坐談・宮本武蔵
播磨武蔵研究会萬珍放談会
Go to Other pages:
 Home Page 
武蔵略伝年譜
出身地は
武蔵とは
資 料 篇
サイト篇
兵法、他流の道を知る事。他の兵法の流々を書付、風之巻として、此巻に顕す所也。他流の道をしらずしてハ、一流の道慥わきまへがたし。他の兵法を尋見るに、大きなる太刀をとつて、強き事を専にして、其わざをなすながれも有。或は小太刀といひて、みじかき太刀をもつて、道を勤むるながれも有。或ハ、太刀かずおほくたくみ、太刀の搆を以て、表といひ奥として、道を傳ふる流も有。これミな實の道にあらざる事也。此巻の奥に慥に書顕し、善悪利非をしらする也。我一流の道理、各別の儀也。他の流々、藝にわたつて身すぎのためにして、色をかざり、花をさかせ、うり物にこしらへたるによつて、實の道にあらざる事か。又、世の中の兵法、劔術ばかりにちいさく見立、太刀を振ならひ、身をきかせて、手のかるゝ所をもつて、勝事をわきまへたる物か。いづれもたしかなる道にあらず。他流の不足なる所、一々此書に書顕す也。能々吟味して、二刀一流の利をわきまゆべきもの也。 (五輪書・風之巻)


坐談武蔵へ …   Enter 


宮本武蔵なんでも言いたい放題座談会
播磨武蔵研究会萬珍放談会