武蔵の五輪書を読む
五輪書研究会版テクスト全文
現代語訳と注解・評釈

Home Page

 解 題   目 次    地 之 巻   水之巻巻頭   火 之 巻   風 之 巻   空 之 巻    異本集 

五輪書 水之巻 7  Back   Next 

 
   35 打ち合いの利
【原 文】

一 打あひの利の事[見出し改行*]
此打あひの利と云事にて、
兵法、太刀にての勝利をわきまゆる所也。
こまやかに書記すにあらず。
(能*)稽古有て、勝所を知べきもの也。
大かた、兵法の実の道を顕す太刀也。(口傳) (1)

【現代語訳】

一 打ち合いの利の事
 この打ち合いの利ということで、兵法における、太刀を用いての勝つ利*をわきまえるのである。
 ここで詳細に書き記すのではない。(よく)稽古して勝ちどころをを知るべきものである。
 (これは)大かた、兵法の真実の道を体現する太刀である。(口伝*)
 
  【註 解】

 (1)兵法の実の道を顕す太刀也
 まず、ここで、見出し部分に改行があるが、その問題は次条において言及することにしたい。
 本文内容を見るに、この打ち合いの利ということで、兵法の、太刀を使っての「勝利」をわきまえるのだ、という。「勝利」というのは、現代語の「しょうり」ではなく、「勝つ利」と読む。勝利法のことである。つまり、この打ち合いの利ということで、太刀で勝つ方法をわきまえる、ということである。
 そして、これが、
《大かた、兵法の実の道を顕す太刀也》
というわけである。
 ようするに、この打ち合いの利は、「大かた」兵法の真実の道を体現する太刀である。「大かた」という語がここにあるのは、ここでいう太刀で勝つ方法は複数あって、それがどれもだいたい兵法の実の道を顕す太刀だ、ということであろう。
 この条文には、前段までのように具体的な記述がない。総括的な文とみなすべきところである。言い換えれば、以上の水之巻の条々について述べたものであって、「打ち合いの利」という術業があるわけではない。
 ところで、この条文の末尾に「口伝」とあるのが、問題である。この「口伝」の二文字はやや唐突であって、不審とすべきところである。結論を先に言えば、これはおそらく寺尾孫之丞の段階で、後入れされた可能性のある字句である。
 この「口伝」とはなにごとであろうか。
 寺尾孫之丞は、五巻兵書を武蔵から遺贈されたのだが、前に述べたように、これを流儀の組織化に活用した。つまり、初級者でも読める兵法教本として書かれた五輪書を、門流が代々相伝すべき文書へと変えたのである。このとき、五輪書に記述のないことで、自分が武蔵から教えられた内容もある。それも伝える必要があると考えたのである。
 武蔵から教えられた重要事と思われることだが、それが五輪書草稿には記述がない。このとき、編集者としては、それを五輪書に追加して付記する方法もありえたが、寺尾孫之丞は、あくまでも忠実な伝持者として、武蔵の草稿を増補せず、そのままにしておいて、関連箇処に「口伝」と記して、その内容を門人に別に口頭で伝えたのである。
 したがって、この「口伝」という字句は、寺尾孫之丞の段階で記入された文字である。もとより、武蔵から寺尾孫之丞へ譲与された草稿には、これはなかった。
 しかし、この「五輪書には書かれていない事」が、実は、流儀の組織化には肝心のところであった。つまり、武蔵遺稿を託されただけではない、その遺稿に「書かれていない事」(unwritten)も知っているということ、――それが、寺尾孫之丞が自身の流派を武蔵正統として組織化するための示差的特性(differentia)であった。
 寺尾孫之丞は、五輪書において、本条の他、二ヶ所に、この「口伝」という文字を記入して、それを示した。合計三つの口伝である。
 以後、寺尾孫之丞の門流では、この「書かれていない事」、口伝内容を、「三箇の大事」として伝えたらしい。これを示すのが、『丹治峯均筆記』の記事である。
 つまり立花峯均は、本師吉田実連から相伝を受けたのだが、すでに明石で柴任美矩から伝授があった。それで「再伝」というわけだが、そのおり、最終巻・空之巻の相伝とともに、《三ケの大事》の伝授があったというわけである。
 問題は、この「三箇の大事」という語である。これは他流では、新陰流截相口伝書事にもその語があって、特に武蔵流に限った特有語ではない。新陰流では「截相」とあって、これは切り合いのことだが、五輪書に上記の如く「打あひの利」とあるのと共通する。新陰流で截相口伝書事というのは、「三箇大事」を含めて、三種九事ある。
 ともあれ、立花峯均が吉田実連から一流相伝を受けた段階で、筑前二天流には《三ケの大事》というものが存在したのである。
 また、丹羽信英の『兵法列世伝』自記にも、次のような記事がある。丹羽信英の実父、桐山丹英が死期に臨んでのこと、――信英が十四歳の春から、父丹英が難治の病に冒されて、もはや重態に及んで、兄弟(兄丹誠と信英)を呼んで遺言した。とくに兵法のことを謂うには、曰く、「おれは兵法に志厚く、大事の兵法を(立花峯均から)得たけれども、お前たちが成就するところを見ないで死ぬのは、残念だ。せめて三箇の大事を見せておいてやる。木刀を持って来い」と。信英は走って、木刀を取って来る、云々。
 桐山丹英は、立花峯均の相伝弟子四人の一人である。我が死期に臨んで、息子たちに「三箇の大事」を見せた。この場面からすると、「三箇の大事」は太刀の打ち合いに関するものである。
 それが筑前系には伝わっていた。しかし肥後系にはその伝承がない。それはなぜか、と問うまでもない。
 すなわち、一つは、肥後では正統たる寺尾孫之丞の系統が消滅したからである。二つには、肥後で武蔵流主流となった求馬助系統が、寺尾孫之丞の系統ではなかったこと。三つには、それゆえ武蔵の流儀を正しく伝える門流がなかった。
 かくして、五輪書もまた、寺尾孫之丞の門流から外部へ流出した後に写し写された海賊版しか殘らなかったのである。そのようなものであるから、五輪書に付属した口伝などありえようはずもない。
 しかしながら、ここで改めて注意を喚起すべきは、五輪書三ヶ所にある「口伝」という文字は、寺尾孫之丞が記したものだということである。武蔵から寺尾孫之丞へ「口伝」として伝授されたものはなかった。五輪書は奥義秘伝書ではない。また五輪書の兵法教本としての性格からして、そのように特定の門弟に対して秘伝があったとは考えられない。
 これは、武蔵から寺尾孫之丞への段階ではなく、寺尾孫之丞から門人へという段階で生じたものである。寺尾孫之丞は、たんに、五輪書には記載のない事項、その「書かれていない事」(unwritten)を補足して伝える必要があると考えただけである。そして彼は門人たちにそれを伝授した。それが、ここにいう「口伝」の起源である。
 本条に関して言えば、武蔵は《こまやかに書記すにあらず》と書いた。また、《大かた、兵法の実の道を顕す太刀也》と書いた。そこのところを補足説明する話を、寺尾孫之丞は口頭で伝え、五輪書には「口伝」と書いたのである。
 しかし、おそらく寺尾孫之丞の門人たち以下の世代は、これを重大事と受け取った。言い換えれば、世間の他流、たとえば新陰流の口伝と同様に、極意奥伝として受け取った。ここで、五輪書にも、「表」に対する「裏」や「奥」が生じ、テクストとしての五輪書だけではなく、その「裏」や「奥」も伝承しなければ一流相伝とはならないことになったのである。
 けれども、五輪書を編集した寺尾孫之丞の段階まで戻れば、「口伝」という文字は、そんな重大事を意味するものではなかった。孫之丞はこれを、五輪書というテクストを補足するものとして付記したのである。
 以上のことから、我々のテクストでは、「口伝」の二字を( )に括っておいた。それは、一つには、武蔵のオリジナル草稿にはなかったという意味で、もう一つは、にもかかわらず、寺尾孫之丞の段階で存在した文字だという意味である。
 寺尾孫之丞が言い伝えたこと、その具体的内容は不明である。しかし、五輪書というテクストは、編集されたまさにその当初に、無記、すなわち「書かれていない事」(unwritten)を付属せしめていたのである。
 なお付け加えて云えば、この打ち合いの利と口伝については、筑前二天流で伝承され、それが越後に伝播しても存続していたようである。
 それを示すのが越後の伝書、「戒示三ヶ条」の第一条である。そこには、――(貴殿)執心により、打合の利を相伝せしめ、三巻の書を渡しおく。なお謹しんで御執行(修行)あって、直通の位に至られるべく、志を忘れるな、という文言がある。
 これにより、この「打合の利」の口伝とともに、地水火の三巻兵書の伝授があったこと、また、この「打合の利」は、「直通の位」の前段階と位置づけられていたと知れる。
 このように、「打合の利」とその口伝という五輪書水之巻の記事は、明治初期の武蔵門流末裔においてさえも確認できるのである。

――――――――――――
○此条諸本参照 →  異本集 









吉田家本 「口傳」








*【五輪書】
《一 直通の位と云事。直通の心、二刀一流の實の道をうけて傳ゆる所也。能々鍛練して、此兵法に身をなす事、肝要也。口傳》(水之巻)
《一 いはをの身と云事。巖の身といふは、兵法を得道して、忽巖のごとくになつて、萬事あたらざる所、うごかざる所。口傳》(火之巻)


*【丹治峯均筆記】
《五月廿八日、實連ヨリ空之巻被相渡、三ケ之大事ヲ再授シテ、一流成就セリ》


*【新陰流截相口伝書事】
三箇大事
 一、拍子有かまへの事
 一、拍子なきかまへの事
 一、身離かまへの事
三拍子之事
 一、越拍子事
 一、付拍子事
 一、当拍子事
三見大事
 一、太刀さきの事
 一、敵之拳の事
 一、敵之顔の事
 右条々口伝有之》


*【兵法列世伝】
《十四歳ノ春ヨリ、父難治ノ病ニ犯サレ既ニ甚シキニ及テ、四月廿八日兄弟ヲ呼テ遺言ス。殊更兵法ノ事ヲ謂テ曰、「我、兵法ニ志シ厚ク、大事ノ兵法ヲ得タレ共、汝等ガ成立処ヲ不見シテ終ル事残念ナリ。セメテ三箇ノ大事ヲ見セ置ベシ。木刀ヲ持來レ」ト云。予走リ行テ、木刀ヲ取來ル》









松井家本相伝証文 「三ヶの大事」

*【松井家本相伝証文】
《武州傳来之兵書都而五巻、伯父峯均より我是を傳受て、已六代たり。貴殿多年此道に志有により、我受所之兵書地水火風空、三ヶ之大事迄、不殘令傳授畢。就中、空之巻に於てハ、先師達も心をくだき、書顕し言解んと思ハるゝといへども、誠に妙慮にして、筆舌に及バざる事を知べし…》(明和四年亥九月十九日、立花増寿から丹羽信英へ)




戒示三ヶ条 「打合之利」

*【戒示三ヶ条】
《一 依執心、打合之利、令相傳、三巻之書相渡置候。猶謹て御執行有之、直通之位に可被至、志を忘申間敷事。(後略)》
 ここで校異の問題がある。これは、筑前系/肥後系を区分する指標的相異であるから、とり上げておきたい。すなわち、筑前系諸本に、
《こまやかに書記すに非ず。稽古有て、勝所を知べきもの也》
とあって、《稽古有て》とするところ、肥後系諸本には、《能稽古ありて》として、「能」字を入れている。
 これについて云えば、筑前系諸本において、越後系諸本も含めて、「能」字を入ないのが共通するところである。このように「能」字のないのが筑前系諸本に共通することからすれば、筑前系初期からこうであったものと思われる。既述のように、このケースでは、寺尾孫之丞前期の姿を伝えている可能性が高い。したがって、当初は、「能」字はなかったとみえる。
 それに対し、肥後系諸本には「能」字を入れる。これについては、その経緯に二つ可能性がある。
 ひとつは、寺尾孫之丞後期、寺尾が伝授した五輪書の記述が、「能」字を入れていたこと。このケースでは、寺尾孫之丞の時期による表記のゆらぎである。したがって、寺尾孫之丞の段階では、正しいのはどちらとも云えない。ただし、前に柴任へ伝授したのであるから、前期の文言の方を古型として採るべきであろう。
 ただし、これにも、別の可能性もある。つまり、寺尾孫之丞後期もやはり「能」字はなかった。しかるに、門外流出後早々に「能」字を入れる写本が発生し、それが伝写されるようになったというプロセスである。
 つまり、「稽古有て」とある文章としては、ここに「能」字が入る方が無難である。そこで、脱字があると見た後世の者が、ここに「能」字を入れた。肥後系諸本通有のことであるから、早期の発生であろう。その結果、さらには、「能」一字では不足とみたか、円明流系統では狩野文庫本・稼堂文庫本のように、「能々」とするものまで現われた。
 何れにしても、この「能」字は不安定な流動状態にあったものである。それゆえ、この文字は肥後系における後入れの可能性が高い。
 以上の点を考慮した上で、我々のテクストでは、この「能」字を( )に入れておいた。つまり、後入れの可能性は高いにしても、寺尾孫之丞後期にあった可能性も消去できない。ここはそういう留保する意味を含めて、かくのごとく処理したのである。   Go Back


*【吉田家本】
《【】稽古有て、勝所を知べきもの也》
*【伊丹家甲本】
《【】稽古有て、勝所を知べきもの也》
*【赤見家丙本】
《【】稽古有て、勝所を知るべきもの也》
*【近藤家甲乙本】
《【】稽古有て、勝所を知べきもの也》
*【石井家本】
《【】稽古有て、勝所を知べきもの也》
*【楠家本】
けいこありて、勝所をしるべきもの也》
*【細川家本】
稽古ありて、勝所をしるべきもの也》
*【富永家本】
稽古有て、勝處を可知者なり》
*【狩野文庫本】
能々稽古して、勝所を可知者也》

 
   36 一つの打ち
【原 文】

一 一つの打と云事[見出し改行*]
此一つの打と云心をもつて、
たしかに勝所を得事也。
兵法よく学ざれバ、心得がたし。
此儀、よく鍛錬すれバ、兵法心のまゝになつて、
おもうまゝに勝道也。能々稽古すべし。(1)

【現代語訳】

一 一つの打ちという事
 この一つの打ちという心をもって、確実に勝つところを把握することである。兵法をよく学ばないと、これは理解できない。
 この儀(一つの打ち)をよく鍛練すれば、兵法は心のまま(自在)になって、思うままに勝てるようになる道である。よくよく稽古すべし。
 
  【註 解】

 (1)兵法心のまゝになつて、おもうまゝに勝道也
 これも前条と同様である。「一つの打ち」の具体的な内容は、この記述では不明である。
 曰く、――この一つの打ちという心をもって、確実に勝つところを把握することである。兵法をよく学ばないと、これは理解できない。この儀(一つの打ち)をよく鍛練すれば、兵法は心のまま(自在)になって、思うままに勝てるようになる道だ。よくよく稽古すべし。
 ただし、これだけでは具体的な内容は知れない。「一つの打ち」の内容は語られていないのである。
 ただし、この「一つの打ち」は、当時各流派通有の、ある種一般性のある語であったかもしれない。その可能性はある。
 ちなみに云えば、新当流々祖・塚原卜伝の伝説に、大永二年(1522)、彼が三十四歳のとき、鹿島神宮で参籠し夢に神託を得て「一〔ひとつ〕の太刀」の理に開眼したという。ただしその内容に関しては、何ひとつ具体的な記録がない。また柳生流にも「一刀両段」という太刀のことあり、これは柳生流三学の太刀数が五つある中の、第一の太刀の名称である。むろん、この「一刀両段」の名は南泉斬猫(『碧巌録』第六十三則・『無門関』第十四則)の故事による。
 後世の人だが、幕末期の千葉周作(1794〜1855 小野一刀流の流れを汲む北辰一刀流始祖)が、一刀流の名の意味を語るところによれば、
《一心一刀の處にて切落すと共に敵に當るの意、受けると直に當るの意にて、二心二刀にならぬことを申したるのみのことなり。一刀流と名つけたるところの意味これなり。よくよく自得発明すべし》(一刀流秘事)
 こうあるところを見れば、あんがいこういう話が「一つの打ち」の内容であったかもしれない。一刀流/二刀流の相違はあっても、要諦として謂う所は同じであって差支えないのである。
 ただし、この点に関しては、深追いしすぎると誤る可能性がある。武蔵が具体的なことを述べていないのだから、追求は自重して、ほんとうは「一つの打ち」の内容はよくわからないのだ、としておきたい。
 具体的な内容を書かないこのスタイルで云えば、前条「打あひの利と云事」と同じく、ここにも続いて「口傳」という文字があってよさそうなものである。たとえば、越後系諸本には、この条にも「口傳」という字句を入れている。
 これは、同じ筑前系でも早川系の吉田家本・中山文庫本・伊丹家本には見えない字句である。したがって、筑前系諸本に共通するとは言えない字句であることから、筑前系当初にあったとは思えないものである。
 しかしながら、よく注意すべき点もある。前条「打あひの利の事」と次条「直通の位と云事」と合わせて前後三ケ条のみ、見出しの後、改行がある。この体裁からして、これが水之巻の特別な諸箇条だったことが想定できる。
 この見出し改行は、筑前系諸本に共通であり、したがって、寺尾孫之丞の段階からあった形式であろう。肥後系では、楠家本と富永家本のみ、この形式を伝えている(田村家本は、地之巻の途中から全条見出し改行に及んでいるから、これは本件とは無関係の体裁である)。つまり、肥後系のうちで、楠家本と富永家本の二本は、この件に関するかぎり、他の肥後系諸本よりも古い形を残しているのである。
 これに対して、細川家本をはじめ他の肥後系写本は、これを無視した格好である。要は、体裁の崩れである。門外に流出してしまえば、後は、何事も正確ではなくなるのである。
 ともあれ、筑前系諸本にあるように、この三ヶ条が特別な体裁をもつことを看過すべきではない。しかも、前後二ヶ条が「口伝」という文字を入れている。とすれば、その間の本条に「口伝」の文字がないのも、体裁の整わぬところである。しかも、条文の内容からすれば、話は具体的ではなく、前条と同じく末尾に「口伝」とあっても、奇とするに当たらない。
 しかし一方で、三箇の大事ということもある。口伝が三つだとすれば、火之巻の「巖(いわお)の身」に「口伝」の文字があるところからすると、もし「一つの打と云事」のここに「口伝」の文字が入っていたとすれば、こんどは数が合わない。すると、諸本にあるごとく、ここには「口伝」という文字はなかったとすべきである。
 以上のことからすれば、問題ははなはだ錯綜している。それゆえ、寺尾孫之丞がここに「口伝」という文字を入れたか、入れなかったか、それは未決として留保しておきたい。   Go Back
○此条諸本参照 →  異本集 












【本朝武藝小傳】
《同結要本に曰く、塚原卜傳と云ふ兵術の上手、勝れたる名人なり。仔細は、此卜傳、太刀の極意、一ツの太刀と名付るなり》

*【柳生流新秘抄】
《如何にして明王の位には至るべき、師の訓を受てはじめに一刀両段の太刀を習ひ、百千万の業を稽古鍛錬熟して、上手名人の位を経て元の一刀に立帰り、業をすてゝ神妙剣となつて、自由自在なる不動明王と一体の位に至るべきなり》







石井家本 「口傳」と見出し改行



楠家本 「口傳」と見出し改行

 
   37 直通〔じきづう〕の位
【原 文】

一 直通の位と云事[見出し改行*]
直通の心、二刀一流の實の道をうけて
傳ゆる所也。能々鍛練して、
此兵法に身をなす事、肝要也。(口傳) (1)

【現代語訳】

一 直通の位という事
 直通の心〔意味〕は、二刀一流の真実の道を承けて伝えるところである。よくよく鍛練して、この兵法を体現することが肝要である。(口伝*)
 
  【註 解】

 (1)直通の位
 水之巻末尾三段の最後である。これも、見出し改行で、末尾に「口伝」とあって、前々条「打あひの利の事」と同である。また、前二条と同じく、具体的内容は記されていない。したがって、本条をふくめた、三ヶ条について、共通する形式がある点、注意を喚起しておく。
 タイトルの《直通の位》という「位」は、前述のように武蔵流兵法の語彙とすべきところ、本書に多用される語である。すでに示したように、これは、ポジション、態勢(position)の意であるが、ここではとくに、兵法伝承の《直通》に関わる内容なので、これは現代語で「位」〔くらい〕というそのままで差し支えない。
 《直通》は「ちょくつう」ではなく「じきづう」と読む。類語に禅語の「直道」〔ぢきだう〕がある。ただし、一部解説書に「直通」を「じきつう」とするのは、誤りである。
 「直通」とは、一般に、極意に直接通達することと解することも可能であるが、それでは少し話のポイントがずれる。ここで述べられているのは、二刀一流の真実の道、その伝承のことである。
 すなわち、いかにして武蔵流兵法は伝承されるのか――それは、よくよく鍛練して、この兵法を体現することによって、である。
 つまり、「此兵法に身をなす」という表現をみれば、これは会得・体得というよりも、体現(embodiment)である。自身が武蔵の二刀一流を具体化し、実現するのである。一般的な表現では、発明自得である。
 こういう伝承論は、仏家の法燈伝承システム、師嗣相伝のそれと同じである。一流伝承は、一子相伝の家業ではない。武蔵流兵法の道を体現した個人によって伝承されるのである。
 さらに言えば、師嗣相伝といっても、直接的関係でないケースもある。師の歿後生まれた者が後嗣となってもいい。ようするにポイントは、仏法であれ、兵法であれ、「直道」「直通」ということなのである。
 さて、ここで明敏な読者ならお気づきかもしれぬが、ここに、
《直通の心、二刀一流の實の道をうけて傳ゆる所也》
とあるところ、これが武蔵自身の文だとするには、もとより難がある。武蔵は当流、「二刀一流」の始祖である。元祖が、「二刀一流の真実の道を承けて伝えるところである」なんてことは書かない。これは、流派伝承者、武蔵の弟子が書く文である。つまり、《二刀一流の實の道をうけて傳ゆる所也》と書いたのは、武蔵ではなく、寺尾孫之丞である。
 それゆえ、本条を含めた三ヶ条について、よく見直す必要がある。既述のように、この三ヶ条は、何れも見出し改行のスタイルをもち、またその二ヶ条について、「口伝」という文字がある。
 そこで、この三ヶ条より前の条々とは異なるものだということが知れる。とすれば、この三ヶ条は、寺尾孫之丞による増補ではないか、という見方が可能である。
 改めて、この三ヶ条を見てみよう。
 前々条「打あひの利の事」には、まず、こうある。――この打ち合いの利ということで、兵法における、太刀を用いての勝つ利をわきまえるのである。ここで詳細に書き記すのではない。(よく)稽古して勝ちどころをを知るべきものである。――とあって、これは内容は具体的ではないが、武蔵の記述だとしても、まず問題はない。
 ただし次の《大かた、兵法の実の道を顕す太刀也》という一文が、やや浮いている感がある。とすれば、末尾の「口伝」という文字を含めて、この文以下を寺尾孫之丞の付記と看做すことができる。
 また、続いて前条の「一つの打と云事」は、――この一つの打ちという心をもって、確実に勝つところを把握することである。兵法をよく学ばないと、これは理解できない。この儀(一つの打ち)をよく鍛練すれば、兵法は心のまま(自在)になって、思うままに勝てるようになる道である。よくよく稽古すべし。――ということである。これも、内容は具体的ではないが、武蔵の記述が原型にあったと見てよい。
 ただし、寺尾孫之丞は、この条文について、なぜこのようなところに配置したのか、それが問題である。
 おそらく、これは武蔵の草稿に断簡としてあったものであろう。ただし、その内容が具体的に述べられていない。寺尾孫之丞は、そういう種類の断簡も捨てずに、ここへ編集したものらしい。つまり、この三ヶ条は、書きさしの草稿断簡であったが、寺尾孫之丞はそのどれも無視することはできず、ここに収録したのである。
 そして、本条「直通の位と云事」となると、――直通の心〔意味〕は、二刀一流の真実の道を承けて伝えるところである。よくよく鍛練して、この兵法を体現することが肝要である――ということになる。
 これはその内容からすると、前述のごとく武蔵自身の作文ではない。流派伝承者としての寺尾孫之丞の文である。言い換えれば、寺尾孫之丞が自身の門人に諭した教訓である。それと同時に、「直通の位」と記すからには、まさに寺尾孫之丞による武蔵正統宣言のようなものである。
 タイトルの《直通の位》という「位」とは、まさにその意味なのである。寺尾孫之丞は、この直通の位にある者として、ここにそれを書き付けたのである。
 しかるに、爾後興味深い誤解が生じた。その一例は、右掲の肥後兵法書の記述である。タイトルは「期を知ると云事」。異本には「機」と記すものがある。内容からすれば、契機(moment)の意であるから、これは仏教語彙としての「機」とすべきところである。
 さて、その機(期)を述べたところで、
《一流に直通と云極意の太刀あり。此事、口傳》
とある。もちろん、「期を知ると云事」に順接しない唐突な文言であるが、これをみるに、当流に「直通」という極意の太刀があるという話である。つまり、肥後兵法書では、五輪書の「直通」が、いつのまにか、「極意の太刀」に変化してしまっているのである。
 寺尾孫之丞は、こう書いた。――直通の心〔意味〕は、二刀一流の真実の道を承けて伝えるところである。よくよく鍛練して、この兵法を体現することが肝要である。口伝。
 ここには、もちろん、「直通」を極意の太刀などと見なす余地はない。もとより、《我一流におゐて、太刀に奥口なし、搆に極りなし》(風之巻後記)という武蔵が極意の太刀などということを言い出すはずもない。
 その伝説とは異なり、実際には、肥後兵法書は、寺尾求馬助の門流に帰すべき兵書であるが、どうしてこうしたことが発生したのか。それというのも、寺尾求馬助が、兄・寺尾孫之丞から一流相伝を受けなかったからである。すなわち、この「直通の位」について、孫之丞からその口伝を受けなかったから、「一流に直通と云極意の太刀あり」というような、こんな伝聞じみた記事が発生したのである。
 上に見たように、肥後兵法書にあるのは、「期を知ると云事」という条文であり、「直通の位と云事」という条文はない。それは、求馬助が「直通の位」を伝えられなかったからである。
 寺尾孫之丞から相伝をうけた柴任美矩の系統末裔であるところの、筑前二天流の立花峯均や増寿の相伝証文にある直通とは、空即直通などととあるものの、その意味は当流伝承のことである。また筑前=越後系の兵法文書、たとえば、「戒示三ヶ条」でも、その第一条に、さらに修行に励んで、直通の位に至るように、と指示がある。これは、五輪書の「直通の位」、その寺尾孫之丞の教訓と同趣の文言である。
 「直通の位」とは、筑前系二天流では、三箇の大事の一つであって、修行の最終段階を指す。だが、「極意の太刀」というようなものではない。
 したがって、肥後兵法書がかりに寺尾求馬助自身の作物だとしても、すでに五輪書の趣旨から外れたものである。言い換えれば、五輪書を相伝しなかった流派による変形、異伝である。五輪書の字句に写し崩れがあったように、流儀の内容も写し崩れが発生したのである。
 なお、丹羽信英『兵法先師伝記』によれば、彼の当時、つまり十八世紀後半になるが、直通と記す当流の兵書を見たことを記している。
 すなわち、――また、当流の兵書といって、世間に所持する者がある。あるいは、江戸の古書物屋などで入手して来ることもある。これを見るに、我が五巻の書(五輪書)のように正しいことはなく、なるほど、空のことを書いてあるし、直通、直通と所々に記してはあるけれども、いま伝来の五巻の書(五輪書)とは、格別の違いである、と。
 そして、それはどういうものかといえば、武蔵が二十代の折の相伝書らしいのである。――そのとき先師、名のりを「義経」と書きおかれた。先師の年若き時、我が武勇は源義経に比すと云われたので、直ちに義経と号された、と言い伝える。かの世間にある巻物を見れば、これは偽説ではないと聞える、と。
 ようするに丹羽信英が見たのは、当流、武蔵流の兵書というもので、「義經」という署名の伝書らしい。これはおそらく「宮本武藏守義輕」と記してある円明流の伝書であろう。「輕」と「經」は崩すと似た字である。
 その兵書にはおそらく慶長年間の日付が記してあった。それで、丹羽信英は、《先師二十五歳ノ頃ヨリ一流ヲ立ラル》と書いたのである。
 こういう「世間ニ有ル卷物」、円明流の伝書が、江戸の古書店で売られていて、それを入手した者がある。それを丹羽信英が見せてもらったのである。もちろん所有者は、円明流とは無関係の人物であろう。
 この兵書はたぶん、播州龍野の多田円明流伝書『兵道鏡』と類似の文書であろう。その『兵道鏡』には、これも「直通之位之事」とあって、五輪書と同じ項目がある。それだけではなく、前々条に「太刀刀ぬき合樣之事」、前条に「是極一刀之事」とあって、それぞれ、五輪書の「打あひの利の事」、「一つの打と云事」に対応するもののごとくである。

五 輪 書 兵 道 鏡
打あひの利の事
太刀刀ぬき合樣之事
一つの打と云事
是極一刀之事 
直通の位と云事
直通之位之事

 詳しい比較分析は他に譲るとして、五輪書の文体と、兵道鏡の「直通の位の事」のそれを見るに、教外別伝とあるものの長広舌であり、それも品崩れ、他流の文書の如くである。
 直通の位というのは兵法の心魂である、という文言にはじまり、直通の心魂がなければ、狂気醉人、證なき者におなじ、直通の心魂なき太刀を死に太刀と云う、仕合してまけた事がないので、他流の奇特は要らぬ物なり、などとあるところを見れば、根本の崩れ方が大きい。
 ここに「大師」とあるのは弘法大師空海のことだが、五輪書に「奥口なし」とある文言が、こういうところに化けている。これは唐突なエピソードのようだが、円明流の密教化という事情をみれば、弘法大師が出てきてもそれは奇異とすべきものではない。
 『兵道鏡』は、慶長十一年八月吉日の日付があるものの、後世、円明流系統で派生した仮託文書であろう。宮本武蔵守「義輕」の他にも、「宮本武蔵守」が何人もいたとする系譜を有する円明流伝書である。
 つまり、武蔵流が派生していく中で発生した文書であり、丹羽信英の十八世紀後半までにはすでに世間に流布していたという文書である。丹羽信英は初期武蔵流文書と見たようだが、武蔵とは無縁のものである。

龍野歴史文化資料館蔵
兵道鏡写本 直通之位之事

 しかし、こうした文書が発生するについては、何らかの媒介がなければならない。それには、肥後兵法書の「直通という極意の太刀」というような誤解がそこに仲介していたはずである。したがって、
    兵道鏡 → 肥後兵法書 → 五輪書
という、今日一般に信じられている進化論的コースは、仮託文書の日付を鵜呑みにしたもので、誤りとすべきである。実際には、進化したのではなく、変異したのである。つまり、そのコースは時間が逆方向なのである。
    五輪書 → 肥後兵法書 → 兵道鏡
 五輪書の写本が門外に流出して、その後派生伝播していったのだが、そのプロセスで、五輪書摘要版というべき文書が作成されるようになった。その端緒は、三十九箇条肥後兵法書に確認できる。
 こうした現象は、五輪書を正統相伝文書として伝えた筑前系では存在しなかったことである。もちろん、肥後兵法書に相当するような摘要版など筑前系にはありえない。海賊版の五輪書写本しかなく、五輪書を相伝する正統たりえないところで、「別の」根拠文書が必要になったのである。
 しかし、さらにそれが外部へ派生して行った段階で、いわば頚木が外れ、それぞれ独自の伝承をもとに文書を作成するようになったのである。丹羽信英が見た巻物は、その「義經」名と慶長年間と思しき日付からして、『兵道鏡』に類似の文書であったはずだが、それは本来の武蔵門流とはかけ離れたところで派生した流派の作物だったのである。
 さて、本題にもどって要約すれば、五輪書の「直通の位の事」は、その流儀伝承に関わることである。しかも、そこには寺尾孫之丞に帰すべき文言がある。
 すなわち、《直通の心、二刀一流の實の道をうけて傳ゆる所也》と。もとより、「うけて伝える」というのは、元祖の記す文言ではなく、その門弟の書く文である。これはすでに述べた通りである。とすれば、この「直通の位」は、武蔵に帰すべき語ではなく、本書の編者たる寺尾孫之丞に帰すべきものである。
 既述のように、本条を含めた水之巻末尾三ヶ条は、他の条々と異なる体裁をもつ。これは元になる武蔵草稿に断簡があったのだが、それをそのままここに編入したのではなく、寺尾孫之丞が何らかの加工をしたうえで、ここに入れたものである。
 武蔵本来の水之巻の記述は、「多敵の位」までであろう。次の水之巻後記に、語られているのも、一人で数十人にも勝つという心のわきまえまでである。この末尾三ヶ条に関連のあることは語られていない。言い換えれば、この末尾三ヶ条は、草稿にはなく、寺尾孫之丞の編集によって生じたものである。   Go Back
○此条諸本参照 →  異本集 




















*【正法眼蔵・嗣書】
《佛佛かならず佛佛に嗣法し、祖祖かならず祖祖に嗣法する、これ證契なり、これ單傳なり。このゆゑに無上菩提なり。佛にあらざれば佛を印證するにあたはず。佛の印證をえざれば、佛となることなし。佛にあらずよりは、たれかこれを最尊なりとし、無上なりと印することあらん。佛の印證をうるとき、無師獨悟するなり、無自獨悟するなり。このゆゑに、佛佛證嗣し、證契すといふなり。この道理の宗旨は、佛佛にあらざればあきらむべきにあらず》










*【打あひの利の事】
《此打あひの利と云事にて、兵法、太刀にての勝利をわきまゆる所也。 こまやかに書記すにあらず。(能)稽古有て、勝所を知べきもの也。大かた、兵法の実の道を顕す太刀也。(口傳)》(水之巻)


*【一つの打と云事】
《此一つの打と云心をもつて、たしかに勝所を得事也。兵法よく学ざれば、心得がたし。此儀、よく鍛錬すれば、兵法心のまゝになつて、おもうまゝに勝道也。能々稽古すべし》(水之巻)


吉田家本 水之巻末尾三段


*【肥後兵法書】
《一 期を知ると云事
期を知るといふハ、早き期を知り、遅き期を知り、遁るゝ期を知り、遁れざる期を知る。一流に直通と云極意の太刀あり。此事、口傳》








*【立花峯均相伝証文】
《就中、於空之巻、先師達其意を顕し置るゝといへ共、深理妙慮ハ、言葉にわたらず、筆に及バず、意より意に傳ふ、直通すなハち空、空即直通也》

*【立花増寿相伝証文】
《表五つを楹とし、兵法の身を常の身になして、朝鍛夕練して心體圓満と成て、千変万化蹈破して見よ。空をのづから備る所、直通也》

*【戒示三ヶ条】
《一 依執心、打合之利、令相傳、三巻之書相渡置候。猶謹て御執行有之、直通之位に可被至、志を忘申間敷事。(後略)》





*【兵法先師伝記】
《先師二十五歳ノ頃ヨリ一流ヲ立ラル。此時已ニ空ノ意ヲ得ラレ、直通ノ位ヲ立ラレシカ共、イマダ壯年ノ事故、不易ノ道ニ至ラレザリシガ、五十歳ニ至リテ、今ノ五方ノ構其兵法ノ正シキ道ヲ成就セラレケル》《又當流ノ兵書トテ世間ニ所持スル者有リ。或ハ江戸ノ古書物屋抔ニテ求メ來リタルコトモ有リ。是ヲミルニ、我五卷ノ書ノ如キ正シキ事ナク、成程空ノ事ヲアラハシ置レ、直通直通ト所々ニ記シ置レシ事アレ共、今傳來ノ五卷ノ書トハ格別ノ違ナリ。其時先師、名乗義經ト書キヲカル。先師ノ年若キ時、我武勇源義經ニ比ストイハレシガ、直ニ義經ト号セラレシト言傳フ。彼世間ニ有ル卷物ヲ見レバ、是ハ偽説ナラズト聞ユ》












*【兵道鏡】
《直通之位之事
直通之位(と)云ハ兵法之魂也。前の太刀数共ハ、皆是人の躰の如くなり。是より外にいる事もなし。又のくべき事もなし。勿論時によりて、少も出合ざる事もあれども、又いらでかなはざる事あり。縦バ、眼耳鼻舌手足などの様に作りおきたる物なれバ、此内一つのきても、かたはになるべし。又爰に云太刀数、皆流通自在におぼへぬれ共、直通の心魂なけれバ、狂気醉人、證なき者におなじ。何の太刀も追取先をかけ見るに、敵打処のほし、見ゆる物なり。其時、合太刀あはざる太刀を見分、間よく積り目を見開、一念におもふ所のほしを少もたがへず、縦大地ハ打は(づ)すとも、此太刀努々はづるゝ事なかれと心に念じて、物おそろしき氣をすて、爰こそ直通の一打の所なれば、力にまかせて打べし。又敵を取心も同じ事なり。太刀よく積たらバ、早手に取つきたるとうれしく思ひ、いかほどもふかくかゝるべきなり。直通の心魂なき太刀を死に太刀と云也。能分別して見るべし。まくるには、すさりてもまくるなれバ、爰を以て見るに、まくべき子細なし。奥と云、是より奥もなし、口と云、是より口もなし。されバ、大師、高野山奥の院をたてんと、山深く分入て、おもへば、いまだあさし。奥の院と云なれバ、なを深くたづね上り、ゆき/\て見れバ、又家村近く見ゆる。さて、よめり、
中/\に人里近くなりにけり、あまりに山の奥をたづねて、
となり。おく奥(に)あらず。口くちにあらず。兵法大智の我なれバ、たづねさぐるにきどくなし。ちんへんきどく皆惡し。直通の心肝要なり。仕合してまけたる事なきなれバ、他流のきどくいらぬ物なり。教外別傳たり》















個人蔵
肥後兵法書
「二天一流兵法三十五箇條」
実際には三十九ヶ条版







天仰實相圓滿兵法逝去不絶
小倉武蔵碑 頭冠部


   38 水之巻 後書
【原 文】

右書付所、一流の劔術、大かた、
此巻に記し置事也。
兵法、太刀をとつて人に勝處を覚るハ、
先、五つの表を以て、五方の搆をしり、
太刀の道を覚へて、惣躰やはらかになり、
心もきゝ出、道の拍子をしり、
おのれと太刀手さへて、
身も足も、心のまゝ、ほどけたる時に随ひ、
一人に勝、二人にかち、
兵法の善悪をしるほどになり、以下不連続
此一書の内を、一ヶ条/\と稽古して、
敵と戦ひ、次第/\に道の利を得て、
たへず心にかけ、急ぐ心なくして、
折々手にふれ、徳を覚へ、
何れの人とも打あひ、其心をしつて、
千里の道も、ひと足宛はこぶ也。
ゆる/\と思ひ、此法をおこなふ事、
武士の役なりと心得て
以下不連続
今日ハ昨日の我に勝、あすハ下手に勝、
後ハ上手に勝と思ひ、此書物のごとくにして、
少もわきの道へ心のゆかざる様に思ふべし。
たとへ何ほどの敵に打勝ても、
習にそむく事におゐてハ、
實の道に有べからず。
此利、心にうかミてハ、一身をもつて、
数十人にも勝心のわきまへ有べし。
然上ハ、劔術の智力にて、
大分一分の兵法をも得道すべし。
千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす。
能々吟味有べきもの也。(1)
【現代語訳】

 右に書き付けたところは、我が流派の剣の使い方の大略を、この巻に記しておいたのである。
 兵法において、太刀を手に取って人に勝つところを覚えるには、まず五つの表〔おもて〕によって五方〔ごほう〕の搆えを知り、太刀の道を覚えること。そうして、全身が柔らかになり、心も利きが出て、道の拍子を知り、自然に太刀の使い方が冴えて、身も足も心のまま、ほどけたようになるにしたがって、一人に勝ち、二人に勝ち、兵法の善し悪しが分別できるほどになり、以下不連続
この書物の中(にある教え)を一ヶ条ずつ稽古して、敵と戦い、次第しだいに道の利〔理〕を得て、絶えずそれを心にかけて、性急な心にならず、機会があるごとに、太刀を手に触れてその徳〔効能〕を覚え、
どんな人とも打ち合って、その心を知り、千里の道も一歩ずつ足を運ぶのである。焦らず気長に考えて、この戦闘法を修行することは、武士の役目だと心得て
以下不連続
今日は昨日の自分に勝ち、明日は下手の者に勝ち、後には上手の者に勝つと思い、この書物の通りにして、少しも脇道に気が行かないように心がけることである。たとえ、いかほどの敵に打ち勝っても、習ったことに背くようであれば、それは決して真実の道ではありえない。
 この利〔理〕が心に浮べば、一人で数十人にも勝てる心のわきまえができるのである。そうなれば、(次は)剣術の智力によって、大分一分の兵法*をも得道すべし。
 千日の稽古を鍛〔たん〕とし、万日の稽古を練〔れん〕とする。よくよく吟味あるべきである。
 
  【註 解】

 (1)千日の稽古を鍛とし、萬日の稽古を練とす
 水之巻を総括して語る後書きである。この水之巻は、かなり初歩的な教えからはじまり、多敵の位まで段階が進んだ。要するに、書かれざる口伝という寺尾孫之丞之の仕込み、その不立文字の部分は別にすれば、太刀の使い方のほぼ全容が語られたのである。
 そうして、最後に、千日の稽古を鍛〔たん〕とし、万日の稽古を練〔れん〕とする、何よりも焦らず着実に一歩ずつ修行あるべし、研究あるべし、という教えである。これはどうみても、練達の上級者向けではなく、初級者ないしは凡庸な者を対象にした教えであろう。武蔵本人は無師独覚の人で、十三歳の少年の時から決闘に明け暮れた天賦の兵法者だったが、その彼自身は、他人にはかように教訓したのである。
 ここでの内容は、とくに難しい話ではない。懇切に教え諭す文章で、だれにも解る話であろう。
《千里の道も、ひと足宛はこぶ也》
《今日は昨日の我に勝、あすは下手に勝、後は上手に勝と思ひ》
《千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす》
とあるのは、武蔵の金言集に算えられる言葉であり、いわば標語として使えるほど、わかりやすく説こうとする懇切なものが、武蔵の教授にはある。とくに水之巻は、五巻のうち入門篇のようなものであるが、それはこの後書の文章によっても知れるところである。
 なお、上に掲げたテクスト及び現代語訳は、寺尾孫之丞の編集文である。これには問題がある。想定すべき武蔵オリジナルを復元してみれば、これとは異なる。それは後に示すことにしたい。
○此条諸本参照 →  異本集 




 ここで先に、語釈に関して、若干説明を必要するところがある。それはたとえば、
《惣躰やはらかになり、心もきゝ出、道の拍子をしり、おのれと太刀の手さへて、身も足も、心のまゝに、ほどけたる時に随ひ》
とあるところである。堅さが取れて、全身が柔らかくなり、心も利きが出て、道の拍子を知り、自然に太刀の使い方も冴えて、身も足も心のままに、ほどけたようにゆったりとなるにしたがって…というのが文意である。「心も利きが出る」「道の拍子を知る」というところなどは、成語であるから、そのまま使いたいところであるが、では、これはどういう意味か。
 「心も利きが出る」という「利き」は、働きとか効果とか性能で、現代語でも「ブレーキの利きがよい」などという用法である。
《小判のきゝぞ、こたへける》(近松「冥途の飛脚」)
というのはそれである。「心も利きが出る」とは心の働きがよくなる、効果が出るという意味で、それで「道の拍子を知る」ようになる。「道の拍子」とは、太刀の道の拍子。太刀の使い方の拍子、リズムやテンポ、タイミングといったことである。拍子というテーマでは、水之巻はいくつかの節で述べていた通りである。
 いま、既成現代語訳が、このあたりをいかに訳しているかを見ると、右掲のごとく、各人まちまちである。まず、《心もきゝ出》については、戦前の石田訳の「心が機敏になり」、戦後の神子訳の「正しい判断力がつき」は明らかに筋が違う。岩波版注記は、石田訳を流用し、「心のはたらき機敏なこと」している。後二者、大河内訳と鎌田訳の「心の働きが機敏」というのは、岩波版注記を頂戴したものである。しかし、「心の利きが出る」のと、「心の働きが機敏になる」というのは、若干ニュアンスがちがう。機敏というより、性能が良くなると云ったほうがよい。前出のように淀むこともあるのだから、機敏とは限らないのである。
 同時に問題のあるのは、後半部分の、《身も足も、心のまゝ、ほどけたる時に随ひ》とある箇処である。
 石田訳はこれを「心のまゝに自由自在になる」と訳して、「ほどけたる」という語の訳を回避した意訳で臨んでいる。神子訳は、「思うままに動く」として、あっさり脱線している。岩波版注記は、「思うままに円滑に動く、自由自在となる」として、先行する石田訳と神子訳両方の意訳を頂戴しているだけで、同じ間違いを反復している。それは右の「二刀一流極意條々」の文言を見つけたまではよいが、そこを読み間違えているからである。文意は論理的で、「自由になるのは、ほどけたからだ」と言っているにすぎない。「ほどける」の意味を、体も足も思うままに円滑に動くようになることとするのは、誤りである。
 「ほどける」は、文字通り、まさに「解〔ほど〕ける」でよいのであり、緊張が寛解することである。自由自在に動くという意味ではない。身体が自由自在に動くのは、解けた結果/効果(effect)なのである。
 これに対し後二者の大河内訳・鎌田訳は、岩波版注記を流用したもので、とくに鎌田訳は例によって岩波版注記をそのままパクったに過ぎず、何の努力もしない怠慢ぶりである。
 また、次の部分はどうであろうか。
《然る上は、劔術の智力にて、大分一分の兵法をも得道すべし》
 ひとつ問題は「剣術の智力」という語であろう。ここでいう「剣術」は今日我々の云う「剣術」とは少し意味が違う。剣の技、技術という意味であるが、ここでは兵法と同義語で使っている。また「智力」というのは、むろん知識(knowledge)の力ではない。知性(intellect)の力でもなく、智慧の力という意味である。この智慧という言葉は、本来仏教用語のそれであるが、策略知略という意味を含む兵法用語だから特種なものである。
 先と同様にして、既成現代語訳が、ここをいかに訳しているかを見ると、右掲のごときもので、戦前の石田訳はまだしも、戦後の三者ともに誤訳で落第である。《智力》という言葉のどこから「理論、知識」「知識と実力」「知識と実践」といった訳語が出てくるのか。「剣術の智力によって」とすれば間違いがないのに、余計な解釈をして誤訳した事例である。せめて「剣術の智慧の力」とでもしておけばよかったのである。いづれも訂正を要する訳である。
 しかも、この訳者たちが誤っているのは、「大分一分の兵法」が、武蔵の用法では兵法語彙だということをわきまえず、この語を分解して訳していること、そして、《然る上は、劔術の智力にて、大分一分の兵法をも得道すべし》とある明確な指示の身ぶりを、「体得(会得)することができるであろう」と、間の抜けた未来形に訳しているところである。
 これは神子訳が播いた種であるが、後二者は何の工夫も無く、これを頂戴しているだけである。それゆえ、問題は当初の神子訳にあるとしても、それをそのまま流用する後二者の、怠惰な横着にこそ問題がある。
 ともあれ、ここは、ようするに、一人で数十人にも勝てる心のわきまえができたなら、次は、剣術の智力によって、大分一分〔だいぶんいちぶん〕の兵法、その戦い方をも得道しなさい、という指示である。この「大分一分の兵法」というのは、合戦のような大人数の戦闘と一対一の戦闘を無差異化する武蔵流の兵法理論である。
 したがって、語訳の上でも、この「大分一分の兵法」を、大人数の戦い「と」一対一の戦いという具合に分割してはならないのである。武蔵の兵法理論は、まさに「大分の兵法」と「一分の兵法」をショートサーキットさせ、無差異化するところに、その特性があったのである。
 かくして、剣術がマスターできたら、次に、その「大分一分の兵法」をマスターせよということである。その「大分一分の兵法」は次巻・火之巻に述べられる。この水之巻の後書によるかぎりでは、武蔵の教えのプログラムでは、剣術から大分一分の兵法へ、という発展コースが設定されているようである。それゆえまた、この水之巻後記は、次の火之巻へのドアを指し示しているのである。


石井家冊子本 当該箇処


*【現代語訳事例】
《全身自由自在になり、心が機敏になり、兵法の勘を知り、ひとりでに太刀使ひも冴えて、身も足も心のまゝに自由自在になる》(石田外茂一訳)
《全身がやわらかになり、正しい判断力がつき、拍子がわかるようになり、自然と太刀づかいも上達し、体も足も、思うままに動くようになってくる》(神子侃訳)
《全身が自由に動くようになり、心の働きが機敏になって道の拍子を知り、ひとりでに太刀の使い方も冴えて、体も足も心のままに円滑に動くようになる》(大河内昭爾訳)
《全身がやわらかになり、心のはたらきが機敏となり、兵法の拍子がわかるようになり、ひとりでに太刀の使い方も冴えて、身も足も、思うがままに円滑に働き、自由自在になる》(鎌田茂雄訳)

*【二刀一流極意條々】
《練り、鍛ひて、引き、吊り、張り、きしみ、縛り、縊りたる様の不自由成る事無くして、總身心の儘に動静する事、則ち解〔ほどけ〕たるなり》









*【現代語訳事例】
《かうすれば、劍術の智慧を得て小の兵法も大の兵法も會得できる》(石田外茂一訳)
《そうなれば、あとは剣術の理論、知識によって合戦の上のことをも、一人対一人のたたかいのことをも、体得することができるであろう》(神子侃訳)
《そのうえは、剣術の知識と実力で大勢の合戦にも、一対一の戦いにも、勝つ道を体得することができるであろう》(大河内昭爾訳)
《そうすれば、あとは剣術の知識と実践によって多人数のときも、一人どうしの闘いのことも、会得することができるであろう》(鎌田茂雄訳)
――――――――――――

 さて、校異の問題に入る前に、実はもっと根本的な問題がこの後書の文章にある。上掲テクスト及び訳文にチェックを入れておいたのであるが、文章に不連続と思わせる箇処がある。それは、
《…身も足も、心のまゝ、ほどけたる時に随ひ、一人に勝、二人にかち、兵法の善悪をしるほどになり》★《此一書の内を、一ヶ条/\と稽古して、敵と戦ひ、次第/\に道の利を得て…》
とあるところであり、また、もう一つの不連続箇処は、
《…ゆる/\と思ひ、此法をおこなふ事、武士の役なりと心得て》★《今日ハ昨日の我に勝、あすハ下手に勝、後ハ上手に勝と思ひ…》
とあるところである。この二つの箇処の前後に連続性がなく、一文として続きにくい。おそらく、このあたり、何か異変のあったものと思われる。
 もし、この不連続箇処の間の文がなかったと仮定すれば、
《…身も足も、心のまゝ、ほどけたる時に随ひ、一人に勝、二人にかち、兵法の善悪をしるほどになり》★《今日ハ昨日の我に勝、あすハ下手に勝、後ハ上手に勝と思ひ…》
ということで、さして無理なく文章が連続する。したがって、草稿本文の最初はこのような文だったが、後に、不連続部分が間に挿入されたと思われる。すなわち、ここに不連続性を示す箇処により、当初の草稿本文を復元しうるのである。
 しかし武蔵は、その当初本文にさらに文を書き加えた。それが、不連続箇処によって区切られる中間の文である。ただし、前後不連続であるから、これは武蔵の文章そのままではないことはたしかである。
 そこで、この後補挿入と思われる文をつぶさに分析してみると、右のように二つの構成部分があると知れる。この〔A〕〔B〕二つの部分の内容は、乖離したものではなく、関連のある内容である。したがって、一団の文章とみなしうる。ただし、問題は、上記のように、この部分が前後の文と連続しないことである。
 そうしてみると、考えられるのは、この〔A〕〔B〕二つの構成部分の前後が入れ替わっているのではないか、ということである。つまり、《此一書の内を、一ヶ条/\と稽古して…》とある部分〔A〕が前に出て、《何れの人とも打あひ、其心をしつて…》とある部分〔B〕が後へ回ったのではないか、ということである。そのために、前後の文章との連続性が失われたのである。
 そこで、この想定に基づいて、〔A〕〔B〕二つの順序を入れ替えてみると、前後の文章との連続性が出てきたのである。







*【想定当初本文】
《書付所、一流の劔術、大かた、此巻に記し置事也。兵法、太刀をとつて人に勝處を覚るは、先、五つの表を以て、五方の搆をしり、太刀の道を覚へて、惣躰やはらかになり、心もきゝ出、道の拍子をしり、おのれと太刀手さへて身も足も、心のまゝ、ほどけたる時に随ひ、一人に勝、二人にかち、兵法の善悪をしるほどになり》★《今日ハ昨日の我に勝、あすハ下手に勝、後ハ上手に勝と思ひ、此書物のごとくにして、少もわきの道へ心のゆかざる様に思ふべし。たとへ何ほどの敵に打勝ても、習にそむく事におゐてハ、實の道に有べからず。此利、心にうかミてハ、一身をもつて、数十人にも勝心のわきまへ有べし。然上ハ、劔術の智力にて、大分一分の兵法をも得道すべし。千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす。能々吟味有べきもの也》

*【後補挿入文】
〔A〕 《此一書の内を、一ヶ条/\と稽古して、敵と戦ひ、次第/\に道の利を得て、たへず心にかけ、急ぐ心なくして、折々手にふれ、徳を覚へ》
〔B〕 《何れの人とも打あひ、其心をしつて、千里の道も、ひと足宛はこぶ也。ゆる/\と思ひ、此法をおこなふ事、武士の役なりと心得て》
写本によるテクスト   想定しうるテクスト
右書付所、一流の劔術、大かた、此巻に記し置事也。兵法、太刀をとつて人に勝處を覚るハ、先、五つの表を以て、五方の搆をしり、太刀の道を覚へて、惣躰やはらかになり、心もきゝ出、道の拍子をしり、おのれと太刀手さへて、身も足も、心のまゝ、ほどけたる時に随ひ、一人に勝、二人にかち、兵法の善悪をしるほどになり、
 
右書付所、一流の劔術、大かた、此巻に記し置事也。兵法、太刀をとつて人に勝處を覚るハ、先、五つの表を以て、五方の搆をしり、太刀の道を覚へて、惣躰やはらかになり、心もきゝ出、道の拍子をしり、おのれと太刀手さへて、身も足も、心のまゝ、ほどけたる時に随ひ、一人に勝、二人にかち、兵法の善悪をしるほどになり、
此一書の内を、一ヶ条/\と稽古して、敵と戦ひ、次第/\に道の利を得て、たへず心にかけ、急ぐ心なくして、折々手にふれ、徳を覚へ、
 
何れの人とも打あひ、其心をしつて、千里の道も、ひと足宛はこぶ也。ゆる/\と思ひ、此法をおこなふ事、武士の役なりと心得て、
何れの人とも打あひ、其心をしつて、千里の道も、ひと足宛はこぶ也。ゆる/\と思ひ、此法をおこなふ事、武士の役なりと心得て、
 
此一書の内を、一ヶ条/\と稽古して、敵と戦ひ、次第/\に道の利を得て、たへず心にかけ、急ぐ心なくして、折々手にふれ、徳を覚へ、
今日ハ昨日の我に勝、あすハ下手に勝、後ハ上手に勝と思ひ、此書物のごとくにして、少もわきの道へ心のゆかざる様に思ふべし。たとへ何ほどの敵に打勝ても、習にそむく事におゐてハ、實の道に有べからず。此利、心にうかミてハ、一身をもつて、数十人にも勝心のわきまへ有べし。然上ハ、劔術の智力にて、大分一分の兵法をも得道すべし。千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす。能々吟味有べきもの也。
 
今日ハ昨日の我に勝、あすハ下手に勝、後ハ上手に勝と思ひ、此書物のごとくにして、少もわきの道へ心のゆかざる様に思ふべし。たとへ何ほどの敵に打勝ても、習にそむく事におゐてハ、實の道に有べからず。此利、心にうかミてハ、一身をもつて、数十人にも勝心のわきまへ有べし。然上ハ、劔術の智力にて、大分一分の兵法をも得道すべし。千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とす。能々吟味有べきもの也。
 このように、問題部分を操作すれば、文意が通るようになる。したがって、上掲想定文が、オリジナルではないかとみなしうる。
 とすれば、この文章異変はどこで生じたのか。それは申すまでもなく、寺尾孫之丞の編集段階であろう。おそらく武蔵の草稿には、読み取り難しいものがあったし、文章の後先も文面どおりではなかったようである。挿入や書き込みのある草稿ゆえに、文の順序が不明確なこともあったようである。
 ただ、寺尾は、できるだけ草稿の原型を残そうとしたはずである。その結果、武蔵が書き置いたままに、文を並べただけなのだが、その無作為が却って文章の順序を混乱せしめることになったのである。
 このケースでは、草稿本文は、上記のように、不連続の閾のある間の文はなかった。そこに武蔵は後から書き足した。そのとき、挿入順序が曖昧で、後に寺尾を混乱させたのであろう。
 寺尾孫之丞は、本書草稿を贈与されてはじめて、内容を見たのである。武蔵の原稿に疑問が生じても、すでに武蔵はこの世にいなかった。かくして、寺尾は自分の判断と解釈で、それを清書せざるをえない。しかし寺尾はできるだけ原型に忠実であろうとし、その通りに作為なく書き写した。ところが、後補文を本文に流し込むと、その語順が武蔵の意図とは違っていたのである。
 かくして、当該箇処の想定すべきオリジナルの復元は以下の通りである。現代語訳も添えて示せば、復元結果はより明確になろう。
【原 文】

(前略)
身も足も、心のまゝ、ほどけたる時に随ひ、
一人に勝、二人にかち、
兵法の善悪をしるほどになり、
何れの人とも打あひ、其心をしつて、
千里の道も、ひと足宛はこぶ也。
ゆる/\と思ひ、此法をおこなふ事、
武士の役なりと心得て
此一書の内を、一ヶ条/\と稽古して、
敵と戦ひ、次第/\に道の利を得て、
たへず心にかけ、急ぐ心なくして、
折々手にふれ、徳を覚へ
今日ハ昨日の我に勝、あすハ下手に勝、
後ハ上手に勝と思ひ、此書物のごとくにして、
少もわきの道へ心のゆかざる様に思ふべし。
(後略)
【現代語訳】

(前略)身も足も心のまま、ほどけたようになるにしたがって、一人に勝ち、二人に勝ち、兵法の善し悪しが分別できるほどになり、
どんな人とも打ち合って、その心を知り、千里の道も一歩ずつ足を運ぶのである。
焦らず気長に考えて、この戦闘法を修行することは、武士の役目だと心得て、この書物の中(にある教え)を一ヶ条ずつ稽古して、敵と戦い、次第しだいに道の利〔理〕を得て、絶えずそれを心にかけて、性急な心にならず、機会があるごとに、太刀を手に触れてその徳〔効能〕を覚え
今日は昨日の自分に勝ち、明日は下手の者に勝ち、後には上手の者に勝つと思い、この書物の通りにして、少しも脇道に気が行かないように心がけることである。(後略)
 想定すべき武蔵オリジナルを復元してみれば、かくのごとくである。先に掲げたテクスト及び現代語訳は、現存写本にもとづき寺尾孫之丞の編集文をそのまま提示しておいた。したがって、彼此比較して読まれたし。

――――――――――――

 さて、重要な問題が片付いたので、ここで諸本校異の問題に立ち入っておきたい。ここにはいろいろ字句の相異があるからである。あちこち多いので、以下にまとめて提示しておく。


*【吉田家本】
《惣躰やわらかになり、心きゝ出、道の拍子をしり、おのれと太刀手さへて、身も足も、心のまゝほどけたる時に随ひ、(中略)急心なくして、折々手にふれ、徳を覚へ》
*【楠家本】
《惣躰やはらかになり、心きゝ出、道の拍子をしり、をのれと太刀手さへて、身も足も、心のまゝほどけたる時にしたがひ、(中略)いそぐ心なくして、おり/\手にふれてハ、徳をおぼえ》
*【富永家本】
《惣躰やはらかになり、心利出、道の拍子を知り、おのれと太刀手さへ、身も足も、心のまゝほどけたる時に隨、(中略)急心無くして、折々手に觸てハ、徳を覚へ》
*【近藤家乙本】
《ハ躰やハらかになり、心きゝ出、道の拍子をしり、おのれと太刀手さへて、身も足も、心のまゝほどけたる時に随ひ、(中略)急ぐ心なくして、折々手にふれ、徳を覚へ》
*【細川家本】
《惣躰自由〔ヤハラカ〕になり、心きゝ出、道の拍子をしり、おのれと太刀手さへて、身も足も、心の儘ほどけたる時に随ひ、(中略)いそぐ心なくして、折々手にふれては、徳を覺へ》
*【狩野文庫本】
《惣躰和ラかに自由ニ成、心きゝ出、道の拍子を知、おのれと太刀手さへて、身も足も、心の儘ほどけたる時に隨ひ、(中略)急心なくして、折々手にふれては、徳を覚》
 まず、「やわらかに」と諸本にあるところ、肥後系細川家本は「自由」と書いて「ヤハラカ」とルビを振っている。これは同系統の常武堂本も同じであるから、細川家本・常武堂本両者の祖本の段階で発生した字句である。
 他方、丸岡家本は、「自由」と書いてルビなしである。それに対し楠家本は、「やはらか」と記し、早期派生系統の富永家本も、同前である。もとより、筑前系諸本には「自由」という字句はない。
 したがって、何れにしても、「自由」と漢字表記するのは、肥後系の中でも後発的変異である。細川家本や丸岡家本は、この字句からしてその後発性を示している。
 それよりもこのあたり、筑前系/肥後系を截然と区分する指標的差異が複数ある。それを順に確認してみたい。
 まず、一つは、筑前系諸本に、《心もきゝ出》とあるところ、肥後系ではこれを、《心のきゝ出て》とする。《心も》ではなく《心の》であり、《出》ではなく《出て》と「て」字を補う。
 次に、筑前系諸本には、《おのれと太刀手さへて》とするところ、肥後系では、《おのれと太刀も手さへて》として、「も」字を入れる。
 三つめには、筑前系諸本では、《心のまゝ、ほどけたる時に随ひ》とあって「心のまゝ」とするところ、肥後系では、「心のまゝに」として、これも「に」字を入れる。
 最後に、筑前系では、《折々手にふれ》とするところ、肥後系では、《折々手にふれては》として「ては」の二字を入れる。
 以上のように、筑前系諸本と肥後系諸本の間には種々校異点があるのだが、これはいかがであろうか。
 その文意の点では、どちらも不都合なく通る。やや問題がありそうなのは、筑前系の《おのれと太刀手さへて》とあるところ、肥後系のように《太刀も》と「も」字を入れた方が、文が滑らかになるが、それでも、ここに「も」字の脱落があったとは確言できない。《おのれと、太刀、手さへて》の方が文体がマッチョでゴツゴツした感じが出るからである。
 そこで興味深いのは、筑前=越後系の石井家本である。巻子本では《太刀の》と「の」字をいれているが、冊子本ではこれに朱点を打って、衍字たることを示している。いうならば、《おのれと太刀手さへて》には、書写者がついつい《太刀の》とか《太刀も》とか、文字を入れてしまいたくなる箇処なのである。
 《太刀も》と「も」字を入れた肥後系の起源も、そういう偶発的な衍字誤記にあったらしい。同様にして、《心のまゝ、ほどけたる時に随ひ》においても、《心のまゝ》の後に「に」字を入れてしまった。このように文字をつい補足してしまう傾向の書写者がいて、《折々手にふれ「ては」》と、ここも「ては」を付加し、また、《心も利き出》にも「て」字を加えたほか、「心も」を「心の」と誤写した。その初期写本が、爾後の子孫たちの字句をもたらしたというわけである。
 では、例によって、間テクスト的分析によって見るとどうか、ということになる。すなわち、立花峯均=越後系も含めた筑前系諸本に共通するところから、これは筑前系初期からあった文言である。しかもそれが、寺尾孫之丞前期、柴任美矩が承けた五輪書の字句である可能性が高い。とすれば、こちらにアドヴァンテージがある。
 他方、肥後系は、早期に派生した系統の子孫たる富永家本や円明流系統諸本も同じだから、これも早期写本にあった文言である。この場合、門外流出後早々に異本が現われ、そこで写し崩れが出来したのである。
 さて、もう一つ指摘しておくべき校異があろう。それは細川家本の系統に特徴的な字句である。つまり、
《此利、心にうかては、一身を以て数十人にも勝心のわきまへあるべし》
と細川家本にあって、《うかひて》(浮かびて)とするところ、常武堂本も同じである。他方、筑前系/肥後系を通じて、諸本には《うかミて》とする。
 これは明らかに、細川家本・常武堂本の《うかひて》の「ひ」字の表記は新しい。近縁性のある楠家本も丸岡家本も、ともに「ミ」字に作るからである。細川家本の「ひ」字は最も後発性の書字法である。
 このことに関連して言えば、上述のごとく「やわらか」と諸本にあるところ、細川家本の祖本段階で、「自由」と漢字に書いて「ヤハラカ」とルビを振るようになっている。丸岡家本は、「自由」と書くが、ルビなしである。それに対し楠家本は、「やはらか」と記す。したがって、「自由」と漢字表記するのは、後発的変異である。これは上述の通りである。
 このように「自由」と漢字で表記し、「ヤハラカ」とルビを振るのは、「やはらか」と「自由」の両方を参照したとみえる。つまり、細川家本の祖本は後発的変異以後の写本だが、それだけにとどまらず、諸本を参照して編集して成った写本だと知れるところである。細川家本の奥書にしても、編集によって取り込まれたものであるから、祖本が諸本を参照した痕跡を細川家本が残すのも当然である。
 また、「自由に」「ヤハラカ」ということでは、円明流系統の狩野文庫本や多田家本にも、《惣躰和ラかに自由ニ成》《惣躰やわらかに自由ニ成》とあるところである。これはルビが本文化したとみえる。ただし、細川家本と同じく、《やわらかに》《自由に》の両方を参照した後の後期性を示す。つまり、細川家本はこうした後期写本と同じ位相にある。
 それと同じことで、細川家本・常武堂本の系統に特徴的な《うかひて》の「ひ」字も、細川家本の後発性を示す字句である。しかるに、近縁性のある楠家本も丸岡家本も、ともに「ミ」字を記す。これは諸本共通である。楠家本・細川家本・丸岡家本、この三本のうち、細川家本のみが「ミ」字を「ひ」字に変えているのである。
 こうしてみれば、細川家本の後発的特徴はここでも明らかである。したがって、同本を古型だと思い込むのは、錯覚以外の何ものでもないことが知れよう。

――――――――――――





楠家本 校異箇処





*【石井家本】
《ハ躰やハらかになり、心きゝ出、道の拍子をしり、おのれと太刀()手さへて、身も足も、心のまゝほどけたる時に随ひ、(中略)急ぐ心なくして、折々手にふれ、徳を覚へ》


細川家本 校異箇処

*【吉田家本】
《此利心にうかてハ、一身をもつて》
*【伊丹家甲本】
《此利心にうかてハ、一身をもつて》
*【近藤家甲乙本】
《此利心にうかてハ、一身をもつて》
*【石井家本】
《此利心にうかてハ、一身をもつて》
*【楠家本】
《此利心にうかてハ、一身をもつて》
*【細川家本】
《此利心にうかては、一身を以て》
*【丸岡家本】
《此利心にうかては、一身を以》


多田家本 「惣躰やわらかに自由に」
 ところで、以上本文で見たように、この水之巻は武蔵の教えの基本となるものである。このことから、後に、興味深い相伝方法も生じた。それは、地之巻よりもこの水之巻の方を先に伝授するというケースである。
 五輪書は必ずしも一括同時伝授ということではなかった。巻を分けて順次伝授することかあった。それは筑前二天流にみられたことである。たとえば、三代柴任美矩はその門人・吉田実連へ五輪書を伝授するに、以下のような次第であった。
    (水之巻) 明暦二年(1656)閏四月十日
    (地之巻) 万治三年(1660)五月朔日
    (火之巻) 寛文九年(1669)四月十七日
    (風之巻)    同 上
    (空之巻) 延宝八年(1680)四月二十二日
 これによれば、地之巻に先行して水之巻が伝授されている。そして、その水之巻伝授から空之巻まで、あしかけ二十五年である。
 また、近年発掘した越後系諸本によれば、四代吉田実連は、その門人・立花峯均へ五輪書を伝授するに、以下のような次第であった。
    (水之巻) 元禄四年(1691)七月廿六日
    (地之巻) 元禄八年(1695)十月十二日
    (風之巻) 元禄十二年(1699)五月十日
    (火之巻) 元禄十三年(1700)八月十九日
    (空之巻) 元禄十六年(1703)五月二十八日
 このケースでは、やはり地之巻に先行して水之巻が伝授されている。そして、また、火之巻より風の巻の方が先に渡されているようである。しかし、五代立花峯均は、三人の門人に同時に五輪書を相伝したが、そのばあいは、五巻一括伝授であった。
 いづれにしても、五輪書の伝授形態はさまざまであるが、上記ケースのように、地之巻に先行して水之巻を伝授するということは、剣術の教えを説く水之巻を基本とみなしていたからであろう。
 今日の我々は、五巻の書を地之巻から読み進めるのであるが、武蔵門流の現場では、このように水之巻から伝授するやり方もあった、ということも、念頭におくべきである。

――――――――――――

 最後にもう一つ、この水之巻後書に関していえば、これがそっくりそのまま、肥後兵法書の後書に転記されていることである。
 しかも、そのうえ、奇怪なことには、その後に、
寛永十八年二月朔日 新免武蔵守藤原玄信 判
と記されているのである。寛永十八年二月といえば、武蔵が細川忠利の求めに応じて、兵法の書三十九箇条を書いて献上したという伝説の日付なのである。
 他方、五輪書水之巻の日付は、正保二年五月十二日であり、しかも宛先は寺尾孫之丞なのである。
 肥後兵法書を見る限りにおいて、同書が作成されたとき、水之巻後書を流用しただけではなく、寺尾求馬助門流の伝説にしたがって、この日付に改竄したものらしい。もちろん、寺尾孫之丞という宛名は抹消されている。
 もちろんこの後書の内容は、若年初心の者向けのものであり、柳生宗矩から新陰流の印可を受け、『兵法家伝書』を相伝されたほどの細川忠利に授与する文書の内容ではない。
 後に、これでは体裁が整わぬと思ったものか、肥後兵法書異本三十五箇条版には、献上本のスタイルを作っているものもある。周知の如く、細川忠利は寛永十八年三月に死去したが、二月にはすでに重病の床にあり、かような奥書は状況に対応しない。後世の捏造文書である。
 このように献上本の体裁をとるものが先にあったのなら、この奥書の方を肥後兵法書諸本に記すであろう。しかし諸本にはたいていそれを記さない。したがって、献上本の体裁をとるものは、後に発生した偽作である。
 肥後兵法書の当初は、五輪書摘要本であり、水之巻後書をここに引いただけのものであったはずである。それが、次の段階では、寛永十八年二月の日付を付すようになった。そうしてさらに後には、献上本のスタイルを擬するようになったのである。
(phase1) 原型 五輪書摘要本
(phase2) 水之巻後書に日付「寛永十八年二月」を記入
(phase3) 水之巻後書を廃棄し、献上本の奥書を擬す
 ともあれ、五輪書水之巻後書は、寺尾孫之丞の編集によって爾後のかたちに成ったものである。その編集段階で、文章の順序の錯誤が発生したことは、上に見た通りである。このかたちは、武蔵死後、寺尾孫之丞の編集段階で生じたものである。したがって、寛永十八年には存在しない文書なのである。
 このことから、肥後兵法書の寛永十八年二月という日付は、後の虚構であり、肥後兵法書の偽書たることを自ら露呈している。しかるに、現今なお、五輪書の前に兵法書三十五箇条が書かれていたという妄説を開陳する者がいる。迷蒙、いまだ醒めやらぬ、という状況である。   Go Back



吉田家本 水之巻奥書
明暦二年(1656)閏四月十日
柴任美矩から吉田実連へ




石井家本 奥書
(左)地之巻/(右)水之巻











*【肥後兵法書後書】
右、書付る所、一流の劔術大形此書に記し置事也。兵法太刀を取て人に勝所を覺るハ、先五ツの表を以て、五方の構をしり、太刀の道を覺へて、惣躰和〔やは〕らかに成、心のき丶出て、道の拍子を知り、己と太刀も手さへて、身も足も心の儘にほどけたる時に随、一人に勝、二人に勝、兵法の善悪を知程になり、此一書の内を一ケ條一ケ條と稽古して、敵と戦、次第次第に道の理を得て、不絶心に懸、急心なくして折々手に觸てハ徳を覺へ、何の人共打合、其心を知て、千里の道も一足づゝ運ぶ也。緩々と思ひ、此法を行ふ事、武士の役也と心得て、今日ハ昨日の我に勝、明日ハ下手に勝、後ハ上手に勝とおもひ、此書物のごとくして、少も脇の道へ心のゆかぬやうにおもふべし。縦何程の敵に打勝ても、習に背く事におひてハ、直(実)の道にあるべからず。此理心に浮ミてハ、一身を以、数十人に勝心の辨へ有べし。然る上は、劔術の知力にて、大分一分の兵法をも得道すべし。千日の稽古を鍛とし、万日の修行を練とす。能々工夫有べき者なり。
 寛永十八年   新免武藏守
    二月朔日    藤原玄信 判 》

*【肥後兵法書異本後書】
《右三十五箇条は、兵法の見立、心持に至るまで大概書記申候。若端々申殘す處も、皆前に似たる事どもなり。又、一流に一身仕得候太刀筋のしな/\口傳等は書付におよばず。猶御不審の處は、口上にて申あぐべきなり。
 寛永十八年二月吉日  新免武藏》



 PageTop    Back   Next