武蔵の五輪書を読む
五輪書研究会版テクスト全文
現代語訳と注解・評釈

Home Page

 解 題   目 次    地 之 巻   水 之 巻   火 之 巻   風之巻巻頭   空 之 巻    異本集 

五輪書 風之巻 2  Back   Next 


 
   4 他流批判・短い太刀
【原 文】

一 他流にミじかき太刀を用る事。
みじかき太刀ばかりにてかたんと
思ところ、實の道にあらず。
昔より太刀、刀と云て、
長きとみじかきと云事を顕し置也。
世の中に、強力なるものは、
大なる太刀をもかろ/\と*振なれば、
むりにみじかきをこのむ所にあらず。
其故ハ、長きを用て、鑓、長刀をも持もの也。
短き太刀をもつて、人の振太刀のすき間を、
きらん、飛入ん、つかまへん、
などゝ思ふ心、かたつきて悪し。
又、すき間をねらふ所、万事後手に見ヘて、
もつるゝと云心有て、嫌事也。
若、みじかきものにて、敵へ入、
くまん、とらんとする事、
大敵の中にて役にたゝざる心也。
ミじかきにて仕ひ得たるものハ、
大勢をもきりはらはん、自由に飛*、くるばん、
と思ふとも、みなうけ太刀と云(もの*)になりて、
とり紛るゝ心有て、
たしかなる道にて(は*)なき事也。(1)
同じくハ、我身は強く直にして、
人を追まはし、人にとびはねさせ、
人のうろめく様にしかけて、
たしかに勝所を専とする道也。
大分の兵法におゐても、其利有。
同じくハ、人数かさをもつて、
かたきを矢塲にしほし、
則時に責つぶす心、兵法の専也。
世の中の人の、物をしならふ事、
平生も、うけつ、かはいつ、
ぬけつ、くゞつゝしならへバ、
心、道にひかされて、人にまはさるゝ心有。
兵法の道、直に正しき所なれバ、
正利*をもつて、人を追廻し、
人をしたがゆる心、肝要也。
能々吟味有べし。(2)
【現代語訳】

一 他流で短い太刀を用いる事
 短い太刀ばかりで勝とうと思うところ、それは真実の道ではない。
 昔から「太刀、刀」*と云って、長いものと短いものということを、明らかにしている。世の中に強力〔ごうりき〕なる者があり、大きな太刀でも軽々と振るので、無理に(太刀の)短いのを好むところではない。それは、(強力の者が)長い太刀を役立たせて、(また)鑓や長刀をも持つからである。
 短い太刀をもって、相手の振る太刀の隙間を(狙って)切ろう、飛び込もう、つかまえよう、などと思う気持は、偏っていてよくない。また、隙間を狙うところ、すべて後手に見えて、もつれるという感じがあって、(我が流派では)嫌うことである。
 もし、短いもので、敵(の懐)に入身をして、組付こう、とらえようとしても、それは、大敵〔多数の敵〕の中では役に立たない企てである。短いものを遣うのに習熟した者は、大勢(の敵)でも切り払おう、自由に飛んで、(くるくる)転がろうと思うだろうが、それはすべて、受太刀というものになって、(敵に振り回され)あわただしい気持になるだけで、たしかな道〔やり方〕ではないのである。
 同じことなら、我が身は強く真っ直ぐにして、人を追廻し、人に飛びはねさせ、人のうろめくように仕懸けて、(そうして)確実に勝つ、そこを専〔せん〕とする方がよいのである。
 大分の兵法〔合戦〕においても、(同じ)その利〔理〕がある。同じことなら、人数かさ〔兵員量〕で圧倒して、敵を猛烈な攻撃にさらし、即時に攻め潰す気持、それが兵法の専〔せん〕である。
 世の中の人が物事を習慣にすることだが、いつも、受けたり、かわしたり、すり抜けたり、下に潜ったりするのが習慣になっていると、心がその道〔やり方〕に引きずられて、人にふり廻されるようになってしまうのである。
 兵法の道とは、真っ直ぐ正しいものである。それゆえ、正利〔まちがいのない戦い方〕をもって人を追い廻し、人を従属させる気持、それが肝要である。よくよく吟味あるべし。
 
  【註 解】

 (1)みじかき太刀ばかりにてかたんと思ところ、実の道にあらず
 長い太刀、強みの太刀、ときて、こんどは短い太刀である。
 昔から、「太刀、刀」といってとあるが、地之巻の「此一流二刀と名付る事」に、《昔は、太刀、刀と云、今は、刀、脇指と云》とあったところである。今は、刀・脇指というとあるから、昔の太刀は今の刀、昔の刀は今の脇指にそれぞれ対応するということらしい。ここは長短の話だから、太刀は長い方、刀は短い方ということになる。ただし、太刀は長三尺以上とか何とか、現代の訳知り顔が説くような、細かい寸法分類を武蔵がしているわけではない。
 さて、ここは短い太刀の流派である。このケースは、前に出た、大太刀、強みの太刀、といった傾向とは逆である。短い太刀、小太刀を教える流派である。
 短い太刀を得意とする戦法では、間合い近く入身をして、相手の振る太刀の隙をとらえて勝つ。長い太刀で間遠に勝とうとするのでもなく、強力〔ごうりき〕、力の強いのに物をいわせて粉砕して勝つのでもない。太刀が短いから、敏捷さと、かなり勇気のいる戦法でもある。
 これに対し武蔵は、そうやって相手の懐に飛び込んで、隙を捉えて勝とうなどと思う気持がよくない、隙を狙おうとするところ、すべてが「後手」になって、もつれるという心があって、よくない、とするのである。
《ねばるハ強し、もつるゝハ弱し》
という、水之巻の教えもあったところである。
 あるいは、相手の懐に飛び込んで隙を捉えて勝つという短い太刀の戦法では、敵の数が多いと役には立たない。敵が多勢でも相手を切り払い、飛んだり転がったりしようとするが、すべて「受太刀」というものになって、敵に振り回され、あわただしい心になるばかり、これでは、確実に勝てる方法ではない、と武蔵は批判するのである。
 これによって見れば、武蔵は、敵の懐へ飛び込んで勝つという短い太刀の戦法の勇気を、必ずしも評価していない。それが危険を冒す無茶な戦法だからダメだというのではなく、むしろ逆に、この戦法が相手の隙を狙うところから、「後手」「受太刀」といった本質的に消極的な、人にふり廻される戦法である点を指摘しているわけである。
 ようするに、短い太刀をもっぱら用いる流派は、後手になって《もつるゝと云心》、受太刀になって《とり紛るゝ心》があって、先をとるものではないからよくない。
 第一、短い太刀にこだわる気持がよくない。世の中に強力〔ごうりき〕なる者があり、彼らは大きな太刀でも軽々と振れるので、長い道具を十分役に立たせるし、また鑓や長刀〔なぎなた〕をも持つ。彼らにとって、長い道具をもつのを否定する理由はない。あながち太刀の短いのを好むべきではない。
 ここは、武蔵自身が強力の者で、五尺木刀のような長尺の道具も用いた、戦場では長刀を使った、という伝承からすれば、短い太刀にこだわる必要がないというのは、道理である。
 すわなち、勇気は大切だが、短い方がよいと拘泥して、無理なことをする必要はないというところである。かくして武蔵の教えは、短い太刀をもってする戦法への偏向を批判するものである。

――――――――――――
○此条諸本参照 →  異本集 





*【此一流二刀と名付る事】
《二刀といひ出す所、武士は、将卒ともに、直に二刀を腰に付る役也。昔は、太刀、刀と云、今は、刀、脇指と云、武士たる者の此両腰を持事、こまかに書顕すに及ばず》(地之巻)




富田勢源





武蔵の長刀
 ここでの校異の箇処のうち、以下の諸箇処が問題であろう。すなわち、筑前系写本に、
《世の中に、強力なるものハ、大なる太刀をもかろ/\と振なれバ》
とあって、《かろ/\と》とするところ、肥後系諸本には、《かろく》とする。つまり、筑前系諸本が、「軽々と」とするのに対し、肥後系では「軽く」とするのである。
 これは、仮名書字の類似が原因である。ようするに、「/\と」とあったのを、仮名「く」(久)と読み違えたものであろう。これは肥後系諸本に共通するところから、肥後で早期に発生した誤記のようである。
 また、楠家本・細川家本に、《其ゆへハ、長きを用て、鑓、長太刀をも持ものなり》とあって《長太刀》とするところ、同じ肥後系でも、他の諸本には《長刀》とする。
 五輪書に頻出する例を見れば、「鑓、長刀」とするのであるから、これも同前とすべきである。また、筑前系諸本は、もちろん「鑓、長刀」とする。これは、楠家本・細川家本の系統のみで発生した特異な誤記である。
 この誤記は、楠家本・細川家本に見られ、丸岡家本をはじめ他の諸本には見えない。ということは、既述のように、楠家本・細川家本が系統的に近接している指標である。また、とくに、丸岡家本の系統にはない誤記だという点からすると、丸岡家本系統の先祖が派生した後の、後発性の誤字発生である。
 とすれば、楠家本・細川家本に至るまでの伝写回数は少なくない、ということである。いいかえれば、写本としての楠家本・細川家本のポジションは後発的なもので、早期写本から相当距離があるという事実が析出されるのである。
 次に挙げるべき校異は、筑前系諸本に、
《きらん、飛入ん、つかまんなどゝ思ふ心、かたつきて悪し》
とあって、《つかまへん》と「へ」字を入れるところ、肥後系諸本には、これを《つかまん》とする。前者は、「捕まえん」ということで、後者は「掴まん」ということである。相異は、「へ」一字の有無である。
 これは文意からすると、どちらとも決しがたいところである。「捕まえん」「掴まん」、どちらでも、ありうる。したがって、ここは筑前系諸本に共通する字句というポイントを押さえておけば、これが初期性をもつかたちだということになる。
 ところが、次の校異は、別種のパターンである。数箇所集中するところであるから、以下にまとめて示す。

*【吉田家本】
《大なる太刀をもかろ/\と振なれバ、むりにミじかきをこのむ所に非ず。其故ハ、長きを用て、鑓、長刀をも持もの也》
*【渡辺家本】
《大なる太刀をもかろ/\と振なれバ、むりにみじかきをこのむ所にあらず。其故は、長きを用て、鎗、長刀をも持もの也》
*【楠家本】
《大きなる太刀をもかろくふるなれバ、むりにみじかきをこのむ所にあらず。其ゆへハ、長きを用て、鑓、長太刀をも持ものなり》
*【細川家本】
《大きなる太刀をもかろく振なれば、むりに短きを好む所にあらず。其故ハ、長きを用て、鑓、長太刀をも持物也》
*【丸岡家本】
《大なる太刀をも軽く振なれば、無理に短キを好む所にあらず。其故ハ、長を用て、鎗、長刀をも持もの也》
*【狩野文庫本】
《大成太刀をも振なれバ、無理ニ短を好所にあらず。其故は、長を用て鑓、長刀をも持者也》


*【吉田家本】
《飛いらん、つかまんなどゝ思こゝろ》
*【渡辺家本】
《飛入ん、つかまん、などゝ思ふ心》
*【楠家本】
《飛いらん、つかま【】んなどゝ思ふ心》
*【細川家本】
《飛いらん、つかま【】んなどゝ思ふ心》

*【吉田家本】
《ミじかきにて仕得たるものハ、大勢をもきりはらはん、自由に飛て、くるはんとおもふとも、ミなうけ太刀と云【】になりて、とり紛るゝ心有て、たしかなる道にて【】なき事也》
*【楠家本】
《みじかきにてし得たるものハ、大勢をもきりはらはん、自由ニとばん、くるばんと思ふ共、ミなうけ太刀といふものになりて、とりまぎるゝ心ありて、たしかなる道にてなき事也》
*【丸岡家本】
《短にて為得たる者は、大勢をも切拂ハん、自由に飛ん狂ハんとおもふとも、皆受太刀と云ものに成て、取紛るゝ心有て、たしかなる道にてなき事也》
*【渡辺家本】
《ミじかきにて仕ひ得たるものハ、大勢をもきりはらハん、自由に、くるバんとおもふとも、ミなうけ太刀と云【】になりて、とり紛るゝ心ありて、たしかなる道にて【】なき事也》
*【細川家本】
《短きにてし得たるものハ、大勢をもきりはらハん、自由に飛ばん、くるバんと思ふとも、皆うけ太刀と云になりて、とりまぎるゝ心有て、慥成道にてなき事也》
*【富永家本】
《ミじかきにてし得たる者は、大勢をも切はらハん、自由にとばん、くるんとおもふとも、皆受太刀と云になつて、取まぎるゝ心有て、たしかなる道にて無事也》
 まず、最初のものから見れば、筑前系諸本のうち、早川系に《自由に飛て、くるばん》とあるところ、越後系では、《自由に飛、くるばん》である。筑前系諸本間に相異のあるところである。
 これに対し、肥後系諸本は、基本的に《自由に飛ん、くるばん》というラインである。したがって、ここでは、筑前系/肥後系を見渡せば、《飛て》と「て」字を付すか、付さぬか、あるいはそうではなく、《飛ん》と「ん」字を付すか、という諸本相異が見られるのである。
 これについて検分すれば、筑前系/肥後系の相異に着目するに、《飛て》/《飛ん》の相異が目に付く。「て」/「ん」の違いだが、これは直接変換の可能性は低い。
 そこで、筑前系諸本間の相異に注目すべきである。すると、どうやら最初は《飛》一字であったらしく、《飛て》と「て」字を付すのは、後になっての補足のようである。他方、肥後系諸本の《飛ん》にしても、これも後になって「ん」字を補足したものである。
 したがって、《飛》一字を原型として、双方向の補足があった。つまり、筑前系のうちでも早川系では「て」字を補足して《飛て》とし、肥後系では「ん」字を補足して《飛ん》としたようである。
 こうした所見から、我々のテクストでは、《飛》一字を原型とみなして、ここを《自由に飛、くるばん》としている。
 なお、《くるばん》は、「転ん」、転がろうという意味だが、肥後系丸岡家本などは、これを《狂ハん》と当て字しているのは、後世の誤りである。同じく富永家本に《くるわん》としているのも「狂わん」の語意と取ったらしく、これも誤読である。また、狩野文庫本に《組ん》とするのは、おそらく「狂わん」を異として改竄したものである。これらはいづれも後期写本における誤読改竄である。
 ところで、次の校異は別種のパターンである。すなわち、筑前系諸本に、
《ミなうけ太刀と云になりて、とり紛るゝ心ありて、たしかなる道にてなき事也》
とあって、《と云に》《にてなき》とするところ、肥後系諸本には、それぞれ、《と云ものに》《にてはなき》とあって、「もの」と挿み、「は」と入れる。
 これについて言えば、越後系を含めた筑前系諸本に共通することから、筑前系初期にあった語句であり、すでにみた前例からすれば、これをとるべきところである。
 しかるに、文章のうえでは、どちらかというと、肥後系の《と云ものに》《にてはなき》の方が妥当のようにみえるであろう。前者は、《みな受太刀と云になりて》ではなく、《みな受太刀と云ものになりて》の方がよかろうし、また後者についても、《たしかなる道にてなき事也》よりは、《たしかなる道にてはなき事也》の方が、文は明晰である。
 したがって、文の上からは肥後系諸本にみえる言句がより適切である。つまり、肥後系諸本の表現では、文章が「改善」されているのである。
 おそらく、これは寺尾孫之丞後期における改善であろう。寺尾は承応あたりの前期には、筑前系諸本のような字句を有する五輪書を伝授したが、後期になって、肥後系諸本が伝えるような、改善された語句表現に改めたということである。
 それゆえ、我々のテクストでは、前期形態に加えて、この後期と想定される語句を( )内に入れて示している。   Go Back




渡辺家本 「自由に飛」
 他校異箇処





楠家本 校異箇処
 
 (2)兵法の道、直に正しき所なれば
 短い太刀を得意とする戦法の、その本質的な消極性を指摘した上は、武蔵の云うところ、戦いにおいて「先」を取るべしという教えである。
《同じくは、我身は強く直にして、人を追まはし、人にとびはねさせ、人のうろめく様にしかけて、たしかに勝所を専とする道也》
 この武蔵の口説は、前に何度か出てきた。ここでも、同じことなら、我が身は強く真っ直ぐにして、相手を追廻し飛びはねさせ、相手のうろめくように仕かけて、確実に勝つという戦法をとれという。
 これは、短い太刀をもってする戦法とは逆のことらしい。武蔵は短い太刀の戦法の「曲」に対し、ここでは「直」なる正攻法を対置させている。「直」なる戦法で、相手を「曲」にさせて勝つのである。
《大分の兵法におゐても、其利有。同じくは、人数かさをもつて、かたきを矢塲にしほし、則時に責つぶす心、兵法の専也》
 大分の兵法、つまり合戦のような多人数の戦いでも同じことだという。兵員の数でまさるのを強みにして、敵〔かたき〕を「矢塲〔やにわ〕にしほし」――つまり、こちらの攻撃にさらして、即時に攻めつぶす、そんな「直」で強い勝ち方である。これが兵法の専〔せん〕、つまり兵法において第一に重要だという。
 そこで、世間一般の人の例を出す。平生の行動や人間関係において、受身になったり、かわしたり、すり抜けたり、潜ったりする。日頃そのようなパッシヴな行動パターンになっていると、心がそのやり方に引きずられて、人にふり廻されてしまうとうになる。つまり、日頃のいつも習慣になっていることが、肝心の実戦のとき、出てしまうぞ。日頃から受身になったり正面から対決しない戦法を身につけていると、戦場では、人に振り回されてしまうぞ、というのである。
 このあたり、武蔵から人生訓を学ぼうとする現代の実用本とは逆である。武蔵は、世間一般の人を譬えにして、実戦現場のことを教える。それに対して、現代の武蔵実用本は、武蔵の戦術戦法から、世俗的な処世術を学ぶ。両者は、はじめから交差することはあるまい。
 それはともあれ、武蔵は云う、――兵法の道とは真っ直ぐ正しいものであるから、正利〔しょうり〕、つまり、正しい真っ当な戦い方によって、人を追い廻し、人を従える心が肝要である。人に「廻される」のではなく、人を「廻す」方に心を仕立てろ、ということである。このあたりは、初心者への教えという五輪書の特徴が出ているところである。
 ここで、もうそろそろ注意してよかろうと思うのは、武蔵の教えの応変なることである。
 長い太刀や強い太刀の戦法を批判するに、「正」に対して「奇」を、「直」に対しては「曲」を、それぞれ対置していたのであるが、この短い太刀の戦法については、「奇」に対する「正」を、あるいは「曲」に対する「直」を、強調している。
 そこで案の定、これをもって、武蔵の教えには一貫性がない、とする評言がある。武蔵は、あちらではああ言い、こちらではそれとは反対のことを述べる。それでは話に一貫性がないではないか、というわけだ。――しかし、これは誤解というより、五輪書の内容をよく読む能のない者の批評である。
 武蔵の教えは、《かたつき》、それしかないという偏向を嫌っているのである。短い太刀では必ず負けると決まっているかよ、というあたりは、ようするに、《むざと長きを嫌ふにはあらず。長きとかたよる心を嫌ふ儀也》という話なのである。武蔵は何ごとでも「居つく」ことを嫌う。《かたつき》は、心の「居つき」である。
 この風之巻において特にその性格が表れているが、武蔵の論理は、それじたいがクリティカルに運動しており、いわば弁証法的である。弁証法とは、一つの同一性(identity)に居つかない運動のことである。
 近年の我々の発掘調査によって明らかになったことだが、越後の武蔵門流の道具には、二刀のほかに、五尺木刀という長尺物もあれば、二尺の枕木刀もある。武蔵門流では、こうした小太刀も教えたのである。したがって、五輪書に小太刀批判があるからといって、武蔵が小太刀の使用を排除したと錯覚してはならない。
 要するに、武蔵流は、特定の道具や戦法に拘泥せず、どのようにしてでも勝つという流儀である。つまり、異なったシーンには異なった対応があってしかるべきだというところである。それを通常、「臨機応変」という。しかし、通俗的な意味での臨機応変ではなく、かような書巻の論説においてこそ、武蔵の教えの弁証法が際立ってくる。
 そうした特徴が出た、まさにそこを、非一貫性(inconsistency)とみなすのは、必ずしも間違いではなく、半分は正しい。なぜかならば、弁証法とは、一貫性(consistency)という、同一性の幻想を破砕するものであるからだ。武蔵流の戦法とは、まさにパフォーマティヴな非一貫性において、一貫性を期待してしまう同一性の錯覚を生産し、同時にそれを粉砕するものであった。
 何であれ、同一性に居つくな、というのが武蔵の教えである。そういう意味で、武蔵流の論理は本質的に弁証法的なものであり、そこを理解しないと、五輪書というこのテクストの基本的なロジック、あるいはその原理も取り逃がされてしまうであろう。

――――――――――――




*【三つの先と云事】
《いつにても我方よりかゝる事にはあらざるものなれども、同じくは、我方よりかゝりて、敵を自由にまはしたき事也》(火之巻)
*【枕を押ると云事】
《兵法勝負の道にかぎつて、人に我身をまはされて、あとにつく事、悪し。いかにもして、敵を自由にまはしたき事也》(同前)




萬野美術館蔵
耳川合戦図屏風










*【他流に大なる太刀をもつ事】
《長き太刀もたずして、みじかき太刀にては、かならずまくべき事か》
《大分の兵法にして、長太刀は大人数也。みじかきは小人数也。小人数と大人数と、合戦はなるまじきものか。小人数にて勝こそ、兵法の徳なれ。むかしも、小人数にて大人数に勝たる例多し》


個人蔵
越後武蔵門流の小太刀
枕木刀 長二尺

 ここで校異の問題を補足しておく。それは一見些細な一字の問題なのだが、我々の読みのスタンスを示すためにも、ここで採り上げておきたい。それは、筑前系諸本に、
《兵法の道、直に正しき所なれバ、正利をもつて人を追廻し》
とあって、「正利」とするところ、肥後系諸本には、「正理」とする。問題はこの「正利」と「正理」の相違である。
 もとより五輪書では、「理」と「利」は互換性があって、「利」とあることろでも、それは当て字であって、意味は「理」と解した方がよいケースがある。また、「正理」〔しょうり〕は、それじたい世間普通の既成語句であるから、ここは武蔵のオリジナルには、おそらく「正理」とあったものと、一応はみなしうる。
 肥後系諸本は、円明流系統も含めて、すべて「正理」であるから、これは肥後系早期にすでにあった語句である。
 しかし、それでも気になるのは、筑前系諸本に共通して、「正利」とあることろである。例外は、早川系後期写本の伊丹家本で、これが「正理」とする他は、越後系後期写本の猿子家本にも、「正利」とするのであってみれば、筑前系は基本的に「正利」と書くものであった。
 この点に留意してみれば、一見異例とみえる「正利」という語を前に座り直す必要があろう。武蔵のオリジナルには、この「正利」とあった可能性が高いからである。
 そこで、これについて見てみれば、「正」〔しょう〕と文字は、まことに何にでも付くもので、たとえば、「正倉院」「正説」「正体」はむろんのこと、能舞台の正面の前方を「正先」〔しょうさき〕という。そこで、造語かもしれないが、武蔵は、世間一般の「正理」という後を避けて、ここに「正利」〔しょうり〕と書いたかもしれない。
 ただしそれも、憶測でしかない。オリジナルの「正利」はこの二文字を書いて、「正の利」と読ませたものとも考えられるからである。当時の語法では、送り仮名は必ずしもあるとは限らない。
 そして、ここは、《兵法の道、直に正しき所なれば、正利をもつて人を追廻し》である。「正理」をもって敵を追い廻すというのも、妙な話である。
 前には、《同じくは、我身は強く直にして、人を追まはし》とあった。ようするに、「正利」の具体的な中身は、この《我身は強く直にして》ということなのである。つまり、「奇」に対する「正」のポジションである。
 そんなわけで、ここは「正利」であったとしてみるのである。それは、ようするに、ここが「正理」だと、措辞として平凡すぎて、つまらないという印象や、「正理」でもって人を追い廻すということの奇怪さ、そこから出たことである。それよりも、ここは「正の利」で、「奇はない「正」の真っ当なやり方、戦い方、勝ち方、という意味合いにみたのである。
 したがって、我々のテクストでは、「理」字ではなく、筑前系諸本の「利」字に、ポジティヴな意味を認め、それを採ったということである。

――――――――――――

 となると、ここで語訳の問題に立ち入る必要があるだろう。上記の「正利」に関するところをいかに訳しているか、既成現代語訳を見るに、おもしろい現象が生じている。
 というのも、戦前の石田訳「正しい道理で」をはじめとして、戦後の神子訳も、「正しい道理をもって」とするところである。つまり、細川家本(岩波版)の《正理》を直訳して、「正しい道理」としたのである。
 「正しい道理」――では、正しい道理があるなら、誤った道理もあるようだな、と半畳を入れても、ここはしかたがない。直訳だから、「理」を現代語の「道理」に置き換えただけ、工夫は何もないのである。
 しかし、それだけではなく、――正しい道理で、正しい道理をもって、敵を追い廻す、――これは一体何のことか、意味不明の文なのである。
 こういう変な現代語訳を放置すべきではないと思っていると、その後現れた大河内訳も鎌田訳も、相変わらず、「正しい道理をもって敵を追いまわし」なのである。事態は一向改善の気配がないのである。
 また、この条文でも既成現代語訳には他に多々不足なるところがあるが、ここでは、もう一つだけ挙げておきたい。それは、既成現代語訳が底本にした細川家本では、《同じくバ、人数かさをもつて、敵を矢場にしほし、即時にせめつぶす心、兵法の専也》という部分である。とくに、《敵を矢場にしほし》とあるところが問題である。
 「矢場」〔やにわ〕というのは、原義は、矢を雨あられと射て攻撃しているその現場、ということである。「しほす」は、「し干す」で、晒すの意である。したがって、《敵を矢場にしほし》は、「敵を猛烈な攻撃にさらし」という意味である。
 ところが、既成現代語訳を見るに、この意味がわからなかったようである。戦前の石田訳は、「即座に敵をやツつけ」と意訳でもって対処しているが、もとより、ハズレである。
 戦後の神子訳になると、これを「にわかに敵をおそい」と訳した。これはどうやら、「矢場〔やにわ〕に」を、現代語「やにわに」そのままに読んだらしい。これは、例の「そのまま」と同じで、訳さないことによって誤訳するというケースである。
 しかも「しほし」の意味を知らないから、「敵をおそい」と適当な措置をして逃げている。しかし、神子訳の「にわかに敵をおそい」というのが、戦後の現代語訳の支配的前例になってしまったのである。
 その後出た岩波版注記では、「矢場に」について「いきなり。すぐさま」と語釈している。これは、神子訳の路線に乗ったものである。
 後続の語訳二例、大河内訳と鎌田訳は、原文を訳したのではなく、神子訳と岩波版注記を翻案したものであり、いい加減なものである。両者は「大軍勢」という語を使っているが、これは岩波版注記にあるのを頂戴したのである。
 ようするに、原文を訳すのではなく、神子訳と岩波版注記をそのまま頂戴するか、翻案するかしただけの安易な作物を、臆面もなく「現代語訳・五輪書」として売っているわけである。これでは事態は、改善どころか、悪化する一方である。   Go Back

*【吉田家本】
《兵法の道、直に正しき所なれバ、正利をもつて人を追廻し》
*【中山文庫本】
《兵法の道、直に正しき所なれバ、正利をもつて人を追廻し》
*【渡辺家本】
《兵法の道、直に正しき所なれバ、正利をもつて人を追廻し》
*【近藤家丙本】
《兵法の道、直に正しき所なれば、正利をもつて人を追廻し》
*【猿子家本】
《兵法の道、直に正しき所なれバ、正利をもつて人を追廻し》
*【楠家本】
《兵法の道、直に糺しき所なれバ、正理をもつて人を おいまはし》
*【細川家本】
《兵法の道、直に糺しき所なれば、正理を以て人をおいまハし》
*【丸岡家本】
《兵法の道、直に正しき所なれば、正理を以、人を追廻し》
*【狩野文庫本】
《兵法の道、直に糺所なれば、正理を以、人を追廻》



猿子家本 「正利」





*【現代語訳事例】
正しい道理で敵を追ひ廻はし自分の意のままにすることが肝心である》(石田外茂一訳)
正しい道理をもって敵を追いまわし、相手を従えていくほどの精神が必要である》(神子侃訳)
正しい道理をもって敵を追いまわし、人を従える精神が肝要である》(大河内昭爾訳)
正しい道理をもって敵を追いまわし、相手を従えていくことが大切である》(鎌田茂雄訳)







*【現代語訳事例】
《どうせするなら大軍勢でもつて即座に敵をやツつけ即時に攻めつぶすことが兵法の大事である》(石田外茂一訳)
《同じことならば大勢の部隊をもってにわかに敵をおそい、即座に壊滅させてしまうことが兵法の真髄である》(神子侃訳)
《同じことならば、大軍勢で、敵を不意に襲い、即座に攻めつぶすことが兵法の最上である》(大河内昭爾訳)
《同じことならば大軍勢でいきなり敵に攻めこみ、即座に攻め滅すことが兵法の肝心である》(鎌田茂雄訳)


 
   5 他流批判・太刀数多き事
【原 文】

一 他流に太刀数多き事。
太刀かず数多にして、人に傳る事、
道をうり物にしたてゝ、太刀数多くしりたると、
初心のものに深くおもはせんためなるべし。
是、兵法に嫌ふこゝろ也。(1)
其故ハ、人をきる事色々有と
思ふ所、まよふ心也。
世の中におゐて、人をきる事、替る道なし。
しるものも、しらざるものも、
女童子迄も、打、たゝき、切と云道ハ、
多くなき所也。若、かはりてハ、
つくぞ、なぐぞ、と云より外ハなし。
先きる所の道なれバ、
かずの多かるべき子細にあらず。
されども、場により、ことに随ひ、
上脇などのつまりたる所などにてハ、
太刀のつかへざるやうに持道なれバ、
五方とて、五つの数ハ有べきもの也。
夫より外に、とりつけて、
手をねぢ、身をひねりて、
飛、ひらき、人をきる事、實の道にあらず。
人をきるに、
ねぢてきられず、ひねりてきられず、
飛てきられず、ひらいてきられず、
かつて役に立ざる事也。
我兵法におゐてハ、身なりも心も直にして、
敵をひずませ、ゆがませて、
敵の心のねぢひねる所を勝事、肝心也。
(能々吟味有べし*)(2)
【現代語訳】

一 他流で太刀数の多い事
 太刀数*を多くして人に伝えること、これは、道を売物に仕立てて、太刀数を多く知っていると、初心の者に深く思い込ませようとするためであろう。これは、兵法において嫌う心である。
 そのゆえは、人を切る方法がいろいろあると思うところ、そこが迷う心であるからだ。
 世の中において、人を切ることには、(特別)変った道〔方法〕はない。(剣術を)知る者も、知らない者も、女や児童までも、打ち、叩き、切る、という方法は、(決して)多くはないのである。もし変りがあるとすれば、それは、「突くぞ」「薙ぐぞ」というより外にはない。(何より)まず敵を切る方法であるから、数が多くあるべきわけがない。
 けれども、場所により事情にしたがって、上や脇などが窮屈なところでは、太刀が差支えないように持つべきであるから、「五方」といって、五つの数はあってよいのである。
 それより外に、数を増やして、手をねじり、身をひねって、飛んだり、(身を)かわし*たり、(さまざまのことをして)人を切ることは、真実の道ではない。
 人を切る(ため)に、(手を)ねじっては切ることができず、(身を)ひねっては切ることができず、飛んでは切ることができず、(身を)かわしては切ることができない。(そんなことは)まったく役に立たないことである。
 我が兵法においては、身搆えも心も真っ直ぐにして、敵を歪ませゆがませて、敵の心のねじひねるところを勝つこと、それが肝心である。
 (よくよく吟味あるべし)
 
  【註 解】

 (1)道をうり物にしたてゝ
 このあたり、武蔵の当時の時代風俗の知れるところである。
 兵法が実戦から乖離するとともに、とくに剣術がファッショナブルになっていったようである。プロなり、エキスパートなりが、自身の存在理由として、さまざまに高度な技術を習得していると人に思わせる、そういう、いつの時代にもある傾向ではある。さながら、スーパーマーケットのように、商品を多品種取り揃えるようになってしまったのである。
 太刀数を多く見せて、それだけ有利な剣法だと錯覚させて、剣術を商売にする者がある。これは前にも言及されてきた時代風俗である。兵法の商品化のなかで、さながら、スーパーマーケットのように、商品を多品種取り揃えるようになってしまったのである。
 しかしながら、武蔵の批判はそうしたファッショナブルな剣術流行に対するものばかりではなさそうである。もっと根本の、太刀数の多い伝統的主流派への批判がある。
 いま、諸流伝書によって、それを確認してみるに、下記一覧表のごとく、香取神道流、新当流、新陰流、一刀流の目録を挙げてみた。長いリストだが一通り見ていただきたい。
○此条諸本参照 →  異本集 







*【兵法の道と云事】
《世の中を見るに、諸藝をうり物に仕立、わが身をうり物の様に思ひ、諸道具に付ても、うり物にこしらゆる心、花實の二つにして、花よりも実のすくなき所也。とりわき此兵法の道に、色をかざり花をさかせて、術をてらし、或ハ一道場、二道場など云て、此道をおしへ、此道を習て利を得んと思事、誰か謂、なまへいほう大きずのもと、誠なるべし》(地之巻)
香取神道流目録 天真正伝新当流
兵法伝脉
新陰流目録
上泉秀綱→柳生宗厳
一刀流兵法割目録
弓、平、払、違
地薙、乱、縛
  三条

間太刀
遠山、滝落
磯波、切留
突留、冤剣
足還
延太刀
扶太刀
無生留
横竪切
横切、蜘手
竜羽
金太刀
飛鳥翔
御幣折
五月雨
村雨、手中
無一剣
不打太刀
冠搆、真剣
妙剣
絶妙剣
独妙剣
金翅鳥
中央剣
懸中待
待中懸
未、不蓮花
開敷蓮花
極意向上
横一文字
竪一文字
英傑句
八箇太刀 八本
七太刀 七本
小太刀 十本口伝
判官十二ヶ条
巴相、柴隠
竜分又柳葉
蜻蛉、虎乱入
獅子奮迅
飛鳥翔
順逆
夢枕、猿飛
残心
〇七条(情)太刀
引、車斜、払
違、薙、乱、縛
○霞太刀
遠山、滝落
磯浪、鴫羽返
切留、突留
上霞
○魔太刀
天牧切
地角切
人挂切戸
〇十箇太刀
○高上七本太刀
英傑、一文字
水月、玉簾
即位縛
五月雨
剣刃上
○長刀五宛
蜻蛉返一
蜘蛛二 羊三
獅子奮迅四
臥曲五
〇長刀七宛
柄返一 行違二
逆手三 臑切四
波帰五
竜尾返六
落甲七
〇長刀懸七本
違引薙
虎勢 摧車
突 顔衝眼突
○長刀高上七本
雲勢一 雲狂二
唯援鼠穴三
八無四 横雲五
出日六、入日七
〇三  学
一刀両段
斬釘截鉄
半開半合
右旋左転
左(右)旋右(左)転
長短一味
〇九  箇
必勝、逆風
十太刀、和卜
捷径、小詰
大詰、八重垣
村  雲
○天狗抄
太刀数搆八ツ
  高林坊
  風眼房
  太郎房
  栄意坊
  智羅天
  火乱房
  修徳房
  金比羅房
添截乱截
無二剣
活人剣

高  上
極  意
神妙剣

八箇必勝

〇二十七ケ条截相

上段三、中断三、下段三

折甲二、刀捧三、打合四

上段三、中断三、下段三
燕   飛
燕飛、猿廻
月影、山陰
浦波、浮舟
獅子奮忍、山霞
 真之五点
一、妙 剣
一、絶妙剣
一、真剣
一、金翅鳥王剣
一、独妙剣
 草之五点
一、妙 剣
一、絶妙剣
一、真 剣
一、金翅鳥王剣
一、独妙剣
  十二点
 新真之五点
一、妙 剣
一、絶妙剣
一、真 剣
一、金翅鳥王剣
一、独妙剣
 *柳枝五寸*
   (*梵字)
 九太刀
一、詰 入
一、添 切
一、身之曲
一、乱 留
一、寄 切
一、真之信剣
一、左 点
一、右 点
一、真之清眼
 目付之事
一、捨目付
一、四兵剣 有口伝
一、八重之目付
 付之事
一、大 先
一、同 中
一、小 本
一、四方之太刀相
 五ケ之極意之事
一、剣之段
一、無相剣
一、矩之積
一、一之位
一、真金翅鳥王剣
 上極意之事
一、払捨刀
一、同二方一段之位
一、同八方三段之位
一、左 足
一、右 足
  四 切
 それぞれ名称にはなかなか面白いものがあって、眺めているだけでも飽きないという人もあろう。これもある種の「浪漫主義」だとすれば、こういう衒学的とも言える名の羅列に、それなりの文化的意味もあろう。
 文学的な呼称も多いが、とくに宗教用語からの引用もある。たとえば、上記のうち、上泉秀綱から柳生宗厳へ伝授されたという新陰流目録にみえる「一刀両段、斬釘截鉄、半開半合、右旋左転」などの名称は、『碧巌録』の公案から採ったものである。そうかといえば、むしろ伝統的に――たとえば、新陰流目録の「天狗抄」にあるごとく、



  ○高林坊
乱甲とは、たがいに上段の位にて、打太刀より切かくるを、遣方同じ位にて合、右の足を出し切かくるを、打太刀ふみこみ打を、遣方左へひらき、右の足をふみこみ、こぶしを切留。口伝。
  ○太郎房
小村雲とは、打太刀より中の清眼にて、あやを取、ふみこみ、こぶしを切所を、遣方より身にて、うらより切とむる。口伝。
  ○金比羅房
陰之霞とは、打太刀より陰のかすみに搆かゝる時、同〔じ〕陰の霞にかまへ、一、二、と合上る時、たゝと打足をのばし、鞠などののべのごとく、くはしてつめ勝。口伝。
橋返とも云、又とうとう切とも申、細道の二人相とて、跡先よりはさまれたる時も、吉と申也。口伝。
といった、異相異形の鳥人たる天狗絵図と能書きがみられる。太刀とこの天狗の鼻のシンボリックな相似性については、改めて言うまでもない。それがたしかにファリック(phallic)な一物であるとしても、逆に太刀がいかにファリックなものであるかを証言する幻想対象なのである。
 またたとえば、新陰流伝書図巻(寛文五年)によって、その「月影」や「山陰」のいかなるものかを見るに、これが何ゆえの「月影」「山陰」なるや、図自体からは不明であるし、「浮舟」に至っては、対戦する両人が座り込んで、しかも一方が剣を前に投げ出しているのである。後世の我々としては、こうした剣術の「文化」に対しては、それなりの応接の仕方があろうと思われる。
月影
月影
山陰
山陰
浮舟
浮舟
 しかし、これまで五輪書を読んできた者たちの眼には、ここに何かまったく異質の、精神の運動をみるであろう。しかしながら、それを言い換えれば、これらが当時剣術の主流であったとするとき、五輪書の武蔵の方こそ、まったくの異端であったことが知れるのである。
 武蔵は、太刀数を多くする流儀に否定的である。太刀数を多くして人に伝えること、これは、道を売物に仕立てて、太刀数を多く知っていると、初心の者に深く思い込ませようとするためであろう、とまで言うのである。それゆえに、武蔵の考えを聞いてみる必要がある。  Go Back



 
 (2)かつて役に立ざる事也
 太刀数多数という流派への武蔵の批判は、いわば正論である。人を切る方法がいろいろあると思うところ、そこが心迷いである、とする。
 人を切ることに、特別変った方法はない。剣術を知る者も知らない者も、女性や児童までも、太刀で「打つ・叩く・切る」という方法は、決して多くはない。もし何か変りがあるとすれば、「突く・薙ぐ」という方法だけである。
 注意して読むまでもなく、人を切るやり方にプロも素人もない、男も女子供もない、というこのあたり、武蔵の言説の特徴がよく出ている。同型の話は、武士の「死ぬ覚悟」という話で、地之巻の序にもあった。
 しかし、人を切るやり方にプロも素人もない、男も女子供もない、と述べるような兵法書が他にあろうか。その点では、空前絶後の兵法書である。これが五輪書の格別ユニークな相貌である。
 されども、――と武蔵は云う――場所により事情にしたがって、特別な方法はある。それは、上や脇などが窮屈なところで、太刀が差支えないように持つ方法だ。そこで武蔵が示すのは、前に水之巻で示した「五方の搆」である。
 しかし、それより外に、とりたてて変った方法はない、と武蔵は言う。変った方法とは、手を捩じり、身をひねって、飛んだり、身をかわしたり、さまざまなアクロバティックな曲芸をして、人を切る方法である。だが、それらは真実の道ではない、と武蔵は言う。
 人を切るのに、そんな変った方法があるわけがない。ねじっては切ることができず、ひねっては切ることができず、飛んでは切ることができず、躰を開いては切ることができず、――およそ、こんなことは、まったく役に立たないことである。武蔵はこうした曲芸に対して、「直」を対置する。
 すなわち、我が兵法においては、身搆えも心も真っ直ぐにして、敵を歪ませ、「曲」にさせて、敵の心のねじひねったところを勝つ、それが肝要である。――という教えである。
 ここでは、我が方は「直」、それに対して敵を歪曲したものにして勝つ、という戦法である。ここに来て、太刀数多数を売り物にする流派の戦法は、まさに「歪曲」として粉砕されるのである。
 興味深いのは、太刀数多数を誇る流派の代表として、ここで念頭におかれているらしい新陰流シンパからは、こうした五輪書の論法がまさに「歪曲」であって、不当な批判だとされるところである。
 こうなると格別興味深いのは、まさしく武蔵流の戦法が、敵を《歪ませ》、曲芸をさせて勝つ、というところまで指南していることである。すなわち、武蔵の戦法批判と戦法そのものとは境界がなくなる。言い換えれば、言葉と行為、エクリチュールとパフォーマンスの境界が消滅するわけで、そこが兵法書という実戦的テクストの極めて特異な存在たる特徴であり、武蔵の五輪書とはまさしくそのような言葉と行為の二つの次元を直に横断する、異例にして異様な書物なのである。

――――――――――――

 ところで、この箇処での校異について云えば、まずは、次の箇処であろう。すなわち、筑前系諸本に、
《人をきるに、ねぢてきられず、ひねりてきられず、飛てきられず、ひらいてきられず》
とあるところ、「切るに」「切られず」ということで、この「切られず」は、受動態ではなく、「切ることはできない」という可能/不可能の意である。
 ところが、この「きられず」を一部「きれず」とする写本が多い。これは、「きられず」の「ら」字の脱落である。しかも肥後系諸本をみるに、この脱字箇処がまったくまちまちである。つまり、この「きれず」は書写段階での偶発的な脱字による写し崩れである。
 筑前系では諸本ほぼ、「きられず」に揃えているが、越後系猿子家本では、一ヶ所「きれず」である。肥後系では、楠家本が一ヶ所、細川家本が二ヶ所、丸岡家本だと三ヶ所になる。そうなると、「きれず」の方が多くなる。
 これを見るに、いかにもこのバラツキには偶発性がある。この点について、とくに「きれず」とする有意の理由もないことから、我々のテクストでは、「きられず」の方で統一している。
 次の校異の問題では、肥後系諸本のなかでも楠家本にのみある相異を挙げておく。すなわち、楠家本には、
《敵をひずませ、ゆませて》
とあって、これは文の意味からすれば大きな差異を示している。ここは、筑前系諸本を参照するまでもなく、「ひずませ、ゆがませて」でなければならない。それに対し楠家本では、「敵をひずませず、弛ませて」となる。これでは文意不通である。
 これは、第一に、「ませ」に「ませす」と、つい誤って「す」字を付したものであろうし、また「ゆがませ」の方は、おそらく「ゆるませ」の「る」字を、仮名「か」(可)と誤認して書写したものであろう。
 ここは、系統的に近縁であるところの細川家本が、「ひずませ、ゆがませて」とするから、この点では、細川家本の方が正しい。しかし、細川家本の方が正しいケースもあれば、他に見るように楠家本の方が正しいこともある。両者の写し崩れは同レベルであり、とくにどちらにアドヴァンテージがあるとも云えない。
 もともと両者は、肥後系早期写本からかなり隔たったところでの作物である。寺尾孫之丞から門人へ宛てた奥書があるからいって、直接の写本なのではない。奥書などは、断簡があればそれを見て付け足すことができるのである。
 次にまた、校異の点で指摘すべき箇処がある。順序が後先になるが、別の諸箇処において、以下の如く筑前系/肥後系の間に相異がある。


*【地之巻序】
《大かた武士の思ふ心をはかるに、武士は、たゞ死といふ道を嗜む事と覚ゆるほどの儀也。死道におゐては、武士ばかりに限らず、出家にても女にても、百姓以下に至迄、義理をしり、恥をおもひ、死する所を思ひきる事は、其差別なきもの也》


墨僊筆 写真學筆

*【五方の搆の事】
《五方の搆は、上段、中段、下段、右の脇に搆る事、左の脇に搆事、是五方也。搆五ツにわかつといへども、皆人を切らむため也。搆五ツより外はなし。何れの搆なりとも、搆と思はず、切事なりと思ふべし》(水之巻)












*【吉田家本】
《人をきるに、ねぢてきられず、ひねりてきられず、飛てきられず、ひらいてきられず》
*【渡辺家本】
《人をきるに、ねぢてきられず、ひねりてきられず、飛てきられず、ひらいてきられず》
*【近藤家丙本】
《人を切るに、ねぢてきられず、ひねりてきられず、飛てきられず、ひらいてきられず》
*【楠家本】
《人をきるに、ねじてきられず、ひねりてきられず、飛てきられず、ひらいてき【】れず》
*【細川家本】
《人をきるに、ねじてきられず、ひねりてきられず、飛てき【】れず、ひらいてき【】れず》
*【丸岡家本】
《人をきるに、ねぢて切【】れず、ひねりてきられず、飛てき【】れず、ひらいて切【】レず》


楠家本「ひずませず、ゆるませて」
*【吉田家本】
《太刀数多くしりたると、初心のものに深くおもわせんためなるべし。、兵法に嫌こゝろ也。其故ハ、人をきる事、色々有と思ところ、まよふ心也。世の中におゐて、人をきる事、替る道なし。しるものも、しらざるものも、女童子も、打、たゝき、切、と云道ハ、多くなき所也。若、かわりてハ、つくぞ、なぐぞ、と云より外ハなし》
*【楠家本】
《太刀かずおゝくしりたりと、初心のものニふかくおもはせんためなるべし。【】兵法にきらふ心也。其故ハ、人をきる事、色々あるとおもふ處、まよう心なり。世の中におゐて、人をきる事、かはる道なし。しるものも、しらざるものも、女童【】も、打、たゝき、きる、といふ道ハ、おゝくなき所也。若、かはりては、つくぞ、なぐぞといふ【】外ハなし》
*【富永家本】
《太刀数多く知りたると、初心の者に深くおもハせん為なるべし。【】兵法にきらふ心なり。其故ハ、人を切る事、いろ/\有と思ふ所、まどふ心也。世の中におひて、人を切る事、替る事なし。知者も、不知者も、女童【】も、打、たゝき、切、と云道ハ、多くなき處なり。若、替りてハ、つくぞ、なぐぞと云【】外ハなし》
*【渡辺家本】
《太刀数おふくしりたると、初心のものに深くおもハせんためなるべし。、兵法に嫌ふ心也。其故ハ、人をきる事色々有と思ふ所、まよふ心也。世の中におひて、人をきる事替る道なし。しるものも、しらざるものも、女童子も、打たゝき切といふ道ハ、多くなき所也。若、かハりてハ、つくぞ、なぐぞ、と云より外ハなし》
*【細川家本】
《太刀数おほくしりたると、初心のものに深ク思ハせん為成べし。【】兵法にきらふ心也。其故は、人をきる事、色々あるとおもふ所、まよふ心也。世の中におゐて、人をきる事、替る道なし。しるものも、しらざるものも、女童子【】も、打、たゝき、きる、と云道は、多くなき所也。若、かハりては、つくぞ、なぐぞと云【】外ハなし》
*【狩野文庫本】
《太刀数多知たると、初心の者ニ深おもハせん為成べし。【】兵法に嫌ふ心也。其故は、人を切事、色々有と思ふ所、まよふ心也。世中におゐても、人を切事、替道なし。智者も、【】、女童【】も、打、たゝき、切、と云道ハ、多なき所也。若、かわりてハ、突か、なぐかといふ【】外はなし》
 すなわち、この部分に関して、筑前系諸本に共通して存在する語句が肥後系にはない。このあたり、肥後系諸本には、脱字が集中して存在するということである。
 それを順に拾っておけば、一つは、筑前系諸本に、《是、兵法に嫌こゝろ也》とするところ、肥後系諸本では、この《是》字を欠く。二つ目は、筑前系諸本に《しるものも、しらざるものも、女童子迄も》とあって、《女童子迄も》とするところ、肥後系諸本では、この《迄》字を脱落する。第三には、筑前系諸本に《つくぞ、なぐぞ、と云より外ハなし》とあって《云より外》とするところ、肥後系諸本では、この《より》を落す。
 肥後系諸本におけるこの脱字箇処は、肥後系早期に発生した脱落である。というのも、早期に派生した系統の子孫たる富永家本や円明流系諸本に至るまで、ほぼ共通している脱字だからである。おそらく、門外流出後比較的早期に、この誤記が発生したのである。
 肥後系現存写本が、共通してこの誤記を有するのであるから、これは諸本の系統派生後の偶発的な異変ではない。それら諸本の元祖となる、ある特定の一本が存在したと推測しうるのである。この元祖一本は、原本の門外流出後さして間もなく生れた海賊版写本であろう。その一本の親本もしくはその元祖一本の作成時に、これらの脱字が出揃ったのである。
 現存諸写本は複数の系統に派生した写本の子孫であるが、遡れば同じ写本に行き着く。この肥後系諸本の元祖一本の存在から知れるのは、現存所写本はいづれも寺尾孫之丞段階の写本に「直接」する「子」や「孫」ではなく、距離がかなりある「末裔」だということである。つまり、系統派生の過程で少なくとも複数回伝写され、その結果生れたのが、現存所写本なのである。
 このことからすれば、楠家本・細川家本・丸岡家本等、肥後系の中でも古いとされる三本についても、そのポジションについては同様である。この三本も、初期写本の「子」や「孫」ではなく、そこから距離がかなりある「末裔」だということである。
 もう一つ校異の問題箇処を挙げるべきものがある。それは上記とは逆のパターンである。つまり、肥後系諸本には記されているのに、筑前系諸本にはそれを欠く、というものである。
 すなわち筑前系諸本には、本条末尾の、《勝事肝心也》の後に、《能々吟味有べし》という語句がないのである。これに対し、肥後系諸本には、共通してこの字句を記載している。
 風之巻各条にあるこの結語の字句が、ここに限って見えない。文章の体裁上は、ここに《能々吟味有べし》があるべきところである。とすれば、これを脱落とみなすのは容易である。
 しかるに、筑前系諸本は、どれも共通して、この字句を記さない。とすれば、筑前系初期にはこの字句は存在しなかったのである。おそらく、寺尾孫之丞が柴任美矩に伝授した五輪書には、この字句はなかった。
 このように結語相当文を欠くのは、ここだけの特異例だということではない。たとえば、地之巻で、「此一流二刀と名付る事」条に、《一をもつて万をしるべし。兵法の道、おこなひ得てハ、ひとつもミヘずと云事なし。能々吟味有るべき也》とあるが、次の「兵法二の字の利を知事」条には、《いづれも人間におゐて、我道々を能みがく事、肝要也》とあって、前条のような《能々吟味有るべき也》という結語はない。
 また、他の事例を挙げれば、水之巻に、
《此書付ばかりにてハ、中々打得がたかるべし。教を受てハ、忽合点のゆく所也》(二のこしの拍子の事)
《此うち、ならひ得てハ、たしかにうちよきもの也。敵の位を見分事、肝要也》(流水の打と云事)
とあって、いづれも前後の他の条々のような結語に相当する文はない。したがって、ここで結語がないからと云って、異例とするわけにはいかない。
 とすれば、肥後系諸本に、なぜこの字句があるのか。――これは、既出例と同じく、一つは、寺尾孫之丞の前期/後期の記載相異という可能性である。寺尾は、柴任に相伝した承応期のような前期と、後の寛文期のような後期と、まったく同じ内容の五輪書を伝授したのではない。前期には書かなかった語句が、後期には書かれることもありえないことではない。
 もう一つは、やはり寺尾後期もこの語句はなかったが、後に門外流出後の写本で、前後の条々との整合性を勘案して、ここに結語の字句を付加したという可能性である。この二つの可能性は、どちらとも言えない。両方ともありうることである。
 しかるに、上述のように、やはり寺尾孫之丞前期の五輪書には、ここに《能々吟味有べし》という結語がなかった。とすれば、では、武蔵草稿のオリジナルではどうだったのか?
 もとより、寺尾孫之丞前期これがなかったとすれば、武蔵草稿には、ここに結語がなかった可能性が高い。上掲例のように、結語のない条々も他にはある。寺尾孫之丞は、《能々吟味有べし》なる結語を欠く武蔵の原稿そのままに、清書して柴任へ伝授したのである。
 ただし、後期の寺尾が、この結語の字句を増補した可能性もなきにしもあらず。したがって、我々のテクストでは、結語の《能々吟味有べし》については、それを( )に入れて示してある。なぜこれが括弧に括ってあるか、それは如上のことがあるからである。   Go Back


渡辺家本 校異箇処



細川家本 校異箇処




吉田家本 本条末尾



渡辺家本 本条末尾

 
   6 他流批判・太刀の搆え
【原 文】

一 他(流*)に太刀の搆を用る事。
太刀の搆を専にする事、ひがごと也。
世の中に搆のあらんハ、
敵のなき時の事なるべし。
其子細ハ、むかしよりの例、
今の世のさた*などゝして、
法例を立る事は、勝負の道にハ有べからず。
其相手の悪敷様にたくむ事也。(1)
物毎に、搆と云事ハ、
ゆるがぬ所を用る心也。
或ハ城を搆、或ハ陳*を搆などハ、
人にしかけられても、
強くうごかぬ心、是常の儀也。
兵法勝負の道におゐてハ、何事も先手/\と心がくる事也。かまゆるといふ心ハ、先手を待心也。能々工夫有べし]*
兵法勝負の道ハ、
人の搆をうごかせ、敵の心になき事を
しかけ、或は敵をうろめかせ、
或ハむかつかせ、又ハおびやかし、
敵のまぎるゝ所の拍子の利をうけて、
勝事なれバ、搆と云後手の心を嫌也。
然故に、我道に有搆無搆と謂て、
搆ハ有て搆ハなきと云所なり。(2)
大分の兵法にも、
敵の人数の多少を覚へ、其戦場の所をうけ、
我人数の位を知り、其徳を得て、
人数をたて、戦をはじむる事、是合戦の専也。
人に先をしかけられたる事と、
我先を*しかくる時ハ、一倍も替る心也。
太刀を能かまへ、
敵の太刀を能うけ、能はると覚るハ、
鑓長刀をもつて、さくにふりたると同じ、
敵を打ときは、又、さく木をぬきて、
鑓長刀につかふ程の心也。
能々吟味有べき也。(3)
【現代語訳】

一 他流で太刀の搆えを用いる事
 太刀の搆えを専〔第一〕にすることは、間違ったことである。
 世の中に搆えがあるのは、敵がいないときのことであるはずだ。そのわけは、昔からの慣例、今の世の沙汰〔法令〕などとして、法例を立てることは、勝負の道にはあってはならない。(勝負の道とは)その相手の具合の悪いように企むことである。
 どんなことでも、搆えということは、ゆるがぬところを用いるということである。あるいは城を搆え、あるいは陳〔陣〕を搆えるなどは、相手に攻撃を仕懸けられても、強く動かぬということ、これが通常の意味である。
兵法勝負の道においては、何事も先手先手と心懸けるのである。搆えるというのは、先手を待つということである。よくよく工夫あるべし
(これに対し)兵法勝負の道は、人の搆えを動揺させ、敵の予期しないことを仕懸け、あるいは敵をうろめかせ、あるいはむかつかせ、またはおびやかし、敵が混乱するところ、その拍子の利〔優位〕を受けて勝つことであるから、搆えるという後手の心を嫌うのである。
 それゆえに、我が(兵法の)道では、「有搆無搆」〔うこうむこう〕といって、搆えはあって搆えはなしと云うのである。
 大分の兵法〔合戦〕でも、敵の人数〔軍勢〕の多い少ないを認識し、その戦場の場所に応じて、我が人数〔軍勢〕の位〔態勢〕を知り、その長所を生かして陣立てをし、戦闘を開始すること、これが合戦の専〔せん〕である。
 相手に先〔せん〕を仕懸けられたのと、こちらが先を仕懸ける時とでは、(その利・不利は)倍も違うのである。
 太刀をよく搆え、敵の太刀をよく受け、よく張ろうと意識するのは、鑓・長刀を防護柵にしている*のと同じことであり、敵を攻撃する時になれば、また柵木を抜いて鑓・長刀に使おうとするようなものである。(この点)よくよく吟味あるべきである。
 
  【註 解】

 (1)太刀の搆を専にする事、ひがごと也
 ここは前節の連続である。太刀数の多いのと、太刀の搆えを重視することとは、一連のことである。
 さて、冒頭から、ずばり、この通り、《太刀の搆を専にする事、ひがごと也》である。太刀の搆えを第一として重視するのは間違ったことだ、というのである。
 ふつう、剣術といえば、太刀の搆えを重視する。したがって、流派のなかにはさまざまな名をつけて呼ぶ搆えがある。それは前条の諸流目録においてみたところである。
 ここでも、他の例として『軍法兵法記劔術之巻』(天正十五年 伝山本勘助著)から、太刀の搆え(位)をひろってみれば、以下の如きものである。
○此条諸本参照 →  異本集 


 






 上の各図の搆えの上中下段につき、電光位、寒夜聞霜位、浮船位、一葉浮水位、山月位、村雲位、閑眼位、晴眼位、偽客位、睡猫位等々の名がある。二刀まで入っているのは、この伝書が新しいことを示唆し、もとより「天正十五年、山本勘助著」は疑わしいところで、後世の偽書である。
 ここで他流と言わず、武蔵に関連する流派の仕儀を見ておくことも必要であろう。たとえば、肥前佐賀の鉄人流や越後村上の時中流は、ともに二刀流であり、鉄人流は青木鉄人を流祖とし、時中流は青木休心を祖とする。
 両人とも武蔵の門人だという説があるのだが、鉄人流や時中流の目録には、武蔵を元祖とする記載が無い。したがって、明確な話ではない伝説を濾過すれば、同じ二刀流でも武蔵とは異系統の流派とみるべきであろう。
 時中流の伝承では、青木休心は「宮本無二」から實手兵法の伝授を受けたということであったらしい(秘伝巻)。宮本姓は武蔵の代になって用いはじめたのだから、新免無二が「宮本」を名のるわけがないので、この伝承それじたいは後世の変形を受けたものである。ただし、武蔵を経由しない新免無二の道統が、武蔵以後も各地で存続していたことは、諸書でそれが知れる。
 この時中流伝書に記載された横山親安の序文によれば、無二は流名を「百戦百勝、無二亦無三實手」と名づけたという。他方、十八世紀には、尾張でも筑前でも、それが「無二流」で通っていた。今日一般に、無二の流名が「当理流」であったと錯覚されているが、むろんそれは後世の末流の名の一つにすぎない。いわば、それは無二の流名が「時中流」だったと錯覚するにひとしい誤認である。
 ところで、鉄人流と時中流の伝書をみれば、伝系が異なるから双方相違があるのも当然だが、反面、興味深いのは、肥前と越後と遠く離れているにもかかわらず、双方内容がほぼ共通している目録もあることである。とすれば、鉄人流や時中流は新免無二の古流の姿を留めている可能性もある。それと比較すれば、無二の十手二刀術を、武蔵がいかに革新したか、その一端が知れようというものである。
 じっさい、鉄人流や時中流の搆えは、五輪書の教えのようにシンプルなものではない。むしろ逆に、あれこれ術名が多く賑わいをみせている。




時中流秘伝巻 天明元年

*【時中流秘伝巻】
夫、實手兵法者、宮本無二法。陰陽、露出両劍之秘術、以過現未三心、觀實一手。名百戦百勝無二亦無三實手云云。顧先生術、奇々然。百世宗師也。因茲、予師青木休心居士、傳受之、爲真如實相。實見諸妙術、本朝無雙。而即兩家分廣、衆多莫大也》
個人蔵
時中流目録 寛政五年
陰縛殺 左鐵 右鐵 當合切
陰鐵 陽鐵 陽縛殺 中道縛殺
飛刀劔 真位 陰位 陽位
光明眞劔 眞亂 實手補 總捲
鉄人流絵目録
 ごらんのように、いわゆる「表」には、當合切、右鐵、左鐵、中道縛殺、陰縛殺、陽縛殺等の名がみられ、また「極意秘術」としては、陽鐵、陰鐵、總捲、飛刀劔、陽位、陰位、眞位、實手捕、光明眞劔等々の名がある。当理流伝書にも一部類似の名がみられるところである。これらを、五輪書に照らせば、それぞれの搆えはむろん、名称からしても歴然として異質であると知れよう。
 それでも、これら伝書の搆えは決して多くはない。もっと多くの搆えの流派があった。これに対し、武蔵流は多くて五つ(五方)、それも、水之巻では、すべて中段へ還元できるとしていた。
《世の中に搆のあらんハ、敵のなき時の事なるべし》
 武蔵はここで、面白いことを述べている。――世の中に搆えのあるのは、敵がいないときのことだ、というのである。
 敵がいないから、搆えというものがある。――しかし、これは、相当シニカルな話である。というのも、敵がいるから搆えがある、敵がいないと搆えなど必要でない、というのが普通の考えである。それゆえ、搆えなどするのは、敵がいないときのことだ、という武蔵の論法には不意を衝かれるのである。
 これは、搆えなどを重視するのは、実戦を知らない連中のすることだ、という含みがあって、シニカルな語り口なのである。
 またこれは、伝統を誇示する流派への揶揄でもある。昔から師資相承、伝えられた奥義を各派後生大事に保守し、また伝えているが、そんなものにろくな値打ちがない、というところである。
《むかしよりの例、今の世のさたなどゝして、法例を立つる事ハ、勝負の道にハ有べからず》
 つまり、昔からの慣例だ、今の世の沙汰〔法令〕などとして、「法例」を立てることは、政治の世界にあっても、勝負(軍事)の道にはあってはならない。――武蔵のこのスタンスは、当時にあっては独特なものである。どんな流派でも、流祖以来昔から伝承されてきたものだとして、それを自流の宝物にしているが、武蔵はそうした「伝統」を否定するのである。
 こうした伝統破壊者としての武蔵のポジションは、むろん、近世的秩序形成以前の婆沙羅〔ばさら〕な精神構造と類縁のものである。武蔵は極めて反時代的な思想家たるスタンスにおいて一貫している者だが、ここでは兵法剣術の伝統を否定する存在として現れている。それは最も保守的なものが最も破壊的であるという見本のようなものである。
《其相手の悪敷様にたくむ事也》
 兵法勝負の道とは、その相手の具合の悪いように企むことである。――そこまで云うのか、という感想もあろうが、そこまで云うのが、武蔵なのである。
 ここで、相手の具合の悪いように企むことが悪だとすれば、それは正義の剣などというものではない。ここに武蔵の「悪」のテーゼは明らかである。これを剣聖武蔵というイデアル・イメージからみれば、まったく正反対の言葉なのである。
 それのみならず、とくにこのあたり、柳生新陰流への批判とも見えるところである。『兵法家伝書』末尾には、有名な殺人〔せつにん〕刀・活人〔かつにん〕剣のテーゼがある。この人を殺す刀が逆に人を生かす剣であるというテーゼは、むろん、殺人刀・活人剣という語の本来の出典――すなわち、『碧巖録』その他禅家語録公案集――の意味とはまったく違う、歪曲された意味へ転化してしまっている。
 すなわち、同書上巻冒頭に、「兵者不祥之器…」という兵法書『三略』の一節――『老子』にも同様の有名な一節(三十一 偃武)があるが、宗矩の依拠したのは『三略』である――を挙げて、弓矢・太刀・長刀など武器は不吉不幸の道具だというが、やむをえず武器を用いて殺すのも天道だというのであるとして、一人の悪によって、万人が苦しむ事がある、しかるに一人の悪を殺して万人を生かす、これなどまさに、人を殺す刀は、人を生かす剣でありうるのではないか――という論法を展開するのである。
 言うまでもないが、「一人の悪を殺して万人を生かす」とは、悪逆な王を誅殺する反逆の大義である。しかし、それまで我が国にそのような大義の戦争など現実に存在しなかった。実際には、「万人を殺して一人の悪を生かす」のが内戦の実態であった。それゆえ、幾千万の屍を踏んで最終的に勝ち残った徳川家康に臣従した柳生宗矩だから、人から見れば、これはまことに独善のきわみ、奇怪な科白なのである。
 また、殺人刀・活人剣について云うに――人を殺す刀が逆に人を生かす剣であるとは、乱世には、理由もなく人が多く死ぬのであり、そんな乱れた世を治めるために殺人刀を用いる、しかしそれがもはや治まった時は、殺人刀即ち活人剣ではないか――というわけである。
 この正義の剣、治者の剣は、すなわち覇権の剣であり、その秩序形成のもたらした創始的暴力(founding violence)の合理化こそ、宗矩の殺人刀・活人剣論である。幾千万の屍を踏んで最終的に勝ち残った一人の「極悪」が、偃武を宣言し聖君に変身したのである。これに対し、《其相手の悪敷様にたくむ事也》という、まさに戦闘の本質を衝いたこの一言において、正義の秩序を樹立する剣という、柳生宗矩の『兵法家伝書』の政治的虚搆は切り崩されているのである。
 まさしく、そうした文脈から、武蔵の「世の中に搆えのあることは、敵がいないときのことだ」というテーゼの外周にあるものを読取るべきであろうと思われるのである。

――――――――――――






吉田家本 当該箇処









柳生宗矩坐像
奈良市柳生 芳徳寺蔵

*【三略】
《聖王之用兵、非樂之也、將以誅暴討亂也。夫以義誅不義、若決江河而漑爵火、臨不測而擠欲墜、其克必矣。所以優游恬淡而不進者、重傷人物也。夫兵者、不祥之器、天道惡之、不得已而用之、是天道也。夫人之在道、若魚之在水、得水而生、失水而死。故君子者常畏懼而不敢失道》(下略)

*【兵法家伝書】
《一人の悪に依りて、万人苦しむ事あり。しかるに、一人の悪をころして万人をいかす、是等誠に、人をころす刀は人をいかすつるぎなるべきにや》(上巻冒頭)
《この巻上下を、殺人刀、活人剣と名付けたる心は、人をころす刀、却而人をいかすつるぎ也とは、夫れ乱れたる世には、故なき者多く死する也。乱れたる世を治めむ爲に、殺人刀を用ゐて、已に治まる時は、殺人刀即ち活人剣ならずや。こゝを以て名付くる所也》(同書末尾)


 この部分の校異では、指摘すべき箇所がいくつかある。まず、我々のテクストにおいて、冒頭見出しの《他(流)に太刀の搆を用る事》とするところ、諸本には、《他に》とあって、「流」字が欠落している例がある。それを、補欠して、「他(流)に」としておいたのである。
 この「流」字の脱落は、筑前系諸本と、肥後系の一部(楠家本・細川家本)に見られる。したがって、筑前系だけではなく、肥後系にも共通する脱字であることから、これは寺尾孫之丞段階ですでにあった脱字であるとみなしうる。
 しかるに、同じ肥後系でも、丸岡家本には、「他流に」とあり、また円明流系統写本にも「他流に」と記す。他方、富永家本では「他流」と記す。これは、「他に」と「他流に」の中間形態ともみえる。
 これらは、後世になって、《他に》という字句に異をみとめ、ここに脱字誤字があろうとして、「流」字を補足したものであろう。それら諸本の補正は、今日の我々の所為と同じスタンスからするものである。
 ともあれ、筑前系/肥後系を横断して所在を確認できるところから、この「流」字の脱落は、寺尾孫之丞段階に帰すべきものである。そして、柴任美矩に渡した前期の写本にも、後期の寛文時相伝の五輪書にも、この脱字があったとすれば、それは偶発的なものではない。
 そうして、これが武蔵の草稿になかったとは断言できない。ただ、もしその場合なら、寺尾孫之丞がこの「流」字を補欠したはずである。したがって、これは武蔵のオリジナルにはなかったもので、寺尾孫之丞が編集する過程で作成した寺尾版において発生した脱字であろう。
 五輪書全体としては、寺尾孫之丞は、きわめて忠実な書写者なのだが、ときどき誤読も誤記もある。その一例がこれである。
 いづれにしても、風之巻の他条を参照すれば、ここは「他流に」とあるべきところであり、その体裁上の統一ということから、我々のテクストでは、一部写本がすでにしたように、「流」字を補足して、「他(流)に」と記しておいたのである。
 さらに、もう一つ指摘しておくべき校異がある。それは、筑前系諸本に、
《太刀の搆を専にする、ひが事也》
とあって、「事」としているが、肥後系諸本にはこれを「所」とするものがある。つまり、「事」と「所」の相異である。
 しかるに、肥後系諸本がすべて「所」と記すかといえば、そうではない。富永家本や円明流系統の多田家本等には、これも「事」とあって、筑前系諸本と同じである。したがって、肥後系早期写本には、「所」ではなく「事」と記すヴァージョンがあったと知れる。
 つまり、肥後系早期には「事」字を記していたが、後になって、これを「所」と改変した写本が発生した。これはたんなる誤写ではない。というのも、続く文に、《世の中に搆のあらん事ハ》とあるところから、《ひが事》もふくめて「事」字が前後三つ重なるのを異として、これを「所」へ書き換えたというところであろう。
 しかるに、《世の中に搆のあらん事ハ》の「事」字は、筑前系諸本には存在しない書字である。それが筑前系諸本に共通して存在しないところから、本来はなかった語であるとみなしうる。したがって、肥後系写本に発生した異変のプロセスは、
   「専にする事、ひがごと也。世の中にかまへのあらんハ」
   →「専にする事、ひがごと也。世の中にかまへのあらんハ」
   →「専にする、ひがごと也。世の中にかまへのあらん事ハ」
という順序で、遷移したものである。現存写本のうち、これを「所」と書くものは、その子孫なのである。
 これに対し、筑前系諸本は共通して、これを「事」と記す。それゆえ、これは筑前系初期から存在した字句である。前の諸例と同じく、このパターンでは、これを古型とみなすべきである。
 以上のことから、「専にする事」の「事」字の初期性をみとめ、我々のテクストでは「事」字を採っている。
 そこで、興味深いのは、富永家本である。これは肥後系写本であるが、筑前系諸本と同じ語列を示している。つまり、《専にする事、ひがごと也。世の中にかまへのあらんハ》と記すのである。
 これもまた、富永家本が古型を保存しているという一例なのである。富永家本は写し崩れの多い後期写本であるが、肥後系の中でも早期に派生した写本とみえて、このような痕跡を示すことがあるわけである。

 このあたりの諸本校異で、もう一つ問題にすべきは、以下の箇処であろう。それはすなわち、筑前系諸本に、
《其子細ハ、むかしよりの例、今の世のさたなどゝして》
とあって、《さた》(沙汰)とするところ、これを肥後系諸本では、共通して、これを《法》と記している。
 このケースでは、《さた》という書字が筑前系諸本に共通するところから、既出例と同じように、これを初期形態とみなしうる。
 これに対し、肥後系も諸本共通して、「法」字を記すのだから、肥後系早期からこの文字があったのである。ただし、「さた」という書字が直接「法」という漢字に変ることはありないし、逆に、「法」という漢字が「さた」という仮名に直接変身することもない。そこで、問題は、「法」という漢字が寺尾孫之丞段階にまで遡りうる文字か、ということである。
 もし寺尾孫之丞の段階で存在したとすれば、その後期に「法」と記したということになる。つまり、このケースは、寺尾孫之丞段階での改変であって、前期の相伝時には「さた」としていたものを、後期には「法」という漢字を記すようになった。つまり、「さた」という仮名に「法」という漢字を当て字したということである。
 ただし、ここは、別のことも考えられる。それは、寺尾孫之丞段階ではなく、それより以後の伝写過程で改変があった可能性である。つまり、「さた」を誤記とみなして、「法」字に変更したという可能性である。
 というのも、ここは、《其子細ハ、むかしよりの例、今の世のさたなどゝして、法例を立る事ハ》とあって、後に「法例」という語がある。前には、《むかしよりの例》とあって、「例」字が出ている。そこで、いわば一種の引き算があって、「法例」−「例」=「法」という具合に、この「さた」を「法」だと推測したものらしい。ということであれば、仮名「さた」二文字が、漢字「法」一字に変身することもある。
 このケースでは、「法」字の発生は、寺尾孫之丞以降ということになる。それが門外流出後の肥後系早期写本で発生し、以後、肥後系写本で再生産されたのである。
 以上のケースについては、我々は後者の所見をとっている。ともあれ、筑前系諸本に共通するということから、《さた》という語句には初期性がある。そこで、この《さた》と《法》の校異に関して、我々のテクストでは《さた》を採っているのである。   Go Back

*【吉田家本】
《他【】に太刀の搆を用事。太刀の搆を専にする、ひが事也。世の中に搆のあらん【】ハ》
*【渡辺家本】
《他【】に太刀の搆を用る事。太刀の搆を専にする、ひがごと也。世の中に搆のあらん【】ハ》
*【近藤家丙本】
《他【】に太刀の搆を用る事。太刀の搆を専にする、ひがごと也。世の中に搆のあらん【】ハ》
*【猿子家本】
《他【】に太刀の搆を用る事。太刀の搆を専にする、ひがごと也。世の中に搆のあらん【】ハ》
*【楠家本】
《他【】に太刀の搆を用る事。太刀のかまへを専にする、ひがごと也。世の中ニかまへのあらんハ》
*【細川家本】
《他【】に太刀の搆を用る事。太刀のかまへを専にする、ひがごとなり。世の中にかまへのあらんハ》
*【丸岡家本】
《他に太刀の搆を用る事。太刀のかまへを専にする、僻事なり。世の中に搆の有んは》
*【富永家本】
《他に太刀の搆を用る事。太刀の搆を専らにする、ひが事なり。世の中に搆のあらん【】ハ》
*【狩野文庫本】
《他に太刀の搆を用る事。太刀の搆を専ニする、ひが事也。世の中に搆【】あらんハ》
*【多田家本】
《他【】に太刀の搆を用事。太刀の搆を専にする、僻事也。世の中に搆【】有らんハ》


多田家本 「事」

熊本県立図書館蔵
富永家本 当該箇処


*【吉田家本】
《其子細ハ、むかしよりの例、今の世のさたなどゝして、法例を立る事ハ》
*【渡辺家本】
《其子細ハ、むかしよりの例、今の世のさたなどゝして、法例を立る事は》
*【近藤家丙本】
《其子細は、むかしよりの例、今の世のさたなどゝして、法例を立る事は》
*【猿子家本】
《其子細ハ、むかしよりの例、今の世のさたなどゝして、法例を立つる事ハ》
*【楠家本】
《其子細ハ、昔よりの例、今の世のなどゝして、法例をたつる事ハ》
*【細川家本】
《其子細は、昔よりの例、今の世のなどゝして、法例をたつる事ハ》
*【富永家本】
《其子細ハ、昔よりの例、今の世のなどゝして、法例を立る事ハ》
*【狩野文庫本】
《其子細ハ、昔よりの例、今の世のなどゝして、【】例を立る事は》

 
 (2)有搆無搆
 搆えるとは何か。――それは、城搆えや陣搆えの例のように、相手に攻撃を仕掛けられても、強く動かぬということだ。これが通常の意味である。
 ――というところで、またまた、沢庵宗彭の「不動神妙智」など連想されるのであるが、そこまで行かなくとも「不動心」といった通俗概念は想起されたのである。それも理由なき連想ではない。当時の読者なら、この部分で、武蔵が何を当てこすっているのか、よく知っていたのである。
 搆えということは、《人にしかけられても、強くうごかぬ心》だと。それに対し、兵法勝負の道は、相手の構えを動かすことなのである。つまり、――人の搆えを動揺させ、敵の予期しないことを仕掛け、あるいは敵をうろめかせ、あるいはむかつかせ、またはおびやかし、敵を混乱させ、その混乱するところの機に乗じて勝つことである。したがって、搆えるという「後手」の心を嫌うのである。こうした論説において、武蔵のポジションは鮮明である。
 すなわち、水之巻のテーゼが反復されて、
《然故に、我道に有搆無搆と謂て、搆ハ有て搆ハなきと云所なり》
と語る。まさしく「有搆無搆」、搆えはあって搆えなしという逆説である。
 すでに述べたように、武蔵の根本的なスタンスは、
   「搆えなど、本当はどうでもいい」
ということにある。搆えとはいっても、その搆えの形式に何の意味もない。何のために搆えがあるか。ただ太刀を――其敵きりよき様に持心也。その敵を切りやすいように太刀をもつ、というだけだ、という教えである。
 この点で言えば、柳生宗矩『兵法家伝書』にも、一見、これにやや似た教えがある。どんなに搆えの数は多くても、要は一つ――彼によれば、手字種利剣〔しゅじしゅりけん〕――に極まるとしている。しかし、この極意の眼目としての手字種利剣は、武蔵の言う「搆えはあって搆えなし」とはまったく違ったものである。
 搆えなど、要するにどうでもいい、というのが、武蔵のスタンスであるのに対し、宗矩の方は究極唯一の極意として秘伝とするのである。百様の搆えの究極である搆えがあるとする。これに対し武蔵は、搆えという考えを捨てろ、と教える。
 言わば、方向はまさに正反対である。つまり、武蔵は宗矩の教理の内容を知っていた以上、《我道に、有搆無搆と謂て、搆は有て搆はなきと云所なり》というテーゼ、これは宗矩あるいは柳生新陰流の理論言説を批判したものと言わねばならない。
 少なくとも、次の点は言えるであろう。すなわち、――武蔵を客分として、三百石の滞在費を出した肥後熊本城主・細川忠利は、それ以前に、柳生新陰流の印可をうけていたし、また柳生十兵衛の『月之抄』にもその証悟を二三収録されたほど、柳生流とは親縁関係にあった。その忠利が晩年、武蔵を客分にしたのは、むしろ物好きと言わねばならぬが、それというのも、忠利は武蔵が柳生宗矩の教理に批判的であることを知っていたはずだからである。

――――――――――――








*【五方の搆の事】
《搆五ツにわかつといへども、皆人を切らむため也。搆五つより外ハなし。何れの搆なりとも、搆と思はず、切事なりと思ふべし》(水之巻)

*【有搆無搆の教の事】
《太刀を搆といふ事、有べき事にあらず。されども、五方に置事あれバ、搆ともなるべし。太刀ハ、敵の縁により、所により、けいきにしたがひ、いづれのかたに置たりとも、其敵きりよき様に持心也》(水之巻)



*【兵法家伝書】
《一 百様の搆あり共、唯一つに勝つ事。右きはまる所は、手字種利剣、是也。百様千様にをしへなし、ならひなして、身がまへ、太刀がまへ、百手につかひなすも、此手字種利剣一つを眼とする也。敵のかまへに百様ありとも、わが身に百様あり共、手字種利剣の目付に極る也。秘伝なる故に、本字を書あらはさずして、音をかりて手字種利剣と書く者也》

 ここでは、かなり大きな校異がみられる。それは、上掲の我々のテクストでも、[ ]で括って示した部分である。この部分は、肥後系諸本にあって、筑前系諸本にはないものである。
 すなわち、肥後系写本には、
《兵法勝負の道におゐてハ、何事も先手/\と心がくる事也。かまゆるといふ心ハ、先手を待心也。能々工夫有べし》
とあるところである。
 この一件について云えば、まず考えられるのは、筑前系写本の早期にこの部分が脱落したということである。このあたりには「兵法勝負の道」という語がある。書写するとき、同じ語句が間をおいて現われる場合、ついその間にあった字句を落としてしまうことがある。このケースもそれがあって、脱落が生じたものであろうという、その可能性である。
 これは、筑前系の立花系統も早川系統も共通している。したがって、柴任美矩→吉田実連という早い段階ですでに脱落したものと想定できないこともない。
 しかるに、また、もう一つ別の見方も可能である。考えられるのは、これまでのいくつかのケースでみたように、寺尾孫之丞の段階でも、前期と後期に相伝写本に相違があることである。そのことからすれば、この一件も、脱落ということではなく、そもそも、寺尾孫之丞が柴任美矩へ伝授した五輪書には、この部分がなかったのである。この部分がなくとも、前後の文脈に不都合はないから、内容の点でも瑕疵はない。
 むしろ云えば、直前に《強くうごかぬ心、是常の儀也》とあって、次には《兵法勝負の道は、人の搆をうごかせ》とあって、文章の構造はこちらの方が明確である。肥後系諸本の場合、《先手を待心也》などとあって、話がいったん脇へ流れ、しかも《能々工夫有べし》という結語に類する語句まであるから、ここで文章の流れはいったん中断してしまう。
 そこで、肥後系写本の流れを汲む多田家本などは、ここで、この条文が終ったとみて、次の《兵法勝負の道、人の搆をうごかせ》以降を、新たな一つ書きを起こし、別条に仕立ててもいる。いずれにしても、内容の面でみれば、この部分は、後の増補の可能性が高い。つまり、寺尾孫之丞が入れた補注であろうと見なすこともできる。
 以上、二つの見方のどちらをとるか。我々の所見は、当面は、後者の方である。この部分は、筑前系において脱落したのではなく、寺尾孫之丞後期の記事である。
 寺尾孫之丞が柴任美矩へ五輪書を相伝した段階で、この部分がなかったとすれば、それが承応期の前期伝授であることから、武蔵のオリジナルにもこれが存在しなかった可能性がある。それに対し、寺尾孫之丞は、柴任以後の相伝時には、この部分を増補した五輪書を発給した。そのヴァージョンを写し伝えたのが、肥後系諸本である。
 かくして、我々のテクストでは、肥後系諸本にあるこの部分を本文に入れず、括弧付きとした。それは、読者の参考に供するためである。
 なお――ある種、蛇足になるが、――テクストの問題では、《陳を搆》とあるところの「陳」という語である。この「陳」は「陣」に同じ、必ずしも誤記ではない。
 この「陳」は、列をなす、並べるという意味である。現代の我々が「陳列」という語を使用する通りである。この「陳」に対して、後に「陣」という字ができて、それが戦陣の専用語彙になったもののようだが、本来は「陳」が正字であり、諸本もこの字を記している。
 それゆえ、我々のテクストでは、この「陳」をそのままにしている。しかるに、岩波版五輪書では、この「陳」を勝手に「陣」へ変更しているが、そうする格別の理由はないのは無論である。これでは底本にした細川家本に対して、校訂態度として誠実さに欠ける。よって、この箇処こおいて「陳」という正字が書かれていることを指摘しておきたい。
 また、この部分には、まだいくつか指摘すべき校異箇処がある。一つは、筑前系諸本に、
《敵のまぎるゝ所の拍子のをうけて勝事なれバ》
とあって、《拍子の利》とあるところ、肥後系諸本のなかには、これを《拍子の理》として、「理」字に作るものがある。もとよりこれは、拍子のことだから、文字は「利」でなければならない。拍子の「理」では文意に合わない。
 文字の「利」と「理」は、当時においては互換性があって、相互に宛て字し合う。ここで肥後系諸本にみられる「理」字は、「利」の宛て字である。
 したがって、肥後系諸本によって語訳するときは、これが「利」の意味だと承知しておかねばならない。そうでないと、「理」という宛て字に引き回されて、誤訳する結果になるのである。
 しかるに、そこで奇妙な現象が生じた。というのも、たとえば、細川家本が、《敵のまぎるゝ所の拍子の理を受て勝事なれば》とするところを、既成現代語訳は、この《拍子の理を受て》を、いかにも訳しかねて珍訳を演じているのである。
 まず、戦前の石田訳が「敵の混乱する拍子に乘じて」として、《拍子の理を受て》を意訳した。つまり「理」という語を処理しかねて、これを無視したのである。
 この無視してしまう路線が戦後に継承され、神子訳は、「拍子が乱れたところにつけこんで」と、さらに「超訳」に及んだ。これで、「理」字を無視する枠組みが出来あがったようだ。爾後の二者は御覧の通り、例によって先行訳の翻案にすぎない。だが、鎌田訳の「拍子が狂ったところに乗じて」に至っては、原文《拍子の理を受て》がどうしてここまで化けるのか、珍妙の極である。それというのも、鎌田訳は、例によって原文を見ずに、神子訳を翻案しているだけだからである。
 このように、《拍子の理を受て》の「理」字を無視する現代語訳の傾向は、この「理」を字義通りに受け取ってしまったから、語訳に難渋したあげく、それを無視することに決め込んだのである。しかし、それもこれも、肥後系写本である細川家本がこれを「理」と書いているからである。筑前系五輪書を知らねば、こういう「片つき、狭き」ことになるのである。   Go Back

*【吉田家本】
《或ハ城を搆、或ハ陳を搆などは、人にしかけられても、剛くうごかぬ心、是、常の儀也。【】兵法勝負の道ハ、人の搆をうごかせ、敵の心になき事をしかけ、或ハ敵をうろめかせ》
*【渡辺家本】
《或は城を搆、或ハ陳を搆などハ、人にしかけられても、強くうごかぬ心、是常の儀也。【】兵法勝負の道は、人の搆をうごかせ、敵の心になき事をしかけ、或ハ敵をうろめかせ》
*【楠家本】
《或ハ城をかまゆる、或ハ陳をかまゆるなどハ、人にしかけられても、つよくうごかぬ心、是、常の儀也。兵法勝負の道におゐてハ、何事も先手/\と心がくる事也。かまゆるといふ心ハ、先手を待心也。能々工夫有べし。兵法勝負の道、人の搆をうごかせ、敵の心になき事をしかけ、或ハ敵をうろめかせ》
*【細川家本】
《或ハ城をかまゆる、或ハ陳をかまゆるなどハ、人にしかけられても、つよくうごかぬ心、是、常の儀也。兵法勝負の道におゐては、何事も先手/\と心懸る事也。かまゆると云心は、先手を待心也。能々工夫有べし。兵法勝負の道、人の搆をうごかせ、敵の心になき事をしかけ、或は敵をうろめかせ》


多田家本 当該箇処


細川家本 「陳」


*【吉田家本】
《敵のまぎるゝ所の拍子のをうけて勝事なれば》
*【渡辺家本】
《敵のまぎるゝ所の拍子のをうけて勝事なれば》
*【近藤家丙本】
《敵のまぎるゝ所の拍子のを請て勝事なれバ》
*【猿子家本】
《敵のまぎるゝ所の拍子のをうけて勝事なれば》
*【楠家本】
《敵のまぎるゝ處の拍子のをうけて勝事なれバ》
*【細川家本】
《敵のまぎるゝ所の拍子のを受て勝事なれば》

*【現代語訳事例】
《敵の混乱する拍子に乘じて勝つことであるから》(石田外茂一訳)
《敵が混乱し拍子が乱れたところにつけこんで勝を得るのであるから》(神子侃訳)
《敵の混乱した拍子につけこんで勝つことであるから》(大河内昭爾訳)
《敵の混乱して拍子が狂ったところに乗じて勝を得るのであるから》(鎌田茂雄訳)

 
 (3)さく木をぬきて、鑓長刀につかふ
 ここは、本来なら順調に読めるところだが、以前から語釈にいろいろ問題がある箇処である。ともあれ、ここは順に読んでみよう。
 話は、まず大分の兵法のことである。敵の軍勢の多い少ないを認識し、その戦場の場所に応じて、我が軍勢の態勢を知り、その長所を生かして陣立てをし、戦闘を開始すること、これが合戦の第一に重要なことである。――これは、かの有名な《彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず》(孫子・謀攻篇)といった類のテーゼの反復にすぎない。ここまでは、ごく一般的な教訓である。
 そして続いて、「先」をとる話になる。
《人に先をしかけられたる事と、我先をしかくる時ハ、一倍も替る心也》
 相手に先を仕懸けられた時と、こちらが先を仕懸ける時とでは、その利・不利は倍も違う、というのである。前にも、
《兵法勝負の道ハ、人の搆をうごかせ、敵の心になき事をしかけ、(中略)敵のまぎるゝ所の拍子の利をうけて、勝事なれば、搆と云後手の心を嫌ふ也》
とあったところである。武蔵の先攻論は、搆えを重んじる流派の後手の心、「待」〔たい〕のポジション、その本質的な待機主義に対する批判である。
 そこで、武蔵は言う。――
《太刀を能かまへ、敵の太刀をよくうけ、よくはると覚るハ、鑓長刀をもつて、さくにふりたると同じ、敵を打ときハ、又、さく木をぬきて、鑓長刀につかふ程の心也》
 すなわち、太刀をよく搆え、敵の太刀をよく受け、よく張ろうと意識するのは、鑓・長刀をもって、柵にふった〔防護柵に使った〕のと同じ、敵を攻撃する時になって、また柵木を抜いて鑓・長刀に使おうとするようなものである、と。
 ここで、語釈が問題である。この《鑓長刀をもつて、さくにふりたると同じ》とある箇処の「ふる」は、柵・塀・垣などを設置する場合の「ふる」であろう。武蔵同時代のものでは、《二重ばかり堀をほり、柵をふり》(烏丸光広書状)、《前にさくをふり居申候》(志方半兵衛言上覚)などがその用例である。ともに寛永十四〜五年有馬陳(島原の乱)に言及した当時の文書である。
 また、「ふる」には、置き換える、ふり換えるの意味がある。《近江は丹波にも、行春は行歳にも、ふるべしといへり》(去来抄)がその語例である。あるいは、《人々の奏するを、前左衛門佐基俊君のもとへふるとて》(顕輔集)のように、割当てる、割付ける、配当するの語義もある。これらの意味も含めて、「ふる」という語のニュアンスを受けとるべきである。
 以上のことから、《鑓長刀をもつて、さくにふる》とは、鑓・長刀を柵(防護柵)にする、という意味である。実際、鑓を柵のように陣の周囲に立て廻らすということがあった。
 つまり、本来攻撃の道具である鑓長刀を、防護柵にしてしまい、戦う段になると、こんどはその柵木を抜いて鑓・長刀にして戦いはじめるようなものだ、というのである。これは「先」を仕懸ぬ「待」の心、待機主義を嗤う武蔵のシニカルな譬え話である。

 ところが、興味深いことに、従来の読みはそうではない。たとえば、岩波版注記は、この箇処を、「所詮、受身というものは、鑓・長太刀のような長いものを持ち、防御にこしらえた柵木越しに振っているのと同じことで、本当に敵を討つことはできない」としている。まさに爆笑物である。
 ここで「長太刀」とあるのは、後述のように「長刀」の間違いだが、それにしても、こうなると、《鑓長刀をもつて、さくにふりたると同じ》は、鑓・長刀を「柵木越しに振っている」という珍妙な光景が出現してしまう。むろんこれは完全に誤りであって、岩波版注記は、ここでも無知をさらしているのである。
 この部分について既成現代語訳はいかがか。まず、戦前の石田訳を見るに、話がまったく違ってしまっている。「鎗・薙刀を振って堅固な柵に向ふのと同じで不利である。またこちらから敵を打つてかゝればこの柵の杭を拔いて鎗・薙刀として使ふやうなもので有利だ」――なんてことは、五輪書には書いていない。訳者は「ふる」の語義を知らないし、不利だ、有利だ、というようなことは、石田訳が生み出した別の文章である。まず、この訳はこの箇処をまったく読めていない。
 これに対し、戦後の神子訳の「せっかくの鑓、長太刀を固定した柵にしてしまったようなものだ」の方が、読みとしてまだ救いようがある。ところが、それに続いて神子訳が、「逆に、敵を攻めるときは、柵木のようなものでも、鑓、長太刀ほどの役割を果すであろう」とするのは、これまた間違いである。この一文に、「逆に」といって逆接をさせるような文意はない。むしろ逆に、武蔵はその光景を嗤っているのである。したがって、これは誤った解釈が産んだ誤訳である。
 続いて、大河内訳の方は、岩波版注記の、「鑓・長太刀を柵木越しに振る」という誤訳には、さすがに従えなかったとみえるが、「鑓、長太刀のような長いものを持って柵同様に動かせないのと同じこと」というその訳は、またまた的外れ。訳者が文の内容を理解していないのである。これに続く後半部分は、神子訳の誤訳を頂戴しているが、その「勢いが大切である」と余計な文言を付け加えて、さらに誤りを増幅している。
 第三の鎌田訳はひどい。前半は岩波版注記のパクリで、「本当に敵を打つことはできない」というテクストにない余計な文まで同じ。後半は神子訳の完全なパクリ。ここも鎌田訳は、例によって独自の工夫は何もない。
 ――という次第で、既成現代語訳は、この部分に関して何れも誤りである。すなわち、「ふる」という言葉の語釈の間違い、そして続く一連の文を勝手に「逆に」と受け取って、誤った恣意的解釈をしてしまっていることが、それである。
 ここの《又さく木をぬきて、鑓長刀につかふ》という文は、――鑓長刀を柵木にして、戦う段になると、またそれを引っこ抜いて鑓長刀に使う――というシーンを譬えとして、待機主義の何とも胡乱な振舞いが語られているのである。
 言うまでもなく、ここは「先」をとる話であった。そこで、それとは対照的な「待」の振舞いとして、こういった「柵にふる」という譬えでシニカルな笑話になっているわけだ。武蔵が譬えにしている《又さく木をぬきて、鑓長刀につかふ》という光景を、諸訳のように肯定的な意味の振舞いにしてしまうのでは、話が逆さまである。
 かような次第で、まさにこのくだりは、我々の読解研究が出るまで、正しく読まれたことがなかった、という箇処なのである。

――――――――――――





渡辺家本 当該箇処






*【烏丸光広書状】
《又二重ばかり堀をほり、柵をふり、拾丁斗の日本之地を捨置とも、無害事に候》

*【志方半兵衛言上覚】
《今程ハ初の仕寄場へ引取、前ニさくをふり居申候》

岐阜市歴史博物館蔵
鑓を柵にふる 関ヶ原合戦図屏風








*【現代語訳事例】
鎗・薙刀を振って堅固な柵に向ふのと同じで不利である。またこちらから敵を打つてかゝればこの柵の杭を拔いて鎗・薙刀として使ふやうなもので有利だ》(石田外茂一訳)
《所詮、受身である以上、せっかくの鑓、長太刀を固定した柵にしてしまったようなものだ。逆に、敵を攻めるときは、柵木のようなものでも、鑓、長太刀ほどの役割を果すであろう》(神子侃訳)
鑓、長太刀のような長いものを持って柵同様に動かせないのと同じことである。敵を打つときは、逆に柵木をぬいて鑓や長太刀の代わり使うほどの勢いが大切である》(大河内昭爾訳)
鑓、長太刀のような長いものを持っても、防御にこしらえた柵木越しに振っているのと同じことで、本当に敵を打つことはできない。逆に、敵を攻めるときは、柵木のようなものでも、鑓や長太刀を使うほどの役目を果すであろう》(鎌田茂雄訳)


岐阜市歴史博物館蔵
柵木 関ヶ原合戦図屏風
 語釈が先になったが、諸本校異の問題をここで検討してみる。この条は、どうも校異が他の条々より多いようである。そこで、それを順に拾っていけば、一つは、筑前系諸本に、
《人数をたて、戦をはじむる事、合戦の専也》
とあって、《是/これ》するところ、肥後系諸本にも《是》とするものがあるが、中には、細川家本のように、この「是」字のかわりに、《それ》と作るものもある。
 このケースでは、筑前系/肥後系を横断して共通する「是」字を採るべきであろう。《それ》とするのは、誤写である。しかし、「是」字が草体では仮名「そ」字に似ているとしても、直接変換の可能性は少ない。むしろ《これ》とあったのを《それ》と誤写したものらしい。書写が杜撰なところである。もとよりこの誤字は、写本の後発性を示す誤写である。
 二つ目は、それとは違って、筑前系/肥後系を截然と区分する指標的相異である。すなわち、筑前系諸本には、
《人に先をしかけられたる事と、我人をしかくる時ハ》
とあって、《我人を》とするところである。
 ただし、同じ筑前系でも、早川系の中山文庫本や伊丹家本、あるいは越後系のうち赤見家乙本は、これを《我人数を》《我か人数を》としているが、この「人数」は後智恵で「数」字を補足したものである。また吉田家本は、《我か人を》とする。この「か」字は、「我が」(わが)と読んだものらしいが、これは他の諸本を見れば、同系の中山文庫本まで《我人数》として、「か」字を入れないから、吉田家本の「か」字は明らかに衍字だと知れる。筑前系を代表させてよいのは、むしろ、立花=越後系諸本の《我人を》という語句である。筑前系初期には、《我人を》とあったとみなしうるのである。
 これに対し、肥後系諸本では、これを《我人に》とする。「を」字と「に」字の相異である。つまり、
(筑前系)  我人を
(肥後系)  我人に
というわけである。肥後系の方は、「我、人を」ではなく、「我、人に」仕懸ける、つまり自分が相手に仕懸けるという意味である。したがって、「人」の意味が違っている。《人を》のばあいは、「人」は自分の軍勢の意だが、《人に》になると、この「人」は相手ということになる。
 とすれば、肥後系では、そんなふうに「人」字を解釈したので、その結果、「我、人を」では不都合だと思って、これも後智恵で《人に》へと修正したもののようである。
 この《人に》は、肥後系諸本に共通して見られるところから、肥後系早期に発生した変異であろう。しかし、これが寺尾孫之丞段階にまで遡れるか、となると、それはありえないことである。というのも、《人を》と《人に》ではまるきり文意が違ってしまう。寺尾孫之丞段階でそこまで改変があるとは思えぬ。
 以上のことからすれば、肥後系の《人に》は、寺尾孫之丞以後に、後になって発生した語句訂正である。それは、この「人」字を、相手、敵と読んでしまった結果、文意に不都合を感じて改変してしまったのである。
 これも諸本分布からすれば、《人を》が筑前系諸本に共通してあるところから、前例と同じく、このパターンでは、この《人を》が初期形態である。これは、つまり自分が人数〔軍勢〕を仕懸けるという意味である。
 しかし、筑前系の《我人を》が寺尾孫之丞段階に遡りうるとしても、それが武蔵草稿の語句であったか、となると、それは恠しい。というのも、《人を》であれ《人に》であれ、ここはどうも「人」という語ではそぐわないのである。
 そこで、――これは、筑前系吉田家本に《我か人を》とあるのが、我々のヒントになったのであるが、――ここは、寺尾孫之丞が、「先」字を誤読して、「か人」二字に読んでしまったのだろう、というのが我々の所見である。
 つまり、武蔵はここを、《我、先をしかくる時は》と書いていた。《人に先をしかけられたる事と、我先をしかくる時は、一倍も替る心也》という具合に、「先を」という語句を並べていたのである。
 しかし寺尾孫之丞は、《我、先をしかくる時は》の《我、先を》を、《我か人を》と読んでしまった。それが筑前系では《我(が)人を》というかたちで残り、肥後系ではこれをさらに《人に》と変えたのである。ようするに、筑前系から肥後系まで横断してみれば、
   「我、先を」→「我か人を」→「我、人を」→「我、人に」
という変異過程が想定される。筑前系諸本は寺尾段階の語句を示すが、肥後系諸本の語句は、寺尾孫之丞以後、門外流出後に発生した二次的変形を示している。
 かくして、我々のテクストでは、想定すべき武蔵オリジナルの復元という趣旨から、これを《我、先を》としている。この語句は現存五輪書写本のどれにも例がない。まさしく史料批判によって可能になった復元なのである。
 さて、校異の第三には、筑前系諸本に、
《鑓長刀もつて、さくにふりたると同じ》
とあって、一つには《長刀》とするところ、肥後系諸本の中には、細川家本や丸岡家本のように《長刀》として「太」字を入れるものがある。他の肥後系諸本を見るまでもなく、これは明らかな誤写である。「鑓長刀」は五輪書の常用語句であるから、ここは《長刀》〔なぎなた〕とするのが正しい。ここで、とくに「鑓・長太刀」とするわけもない。
 第一、「長太刀」とは大太刀のことである。長刀なら鑓と同じく石突もあって、地面に差して立てもできようが、太刀はそういうわけにはいかない。長太刀は柵に「ふる」ことはできない。それゆえ、これは文意を理解していない者による後世の写し崩れである。
 この後で、もう一つ《長太刀》が出てくるが、これも同前である。なお、この後の方の《長太刀》は楠家本も同じである。ようするに、こういう他にはない誤記の共通するところから、楠家本・細川家本・丸岡家本の三本は系統的に近縁関係にあるとみなしうる、その一例である。しかもこれらは、他の諸本にはない誤記を共有しているのだから、その写本としての後発性は明らかである。
 また、上記の同じ箇処で、筑前系諸本に《鑓長刀をもつて》とするところ、これは、長刀を以って柵にふる、ということであるが、肥後系諸本のなかには、これを《鑓長刀を持て》とするものがある。このように、鑓長刀を《持て》と漢字表記にしたところに、書写者が文意をつかめていないことが露呈している。
 というのも、前に述べたように、ここは、鑓や長刀を陣の周囲に柵のように立て並べるという意味であるから、《鑓長刀を持て》という書字では文意に反する。したがって、《持て》とするのは、事情不通の者が後世に書いた文字である。肥後系諸本にこの誤記があるのは、門外流出後書写された写本の子孫だからである。
 第四として挙げるのは、本条末尾の結語である。筑前系諸本には、
能々吟味有べき也》
とあって、《有べき也》とするところ、肥後系諸本には、これを《あるべき事なり》とするものがある。「事」字を入れるのである。あるいは、そこを、細川家本のように、《可有吟味事也》と漢文表記にする例があるが、これは写本の後発性の徴しである。
 肥後系諸本には、他に、これを《有べきものなり(者也)》としたり、《有べし》としたり、さまざまであるが、これらは後の写し崩れ、二次的な変形である。
 肥後系ではその古い型は、《あるべき事なり》とするものであろうが、それにしても、後になって発生した誤写衍字である。寺尾孫之丞の段階までは遡れない。
 というのも、筑前系では、立花=越後系も含めて諸本共通して《有べき也》であるから、前例と同じく、これが初期形態である。
 したがって、その初期形態からすれば、《あるべき事なり》の「事」字は衍字誤記である。もし、かりに寺尾孫之丞の後期だと想定するにしても、脱字はありうるとしても、寺尾がこうした衍字を記すことはまずありえないから、その後期にあったという可能性はないと見るべきである。
 以上、一通り我々の所見を述べたところであるが、その結果は、我々の五輪書テクストに反映されている。   Go Back

*【吉田家本】
《戦をはじむる事、これ合戦の専也》
*【中山文庫本】
《戦をはじむる事、これ合戦の専也》
*【渡辺家本】
《戦をはじむる事、合戦の専也》
*【近藤家丙本】
《戦をはじむる事、合戦の専也》
*【赤見家丙本】
《戦をはじむる事、合戦の専也》
*【楠家本】
《たゝかひをはじむる事、これ合戦の専也》
*【細川家本】
《たゝかいをはじむる事、それ合戦の専也》


*【吉田家本】
《人に先をしかけられたる事と、我が人をしかくる時ハ、一倍も替る心也》
*【中山文庫本】
《人に先をしかけられたる事と、我人数をしかくる時ハ、一倍もかはる心也》
*【赤見家乙本】
《人に先をしかけられたる事と、我が人数をしかくる時ハ、一倍も替る心也》
*【渡辺家本】
《人に先をしかけられたる事と、我人をしかくる時は、一倍も替る心也》
*【近藤家丙本】
《人に先をしかけられたる事と、我人をしかくる時は、一倍も替る心也》
*【楠家本】
《人に先をしかけられたる事と、わが人にしかくる時は、一倍もかはる心也》
*【細川家本】
《人に先をしかけられたる事と、我人にしかくる時ハ、一倍もかはる心也》
*【富永家本】
《人に先を仕かけられたる事と、我人に仕懸る時ハ、一倍も替る心也》







吉田家本 「我か人を」






*【吉田家本】
《鑓長刀をもつて、さくにふりたると同じ》
*【渡辺家本】
《鎗長刀をもつて、さくにふりたると同じ》
*【近藤家丙本】
《鎗長刀をもつて、さくにふりたると同じ》
*【猿子家本】
《鎗長刀をもつて、さくにふりたると同じ》
*【楠家本】
《鑓長刀を持て、さくにふりたると同じ。敵を打時ハ、又、さく木をぬきて、鑓長太刀につかふほどの心なり》
*【細川家本】
《鑓長太刀持て、さくにふりたると同じ。敵を打時ハ、又、さく木をぬきて、鑓長太刀につかふほどの心也》
*【丸岡家本】
《鎗長太刀持て、柵にふりたるとおなじ。敵を打時は、又、柵木を抜て、鎗長太刀につかふほどの心なり》
*【富永家本】
《鑓長刀を持て、さくにふりたると同じ》
*【狩野文庫本】
《鑓長刀を、柵にふりたると同じ》


細川家本 校異箇処

*【吉田家本】 《能々吟味有べき也》
*【渡辺家本】 《能々吟味有べき也》
*【猿子家本】 《能々吟味有べき也》
*【楠家本】
《よく/\吟味あるべきなり》
*【細川家本】
《能々可有吟味事也》
*【富永家本】
《よく/\吟味有べき也》
*【狩野文庫本】
《能々吟味有べきものなり》
*【多田家本】
《能々吟味有べし




 PageTop    Back   Next