武蔵の五輪書を読む
五輪書研究会版テクスト全文
現代語訳と注解・評釈

Home Page

 解 題   目 次    地 之 巻   水 之 巻   火之巻巻頭   風 之 巻   空 之 巻    異本集 

五輪書 火之巻 5  Back   Next 


 
   19 三つの発声
【原 文】

一 三つの聲と云事。
三つのこゑとハ、初中後の聲と云て、
三つにかけわくる事也。
所により、聲をかくると云事、専也。
聲ハ、いきおひなるによつて、火事などにもかけ、
風波にも聲をかけ、勢力をミする也。
大分の兵法にしても、
戦よりはじめにかくる聲ハ、
いかほどもかさを懸て聲をかけ、
又、戦間のこゑハ、調子をひきく、
底より出る聲にてかゝり、
かちて後に大きに強くかくる聲、
是三つの聲也。(1)
又、一分の兵法にしても、
敵をうごかさんため、打と見せて、
かしらより、ゑいと聲をかけ、
聲の跡より太刀を打出すもの也。
又、敵を打てあとに聲をかくる事、勝をしらする聲也。
これを先後のこゑと云。
太刀と一度に大きに聲をかくる事なし。
若、戦の中にかくるハ、
拍子に乗る聲、ひきくかくる也。
能々吟味有べし。(2)
【現代語訳】

一 三つの声という事
 三つの声とは、「初・中・後」の声といって、三つに(声を)かけ分けることである。その場所(の状況)によって声をかけるということ、これが専〔せん〕である。
 声は勢いであるから、火事などにも声をかけ、風波にも声をかけ、(こちらの)勢力を見せるのである。
 大分の兵法〔集団戦〕にしても、戦うより最初にかける声は、できるだけ大きく圧倒するようにかけ、また、戦いの最中の声は、調子を低く(下げて)、(肚の)底から出る声で(攻撃に)かかり、(そして)勝った後に大きく強くかける声、これが三つの声である。
 また、一分の兵法〔個人戦〕にしても、敵を動かすため、打つと見せて、最初から「えい」と声をかけ、声のあとから太刀を打ち出すものである。また、敵を打って〔倒して〕、後に声をかけること、これは勝ちを知らせる声である。これを「先後の声」という。
 (ただし)太刀(を打ち出す)と同時に大きく声をかけることはしない。もし戦いの最中に声をかけるとすれば、拍子にのる声を低くかけるのである。よくよく吟味あるべし。
 
  【註 解】

 (1)初中後の聲と云て、三つにかけわくる事
 戦いにおいて、「初中後の声」といって、三つにかけ分ける声があるという。「初中後」は、初め・最中・事後の三つの局面である。同じく声を発するといっても、その場の状況にしたがって、発声の仕方を変えろ、という教えである。
 声を発するのは勢いの表出である。声をかけるのは、人間が相手とはかぎらない。おもしろいことに、ここで武蔵は、火事に声をかけ、風波に声をかける民俗を例に挙げている。
 火炎や風波に対して声をかけるのは、こちらが気後れしたり圧倒されないようにする心の効果があるものだが、本来は呪術的行為である。声をかけて、相手の勢いを鎮めるのである。
 周知のごとく本居宣長は、神(迦微)について、
《何にまれ、尋常ならずすぐれたる徳のありて、可畏き物を迦微〔かみ〕とは云なり》
としている。この可畏(かしこ)き物は、鳥獣山川草木でもいいし、火事・風波でもいい。それら可畏き物への呼びかけ方があったのである。
 しかしこの場合は、可畏き物に対する鎮撫だけではなく、発声は対抗的な行為のようである。火事や風波が相手でも、その勢いに負けないように声を発するという意味合いである。
 そこで、大分の兵法〔集団戦〕の場合、三つの発声法がある。戦いの初めにかける声は、相手を圧倒するようにできるだけ大声を発する。戦いの最中は、声の調子を低くして、肚の底から出る声を発して攻撃にかかる。そして、勝った後は、大きく強くかける声、勝利を宣言する聲である。勝鬨である。
 この三つの声はそれぞれ違い、発声法が異なるのである。戦いのはじめと終了後は大きな声、ただし、戦いの最中は、大声を出さず、低い、腹の底から出す声でかかる。これがポイントである。この「初中後の声」は、集団戦における発声法の基本ということで、まずは初歩的な教えあろう。

――――――――――――

 ところで、諸本校異に関して云えば、ここでも、いくつか指摘すべき相異が見られる。
 その一つは、筑前系諸本に、
《風波にも聲をかけ、勢力をミする也》
とあって、「風波にもこゑをかけ」とするところ、肥後系諸本では、
《風波にもかけ、聲ハ勢力を見する也》
である。語順が違い、主客もちがう。
 このどちらを採るかとなると、諸写本それぞれのポジションを勘案することが、先決である。
 すなわち、我々のフォーマットでは、筑前系諸本で共通するとき、言い換えれば、早川系と立花=越後系が共通のばあい、おおむねそれを初期形態とみなす。肥後系がこれと異なるとき、これは後に肥後で発生した変異形態とみる。
 したがって、ここでは、筑前系諸本において共通するケースであるから、筑前系諸本の《風波にもこゑをかけ》とする方が古型である。
 内容を見るに、肥後系の《聲ハ勢力を見する也》というのは、文意にやや難がある。文脈からすれば、勢力を見せるのは、声ではなく、その声をかける主体であるからだ。
 したがって、語順が入れ替わったとみえるのだが、それは最初、肥後系早期写本が、《風波にも、勢力を》と、返り点を打って、漢文表現にしたものであろう。ところが、後の写しのさいに、その語順どおりに読んで、「聲」の後に脱字があるとみて、「ハ」字を入れた。それで、肥後では、《風波ニも懸、聲ハ勢力を》と記すようになった。一方、富永家本系統では、後に「懸」を脱字した。――これがその想定しうるプロセスであろう。
   「風波にも聲をかけ、勢力を」→「風波にも懸聲、勢力を」
    →「風波にも懸、聲、勢力を」→「風波にもかけ、聲ハ勢力を」
 このコースは、逆方向はありえない一方向性のプロセスである。したがって、変異発生はこの順序で生じた。また、肥後系の《風波にもかけ、聲ハ勢力を》が実現するまでに数段階が必要であることから、これは、門外流出後少なくとも数回の伝写を経て生じたものである。
 なお、別の箇処の校異では、筑前系諸本に、《かちて後に》とするところ、肥後系では、《かちて後、跡に》とするなど相違はあるが、これも同前である。つまり、筑前系諸本が共通して《かちて後に》とシンプルに記す方を採るということである。
 この箇処の異変については、以下のようなプロセスが想定される。――まず、《後に》とあるところを、《後々ニ》と誤写した写本が現れ、その後、これを《後、後ニ》と読むものが出て、後の「後」字を「跡」字に変更したと。何れにしても、「後」字を衍字とは見ずに、救済したのである。
 これは、筑前系/肥後系を区分する特徴的相異であるが、ここには別種の相異もある。すなわち、同じ筑前系でも諸本間に相異のある箇処のことである。
 越後系諸本に、
《かちて後に、大き強くかくる聲》
とあって、《大きに》と記すところ、後に発見した立花隨翁本には破損があって「大き」二字までは読めるが、「に」字は読めないが、それらしき字のスペースがある。赤見家甲本はじめ越後系諸本に《大きに》とあることにより、立花隨翁本の欠損部分が「に」字であったと知れるのである。つまり、越後系諸本によって、立花系では《大きに》と記したことが判明するのである。

吉田家本

立花隨翁本

赤見家甲家本
 それに対し、早川系の吉田家本・中山文庫本はともに、《大き》として、「に」字を欠いている。また、同じ早川系の鈴木家本では、はじめ《大に》と書いているが、祖本と照合したらしく、その「に」字を「き」字に訂正している。ようするに、早川系写本では、ここは「に」字を欠いていたのである。
 これを、筑前系/肥後系を横断して確認すれば、共通する語句は、《大きに》であり、それが古型である。このケースでは、立花=越後系諸本の方が正しい。つまり、早川系の方に脱字がみとめられるのである。
 これも、立花=越後系諸本が吉田家本とは別の系統だという証拠例の一つであり、両系統の分岐は、吉田家本以前と知れるところである。
 逆に云えば、吉田家本のうち、空之巻以外の地水火風四巻は、この両系統の分岐以後作成されたものである。空之巻は、柴任美矩が吉田実連に伝授したものだが、他の四巻は、吉田実連が甥の早川実寛に伝授した系統のものである。
 これに対し、越後系諸本は、吉田実連から立花峯均へ相伝され、そしてさらに甥の立花増寿を経て、丹羽信英に伝授され、その丹羽信英が越後へ伝来した系統のものである。両系統の分岐は、立花峯均系統と早川実寛系統の派生したところにある。
 こうした来歴の明らかな筑前系諸本に対し、肥後系諸本は、その成立事情が不明である。というのも、本来は、門外へ流出した写本が元祖であり、以後、非正規海賊版として派生伝写されて行った諸写本の末裔が、現存肥後系諸本なのである。肥後系写本には、正確なものも、写し崩れの大きいものもあるが、何れも書写時期はさして古いものではない。
 したがって、筑前系/肥後系を区別する指標的な相異があるケースにおいて、我々の方式では、筑前系に共通する文言を古型として、これを採ることにしているのである。   Go Back
○此条諸本参照 →  異本集 












*【本居宣長】
《さて凡て迦微〔かみ〕とは、古御典等〔いにしへのみふみども〕に見えたる天地の諸の神たちを始めて、其を祀れる社に坐す御霊をも申し、又人はさらにも云ず、鳥獣木草のたぐひ海山など、其余、何にまれ、尋常〔よのつね〕ならずすぐれたる徳のありて、可畏〔かしこ〕き物を迦微とは云なり》(古事記伝 神代一之巻)












*【吉田家本】
《聲ハいきおひなるによつて、火事などにもかけ、風波にもこゑをかけ、勢力をミする也》
*【中山文庫本】
《聲ハいきおひなるに依て、火事抔にもかけ、風波にもこゑをかけ、勢力をミする也》
*【鈴木家本】
《聲ハいきおひなるによつて、火事などにもかけ、風波にもこゑをかけ、勢力をミする也》
*【立花隨翁本】
《聲ハいきおひなるによつて、火事などにもかけ、風波にも聲をかけ、勢力をミする也》
*【赤見家甲本】
《聲ハいきおひなるによつて、火事などにもかけ、風波にも聲をかけ、勢力をミする也》
*【近藤家甲本】
《聲ハいきおひなるによつて、火事などにもかけ、風波にも聲をかけ、勢力をミする也》
*【石井家本】
《聲はいきおひなるによつて、火事などにもかけ、風波にも聲をかけ、勢力をミする也》
*【楠家本】
《聲はいきおいなるによつて、火事などにもかけ、風波にもかけ、聲ハ勢力を見する也》
*【細川家本】
《声ハいきをいなるによつて、火事などにもかけ、風波にもかけ、声ハ勢力を見する也》
*【富永家本】
《聲ハいきほゐ成によつて、火事抔にも懸、風波にも【聲ハ勢力を見するなり》
*【狩野文庫本】
《聲ハ息をいなるによつて、火事抔ニも掛、風波ニも懸、聲ハ勢力を見するなり》


*【吉田家本】
《かちて後に、大き【】強かくる聲、是三ツの聲也》
*【中山文庫本】
《かちて後に、大き【】強かくる聲、是三ツの聲也》
*【鈴木家本】
《かちて後に、大き()強くかくる声、是三つの聲也》
*【立花隨翁本】
《かちて後に、大き(に)強くかくる声、是三つの聲也》
*【赤見家甲本】
《かちて後に、大きに強くかくる声、是三つの声也》
*【近藤家甲乙本】
《かちて後に、大き強くかくる聲、是三つの聲也》
*【石井家本】
《かちて後に、大き強くかくる聲、是三つの聲也》
*【伊藤家本】
《かちて後に、大き強くかくる聲、是三つの聲也》
*【楠家本】
《かちて後、跡に大きつよくかくる聲、是三ツの聲也》
*【細川家本】
《かちて後、跡に大きつよくかくる声、是三ツの声也》
*【富永家本】
《かちて後、跡に大きつよくかくる声、是三ツのこゑ也》
*【狩野文庫本】
《勝て後、跡に大きつよく懸る声、是三ツの聲也》


*【筑前系五輪書伝系図】

○新免武蔵守玄信―寺尾孫之允┐
 ┌――――――――――――┘
 └柴任美矩―吉田実連―┐
    吉田家本空之巻 |
 ┌――――――――――┘
 ├立花峯均―立花増寿―┐
 |┌―――――――――┘
 |├立花種貫―立花増昆―┐
 ||┌―――――――――┘
 ||└吉田経年 吉田家本相伝証文
 ||
 |└丹羽信英…→(越後門流)
 |         越後系諸本
 |
 ├(吉田治年)…吉田家本四巻
 |          ↑?
 └早川実寛―月成実久―┤
        大塚家本
  ┌―――――――――┘
  └大塚重寧―大塚藤郷―┐
 ┌―――――――――――┘
 └大塚重庸―大塚重任―大塚重正
   中山文庫本    伊丹家本

 
 (2)太刀と一度に大きに聲をかくる事なし
 一分の兵法〔個人戦〕はどうかというと、これは「先後の声」という。ポイントは、発声と同時に打つ、――のではない、という点だ。発声とアクションの間に時間的なズレをおく。つまり相手の拍子を狂わせるのである。
《敵をうごかさんため、打と見せて、かしらより、ゑいと聲をかけ》
 この声は、打つより先に「えい」という声をかけ、そうすると、相手は声に反応して動く、その動作に対して太刀を打ち出す――という一連のアクションのようである。これは、前に、「かげをうごかすと云事」条に、敵の意図の見えぬとき、それを露呈させるためにアクションを起すという教えがあった、
 ただし、一見そのように読めるが、もう一つの読みも可能である。注意したいのは、これが敵を動かそうとするため打つと「見せる」、フェイントの声だ、ということである。
 言い換えれば、これは単純なフェイントではなく、――敵を動かすための打ちと見せる――そういうみせかけのみせかけ、フェイントのフェイントである。
 つまり、単純なフェイント攻撃ではなく、まず敵にこれをフェイントだと思わせて、そこへ打ち込むのである。ヘーゲル流に言えば、仮象の仮象、見かけの見かけは本質、ということだが、これを行為の次元で展開する。フェイントに騙されない人間が、まさに騙されないことによって騙されるのである。武蔵流兵法において、声という次元は、そういう駆け引きの道具なのである。
 そして、「先後の声」の「後」の方は、敵を打って、後に声を発すること、これは「勝ちを知らせる声」であるというから、勝鬨の一種であろう。これを見るに、一分の兵法にも、勝鬨はあったようである。
 勝鬨は、勝ったという宣言であり、アナウンスである。勝ちを知らせるというが、これは「誰に」知らせるのか――という面白い問題がある。これはキリスト教徒なら、「大文字の《神》」に、というところであろう。これに效って言えば、勝ちを知らせる声は「天」に知らせるとも思えるが、実はこの知らされるところの他者とは、世間という大文字の他者なのである。
 ともあれ、ここでの発声に関する武蔵のテーゼは、
《太刀と一度に大きに聲をかくる事なし》
ということである。しかしながら、これは現代人の常識とは逆である。
 ふつう、何かアクションを起すときは、気合をこめて「えい!」と声を発すると思う。じっさい時代劇の合戦場面を見ても、斬り合いを見ても、大きく発声すると同時に攻撃するのがほとんどである。発声と同時の攻撃である。それゆえ戦闘シーンは、たいてい喧しいものである。
 ところが、それはまったく逆である。集団戦であれ個人戦であれ、攻撃の最中には、決して大きく高い発声はしない。このあたりは、近代剣道によって洗脳された現代人にとっては案外な、面白い話である。
 戦いの最中に声を出すとすれば、調子を低く下げて腹の底から出す「うむ」というような低い声である。《拍子に乗る聲》とあるところからすれば、拍子に乗っておのづから出る声である。
 我々の日常でも、ものごとに熱中して調子がよく進むとき、つい声が出ていることがある。拍子に乗っているのである。切り合いの時にも拍子に乗っていると声が出る。この発声は拍子に乗ろうとして出す声ではない。拍子に乗って、おのづから出る声である。
 しかし、武蔵がここでわざわざ、《太刀と一度に大きに聲をかくる事なし》と書いているところをみると、本書著述の十七世紀半ばには、これを、ことさらに教えざるえない状況が生じていたようである。いわゆる道場剣法というものが支配的になり、実戦とはかけはなれた仕儀になりつつあった。そこでは、太刀を打ち出すと同時に「えい!」と声をかける風が流行するようになっていた。だから、武蔵はここで、実戦ではこうだ、こうしなければならない、とわざわざ教えざるをえなかったようなのである。   Go Back








*【かげをうごかすと云事】
《かげをうごかすと云は、敵の心のみヘわかぬ時の事也。大分の兵法にしても、何とも敵の位の見わけざる時は、我方より強くしかくる様にみせて、敵の手だてを見るもの也。手だてを見ては、各別の利にて勝事やすき所也。又、一分の兵法にしても、敵うしろに太刀を搆、脇に搆たる様なるときは、ふつとうたんとすれば、敵思ふ心を太刀にあらはすもの也。あらはれしるゝにおゐては、其まゝ利をうけて、たしかに勝をしるべきもの也。油断すれば、拍子ぬくるもの也。能々吟味有べし》(火之巻)









関ヶ原合戦図屏風

 
   20 まぎる(間切る)
【原 文】

一 まぎる*と云事。
まぎると云ハ、大分の戦にしてハ、
人数をたがひに立合、敵の強きとき、
まぎると云て、敵の一方へかゝり、
敵くづるゝとミバ、すてゝ、
又強き方々へかゝる。
大方、つゞら折にかゝる心也。(1)
一分の兵法にして、
敵を大勢よするも、此心専也。
方々へかゝり*、方々にげバ、
又強き方へかゝり、敵の拍子を得て、
よき拍子に、左、右と、
つゞら折の心に思ひて、
敵のいろを見合て、かゝるもの也。
其敵の位を得、打通るにおゐてハ、
少も引心なく、強く勝利也。
一分入身のときも、
敵の強きには、其心あり。
まぎると云事、一足も引事をしらず、
まぎり*ゆくと云心、能々分別すべし。(2)

【現代語訳】

一 まぎるという事
 まぎる〔間切る〕というのは、(以下のようなことである)
 大分の戦い〔合戦〕の場合では、人数〔軍勢〕を互いに立て合って、敵が強い時、まぎるといって、敵の一方へ(攻撃に)かかり、敵が崩れると見れば、(それを)放置して、また(別の)強い方々へかかる。おおよそ「つづら折り」にかかる心持である。
 一分の兵法の場合、(一人で)敵を多勢引き受けるのにも、この心持が専〔せん〕である。
 方々へ(攻撃に)かかり、方々で(敵が)逃げてしまうと、また別の強い方へ(攻撃に)かかり、敵の拍子を把握して、うまい拍子で、左、右と、つづら折りの感じに思い描いて、敵の様子を見ながら(攻撃に)かかるのである。
 その敵の位〔態勢〕を把握し、攻撃突進して行く、その時には、少しも退く心はなく、強く勝つ(というのが)利である。一分〔個人戦〕での入身の時も、敵が強い場合には、これと同じ気持である。
 まぎるということ、一足も退くことを知らず、まぎり行く〔ジクザグに前進する〕という心持、(これを)よくよく分別すべし。
 
  【註 解】

 (1)大方つゞら折にかゝる心也
 ここは、かなり強い敵と戦うにはどうするか、という教えである。
 前に《まぶるゝ》という話があった。それに対し、ここは、諸写本共通して《まぎるゝ》である。とすれば、これは現代語で「まぎれる」〔紛れる〕ということであり、また一見したところ、この「まぎれる」は「まぶれる」と同じ話のようにみえる。
 ところが、この条文の内容をみるに、そんな「紛れる」という話ではなさそうである。武蔵の述べるところをよく見てみよう。
 話の内容は、敵中に侵入して、攻撃しながらどんどん進んで行く、ということである。
《まぎるゝと云て、敵の一方へかゝり、敵くづるゝと見ばすてゝ、又強き方々へかゝる。大方、つゞら折にかゝる心也》
 つまり、あちらを崩してはこちらを崩しと、敵を崩しながら前進して行くのだが、それを武蔵は、《つゞら折にかゝる心》と表現している。
 「つゞら折」、つまり葛折りであり、「つづら」は葛、つるが何度も折れまがってのびているところから、幾重にもジグザグになった形状を「九十九折」と云った。
 急斜面を登るには、「九十九折」に登る。現代語でも、坂道などで、右に左に幾重にもまがりくねって続くところを、つづら折りといい、「九十九坂」という地名も残っている。
 《大方、つゞら折にかゝる心也》というのは、だいたいのところ、左、右とジグザグに進むイメージで、攻撃をかけろ、ということである。
 一直線に進むのではなく、ジグザグに敵を粉砕しつつ、敵中に進入する。これはストレートに進めば、敵勢が前方に厚く重畳して、それを無理やり突破することになって、敵が強いばあい、それこそ捗が行かないからであろう。右に左に敵を撃破しつつ進む、九十九折りというのは、敵中を進撃するのに効果的な方法である。
 しかし、これが《まぎるゝ》、「まぎれる」ということであろうか?――話はどうも違うようである。ところが、なんと、こんな疑問を提起した者は、従来の五輪書研究史において存在しない。我々はここでも未開の地を拓くことになった。
 九十九折に進撃するのが、どうして「紛れる」ということなのだ?――かくして、我々の探究が始まったのだが、結論から先に云えば、この《まぎるゝ》という語が誤りなのである。この字句を、筑前系/肥後系ともに諸写本を通じて記しているのだが、この《まぎるゝ》というのがまさに誤記だったのである。
 以下は、五輪書研究史においてこれまで他には出たためしのない、我々の新説なので、よく注意して読まれたし――。
 《まぎるゝ》という語は、武蔵のオリジナルでは、明らかに、《まぎる》とあったものである。すなわちこれは「間切る」という語、つまり海事用語で、逆風の中、船が風上に向って進む帆走法を云う。この「間切る」は、英語では《tack》という語である。
 逆風の時でも、船は風上へ前進させることができる。ただし、帆を右開き、左開きと交互に繰り返しながら、ジグザグに進むのである。「まぎり走り」という語もある。
 ようするに、ここで武蔵が示しているのは、逆風の中で船を前進させる、海事用語の《まぎる》(間切る)だったのである。前に「渡を越す」の条で、航海の話が出ていた。ここでも、船の逆風帆走の《まぎる》という語を出しているのである。船が逆風にさからって進むように、ジグザクに前進していく、それが武蔵の云う《まぎる》ということなのである。
 では、諸写本は筑前系・肥後系ともにすべて、《まぎるゝ》としているのは、どういうわけか。
 筑前系と肥後系に共通しているばあい、それは大方、寺尾孫之丞が発給した五輪書にすでにあった字句とみなしうる。したがって、これは、寺尾孫之丞が、オリジナルの《まぎる》を《まぎるゝ》と誤写したということである。「ゝ」というだけの些細なところだが、武蔵のオリジナル草稿の文字を読み間違えて、《まぎるゝ》と書いてしまった。
 そこからすべてがはじまった。それ以後、筑前系でも肥後系でも、《まぎるゝ》と伝写されていくようになったのである。
 かくして、我々のこの五輪書研究において、如上の史料批判が遂行され、はじめて《まぎる》という語が復旧可能になったのである。まさに、本稿を読みつつある諸君はそれに立ち会っているわけである。
 武蔵が死期に臨んで、寺尾孫之丞に兵書五巻を託したのが、正保二年(1645)である。すくなくとも、以来三百六十年、武蔵の《まぎる》は、《まぎるゝ》と誤解され、放置されたままであった。それが、まさに今ここで原状回復されたのである。
 武蔵のオリジナル、「原五輪書」の復元。それが我々の五輪書研究の目的であるが、こうして一つ、前進をなしえたのである。後学の諸君は、この成果を踏まえて、さらなる前進をすべし。   Go Back
○此条諸本参照 →  異本集 






「つづら折り」 日光いろは坂




「つづら折り」に打通る
戦闘スキーマ






船のまぎり走り




九州大学蔵
吉田家本 「まぎるゝ」
 
 (2)まぎると云事、一足も引事をしらず
 一分の兵法〔個人戦〕の場合である。そこでも、まぎる(間切る)のである。ただし、武蔵の言うのは、一人で敵を多勢相手にするケースのようである。その場合にも、またこのつづら折りに攻め進む気持が第一であるという。すなわち、
《一分の兵法にして、敵を大勢よするも、此心専也》
というわけである。「敵を大勢よする」の「よする」は、寄せる。寄せるというのは、引き付ける、引き受けること。一人で大勢を引き受け相手にするケースである。
 さて、ここで問題は、筑前系/肥後系を通じて、諸本に次のようにあるところである。
《方々をかたす、方々にげば、又強き方へかゝり》
 これは、前に大分の兵法で、《敵の一方へかゝり、敵くづるゝと見ば、すてゝ、又強き方々へかゝる》とあるところに対応する。つまり、敵の一方へ攻撃にかかる、敵が崩れたら、そのままにして、深追いをせず、また強い方々へ攻撃にかかる、――という話であった。
 すると、この一分の兵法も場合も同様で、方々へ攻撃にかかり、敵が逃げると、深追いをせず、また強い方へ攻撃にかかる、ということであるはずである。
 すると、諸本にあるように、《方々をかたす》では、明らかに誤記のあることが知れる。筑前系/肥後系諸本に共通してあるところからすれば、これは寺尾孫之丞段階の異変である。我々のテクスト解析の結論を云えば、この《方々をかたす》は、《方々へかゝり》を誤写したものである。
 つまり、一つには、「へ」(邊)字を、「を」(遠)字に読み違えた。もう一つは、「ゝり」(ゝ里)を「たす」(多寿)と読み間違えたということであろう。こういう誤読が生じたのは、他の箇処の《へかゝり》とは違う変体仮名記載が、この箇処にはあっためで、寺尾孫之丞はそれに惑わされたのである。しかし、もとはと言えば、むろん、武蔵の能筆が原因である。我々のテクストでは、その武蔵の能筆文字、「邊可ゝ里」(へかゝり)を復元しておいた。









立花隨翁本 当該箇処
「まぎるゝ」「方々をかたす」

 寺尾孫之丞段階でのイニシャルな誤写という根本問題を確認したうえで、次に本文の記述内容に入る。武蔵の云うところは、こうである。
 一分の兵法も大分の兵法と同じく、そうやって、あちら、こちらと、方向を変えて、敵を撃破しながら前進する。前に水之巻「多敵の位の事」というところでは、敵を一列にして撃破していく「魚つなぎ」という戦法が語られたが、こんどは「つづら折り」である。
 この戦法は、一方を撃破しては、次にまた別の強い方へ攻撃をしかけ、敵の拍子を把握して、うまい拍子で左に右に、つづら折りのイメージで、敵の態勢あるいは戦法を把握しつつ「打ち通る」、攻撃しつつ前進する――という戦い方である。これも二刀でなければ、そうはうまくいかないであろう。
 ここで武蔵が強調して説いているのは、一歩も引かずに強い心で前進することである。
《まぎると云事、一足も引事をしらず、まぎりゆく》
である。《まぎる》は、上述のように「間切る」であり、《まぎりゆく》は、逆風の中ジグザグに帆走するイメージである。つまり、強い敵という逆風を突破する心持である。強い敵に当って、入身をするときも、同じである。一足もひく事を知らず、前へ進むのである。
 武蔵は、ある場合には、敵を欺き敵を翻弄する「斜め」の作戦を教えるが、別の場合には、このように断固たる敵中進撃を教えるのである。ただし、その突進にしても、猪武者の直進ではなく、まさにこうした「間切り」、ジグザグの「つづら折り」の進撃、という「斜線」が武蔵的なのである。
 しかし、この「一足もひく事を知らず」のあたり、敢然、毅然、というよりも、何か孤独なしんと静謐の一瞬があるような書きぶりである。強敵に逢って、それでも、それに一人で立ち向かっていく戦闘者の姿、この一行が立っているところである。
 それも、まぎる(間切る)という逆風帆走する船のイメージが重なっているのである。だから、ここでは、その間切り走りをする孤船という肝心なニュアンスを看過してはなるまい。
 ちなみに、この《まぎりゆく》を、諸写本が《まぎゆく》としているのは、上記のように、《まぎる》を《まぎるゝ》、つまり「紛れる」と誤伝している以上、当然の誤記である。これは、「まぎり走り」の語例があるように、我々のテクストでは、《まぎゆく》と訂正して、武蔵草稿のオリジナルを復元しておく。

――――――――――――


*【多敵の位の事】
《太刀を振ちがへて待事悪し。はやく両脇の位に搆、敵の出たる所を、強くきりこみ、おつくづして、其まゝ、又敵の出たるかたへかゝり、振くづす心也。いかにもして、敵をひとへに、うをつなぎにおひなす心にしかけて、敵のかさなるとみヘば、其まゝ間をすかさず、強くはらひこむべし》











まぎり走りをする弁財船
 さて、我々の五輪書研究において、はじめて《まぎる》という語が原状復旧されたのである。もとより、テクスト・クリティーク(史料批判)もなしえず、諸写本の《まぎるゝ》という字句を疑いもしないナイーヴな研究者ばかりだったから、「原五輪書」の復元どころではない。従来の五輪書研究は、はるかそれ以前のレベルで低迷していたのである。
 かくして、《まぎる》は、今日でも《まぎるゝ》として「紛れる」と語釈されている状態である。したがって、この「まぎると云事」の条については、語釈・現代語訳ともに論評以前である。この件に関して、実際、これまでの語釈・現代語訳は、いわば全滅状態なのである。すべての研究者は、我々の研究が遂行したように、まず、武蔵オリジナルの字句を復元してから、出直すことである。
 では、こうした《まぎる》の復元によって知れるのは、いかなることか。それは申すまでもなく、寺尾孫之丞が、武蔵の教義すべてを理解していたわけではなかった、という事実である。
 寺尾孫之丞は、武蔵から兵書五巻の草稿を遺贈された。武蔵は予想外の病いの進行で、本書を書き上げず死ぬことになった。その死期に臨んで、寺尾孫之丞にこれを形見として譲与した。それは、他の者に太刀や書画を遺贈したのと変わりなかった。
 しばしば我々が注意を喚起するところであるが、それは「相伝」という形ではなかった。相伝文書であれば、完成した文書を伝授したはずである。しかし、本書は草稿である。草稿が相伝文書になるはずがない。したがって本書は、相伝文書として寺尾孫之丞に伝授されたものではない。
 それゆえ、武蔵諸伝に、これを相伝とするのは誤りであるが、そもそも、それは寺尾孫之丞が言い出したことである。寺尾孫之丞相伝証文には、《令傳受地水火風空之五卷、~免玄信公、予に相傳之所》とあって、寺尾自身が「相伝」という語を用いているのである。しかし事実は「相伝」というようなものではなかった。
 寺尾孫之丞が本書草稿を武蔵から譲渡されたとき、おそらくはじめて本書のすべてを見たのである。未見の文章もかなりあったであろう。それでも、寺尾が武蔵の教義をすべて理解していたとすれば、たとえば、この《まぎる》(間切る)を《まぎるゝ》(紛るゝ)と誤解するはずがないのである。
 武蔵は自身の教説を秘義化するのではなく、オープンにしていたが、寺尾ら門人にすべてを語っていたというわけでもなかった。
 武蔵と門人らには距離があった。武蔵は生前すでに偉人であり、門人らには容易に近づきがたい存在でもあった。
 武蔵が病に倒れて、その治療を世話したのが、主席家老の長岡興長・寄之父子だが、武蔵の死の半年ほど前の宮本伊織宛寄之書状(十一月十八日付)によれば、熊本へ呼び戻そうとしても、武蔵が言うことをきかず、困り果てるという場面もあったらしい。君主の細川光尚が再三帰れと呼びかけても、同じであった。武蔵のポジションは客分だが、細川家の殿様や家老の云うことさえ、そのままでは聞き入れないという場面、これは肥後における武蔵の処遇と地位を示すものであろう。
 門人らにとっては武蔵は偉すぎた。密接なコミュニケーションがあったのでもない。親しく何でも聞くというわけにはいかない。それは寺尾孫之丞にしても同じである。
 寺尾孫之丞は、武蔵から本書を遺贈されたが、その内容について、あらかじめすべてを知っていたのではない。上記のように、はじめて接する教説もあっただろう。しかしすでに武蔵は死んでいる。すでに事遅しである。
 この「間切る」を「紛るゝ」と誤読した寺尾孫之丞は、本書を読んではじめてこの条文に接したのである。この「間切る」という教えについて、明らかに、寺尾孫之丞は、生前の武蔵から教えを受けてはいなかった。
 おそらく、それは他の条文のいくつかについても、同じであろう。ようするに、寺尾孫之丞は、武蔵の兵法理論すべてを理解していたわけではなかった。そういう者が武蔵の相伝門人でありえないのは、云うまでもない。寺尾孫之丞は、武蔵から形見として本書草稿を遺贈されたが、相伝者ではなかった。
 とはいえ、他に、武蔵が相伝者として認めた者があるのでもない。武蔵が発給した相伝証文は存在しない。武蔵には、おそらく、相伝弟子が一人もいなかったのである。というのも、本書に記すように、誓紙罸文も取らず、奥も口もない、というのが武蔵流である。他流のような免許皆伝、一流相伝というやり方を嫌って、特定の相伝弟子を残さなかったのである。それは、武蔵が弧絶した存在だったからではなく、ただ彼が、兵法をオープンで普遍的なものとして考えていたからである。
 武蔵が寺尾孫之丞に本書草稿を遺贈したとしても、それは寺尾が武蔵の教義をすべて理解していたからではない。武蔵は他の者に、たとえば、細川家重臣・澤村宇右衛門友好に、愛用の太刀・大原真守作刀を遺贈した(武公伝)。だがそれは、友人沢村友好が、武蔵流兵法、その太刀の道をすべてマスターしていたからではあるまい。それと同じことである。
 武蔵は本書の草稿を、教義を知悉してはいない門人、寺尾孫之丞に遺贈した。それが五輪書成立史における、そもそもの発端である。言い換えれば、そこに武蔵の諧謔を見るかどうかは別にして、案の定、寺尾孫之丞は、武蔵の手稿を誤読することになったのである。
 ともあれ、この「間切る」の一条から知れる事実は、以上のようなことである。寺尾孫之丞を武蔵の高弟、五輪書を「相伝」した門人とみなす愚は、そろそろ卒業してもらいたいものである。武蔵も今頃は苦笑しているはずである。   Go Back















*【丹治峯均筆記】
《五巻ノ書、草案ノマヽニテ信正ニ授ケラレシユヘ、軸表紙ナシ。依之、後年相傳ノ書、其遺風ヲ以軸表紙ヲツケズ》

*【武公伝】
《正保二年[乙酉]五月十二日、五輪書ヲ寺尾孫之亟勝信[後剃髪、夢世云]ニ相傳在。三十九ケ条ノ書ヲ寺尾求馬信行ニ相傳ナリ》

*【寺尾孫之丞相伝証文】
《令傳受地水火風空之五卷、~免玄信公、予に相傳之所、うつし進之候。就中空之卷ハ、玄信公永々の病氣に付テ、所存之程あらはされず候。然ども、四冊之書の理、あきらかに得道候て、道理をはなれ候へバ、おのづから空の道にかなひ候》


*【宮本伊織宛長岡寄之書状案】
《御同名武州、熊本より程近在郷へ御引込候而被居候處ニ、被煩成に付而医者共申付、遣薬服用養生被仕候へ共、聢験氣も無之ニ付而、在郷ニ而ハ万事養生之儀も不自由ニ可在之候間、熊本被罷出[御出候て]養生可然之由、拙者佐渡守[佐渡拙者]両人かたより申遣候へ共、同心無之候間、是非共出候へ、程隔候てハ養生談合も不成、肝煎可申様も無之与申遣ニ付而[然共肥後も殊外懇ニ被申、医者なとも度々遣被申、色々養生候て、在郷二而てハ養生之儀差図難被致候間、度々被罷出候様ニと被申ニ付而]一昨日熊本へ被罷出候。此上二而養生之儀、猶以肝煎無油断様ニ差図等可仕候間、(肥後も懇ニ存候て、医者なとも付置被申候間)可御心易候。気色相替儀も無之、此中同篇ニて候。貴様之儀、御見廻有度候へとも、其許思召儘ニ不成、無其儀御尤も(存上)候。養生之儀、随分肝煎可申候間、御気遣有間敷候。拙者儀、武州爰元へ被参剋より、別而心安咄申二付、ケ様之砌者、弥不存疎略候。佐渡守儀者、不及申、前々より久申通ニ付、一入無余儀存、肝煎申躰ニ候。可御心易候。尚期後音之時候。恐惶謹言
          長岡式部少輔
   十一月十八日      寄之
      宮本伊織様
           御報 》

 
   21 押しつぶす
【原 文】

一 ひしぐと云事。
ひしぐと云ハ、たとヘバ、
敵を弱くみなして、我つよめになつて、
ひしぐと云心、専也。
大分の兵法にしても、
敵小人数の位を見こなし、又は、
大勢なりとも、敵うろめきて、
よはミ付所なれバ、ひしぐと云て、
かしらよりかさをかけて、おつひしぐ心也。
ひしぐ事弱ければ、もてかへす事有。
手のうちににぎつてひしぐ心、
能々分別すべし。
又、一分の兵法の時も、
我手に不足のもの、又は、
敵の拍子ちがひ、すさりめになる時、
少もいきをくれず、めを見合ざる様になし、
真直にひしぎつくる事、肝要也。
少もおきたてさせぬ所、第一也。
能々吟味有べし。(1)
【現代語訳】

一 ひしぐという事
 ひしぐ〔押しつぶす〕というのは、たとえば、敵を弱いものと見なして、こちらは強気になって、(相手を)ひしぐということ、これが専〔せん〕である。
 大分の兵法〔合戦〕にしても、敵が小人数の位〔態勢〕で軽視できる場合、または(逆に)敵が大軍であっても、敵がうろめいて弱気になっているようであれば、頭から嵩〔かさ〕にかかって(強く出て)、押しひしぐことである。
 ひしぐのが弱ければ、(敵が)もち返す〔回復する〕ことがある。(敵を)手の内に握ってひしぐ心、(これを)よくよく分別すべし。
 また、一分の兵法〔個人戦〕の時も、我が手に不足の(弱い)相手、または敵の拍子が狂い、すさりめ〔後退気味〕になる時、少しも(敵に)余裕を与えず、(相手と)目を見合わないようにして、真っ直ぐにひしぎ尽すことが肝要である。
 (敵が)まったく立ちあがれないようにする、そこが第一である。よくよく吟味あるべし。
 
  【註 解】

 (1)めを見合ざる様になし、真直にひしぎつくる事
 これも前数条からの連続で、強く出て戦う戦法である。ただし前条のように、敵が強力で、こちらが逆風を《まぎる》ように、ジグザグに前進するほかないという状況ではない。こんどは、もっと楽な相手である。
 まず、語釈のことで言えば、タイトルの「ひしぐ」というのは、現代でも方言レベルでなくとも通じる言葉であろう。口語で「ひしゃげる」「へしゃげる」という表現もある。ようするに「ひしぐ」とは、押しつぶすことである。
 むかし「挫折」という言葉が流行したことがあったが、これは自分勝手に潰れるというより、もともとは押し潰される、潰されて屈することである。構造力学で「挫屈」というのは、構造物の柱などが大きな力を受けて潰れることをいうが、これも本来は、押し潰されて屈する、勢いをなくすという意味の語である。
 かくして「ひしぐ」は、押し潰すことである。前出の「打ちはなす」が、ドカっという打撃で粉砕するという語感があるとすれば、この「ひしぐ」は、押し潰す、圧殺の感じのニュアンスがある。
 さて、この語さえ片づけば、あとはわかりやすい話なので、とくに説明は要しないであろう。敵が弱みをみせる、その瞬間を逃さず、どっと押し潰すのである。
 前に、「くづれを知ると云事」条に、徹底的に追い打ちをかけて、粉砕せよという教えがあった。そうしないと、敵が態勢を立て直して復活、逆襲するからである。
《敵立かへさゞるやうに、打はなすもの也。うちはなすと云事、能々分別有べし。はなれざれば、したるきこゝろ有》
と、そこにはあった。敵が立ち直れないように、打ちはなす〔粉砕する〕。この打はなすということ、よく理解すべきである。(敵に対する感情を)切断しなければ、べたつく心が残る――というのである。まさにそれと同じように、いまここでも、
《ひしぐ事弱ければ、もてかへす事有。手のうちににぎつてひしぐ心、能々分別すべし》
《少もいきをくれず、めを見合ざる様になし、真直にひしぎつくる事、肝要也》
との教えである。この「ひしぐ」も、まことに無情、無慈悲な教えである。
 すなわち、この「目を見合ざる様になし」が、無慈悲の心である。前に出た言を借りれば、目を見合せば「したるき心あり」なのである。
 こういう懇切な教えは、五輪書の特徴である。それは本書の想定読者対象に若年初心の者を含んでいるからである。武士は本質的に殺人を家業とする暴力集団である。殺人教本たる五輪書は、人を殺したことがない武家の少年に、敵の殺し方のポイントを、そこまで深切に教えているのである。
 「武士の情」というものが、ある意味でナルシシズムの裏返しであったとすれば、それに対し、無情にして無慈悲なこういう五輪書の教えには、至高悪にあえて踏み込む――語の正しい意味での――倫理的(ethical)なポジションがある。まさに「目を見合ざるようにする」のこの無慈悲な心、諸君、「よくよく吟味すべし」である。   Go Back
○此条諸本参照 →  異本集 






高速道路橋脚の座屈状況
阪神淡路大震災 1995年




*【くづれを知ると云事】
《大分の兵法にしても、敵の崩るゝ拍子を得て、其間をぬかさぬやうに追立る事、肝要也。くづるゝ所のいきをぬかしては、たてかへす所有べし。又、一分の兵法にも、戦ふ内に、敵の拍子ちがひて、くづれめのつくもの也。其ほどを油断すれば、又立かへり、新しくなりて、はかゆかざる所也。其くづれめにつき、敵のかほたてなをさゞる様に、たしかに追かくる所、肝要也。追かくるは、直に強きこゝろ也。敵立かへさゞるやうに、打はなすもの也。うちはなすと云事、能々分別有べし。はなれざれば、したるきこゝろ有。工夫すべきもの也》


 
   22 山海の変り
【原 文】

一 さんかいのかはりと云事。
山海のかはりと云ハ、敵我戦のうちに、
同じ事を度々する事、悪敷所也。
同じ事、二度ハ是非に及ばず、
三度とするにあらず。
敵にわざをしかくるに、
一度にてもちゐずバ、今一つも
せきかけて、其利に及ばずバ、
各別かはりたる事を、ぼつとしかけ、
夫にもはかゆかずバ、
又各別の事をしかくべし。
然によつて、敵、山とおもはゞ、海としかけ、
海と思はゞ、山としかくる心、兵法の道也。
能々吟味有べき事也。(1)
【現代語訳】

一 山海のかわりという事
 山海〔さんかい〕の替りというのは、敵と戦っている最中に、同じ事を度々するのはよくないことである。同じことを二度するのは、しかたがないにしても、三度もしてはならない。
 敵に業を仕懸けるときに、一度では成功しない場合、もう一つ(同じ)攻撃を仕懸けて、またその利に及ばない〔効果がない〕ようであれば、今度は別の変ったことを、勃と〔突然〕仕懸ける。それでも(まだ)捗が行かなければ、さらにまた、まったく別のことを仕懸けるべきである。
 したがって、敵が「山」と思っていると、こちらは「海」と仕懸ける、「海」と思っていると、「山」と仕懸けること、これが兵法の道である。よくよく吟味あるべきことである。
 
  【註 解】

 (1)同じ事を度々する事、悪敷所也
 この「山海」という語は、「さんかい」と音読み。「やまうみ」ではない。ただし、『山海経』〔せんがいきょう〕という書物もある。したがって、武蔵がこれを「せんがい」と呼んだ可能性もあるので、かならずしも諸本にあるごとく、「さんかい」と決まったわけではない。この点、注意されたい。
 《山海のかはり》というのは、山と海ほどまったく違ったアクションの変化を展開する、という意味合いである。ネガティヴに言えば、同じ事を度々するな、ということになる。二度目までは、是非に及ばず、つまりやむをえないのだが、三度もするのは阿呆である。
 これをまた、武蔵は言い換えて、一度で成功しない時は、もう一回攻撃を仕懸けて、その効果が出ないようであれば、今度は別の戦法を、突然仕懸けてみる。それでもやはり、うまく行かなければ、さらにまた、まったく別のことをしかけろ、――というのである。
 ここで、《各別かはりたる事を、ぼつとしかけ》とある、《ぼつと》は「勃〔ぼつ〕と」という語で、「にわかに、突然、いきなり」という意味の副詞である。
 しかるに、この《ぼつと》につき、岩波版はじめ濁点を付すはずの翻刻に、「ほつと」とするのは、この語を知らぬもののようである。ここで「ほっと」(安心)して、どうするというのかね?――濁点を付す翻刻文なら、「ぼつと」と記すべきところである。
 ともあれ、このように、「山海のかわり」というのは、敵が「山」と思っていると、「海」と仕懸ける、「海」と思っていると、「山」と仕懸ける。意外なことを仕懸けるという意味である。
 このような行為の意外性ということは、連歌にもあることであって、だれもが思っていない意外な付句に値打ちがある。そんな連歌の付句からくる意味合いもここにはある。
 ともあれ、ここは、わかりやすい話であり、語釈上の問題もないので、読むのには苦労はないはずである。

――――――――――――
○此条諸本参照 →  異本集 






山と海 開聞岳
 ここで、諸写本の異本間の相違を指摘しておく。それは冒頭の部分、筑前系諸本に、
《さんかいのかわりと云事。山海のかわりと云ハ》
とあって、共通して「山海の替り」とするところ、肥後系諸本の中には、これを「山海の心」とするものがある。つまり、楠家本・細川家本・丸岡家本の三本に、その字句を確認しうる。
 しかるに、同じ肥後系でも、早期派生系統の子孫とみなしうる諸本には、「山海の替り」とする。「山海の心」という異字があるのは、肥後系のうち、楠家本・細川家本・丸岡家本などである。とすれば、これをどう見るか。
 肥後系写本しか知らぬ環境では、これは、本来「山海の心」とあったものが、二次的な派生本で誤記されて「山海の替り」へ変化したと見るところである。ところが、上記のように、筑前系諸本は、立花=越後系も共通して、「山海のかわり」である。つまり、五輪書写本の初期、柴任美矩が相伝された寺尾孫之丞前期には、ここは「山海のかわり」であったということである。
 また、筑前系/肥後系を横断して共通するのは、「山海の替り」の方である。したがって、肥後系諸本のうち、富永家本や狩野文庫本などが正しい語句を伝えているグループである。こうしたことが斯本の早期派生系統の子孫たることの標識である。
 これに対し、肥後系のうちの諸本にみられる「山海の心」は、後になって発生した後発性の変異である。言い換えれば、肥後系も早期には、「山海の替り」であったが、後になって「山海の心」と記す写本が生じたのである。それが、伝写派生して、楠家本・細川家本・丸岡家本などの諸本になったのである。

○寺尾孫之丞―初期写本…流出…┐
 ┌―――――――――――――┘
 ├……………………富永家本 山海の替り
 |誤記発生
 ├…◎…┬…┬…楠家本 山海の
 |   | |
 |   | └…┬………常武堂本 山海の
 |   |   |
 |   |   └…細川家本 山海の
 |   |
 |   └……………丸岡家本 山海の
 |
 └…流出……………円明流系諸本 山海の替

 つまり、上記肥後系三本は、この二次的誤記が発生した後の写本の子孫であり、決して肥後系写本の早期に位置するものではない。少なくとも複数回の伝写を経た段階のものである。五輪書伝写過程全体の中では、後発性を示すものである。
 また同様にして、別の箇処の校異がある。それは、筑前系諸本に、
《一度にてもちいずバ、今一つもせきかけて、其利に及ばず、各別かはりたる事を、ぼつとしかけ》
とあって、《及ばずバ》とするところ、肥後系諸本は、《及ばず》として、「ハ」字を欠いている。
 これは、本文内容からして、《其利に及ばず》で切れては文意不通である。ここは《其利に及ばずバ》とあって、次に接続するのが正しい。筑前系諸本に共通するから、古型であり、それが正しいというだけではなく、文の内容分析の方からしても、その正しさが確認されるところである。
 肥後系諸本の《其利に及ばず》は、《其利に及ばずバ》としなければ、後へ文が続かない。ここは、《一度にてもちゐずば、今一つもせきかけて、其利に及ばずバ、各別かはりたる事を、ぼつとしかけ》ということなので、一度で成功しない時は、もう一回攻撃をかけて、その効果が出ないようであれば、今度は別の異なったことを突然仕かけろ、という文脈なのである。
 言うならば、「二度まではしかたがないが、同じことを三度もするな」というのが、ここでの教えである。「及ばず」で文が切れると、ここの文意が不明になってしまう。肥後系諸本の《及ばず》には、「ハ」字の脱字が発生しているのである。
 ところで、ここで興味深いのは、肥後系のうちにも、円明流系統の諸本に、脱字のないこの《其利に及ばずバ》が見られることである。
 このことから導きうるのは、肥後系でも、早期には、筑前系と同じく《其利に及ばずバ》として、まだ脱字のない段階があったということである。
 これに対し、肥後系諸本にみられる《其利に及ばず》は、後になって発生した変異である。言い換えれば、肥後系も早期には、《其利に及ばずバ》であったが、後になって「ハ」「は」字が脱字して、《其利に及ばず》と記す写本が生じたのである。それが、伝写派生して、楠家本・細川家本・丸岡家本などの諸本になったのである。
 つまり、この点においても、上記肥後系三本は、この誤記発生以後の写本の末裔であり、決して肥後系写本の早期に位置するものではない。少なくとも複数回の伝写を経た段階のものである。この三本とも早期写本からの距離は大きい。つまり、この脱字は、この三本の後発性を証するものである。

――――――――――――

*【吉田家本】
《さんかいのかわりと云事。山海のかわりと云ハ、敵我戦のうちに》
*【中山文庫本】
《さんかいのかわりと云事。山海のかわりと云ハ、敵我戦のうちに》
*【鈴木家本】
《さんかいのかわりと云事。山海のかわりと云ハ、敵我戦のうちに》
*【立花隨翁本】
《さんかいのかハりと云事。山海のかわりといふハ、敵我戦のうちに》
*【赤見家甲本】
《さんかいのかハりと云事。山海のかわりといふハ、敵我戦のうちに》
*【近藤家甲本】
《さんかいのかハりと云事。山海のかハりといふは、敵我戦のうちに》
*【石井家本】
《さんかいのかハりと云事。山海のかハりといふは、敵我戦のうちに》
*【楠家本】
《さんかいのかはると云事。山海のといふハ、敵我たゝかひのうちに》
*【細川家本】
《さんかいのかわりと云事。山海のと云は、敵我たゝかいのうちに》
*【丸岡家本】
《山海の替と云事。山海のといふは、敵我戦のうちに》
*【富永家本】
《さんかひの替りと云事。山海の替りと云ハ、敵【】戦の内に》
*【狩野文庫本】
《山海の替と云事。山海のと云ハ、敵我戦の内ニ》





*【吉田家本】
《今一ツもせきかけて、其利に及ばず、各別かはりたる事を》
*【中山文庫本】
《今一ツもせきかけて、其利に及ばず、各別かはりたる事を》
*【鈴木家本】
《今一ツもせきかけて、其利に及ばず、各別かはりたる事を》
*【立花隨翁本】
《今一つもせきかけて、其利に及バず、各別【】はりたる事を》
*【赤見家甲本】
《今一つもせきかけて、其利に及バず、各別【】はりたる事を》
*【近藤家甲乙本】
《今一つもせきかけて、其利に及バず、各別かはりたる事を》
*【石井家本】
《今一つもせきかけて、其利に及バず、各別かはりたる事を》
*【楠家本】
《今一ツもせきかけて、其利におよばず【】、各別替りたる事を》
*【細川家本】
《今一ツもせきかけて、其利に及バず【】、各別替りたる事を》
*【丸岡家本】
《今一ツもせきかけて、其理に及バず【】、各別替りたる事を》
*【富永家本】
《今一度もせきかけて、其利に不及【】、各別替りたる事を》
*【狩野文庫本】
《今一度【】せきかけて、其利に不及、各別替りたる事を》
*【多田家本】
《今一度もせきかけて、其利に及バず、各別替りたる事を》
 さて、この箇処、既成現代語訳は、いかにと見るに、もとより細川家本を底本とするので、語訳にあたる原文そのものが誤っているのだが、訳者は細川家本(岩波版)しか知らないから、この部分を無理やり訳している。
 当該部分を見れば、右掲のごとく、まず、戦前、石田訳が、「一度で駄目なら、今一度つゞけ様に仕掛けて、それでも駄目なら」とした。つまり、細川家本の脱字を、何とかしのぎかわして、ほぼ正解にもちこんだ。これは、石田訳が前後の文脈を把握していたからである。
 しかし、戦後になると、肥後系細川家本の脱字効果が表に出てきた。つまり、神子訳が、「一度で成功しなければ、もう一度しかけてみても、その効果は一段とうすれてしまう」と意訳した。ここで、話は脱線してしまった。
 上述のように、ここは、一度で成功しない時は、もう一回攻撃をかけて、その効果が出ないようであれば、今度はまったく異なったことを突然仕掛けろ、という教えである。要するに、「二度まではしかたがないが、同じことを三度もするな」というのが、話の基本である。《おなじ事、二度ハ是非におよばず、三度とするに非ず》、つまり「二度まではしかたがないが」と武蔵は云っているのである。
 ところが、《一度にてもちいずば、今一ツもせきかけて、其利に及バず【脱字】、各別替りたる事を、ぼつとしかけ》とする細川家本のように、脱字があって「及ばず」で文が切れると、――神子訳のような話になる。ここでは、《今一ツもせきかけて》に「も」を密輸して、文を逆接する操作をしているのだが、一度仕掛けてダメなら、同じことをもう一回仕掛けても効果はない、という逆の話の筋道になってしまうのである。
 その後の現代語訳は、この神子訳の翻案でしかない。大河内訳は、「もう一度攻めたてても、最初のときの効果には及ばない」とし、鎌田訳は、「もう一度攻めたてても、その効果はなくなる」とする。例によって、両者とも、五輪書翻訳どころか、神子訳の言い換えでしかない。
 つまり、戦後の現代語訳では、「一度でだめなら、同じことをもう一度やっても効果はない」というわけである。まさに、これは、五輪書のどこにも書かれていない話である。それゆえ問題は、どこにも書かれていない文が、戦後になって、現代語訳のレベルで生産されてしまったことである。これは誤訳珍訳というよりも、本文趣旨の改竄である。
 そして、さらなる問題は、こうした「武蔵の教えにない武蔵の教え」が、現代語訳を通じて、世間に流布されていることなのである。   Go Back




*【現代語訳事例】
《一度で駄目なら、今一度つゞけ様に仕掛けて、それでも駄目なら》(石田外茂一訳)
《一度で成功しなければ、もう一度しかけてみても、その効果は一段とうすれてしまう》(神子侃訳)
《一度で成功しなければ、もう一度攻めたてても、最初のときの効果には及ばない》(大河内昭爾訳)
《一度で成功しないときは、もう一度攻めたてても、その効果はなくなる》(鎌田茂雄訳)




 
   23 底をぬく
【原 文】

一 そこをぬくと云事。
底を抜と云ハ、敵と戦に、
其道の利をもつて、上ハ勝と見ゆれども、
心をたへさゞるによつて、
上にてはまけ、下の心はまけぬ事有。
其儀におゐては、
我俄に替りたる心になつて、
敵の心をたやし、底よりまくる心に
敵のなる所、みる事専也。
此底をぬく事、太刀にてもぬき、
又、身にてもぬき、心にてもぬく所あり。
一道にハ、わきまふべからず。
底よりくづれたるハ、我心残すに及ばず。
さなき時は、残(す)心也。
残す心あれば、敵くづれがたき事也。
大分小分の兵法にしても、
底をぬく所、能々鍛練有べし。(1)

【現代語訳】

一 底を抜くという事
 底を抜くというのは、敵との戦いにその道の利〔優位〕をもって(勝ったとして)、表面上は勝ったと見えても、相手は闘争心を絶やさないのだから、表面上は負けて下の心底は負けていないことがある。
 その場合には、こちらが突如違った心になって、敵の(闘争)心を根絶やしにし、(敵が)心底から負けたという気になるようにしてしまうこと、これが専〔せん〕である。
 この底を抜くことは、太刀でも抜き、また身体でも抜き、心でも抜くところがある。やり方は一通りしかないと思い込んではならない。
 底から崩れた(敵)には、こちらは心を残す*必要はない(底まで抜け、徹底的に粉砕せよ)。そうでない(敵が崩れない)ときは、(まだ)残す心〔不徹底〕である。(逆に言えば、こちらに)残す心〔不徹底〕があるかぎり、敵は崩れがたいのである。
 大分小分の兵法〔多数・少数の集団戦〕にしても、底をぬくところ、よくよく鍛練あるべし。
 
  【註 解】

 (1)残す心あれば、敵くづれがたき事也
 ここも前条の連続で、敵を徹底的に粉砕する方法が教えの内容である。
 この「底をぬく」というのは、底までぶち抜くという意味である。敵を徹底的に粉砕することである。
 したがって、「底をぬく」という本条のテーマは、「底が抜けるまで徹底する」ということである。
 ところが、ここで「底を抜く」というのは、心の問題である。すなわち、勝負において、表面上は負けて下の底の心は負けていない、ということがある。心底負けていなければ、いったん負けても、再び立ち直って復活し、逆襲してくるであろう。とすれば、その心の底まで粉砕すべきである――「底をぬく」という「徹底」の教えは、かくもタフで無情な無慈悲の教訓なのである。

――――――――――――

 ここはさしたる校異はないが、一つ、語釈の問題がある。それは《心を残す》《残す心》という語句である。
 「心を残す」と言えば、武道の心得がなくとも、残心〔ざんしん〕という言葉が思い浮かぶはずである。
 この「残心」とは、ふつう剣道では、打ち込んだ後の反撃に備える心、現代剣道では、残心のない打突は、たとえ正確に打突しても有効打突としての一本とは認めない。あるいは弓道でも、残心(残身)というが、これは矢を射た後の反応を見極める体勢であり、その後に「弓倒し」という一連の動作に移る。この他、残心はさまざまなジャンルで形式化され、礼法でも礼をした後に数秒「間」をとって次の行動に移ること「残心」と呼ぶ。しかし、要するに、もともと残心は、攻撃後もそのまま警戒を解かず、用心する心の体勢のことであった。
 これが特殊な語義だとすれば、一般の語法では、「残心」は、心残りや未練という意味がある。言い換えれば、物事に対してまだ十分に満足していない不発状態(frustration)のことでもある。一般と特殊では語法にかなり違いがある。
 かような意味が現代語にあることから、この「心を残す」という語の解釈には、むしろ逆に、注意が必要である。語用の一般と特殊、いづれであれ、現代語法に安易に支配されていては、語句の理解を間違うのである。
 語釈においては、以下の部分が問題の焦点である。つまり、これまで誰も正しく訳した者がなかったという、いわくつきの箇処である。ここは急所であるから、いささか立入って述べてみたい。
《底よりくづれたるは、我心残すに及ばず。さなき時は、残す心也。残す心あれば、敵くづれがたき事也》
 問題は、この部分をどう解釈するか、である。
 ここで先に、既成現代語訳を一覧してみよう。それは右掲の通りである。
 これを見るに、「心を残す」というのは、戦前の石田訳の「用心する」というあたりですでに語釈が固まっていたらしい。岩波版注記もこれを踏襲して、《残す心あれば、敵くづれがたき事也》について「後に警戒心を残すような不徹底な気持では、敵を完全に打ち崩すことはできない」としている。もとよりこれでは、前文の《さなき時は、残す心也》と話が喰い違ってしまうし、ここでの「残す心」には「警戒心」などという意味はないから、これは誤訳である。
 他三者の現代語訳を見るに、神子訳は、「心を残す」をそのまま使っているが、これはこの語を理解しているとは見えない訳である。とくに、「敵も、心を残していれば」として、心を残すのを敵側に転移してしまっている。これは、《さなき時は、残す心也》を「そうでないときには残しておかねばならぬ」と訳してしまったから、次の《残す心あれば、敵くづれがたき事也》と話が矛盾してしまう。そこで考えついたのが、「心を残す」のを敵側に遷すことだった。
 大河内訳は、岩波版の「警戒心」なる語を頂戴しているが、鎌田訳は、神子訳と同様に「心を残す」をそのまま使っている。これも同じく、この語を理解しているとは見えない訳文である。しかも、「そうでないときには、心を残しておかねばならぬ。敵も心を残していれば、なかなか崩れないものである」とするのを見れば、神子訳のアイディアを頂戴したのであるが、とくに新味はなく、文脈を理解していないのは歴然としている。
 つまり、こうである。――敵が崩れない、そこで心を残す(用心する)必要がある、ところが、心を残す(用心する)と、こんどは敵は崩れがたくなる(??)――これでは、話にならない。こんなことが書かれているはずがない。そこで、心を残すのを、敵の役に回したというわけである。
 これは訳者が「心を残す」を理解しておらず、また文意を汲んでいないにもかかわらず、この文を訳したふりをしているだけである。そういう「訳したふり」は、誤りを生産することになる。
 ここは、どうしても「心を残す」の語を正しくおさえておかねばなるまい。

 すなわち、まず確認すべきは、この「心を残す」が「底を抜く」との対照関係で使われていることである。
     底を抜く × 心を残す
 ようするに、底を抜く/心を残す――この対立図式は、「底をぬく」という見出しのこの条のコンテクストでは、徹底/不徹底という対比であり、そのことを頭に入れて読むことである。
 ではまず、《底よりくづれたるは、我心残すに及ばず》の「我心残す」の解釈である。これを、既成現代語訳のように、敵に対し用心する、警戒する、というように釈義するのは、明らかに誤りである。
 上記のごとく、「底を抜く」の反対語が「心を残す」である。したがって、これは警戒し用心するという意味の「心を残す」ではない。「心を残す」とは、「底を抜かない」ことである。これが語釈のポイントである。
 とすれば、《我心残すに及ばず》の語訳は、「我が方は心を残す必要はない」、すなわち敵を徹底して粉砕しろ――底を抜け、ということである。こうした言説の直近類似例は、右に再掲する「ひしぐと云事」であろう。
 すなわち、《ひしぐと云て、かしらよりかさをかけて、おつひしぐ心也。ひしぐ事弱けれバ、もてかへす事有。手のうちににぎつてひしぐ心、能々分別すべし》とある。また、《めを見合ざる様になし、真直にひしぎつくる事、肝要也。少もおきたてさせぬ所、第一也》とも云う。いづれにしても、無慈悲、無情に徹底する教えである。
 次に、《さなき時は、残す心也》は、既成現代語訳のように「そうでないときは、警戒心を残さねばならない、用心しなければならない」といった文意にとるのは、まったくの誤釈である。これでは《残す心也》を読んでいないのである。
 ここの正解は、「そうでない(敵が底から崩れない)場合は、まだ残す心〔不徹底〕がある」、つまり、逆に云えば、不徹底だから、崩れないのだ――ということである。これは「底を抜く」ということに対応する言説である。
 したがって、こう読んではじめて、それに続く、《残す心あれば、敵くづれがたき事也》という文と重なって、矛盾なく接続するのである。それゆえ、これが読みの正解である。
 かくして、このいわくつきの問題箇処は、――「底から崩れた敵には、こちらは心を残す必要はない(徹底的に殲滅せよ、底を抜け)。そうでない(敵が崩れない)場合は、不徹底〔残す心〕である。不徹底〔残す心〕であれば、敵は崩れがたい」と読まねばならないのである。
 これを既成現代語訳――訳したふりをしているだけのものも含めて――と比較すれば、内容の相違は大きい。武蔵は徹底した無情の教えを説いているにもかかわらず、既成現代語訳では、こちらの用心あるいは警戒心を説く、まったく間抜けな言説でしかない。
 まさしく、この部分は、これまで正しく読まれたためしがなかったところである。要するに、「残心」という通念からいったん解放されないかぎり、ここは正しく読めないのである。   Go Back
○此条諸本参照 →  異本集 


















会(右)・残心(左)
阿波研造(1880〜1939)
仙台大射道教本部道場矢庭








*【現代語訳事例】
《敵が底から崩れたらその後の用心は不必要である。さうでない時は用心しなければならぬ。後に心を残すやうな中途半端な氣持では、敵を崩すことは出来ないものだ》(石田外茂一訳)
《敵が心底から崩れてしまった場合には、もはや、こちらも心を残しておく必要はないが、そうでないときには残しておかねばならぬ。敵も、心を残していれば、なかなか崩れてはしまわないものである》(神子侃訳)
《敵が心底から崩れてしまった場合は、こちらは心を残す必要はないが、そうでないときは、警戒心を残さねばならない。敵も心を残していれば、なかなか崩れがたいものである》(大河内昭爾訳)
《敵が心底から崩れてしまった場合には、こちらも心を残す必要はないが、そうでないときには、心を残しておかねばならぬ。敵も心を残していれば、なかなか崩れないものである》(鎌田茂雄訳)























*【ひしぐと云事】
《ひしぐと云ハ、たとヘバ、敵を弱くみなして、我つよめになつて、ひしぐと云心、専也。大分の兵法にしても、敵小人数の位を見こなし、又ハ大勢なりとも、敵うろめきて、よはミ付所なれバ、ひしぐと云て、かしらよりかさをかけて、おつひしぐ心也。ひしぐ事弱けれバ、もてかへす事有。手のうちににぎつてひしぐ心、能々分別すべし。又、一分の兵法の時も、我手に不足のもの、又ハ、敵の拍子ちがひ、すさりめになる時、少もいきをくれず、めを見合ざる様になし、真直にひしぎつくる事、肝要也。少もおきたてさせぬ所、第一也。能々吟味有べし》


 
   24 新たになる
【原 文】

一 あらたになると云事。
新に成と云ハ、敵我もつるゝ心になつて、
はかゆかざる時、我氣をふり捨て、
物毎を新しくはじむる心に思ひて、
其拍子をうけて、かちをわきまゆる所也。
あらたになる事ハ、何時も、
敵と我きしむ心になると思はゞ、
其まゝ心をかへて、
各別の利を以て勝べき也。
大分の兵法におゐても、
新になると云所、わきまゆる事、肝要也。
兵法の智力にてハ、忽見ゆる所也。
能々吟味有べし。(1)
【現代語訳】

一 新たになるという事
 新たになるというのは、敵ともつれた感じになって、捗が行かないようなら、それまでの自分の気分を振り捨て、すべてを新しくはじめる気持になって、その(新たな)拍子をつかんで、勝つのをわきまえる、というところである。
 新たになることは、どんなときでも、敵と我が方とがきしむ*感じになったと思ったら、すぐさま心を変えて、(それまでとは)まったく別の利〔戦い方〕によって勝つようにすべきである。
 大分の兵法においても、新になるというところをわきまえることが肝要である。兵法の智力があれば、(どこで新たになるかは)たちまち見えるものである。よくよく吟味あるべし。
 
  【註 解】

 (1)其まゝ心をかへて、各別の利を以て勝べき也
 ここはとくに迷惑させるような語句はない。難なく読めるであろう。
 近い前例では「山海のかわり」をはじめ、すでにいくつか、変化の戦法が語られたが、これもそのひとつである。
 ここでいう「新たになる」とは、戦いにおいて、もつれた感じになって捗が行かないようなら、それまでの自分の気分を振り捨て、すべてを新しくはじめる気持になって、その新たな拍子をつかんで勝つようにすることである。
 また、別の言い方では、「新たになる」とは、敵とこちらがきしむ感じになったと思ったら、いつでも、すぐさま気持を変えて、それまでとはまったく別の手段を使って勝つようにすることである。
 このようにいづれも、戦闘において、「もつれる」「きしむ」といった状態になったとき、これを打開するために、「新たになる」のである。つまり、それまでのやり方を思い切って捨てて、新たな拍子や手段で勝ちを得るようにするのである。
 この「新たになる」に似たことは、この火之巻中の「四手〔よつで〕をはなすと云事」でも語られていた。すなわち、「四つ手をはなす」とは、
《はりあふ心になるとおもはゞ、其まゝ心を捨て、別の利にて勝事を知る也》
《其まゝ心を捨て、別の利にて勝事を知る也》
 したがって、対抗関係のなかで膠着しそうになったら、さっさと戦術転換しろ、というのが武蔵の基本の教えである。すなわち、本条で、
《其まゝ心をかへて、各別の利を以て勝べき也》
というのと同じテーゼが、この五輪書の中で反復強調されているわけである。
 ここで若干、語の説明に入れば、まず、「もつれる」というのは、前に水之巻「ねばりをかくると云事」において、
《ねばるは強し、もつるゝは弱し。此事分別有べし》
とあった「もつるゝ」である。このとき、「ねばる」というのは、自分の太刀を敵の太刀に接着させて、粘るという感じで入身するわけで、自分の太刀が敵の太刀と決して離れないという心持、あまり強くない心持で入るのだとあった。太刀を押しつけて、粘りをかけて入る時は、どれほど静かに入ってもかまわない、ともいう。粘るは、じわっと執拗な攻勢である。
 だから「ねばる」は強いが、これに対し、「もつれる」は弱い。これは紛糾しているだけで、少なくとも攻める勢いではない。
 また、「きしむ」〔軋む〕というのは、これも現代語でも使う言葉である。その場合、軋轢や摩擦があってスムースにいかない状態のことである。ただし、ここでいう「きしむ」には、何かじれったい感じ、イライラした感じがある。そういう語のニュアンスは感知しておかねばなるまい。
 ようするに、「きしむ」というのは、ギシギシせめぎ合う状態だけではなく、その状態が膠着して、スムースに事が運ばず、じれったい、イライラした感じの状態である。
 「きしむ」「もつれる」――こういう状態になったら、さっさとやり方を変えろ、というのが武蔵の教えである。このあたり、武蔵の気性が思いがけず表出されている、彼は――関西語で言えば――かなりイラチな性格のようだと言えなくもないが、そうした個人的性格というよりも、むしろ、軋轢やもつれにまきこまれて、無駄にエネルギーを消耗するな、そんな暇があったらもっと有効な別の手段を探って戦え、という合理主義なのである。
 ようするに、――特定の戦法に執着するな、固執するな、という趣旨であるが、これは前出の「同じ事を度々するな」という武蔵の教訓と同じ話の筋である。むろん、「四手をはなす」という語も同様だが、ここには連歌のコノテーションがあることは看過できない。

――――――――――――
○此条諸本参照 →  異本集 














*【四手をはなすと云事】
四手をはなすとは、敵も我も、同じ心に、はりあふこゝろになつては、戦はかゆかざるもの也。はりあふ心になるとおもはゞ、其まゝ心を捨て、別の利にて勝事を知る也。大分の兵法にしても、四手の心にあれば、はかゆかず、人も多く損ずる事也。はやく心を捨て、敵のおもはざる利にて勝事、専也。又、一分の兵法にても、四手になるとおもはゞ、其まゝ心をかへて、敵の位を得て、各別かはりたる利を以て勝をわきまゆる事、肝要也。能々分別すべし》


*【ねばりをかくると云事】
《敵も打かけ、我も太刀うちかくるに、敵うくる時、我太刀、敵の太刀に付て、ねばる心にして入也。ねばるは、太刀はなれがたき心、あまり強くなき心に入べし。敵の太刀に付て、ねばりをかけ、入ときは、いかほど静に入ても、くるしからず。ねばると云事と、もつるゝと云事、ねばるは強し、もつるゝは弱し。此事分別有べし》

 さて、諸本校異のことを云えば、ここで若干指摘しておくべき箇処がある。「あらたになる」ということを、説明し始める本条冒頭の文のことである。
 ひとつは、敵と我とがもつれる心になって、渉〔はか〕がいかない時、というところで、筑前系諸本のうち、吉田家本と中山文庫本に、その《はかゆかざる》を、なんと《ゆかざる》と記していることである。
 もちろん、他の筑前系諸本は、通常のごとく、ここでも《はか》と仮名である。とくに変ったことはない。これが早川系写本の特異性かとみると、そうではない。同じ早川系でも、鈴木家本は、これを《はかゆかざる》と記している。とすれば、早川系だから「墓」という異字を用いるということではない。
 興味深いのは、なぜ、こうした「墓」という異字が用いられたのか、ということである。この《はかゆかざる》の「はか」という語には、細川家本等のように「果敢」という異字を書くケースもある。しかしそれは単に恣意的な漢字変換という以上の意味はない。
 それに対し、吉田家本と中山文庫本に見られるこの「墓」という異字は、そうした恣意的な漢字変換にとどまらぬ様子がある。あるいはまた、流派内のジャーゴン(jargon)、隠語というわけでもなさそうである。
 要するに、《ゆかざる》と書くのは、何も特別な字句ではなく、これは当時民間のワードプレイだったらしい。つまり、墓というものは容易に動かせない、移せない。物事がはかどらないのを、《墓ゆかぬ》というのは、そんな連想による言語遊戯である。
 これがさらにシフトすると、「寺の引越し」である。寺の引越しには墓の移転もからむ。はかゆかぬ、《墓ゆかぬ》、だから「寺の引越し」というと、物事がはかどらないことをいう。
 したがって、吉田家本と中山文庫本にみえる「墓」という異字も、そういう当時民間の語法であって、特別な意味はない。「渉ゆかぬ」と書くところを、「墓ゆかぬ」と書いてもとくに抵抗はなかったのである。言い換えれば、そんな当時民間の語法がここに不意に割り込んでいるのが、おもしろいところである。
 ただし、筑前系の他の諸本には、《はかゆかざる》とあって、「墓」という異字を用いることはない。そうした背景からすれば、吉田家本と中山文庫本には、書写にある種のゆるみがあって、正確さが欠けていたということであろう。
 さて、校異の問題としては、以上は余談である。ここで本題に入れば、右掲のごとく、筑前系/肥後系を截然とわける指標的な相異がある。それは、筑前系諸本には、だいたい、
《新になるとハ、敵我【】もつるゝ心になつて、はかゆかざる時》
とあるところ、肥後系諸本には、
《新になると【】ハ、敵我戦ふ時、もつるゝ心になつて、はかゆかざる時》
とするものがあって、「云」字の欠落と、「戦ふ時」という字句の増加がある。これを検分してみよう。
 まず、「云」字の有無ということでは、肥後系諸本のうち、狩野文庫本など円明流系にも「云」字はある。こちらは、肥後系早期に派生した系統の子孫である。ということは、肥後系でも早期には、筑前系写本と同じく、この「云」字があった、しかるに、途中の伝写プロセスで、これが脱落した、ということであろう。現存肥後系写本の多くは、これが脱落した写本の後の子孫である。
 次に、「戦ふ時」という語句の有無であるが、筑前系には、立花=越後系諸本も含めて、これがない。これがあるのは、肥後系写本の特徴である。しかも、諸本共通するところからすると、これは肥後系早期にあったものである。
 そこで、寺尾孫之丞は、その前期/後期、このように字句の異なる五輪書を相伝したという可能性もあろう。つまり、寺尾孫之丞は、柴任美矩のような早期の門人へ伝授した承応の写本では、筑前系写本のように、「戦ふ時」という字句のないものであったが、その他寛文頃の後期門人へ伝授したものでは、これを入れるようになった、ともみなしうる。
 そこで、この「あらたになると云事」条の前後の条々を見るに、以下のごとくである。
敵我戦の内に、同じ事を度々する事》(山海のかわりと云事)
《敵と戦に、其道の利をもつて》(そこをぬくと云事)
《敵と戦の内に、たがひにこまかなる所をおもひ合て》(そとうごしゆと云事)
 これを見るに、前後の条々には、「戦の内に」「戦に」という語句が入っている。このことからすれば、この「あらたになると云事」条においても、この種の語句が入っても無理はない。
 したがって、肥後系諸本の「敵我戦ふ時」も当然ありうる語句なのである。ただし、「戦ふ時」となると、それでは前後の条々からして異例である。最初は、「敵我戦に」であったが、それが後に、「敵我戦時」と誤写された可能性もある。それが後の写本では、「敵我戦ふ時」「敵我たゝかふ時」に変化して行ったのであろう。
 ともあれ、これが寺尾孫之丞に起因するものか否か、それは確証がない。「敵我戦に」であれ「敵我戦時」であれ、寺尾以後の仕業であるという可能性もある。彼此の可能性はある。
 そうした可能性をすべて勘案したとしても、他方で、筑前系諸本に共通する特徴から、その初期には「戦ふ時」という語句はなかったのは、たしかである。それゆえ、我々のテクストでは、当面の措置として、筑前系諸本を請けて、この字句「戦ふ時」は採らなかったのである。   Go Back



*【吉田家本】
《新になるとハ、敵我【】もつるゝ心になつて、ゆかざるとき》
*【中山文庫本】
《新になるとハ、敵我【】もつるゝ心になつて、ゆかざる時》
*【鈴木家本】
《新になるとハ、敵我【】もつるゝ心になつて、はかゆかざるとき》
*【立花隨翁本】
《新に成といふハ、敵我【】もつるゝ心になつて、はかゆかざる時》
*【赤見家甲本】
《新に成といふハ、敵我【】もつるゝ心になつて、はかゆかざる時》
*【近藤家甲乙本】
《新に成といふは、敵我【】もつるゝ心になつて、はかゆかざる時》
*【石井家本】
《新に成といふは、敵我【】もつるゝ心になつて、はかゆかざる時》
*【楠家本】
《新になると【】ハ、敵我たゝかふ時、もつるゝ心になつて、はかゆかざる時》
*【細川家本】
《新に成と【】は、敵我たゝかふ時、もつるゝ心になつて、はかゆかざる時》
*【富永家本】
《新に成ると【】ハ、敵戦ふ時、もつるゝ心に成て、はかゆかざる時》
*【狩野文庫本】
《新に成とハ、敵我戦時、もつるゝ心に成て、はかゆかざる時》
*【稼堂文庫本】
《新に成とは、敵戦時、もつるゝ心に成て、はかゆかざる時









近藤家乙本
敵我もつるゝ心になつて



 PageTop    Back   Next