外ものきハ/\にて》は、漢字を交えれば、「鑓脇、そのほか、物際、物際にて」ということである。
 鑓脇〔やりわき〕は成語だが、鑓のわきから弓矢・鉄炮を打ち懸けるケースである。「そのほか、物際」というのは、鑓脇のような成語ではなく、物のきわ、物の脇から弓矢を射かけるさま。このばあい、「きわ」という語のニュアンスがわからないと、状況がイメージできない。今日の関西方言でいう「きわ」である。「ねき」ともいう。
 つまり、鑓の脇のほか、さまざまな道具武器のそばで、というのが《鑓わき其外ものきハ/\にて》の意味である。
 次に、《早く取合する》の「取合する」も、やや難しいようである。このケースでは、これは、組合せとか、寄せ集めとか、あるいは、比較するとか、そういう意味ではない。日本書紀に、
《乃提是十握剣平天下矣》
とあるところ、近世の読みでは、「すなはち、是の十握剣をとりあはせて、あめのした平げたまひき」と訓むところである。このばあい、「提」、ひっさげるというのが、取り合わすということである。手に取るという語義である。
 もう一つ近世の語用で、留意しておきたいのは、
《町人の出世は、下々を取合せ、其家をあまたに仕分るこそ、親方の道なれ》(日本永代蔵)
 この事例では、「取合せ」は、世話する、面倒をみるという意である。とにかく、「取合する」は一筋縄ではいかない語である。簡単に逐語訳はできない。それは承知しておかねばならない。
 我々の語釈では、諸例検討の上、この《早く取合する》を、「手早く手に取って支援する」と意訳しておいた。つまりは、鑓脇、そのほか、さまざまな道具武器のそばで、手早く手に取って攻撃を支援する、というのが、《鑓わき其外ものきハ/\にて、早く取合する》という文意である。
 ここを、既成現代語訳はどうかと見るに、右掲のごとく、どれも不足のある語訳しかない。
 戦前の石田訳は、《取合する》を「射ち合ひする」として適当に意訳している。戦後の神子訳は、「其外ものきハ/\」の意味がわからなかったとみえて、無視した格好である。《取合する》の語意も分らぬようで、ここは単に「射る」と書いている。
 岩波版注記は、これを《鑓隊そのほかの諸隊との連繋動作において、その時々に》と胡乱なことを記しているが、これは内容を理解していない証拠である。これでは「鑓わき」「物きハ/\」という「わき」や「きハ」という語を見ていないも同然である。
 大河内訳は、神子訳をほぼそのまま引き写している。鎌田訳は例によって岩波版注記のパクリであるが、ここはもっとも著しい箇処である。
 五輪書現代語訳では、不明な語があると、それを回避して無視するか、思い込みで意訳しにかかるが、結局、訳が不足ということになる。言い換えれば、訳者として役不足なのである。

――――――――――――




蒙古襲来絵詞 竹崎季長
蒙古襲来絵詞 竹崎季長







蓮華王院(三十三間堂)
京都市東山区



浦上榮・斎藤直芳『弓道及弓道史』
平凡社 昭和10年










立花隨翁本 当該箇処



*【日本書紀】
《上枝掛八尺瓊。中枝掛白銅鏡。下枝掛十握剣。参迎于穴門引嶋而献之。因以奏言。臣敢所以献是物者。天皇如八尺瓊之勾以曲妙御宇。且如白銅鏡以分明看行山川海原。乃提是十握剣平天下矣》(巻八、仲哀天皇八年)










*【現代語訳事例】
《槍やその他の武器を持つた者のわきから手早く射ち合ひするものであるから》(石田外茂一訳)
槍脇その他から手早く射ることができるので》(神子侃訳)
槍わきその他から早く射ることができるので》(大河内昭爾訳)
鑓隊、そのほかの諸隊との連繋動作において、その時々に手早く射ることができるので》(鎌田茂雄訳)

 ところで、この部分の校異について、指摘すべきは、肥後系諸本の内、いくつかに見られる特徴的なある語句の所在である。つまり、妙なところに《其利多し》という語が書き込まれているのである。
*【吉田家本】
《當世におゐてハ、弓ハ申に及ばず、諸藝、花多して、實すくなし。さ様の藝能ハ、肝要のとき、役に立難し。【】城郭の内にしてハ、鉄炮にしく事なし。野相などにても、合戦の始らぬうちにハ、其利多し》
*【楠家本】
《當世におゐてハ、弓ハ申に不及、諸藝、花おゝくして実すくなし。さやうの藝能ハ、肝要の時、役にたちがたし。其利おゝし。城くハくのうちにしてハ、鉄炮にしく事なし。野相などにても、合戦のはじまらぬうちにハ、其利おゝし》
*【丸岡家本】
《當世においては、弓は云に不及、諸藝、華多くして実少し。さやうの藝能は、肝心の時にやくに立がたし。【】城の内にしては、鉄炮にしく事なし。野あひなどにても、合戦のはじまらぬ内には其利多し》
*【立花隨翁本】
《當世におゐてハ、弓ハ申に及バず、諸藝花多して、實すくなし。左様の藝能ハ、(肝)要の時、役に立難し。【】城郭の内にしてハ、鉄炮にしく事なし。野相などにても、合戦の初らぬうちにハ、其利多し》
*【細川家本】
《當世におゐてハ、弓は申に及ず、諸藝、花多くして實すくなし。さやうの藝能は、肝要の時、役に立がたし。其利多し。城郭の内にしてハ、鉄炮にしく事なし。野相などにても、合戦のはじまらぬうちには、其利多し》
*【富永家本】
《當世におゐてハ、弓ハ申ニ不及、諸藝、花多くして実少し。左樣の藝能ハ、肝要の時、役に立がたし。其利少し。城郭の内にしてハ、鉄炮にしく事なし。埜相などにても、合戦を初ぬ内ニハ、其利多し》
 上掲のごとく、肥後系の細川家本・楠家本などに、《其利多し》とある。文脈からすれば、これは唐突な語の出現であり、文意不通である。もちろんこれは明白な誤記である。それは、筑前系諸本にはこの語句がないのをみてもわかる。
 ようするに、その後の文に《野相などにても、合戦のはじまらぬうちには、其利多し》とあって、この《其利多し》が、どういうわけか、ここへ重出したのである。
 肥後系において、この記入錯誤がいつ頃発生したのであろうか。
 丸岡家本は、これを記載しない。とすれば、ある程度後になって発生した誤記だということになるが、必ずしもそうではない。それより早期に派生した系統の円明流系諸本にも、その痕跡があるからである。したがって、丸岡家本は、これを異として削除し訂正したのである。
 それで、興味深いのは、上掲富永家本に、《其利少し》と記すことである。富永家本は早期に派生した系統の子孫である。そこに、《其利少し》とあれば、これが《其利多し》の原型とみなしうる。つまり、肥後系初期写本では、《其利少し》とあったものが、後に《其利多し》と誤記されるようになったと。
 しかし、実際はそうではあるまい。文脈からすれば、《其利少し》とあったものが、後に《其利多し》と誤記される可能性は少ない。むしろ、先に《其利多し》とあったのを、富永家本系統では、これを異として、《多し》の部分を《少し》へ修正したのである。同様の修正事例は、細川家本と同系統の常武堂本に見られるし、そのほか、円明流系統の稼堂文庫本にも見られる。これは糊塗であり、誤謬の上塗りである。
   《其利多し》 楠家本・細川家本・狩野文庫本・多田家本
   《其利少し》 富永家本・常武堂本・稼堂文庫本
   ( 抹 消 ) 丸岡家本・田村家本
 興味深いのは、このうち、丸岡家本・田村家本はこの問題箇処そのものを抹消しているが、これらと同系統の山岡鉄舟本は、まず、《其利多シ》と記し、さらに「多」を「少」と訂正している。このことは、丸岡家本や田村家本の祖本には、やはり《其利多シ》とあって、それを異とした丸岡家本や田村家本は、それを抹消したが、山岡鉄舟本の底本にはそれを「少」と訂正していたのである。
 とすれば、肥後系写本では早期に、この《其利多し》があったものらしい。ただし、それも寺尾孫之丞段階ではこんな錯誤はありえない。それは筑前系諸本が示すところである。したがって、孫之丞段階より後の、門外流出後の誤記発生であろう。その後、この《其利多し》というウィルスをもつ写本が拡散して、現存諸写本のごとき姿になったのである。
 ところで、この《其利多し》のような文意不通の、ナンセンスな誤記が発生するのは、写本が門外に流出して、五輪書相伝から無縁になったためである。これに対し、筑前系諸本のケースでは、幕末の写本であっても、こんなことは生じない。門流内部の相伝文書だからである。
 肥後系において多くの諸本にこの記入錯誤があるのは、写本流出早期にこれが発生したという事実を示している。言い換えれば、現存肥後系写本は、その門外流出後に作成された写本の子孫なのである。
 つまり、寺尾孫之丞相伝の文書に直結する写本は、肥後系諸本には現存しない。すべて門外流出後に派生した海賊版写本の子孫なのである。
 こういえば、――では、楠家本や細川家本はどうなのか、寺尾孫之丞(夢世)が寛文年間に槇嶋甚介や山本源介へ伝授したものの写しではないのか、――こういう異論も立ち上がるだろう。
 しかし、それはあまりにも単純素朴な物の見方である。楠家本や細川家本は、奥書にそういう相伝記事を有するが、別処に示すように、実はまったく相伝文書としての体をなしていない。もし、この二本が孫之丞相伝写本の写しなら、ここまで体裁が崩れはしない。
 ようするに、この二本が依拠した写本は、他の諸本と同じく門外流出本の子孫であって、この二本のそれぞれの祖本は、異なる奥書を記入して体裁を整えた後世の編集物である。そのために、相伝文書の体裁を整えたつもりでも、正規の相伝文書のフォーマットを知らないから、半端な体裁づくりにとどまり、馬脚を現しているのである。
 今日の五輪書研究者は、寺尾孫之丞段階での相伝文書のフォーマットを知らない。だから、楠家本や細川家本に相伝記事があると、それだけで、楠家本や細川家本は寺尾孫之丞の相伝文書の写しだと信じ込んでしまう。あまりにもナイーヴな妄信なのだが、ようするに無知蒙昧と言うべし。
 とはいえ、寺尾孫之丞段階の相伝文書のフォーマルな体裁形式がいかなるものか、――それは、我々の近年の五輪書研究ではじめて判明したことである。今のところ、研究の最前線は我々が推し進めている。我々から見れば、他の五輪書研究には数段階の遅れがある。考究に不足があるのも当然である。
 ともあれ、ここで読者が念頭におくべきは、この《其利多し》という錯入語句を受継いだ楠家本や細川家本は、寺尾孫之丞相伝文書に直結する写本であるどころか、それからかけ離れた後世編集の写本だという事実である。現在もなお、誤った史料評価が横行している以上、これは繰り返し明言しておかねばならない。
 こうしたことは、可能な限り異本を横断することによって、はじめて判明することである。重箱の隅を突付くような消耗な話だが、史料評価においては不可欠なワーク、もっと云えば、必然の労苦である。
 五輪書の初期状態を復元するには、諸本を横断して、綿密に語句を精査する必要がある。その労苦を厭う者は、武蔵の嫌う「かたつき」という偏向偏見に陥るのである。   Go Back

*【狩野文庫本】
《當世におゐては、弓は不及申、諸藝、花多して実すくなし。左様の藝能ハ、肝要の時、役に立がたき事、其利多し。城郭内にして、鉄炮にしくハなし。野合などにても、合戦の始らぬうちニハ、其利多し》
*【多田家本】
《當世にをひてハ、弓は申に不及、諸藝花多して実少し。ケ様の藝能は、肝要の時、役に立がたき事、其理多し。城郭の内にして、鉄炮にしく事なし。野合抔にても、合戦の始らぬ内にてハ、其利多し》
*【常武堂本】
《當世に於てハ、弓ハ申に及バず、諸藝、花多くして實すくなし。さやうの藝能は、肝要のとき、役に立がたし。其利少し。城郭の内にしてハ、鉄炮にしく事なし。野相などにても、合戦のはじまらぬうちには、其利多し》
*【稼堂文庫本】
《當世に於ては、弓ハ申に及ず、諸藝、花多くして実少し。左様の藝能ハ、肝要の時、役にたち難く、其利少し。城郭の内にしてハ、鉄炮にしく事なし。野合抔にても、合戦を始めぬ内には、其利多し》


*【肥後系五輪書系統派生図】
 
○寺尾孫之丞―初期写本…流出…┐
 ┌―――――――――――――┘
 ◎誤記発生
 ├……………………富永家本
 |
 ├…┬…┬………楠家本
 | | |
 | | └…┬………常武堂本
 | |   |
 | |   └…細川家本
 | |
 | └…┬………丸岡家本
 |   |
 |   └…┬………山岡鉄舟本
 |     |
 |     └……田村家本
 |
 └…流出……………円明流系諸本




楠家本 「其利多し」


細川家本 「其利多し」
 
 (4)鉄炮の玉ハ、目にみヘざる所不足なり
 鉄炮の話である。
 ちなみに、合戦史上の通説では、天正三年(1575)の長篠合戦が、日本の戦争技術の革命であったということになっている。武田勝頼の騎馬軍団を、鉄炮三千丁を用意した織田信長勢が討ち破った、つまり騎馬と鑓という伝統的な戦法に対して、鉄炮という新しい戦争テクノロジーが勝利したという話である。
 とくに華々しい伝説は、数万の軍勢を三千丁の鉄炮を三段撃ちにして撃破したという見てきたような話である。これは小瀬甫庵(1564〜1640)の『信長記』(寛永元年 東北大学狩野文庫蔵)にみえる、
《千挺宛放ち懸、一段宛て立替々々打すべし》
という説であるが、何も傍証はない。ところが明治になって陸軍参謀本部『日本戦史』(明治三六年)がこの三千丁の鉄炮三段撃ちをオーソライズしてしまうと、それが定説となってしまったのである。
 実際には、長篠合戦ではじめて大量の鉄炮が登場したのではなく、それ以前に、たとえば、すでに紀州の雑賀党が大量の鉄炮を使用する戦法を用いていた。
 また、鉄炮の導入は個人戦から集団戦に戦いの様相を変えた、という説もまことしやかに語られるが、これも疑問がある。鉄炮以前に、鑓がそうした集団戦の武器だったからだ。
 いずれにしても、鉄炮に過大な意味をもたせ過ぎた俗説である。
 さて、ここでは鉄炮のことが語られている。「あの武蔵」が、鉄炮について言及しているとなると、それだけでも興味深いと思われるであろう。
 みれば、さすがに武蔵、おもしろいことを述べている。すなわち、ひとつは、鉄炮は合戦の始まらぬ内はその利点が多いが、戦闘が始まってしまうと使えない武器だということ。双方激突する以前の遠隔戦の武器、それがおそらく鉄炮の実態だったようである。
 もうひとつおもしろい話がある。つまり、弓の長所の一つは、放つ矢が人の目に見えて、それがよい。ところが鉄炮の玉は目に見えない、それがよくない。つまり、視覚的恐怖を与えないので効果がないと、そう武蔵は云うわけだ。これも当時の鉄炮に対する観念を伝えるものである。
 武蔵の時代、今日の銃器とはちがって破壊力はさしてなく、銃弾は竹製の楯で容易に防げた。だから城攻め仕寄りでも、竹束で銃弾を防ぎながら前進接近する。そして、鉄炮は弾丸を撃ちつくせば、無用の長物である。飛道具の根本的な限界はそこにある。だから、まずは鉄炮を撃ち合って、それから本当の戦闘が始まるのである。
 言い換えれば、長篠合戦をめぐる近代の「常識」に反して、鉄炮は合戦の道具ではない。「合戦以前」の武器、前哨戦の武器なのである。これは近代の通念を覆す、武蔵の歴史的証言である。
 武蔵が五輪書執筆をはじめる五年前、寛永十五年(1638)の春、九州肥前の有馬陣、籠城する切支丹一揆を殲滅した原城制圧戦があった。たかが「百姓づれ」相手のはずが、結局、九州の諸大名を主力とする十三万余の大軍を動員しての合戦になった。一揆勢は大量の鉄炮を用意して籠城し、徹底抗戦した。攻囲側諸大名の攻撃は、前年冬から何度も撃退され、上使・板倉重昌をはじめその戦死者の多くは鉄炮疵だった。
 その戦場に、武蔵は小笠原隊約一万の一翼、中津城主・小笠原信濃守長次の後見として臨んだ。小笠原隊ではその中津勢が本丸一番乗りであった。だから武蔵が五輪書にかく述べるのは、直近の合戦である有馬陣で、鉄炮で多数死傷者があったのを十分承知した上でのことである。たしかに鉄炮を撃ち合っている間は、まだ白兵戦に至らず、戦闘の決着がつかないのである。
 ようするに実戦では鉄炮はあまり重要でなく、合戦ではやはり鑓が主体であった。それが五輪書のこの部分で知れるのである。

――――――――――――



徳川美術館所蔵
鉄炮の一斉射撃
長篠合戦図屏風



細筒 四匁五分玉筒 藤巻二重張
芝辻甚三郎作花押


薩摩筒 四匁玉
薩州住藤原正興作


狭間筒 二匁玉城備銃 鋼藤巻張
阿州住近藤幾衛正明作


大筒 四拾匁玉筒
紀州住国友藤兵衛尉能當
以上、新城市設楽原歴史資料館蔵



大筒 四拾匁玉筒
紀州住国友藤兵衛尉能當
以上、新城市設楽原歴史資料館蔵




*【小笠原忠政書状】
《一筆令啓上候。昨廿七日之八ツ時分、鍋島仕寄出丸より二ノ丸へ火矢をいかけ、二ノ丸三ノ丸焼立、本丸へ乘取、吉利支丹連うちころし申候。我等信濃備ハ、高キ岸ニて候へ共、本丸へ直ニ乘入、のぼり五本信濃者先かけ、首数も多仕候間、可御心安候。両人共一段と無事ニ罷在候間、御氣遣被成間敷候。以來人々可申ためと存知、横目馬場三郎左、榊原飛騨ニ、我等先手之言葉を合申候。両人之可被存候間、其元ニて取沙汰のため申入候。恐惶謹言》(堀市正宛 二月廿八日付)
 ここで、校異について、指摘すべき箇処がある。これも従来の五輪書研究では全く看過されてきたところである。それは、筑前系/肥後系諸本の多くに、
《鉄炮の玉ハ、目にみえざる所、不足なり。此儀、能々吟味あるべき事。馬の事…》
とあるところ、《此儀、能々吟味あるべき事》で終るのが明らかに奇怪である。ところが、このように記している写本が少なくないのである。しかるに、興味深いことに、この部分、別様に記す諸本がある。一つは、《此儀、能々吟味有べし》とするもの、もう一つは、越後系の石井家本のように、
《此儀、能々吟味あるべき事。馬の事…》
として、「也」字を入れるものである。もっとも、これは石井家巻子本のことで、校訂検討本たる同家冊子本三巻兵書には、この「也」字に朱点を打って、衍字たることを認識している。

石井家巻子本 「也」字

石井家冊子本
 となると、この石井家本の認識でも、本来は「也」字はなかったらしい。それは越後系諸本の祖本たる立花隨翁本で確認できる。したがって、石井家本は、《此儀、能々吟味あるべき事》で文が終止するのを奇異に感じて、いったんは「也」字を入れたものらしい。同例では他に、肥後系派生の稼堂文庫本の《此儀、能々吟味有べき事なり》や大瀧家本の《此儀、能々吟味有べき事也》などがある。なるほど、こちらの方が、文意からして正しいのである。
 これに対し、丸岡家本その他諸本のように、《此儀、能々吟味有べし》とするのは、これも《此儀、能々吟味有べき事》の文を異として修正したものである。ただし、こちらは、《此儀、能々吟味有べき事》という語列を保全しないので、改竄と言うべきであろう。
 とはいえ、石井家本その他のように《此儀、能々吟味有べき事也》とするのも、後智惠による修正である。やはり、それまでは、《此儀、能々吟味有べき事》で終る文として伝わっていたのである。
 しかれば、この「也」字の欠落は明白なのだが、それはどこまで遡りうるか。もとより、これは筑前系/肥後系に共通するところなので、寺尾孫之丞段階にまで遡りうる文辞である。つまり、武蔵の草稿には《此儀、能々吟味有べき事也》とあったが、寺尾孫之丞の段階で「也」字の脱落が発生したのである。
 ただし、そうとばかり見るのも、寺尾孫之丞には酷というべきかもしれない。これが武蔵の草稿を忠実に写した結果だと見なせないこともない。その可能性はある。しかし、それはそれとして、やはり武蔵オリジナルを復元するということであるかぎりにおいて、ここは欠落ありとして、「也」字を復元しておくべきであろう。
 したがって、我々のテクストでは、この問題の「也」字を括弧に入れて、復元すべきところを示している。   Go Back


*【吉田家本】
《此儀、能々吟味有べき事【】》
*【中山文庫本】
《此儀、能々吟味有べき事【】》
*【立花隨翁本】
《此儀、能々吟味あるべき事【】》
*【渡辺家本】
《此儀、能々吟味有べき事【】》
*【石井家本】
《此儀、能々吟味あるべき事
*【楠家本】
《此儀、能々吟味あるべき事【】》
*【細川家本】
《此儀、能々吟味有べき事【】》
*【丸岡家本】
《此儀、よく/\吟味有べし
*【富永家本】
《此儀、能々吟味有べき事【】》
*【狩野文庫本】
《此儀、能々吟味有べし
*【多田家本】
《此儀、能々吟味有べし
*【稼堂文庫本】
《此儀、能々吟味有べき事なり
*【大瀧家本】
《此儀、能々吟味有べき事


 
 (5)将卒ともに、物にすき物を嫌ふ事悪し
 馬は、全国諸社の流鏑馬神事などに残るように、古来戦闘の重要な要素であった。ところが、フロイス『日本覚書』に、「我々は馬に乗って戦うが、日本人は戦わねばならぬとき馬から下りる」と、奇異な印象を伝えている。なるほど実際に、武田騎馬軍団と呼ばれる軍隊でさえも、合戦では馬をから下りて戦闘に及んだのである。
 したがって馬は部隊移動の際の機動力の脚であり、日本の場合、騎馬戦は一種の戦争神話である。
 武蔵は、馬の話から、道具自慢の通弊を誡めるところへ話をもっていく。というのも、馬は特に名馬を競って求める風があったからだ。これに対し武蔵は、強く反応して癖のないのが肝要であると言いつつ、馬も大方に、つまり程ほどに歩いてくれたら、それでいい、刀や脇差も程ほどに切れれば、それで十分だ…というように、名馬名刀どころか、よく走る馬とか、よく切れる刀とか、そういう道具武器への偏愛、フェティシズムを批判する。鑓や長刀も、弓や鉄炮にしても同じである。
 実戦では、たとえば、よく切れる刀など使い物にならないという事実がある。鎧冑を着用しての戦いだから、あまり切れないほどの頑丈なものが殺傷力がある。切るというよりも叩きつけるのが実戦での太刀遣いである。
 見た目に美しくよく切れる刀剣は弱い。すぐ折れる。だから、試し斬りなどでよく切れる名刀は、実は実戦的ではない。武蔵が一貫して繰り返し説くのは、戦場では花ではなく実があることが重要だということである。
 だからこの原則に沿って、武蔵は、競い合ってむやみに名匠の逸品を求め、道具自慢をするというミメーシス的状況を否定する。それは虚栄にすぎないからだ。人真似をせずとも、自分に合った適当な代物でよい。道具について、「これは良い。これは悪い」という選り好みじたいが間違っている。戦場のリアルな戦闘においては、武器は実用第一である。そう武蔵は言うのである。
 これが少年たち相手の話なら、――おまえたちも大人になると、あれやこれやと、名品が欲しくなるだろう。しかし、戦場の実戦ではそんなものは役に立たないぞ。武器なんてものは、自分に合った、ほどほどの道具で十分だ。虚栄や趣味では戦えない。大人になっても、それを忘れるな、という具合であろう。
 ようするに武蔵は、剣の物神化へ到る当時の武器フェティシズムを却下する。刀剣をはじめ武器道具は実用から離れ、虚栄や観賞の対象になりつつあったのである。
――――――――――――




 



流鏑馬神事 鶴ヶ岡八幡宮
神奈川県鎌倉市
 さて、この部分は、またまた語釈と現代語訳の問題を論〔あげつら〕わなければならない。やれやれ、という徒労感があるにはあるが、ここで徹底して訂正しておかねば、五輪書読解の転機は到来しないのである。
 まずは、
  《馬の事、強くこたへて、くせなき事、肝要也》
 この「強くこたへて」について言えば、「こたへる」に「耐える」「こらえる」という意味のあるは周知のことである。
 芭蕉七部集のうち、元禄二年(1689)の「曠野」(阿羅野)に、
  《大粒な雨にこたえし芥子の花》(曠野 三)
とあるなどは、それである。しかし、五輪書のここでは、「耐える」ではなく「応える」の意である。よく耐える馬というよりも、強く反応するが、癖のない素直な馬、というほどの意味である。
 次に、
  《弓鉄炮もつよくそこねざる様に有べし》
とあるところ、この《つよくそこねざる》は、「こわれない」ということではない。たしかに「損ねる」に自動詞としての「壊れる」「傷つく」という意味はある。しかし、これでは意味が逆である。《つよくそこねざる様に有べし》とは、(相手を)強く損ねないような、強い破壊力のないものでよい、という意味である。
《惣而、武道具につけ、馬も大かたにありき、刀脇差も大かたにきれ、鑓長刀も大方にとをり、弓鉄炮もつよくそこねざる様に有べし》
 この「大かた」というのは、だいたい、ほどほどに、という意味である。したがって、ここで武蔵が言っているのは、――馬もほどほどに歩いてくれ、刀や脇差もほどほどに切れ、鑓長刀もほどほどに射通せればよく、そして――弓や鉄炮も強い破壊力などなくてよい、ということである。つまり、名馬・名品ではなく、ほどほどの性能であれば、それでよい、――これが実戦における武器道具に関する武蔵の実用主義である。

 とすれば、既成現代語訳はどうかと見るに、右掲のごとく、諸訳それぞれ間違っている。これらが依拠した細川家本当該部分と照合すれば判るが、とくに、ここは粗雑な訳文になっている。
 戦前の石田訳は、《馬の事、強くこたへて》の「こたへて」を「耐久力あり」と訳したのだが、戦後もその誤訳が反復されている。また、《馬も大かたにありき、刀脇差も大かたにきれ、鑓長刀も大方にとをり》というところは、「大かた」を「相當に」と訳して、まずまず、というところ、これは戦後の誤訳に比すれば、誤っていない。ところが、次の弓鉄炮の《そこねざる様に有べし》の語訳が、「狂つて居ないやうにしなければならぬ」と、すばらしく脱線して狂っている。
 戦後になると、最初、神子訳が、馬も《大かたにありき》を「頑丈なのがよい」と、意味不明の誤訳をして、大きく踏み外してしまった。それだけではなく、《刀脇差も大かたにきれ、鑓長刀も大方にとをり》というところを、「大きく切れるものがよく」として、《大かた》を誤訳した。そしてもうひとつ、弓鉄炮の《そこねざる様に有べし》は、「狂つて居ないやうにしなければならぬ」という石田訳の路線で、「正確でなければならぬ」と誤訳を相続したのである。
 その後の岩波版注記は、馬の事は「力が強く耐久力があり」として、耐久性という誤訳を反復するだけではなく、「強く」を「力が強く」と意味を逸脱させた。しかも、弓鉄炮の《そこねざる様に有べし》には、「容易にこわれないのがよろしい」として、誤訳の新機軸を生み出した。弓や鉄炮が強くて壊れないようにとは、そもそも意味不明であり、これでは、前後の文脈を見ていないのである。
 続く大河内訳では、どういうわけか、「総じて、武道具にしろ丈夫なものがよく」という解釈を挟み、原文にない語句を入れている。そしてつづく「馬も大形に歩き、刀、脇差も大形に切れ」は直訳だが、次に「槍、長刀も大きく通り」とするところは、「大かた」という語の意味が分っていないことを露呈している。また、弓鉄炮の「強く、容易にこわれないのがよい」というのは、誤訳した岩波版注記のパクリである。
 さらに、鎌田訳になると、これは全くひどいとしか言いようのないありさまである。前半は神子訳から頂戴したものだが、続いて、「馬も形が大きいものがよい。刀、脇差、槍、長刀も形が大きく切れるものがよく…」とするところは、バカバカしいほどの誤訳脱線ぶりである。
 この部分は、五輪書珍訳例の代表五指に数えうるところである。戦後こんな現代語訳が流布していたと、五輪書翻訳史に記録されるべき誤訳であろう。
 繰り返すまでもないが、ここで武蔵が言っているのは、武器道具は頑丈なのがよいとか、大型なのがよい、ということではなく、「ほどほどの性能があればよい」ということである。これが、武蔵の実用主義なるものの根幹である。それを見失わせるような現代語訳は、撤去廃棄されるべきゴミでしかあるまい。   Go Back




京都国立博物館所蔵
守屋家本騎馬武者像










*【細川家本】
《馬の事、つよくこたへて、くせなき事、肝要也。惣而、武道具につけ、馬も大形にありき、刀脇差も大形にきれ、鑓長刀も大かたにとをり、弓鉄炮もつよくそこねざるやうに有べし》

*【現代語訳事例】
《馬は強く耐久力あり癖のないことが大事である。全體として武器について言へば、馬も相當に歩き、刀脇差も相當に切れ、槍薙刀も相當に突き通り、弓鐵炮も強くまた狂つて居ないやうにしなければならぬ》(石田外茂一訳)
《馬は耐久力が強く、くせのないことが大切である。武器もそうだが、馬は頑丈なのがよい。刀、脇差、槍、長刀も繊細なものより、大きく切れるものがよく、弓、鉄炮も体裁より、丈夫で正確でなければならぬ》(神子侃訳)
《馬は強く耐久力があって、くせのないことが大切である。総じて、武道具にしろ丈夫なものがよく、馬も大形に歩き、刀、脇差も大形に切れ、槍、長刀も大きく通り、弓、鉄炮も強く、容易にこわれないのがよい》(大河内昭爾訳)
《馬は強く耐久力があり、くせのないことが大切である。どんな武器もそうだが、馬も形が大きいものがよい。刀、脇差、槍、長刀も形が大きく切れるものがよく、弓、鉄炮も丈夫でこわれないのがよろしい》(鎌田茂雄訳)



 PageTop    Back   Next